「Wikisource・トーク:収録方針」の版間の差分

:「日本語wikisourceに漢文を入れず、中国語wikisourceのみに入れること」のメリットは、「メモリの節約」でしかありません。デメリットは(主に日本人にとって)使いづらい環境でしか漢文を見られないことです。メリット、デメリットを比較すれば、答えは「日本語wikisourceに漢文を入れることを許容する」ということになると思います。
:あと「日本語による変体漢文」とは何を指すか不明確なので、説明を求めます。--[[特別:投稿記録/119.171.164.106|119.171.164.106]] 2012年1月5日 (木) 15:17 (UTC)
 
:[[w:古事記|古事記]]や[[w:大日本史|大日本史]]などはどうなるのでしょう?原文は漢文ですが、日本で作成された日本の歴史書です。[[w:中古日本語|中古日本語]]による変体漢文として、収載可能と考えてよろしいか?否の場合ojp.wikisource.orgの作成の検討も必要になるかと考えます。--[[利用者:Vigorous action|Vigorous action]] [[利用者‐会話:Vigorous action|<small>(会話</small>]]<small>/</small>[[特別:Contributions/Vigorous action|<small>履歴)</small>]] 2012年3月3日 (土) 06:12 (UTC)
219

回編集