「Page:Kimigayo-no rekishi (Yoshio Yamada).pdf/191」の版間の差分

copyvio
(君が代の歴史から分離))
 
(copyvio)
ページ本文(参照読み込みされます):ページ本文(参照読み込みされます):
1行目: 1行目:
  +
<!-- 削除についての議論が終了するまで、下記部分は除去しないで下さい。 -->
一定の曲譜があればよいといふことになるのは自然の事であらう。明治十三年十月二十五日に制定せられた曲譜は宮&#20839;省伶人の最優{{異体字|&#64091;}}であつた林廣守の作つたものであり、本邦古來の固有の音階といはるゝ壹越調律旋による曲であるから、日本人固有の音樂感を湧かしむるに十分であり、而して之をその特性を害することなく、エッケルト氏が洋樂に編し改め、更に和聲を施したものであるから洋樂にも日本樂にも適切なる樂曲として成立したものである。而してこの曲譜が純日本調たることを失はないものであることは出雲寺敬和氏がその{{異体字|&#64095;}}に「壹越調律旋による君か代の曲」と標して
 
  +
<dl style="font-size:smaller;border:solid #999 1px;width:75%;background:#eff;padding:1ex 1em;margin:0 auto 1em;">
{{Quotation|この「壹越調律旋」こそは純粹古樂{{異体字|&#64056;}}{{ruby|和琴|ワゴン}}の調絃法に{{ruby|則|ノツト}}つたわが最も代表的な、しかも外來音樂の影{{異体字|&#64105;}}を一切受けてゐない固有音樂で、林廣守が「君が代」の旋律を作曲するに當つて、この壹越調律旋の調子を用ゐられたことは純粹古樂に見る日本{{異体字|&#64029;}}{{異体字|&#64025;}}を大いに國歌の上に發揚したものと言はねばならぬ。}}
 
  +
<dt style="text-align:center;font-size:130%">'''削除提案中'''</dt>
といひ更に又
 
  +
<dd style="float:left;width:50px;margin:0;padding-bottom:10px">[[Image:Icono_aviso_borrar.png|50px|]]</dd>
<blockquote class="toccolours" style="float:none; padding: 10px 15px 10px 15px; display:table;"><div>なほ「君か代」の曲は洋樂の上ではたとひ{{ruby|C|ハ}}調に編曲せられてをつても、その原<noinclude></div></blockquote></noinclude>
 
  +
<dd style="margin:0 0 0 60px"><p>現在、この項目の一部の版または全体について、[[Wikisource:削除の方針|削除の手続き]]に従って、削除が提案されています。</p>
  +
<p>削除についての議論は[[Wikisource:削除依頼#{{#if:|{{{1}}}|{{FULLPAGENAME}} - ノート}}|削除依頼の該当のセクション]]で行われています([[{{TALKPAGENAME}}|このページのノート]]も参照して下さい)。削除の議論中はこのお知らせを'''除去しないで'''下さい。</p>
  +
</dd>
  +
<dd style="margin:0;clear:left">'''この項目の執筆者の方々へ''': まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、[[Wikisource:削除の方針|削除の方針]]に該当するかをどうか検討して下さい。</dd>
  +
</dl>__NOINDEX__ [[Category:削除依頼中の記事]]
  +
<!-- 削除についての議論が終了するまで、上記部分は除去しないで下さい。 -->
  +
{{Copyrights}}
フッター(非読み込み):フッター(非読み込み):
1行目: 1行目:
<references/>
 
1,109

回編集