「古今和歌集/巻一」の版間の差分

編集の要約なし
<poem>
   ふる年に春立ちける日よめる    在原元方
年のうちに春はにけり一年(ひとゝせ)を去年(こぜ)とやいはむ今年(ことし)とやいはむ
 
   春立ちける日よめる        紀 貫之
袖ひぢてむすびし水のこほれるを春立つけふの風や解くらむ
 
   題しらず             人しらず
春がすみ立てるやいづこみよしのゝ吉野の山に雪はふりつゝ
 
   二后の春の始の御歌
雪のうちに春はにけり鶯のこほれる涙今や解くらむ
 
   題しらず             人しらず
梅が枝に居るうぐひす春かけてけどもいまだ雪は降りつゝ
 
   雪の木に降りかゝれるをよめる   素性法師
春たてば花とや見らむ白雪のかゝれる枝にうぐひすのなく
 
   題しらず             人しらず
こころざし深くうめてしをりければ消えあへぬ雪の花とみゆらむ
    [或人のいはくさきのおほきおほいまうちぎみの
    歌也]
 
   二条后の、東宮(とうぐう)の御息所(みやすんどころ)ときこえける時、正月
   三日御前に召して仰言(おほせごと)ある間に、日は照りながら雪
   の頭(かしら)に降りかゝりけるをよませ給ひける
 
                    文屋康秀
春の日のひかりにあたる我なれどかしらの雪となるぞわびしき
 
   雪の降りけるをよめる       紀 貫之
霞たちこのめも春の雪ふれば花なき里も花ぞ散りける
 
   春の始によめる          藤原言直(ことなほ)
春や疾(と)き花やおそきと聞きわがむ鶯だにも鳴かずもあるかな
 
   春のはじめの歌          壬忠忠岑
春来きぬと人はいへども鶯のなかぬかぎりはあらじとぞ思ふ
匿名利用者