「ユダヤ人問題によせて」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
①''ブルーノ・バウアー:『ユダヤ人問題』 ブラウンシュヴァイク'' 1843年―
 
 ②''ブルーノ・バウアー:『今日ユダヤ人とキリスト教徒自由にな可能性』(『スイスからの21ボーゲン』ゲオルク・ヘルヴェーク編 チューリヒとヴィンタートゥール'' 1843年 S.56―71.)―
<center>
 
 キリスト教的な国家は'''自分の本質'''からしてユダヤ人たちを解放できない。だが、ユダヤ人は自分の本質からして解放されることができないのだ、とバウアーは付け加えている。国家がキリスト教的であり、そしてユダヤ人がユダヤ教的である間は、両者は解放を授与することも、また受領することも不可能である。
 
 キリスト教的な国家はユダヤ人に対して、ただキリスト教的な国家のやり方でしか関わることができず、すなわち特権を与えるやり方で、キリスト教的な国家はユダヤ人を残りの臣下たちから隔離することを許すのだが、しかし他の隔離された諸領域の圧迫をユダヤ人に感じさせ、しかもユダヤ人が支配的な宗教に対して'''宗教的な'''対立にあるだけに、それをいっそう強く感じさせるのである。しかしユダヤ人もまた、国家に対してただユダヤ的な態度でしか関わることができず、すなわち国家に対して異分子として、ユダヤ人は現実的な国籍に自分のキメラ的な国籍を対置し、現実的な法に自分の幻覚の法を対置するのであり、ユダヤ人は自分に人類から隔離される権利があると思い込んでいるのであり、ユダヤ人は歴史的な運動に原理的に関与しないのであり、ユダヤ人は人間の一般的な未来と無関係である未来を待ちわびているのであり、ユダヤ人は自分をユダヤ民族の一員と考え、しかもユダヤ民族を選民だと考えているのである。
 
 
 
98

回編集