「作者:寂超」の版間の差分

編集の要約なし
(ページの作成:「{{author |name = 寂超 |last_initial = し |DEFAULTSORT = しやくちよう |dates = ? - ? |description = 寂超(じゃくちょう、...」)
 
編集の要約なし
|DEFAULTSORT = しやくちよう
|dates = ? - ?
|description = 寂超(じゃくちょう、生没年不詳)は、平安時代末期の官人・歌人。俗名は藤原 為経(ふじわら の ためつね)。藤原北家長良流。丹後守藤原為忠の子。蔵人・長門守・皇后宮少進を歴任するが、康治2年(1143年)5月10日に出家し大原に隠棲する。和歌に優れ私撰集に『後葉和歌集』があり、『[[千載和歌集]]』以下の勅撰和歌集に15首が入首。また、『[[今鏡]]』作者の有力候補とされる。
|image =
|wikipedia_link = 寂超
30,256

回編集