「ユダヤ人問題によせて」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
①ブルーノ・バウアー著『ユダヤ人問題』、ブラウンシュヴァイク、1843年―
 
②ブルーノ・バウアー著『今日ユダヤ人とキリスト教徒自由にな可能性』(『スイスからの21ボーゲン』ゲオルク・ヘルヴェーク編、チューリヒとヴィンタートゥール、1843年、S.56―71.)―
 
 
 ブルーノ・バウアーは彼らにこう答えている。ドイツでは誰も政治的に解放されていない。我々自身、不自由なのだ。どうして我々が君たちを自由せねばならないのか?君たちユダヤ人がユダヤ人として君たちのために特別な解放を要求するのなら、君たちは''エゴイスト''である。君たちはドイツの政治的解放にドイツ人として、人間的解放に人間として従事せねばなるまいし、そして君たちの特別な種類の圧迫や恥辱を、規則の例外としてではなくむしろ規則の確認として感じなくてはなるまい。
 
 さもなくば、ユダヤ人たちは''キリスト教的臣民''と平等な立場を要求しているのだろうか?そのように彼らは''キリスト教国家''を正当なものとして承認しており、そのように彼らは一般的な圧の統治を承認している。なぜ彼らは、一般的な抑圧束縛は気に入っても、自分たちの特殊な抑圧束縛は気に入らないのだろうか!ユダヤ人がドイツ人を自由にすることには関心を持っていないのなら、なぜドイツ人がユダヤ人を自由にすることに関心を持たねばならないのだろうか?
 
 ''キリスト教''国家はただ''諸々の特権''だけを心得ている。ユダヤ人はその国家の中でユダヤ人たる特権を占有している。ユダヤ人はユダヤ人として、キリスト教徒が持ってない諸々の権利を持っている。どうしてユダヤ人は自分が持ってない権利を、そしてキリスト教徒が享受している権利を求めるのだろうか!
 
 ユダヤ人がキリスト教国家から解放されたいときにユダヤ人が要求しているのは、キリスト教国家が自分の''宗教的''偏見を捨て去ることである。彼、すなわちユダヤ人は、''自分の''宗教的偏見を捨て去るのだろうか?したがって、彼は、他人にこのような宗教の告別を要求する権利を持っているのだろうか?
 
 キリスト教国家は''自分の本質''からしてユダヤ人たちを解放できない。だが、ユダヤ人は自分の本質からして解放されることができないのだ、とバウアーは付け加えている。国家がキリスト教的であり、そしてユダヤ人がユダヤ的である間は、両者は解放を授与することも、また受領することも不可能である。
 
 
*訳者 : 荒川幸也
 
[[de:Zur Judenfrage]]
[[en:Selected Essays by Karl Marx/On The Jewish Question]]
[[pt:A questão judaica]]
 
[[Category:独仏年誌|ゆだやじんもんだいによせて]]
98

回編集