「作者:高木貞治」の版間の差分

編集の要約なし
(ページの作成:「{{author |name = 高木貞治 |last_initial = た |DEFAULTSORT = たかき ていし |dates = 明治8(1875) - 昭和35(1960) |descrip...」)
 
編集の要約なし
|DEFAULTSORT = たかき ていし
|dates = 明治8(1875) - 昭和35(1960)
|description = 高木 貞治(たかぎ ていじ)は、日本の数学者。岐阜県大野郡数屋村(現・本巣市)出身。帝国大学理科大学(現在の東京大学理学部)数学科へ進み、卒業後にドイツへ3年間留学。ヒルベルトに師事し、多大な影響を受ける。代数的整数論の研究では類体論を確立し、クロネッカーの青春の夢を解決した。『解析概論』『[[初等整数論講義]]』『[[代数的整数論]]』など多くの数学教科書を著した。東京帝国大学教授。第1回フィールズ賞選考委員。文化勲章受章。
|image =
|wikipedia_link = 高木貞治
31,100

回編集