「隋書倭国伝」の版間の差分

多利思北孤→多利思比孤
(百衲本の影印から新規作成。)
 
(多利思北孤→多利思比孤)
*底本:石原道博編訳『新訂 魏志倭人伝・後漢書倭伝・宋書倭国伝・隋書倭国伝』〈中国正史日本伝(1)〉(岩波文庫、岩波書店)<br />1995年5月6日 第52刷発行 ISBN 4-00-334011-6
*底本の親本:百衲本の影印
*注釈:原文では倭を俀につくる。多利思北孤の北は比の誤りとされる。
{{補助漢字面使用|&#x2539E;(矛+賛)、&#x2822D;(身+冉)}}
== 本文 ==
男子二人給王飮食通傳言語其王有宮室櫻觀城柵皆<br />
持兵守衞爲法甚嚴自魏至于齊梁代與中國相通開皇<br />
二十年俀王姓阿毎字多利思比狐北孤號阿輩雞彌遣使詣<br />
闕上令所司訪其風俗使者言俀王以天爲兄以日爲弟<br />
天未明時出聽政跏趺坐日出便停理務云委我弟髙祖<br />
行祷祭有如意寶珠其色青大如鷄卵夜則有光云魚眼<br />
精也新羅百濟皆以俀爲大國多珎物並敬仰之恒通使<br />
徃來大業三年其王多利思比狐北孤遣使朝貢使者曰聞海<br />
西菩薩天子重與佛法故遣朝拜兼沙門數十人來學佛<br />
法其國書曰日出處天子致書日没處天子無恙云云帝<br />
307

回編集