「Page:死霊解脱物語聞書.pdf/63」の版間の差分

(→‎未校正: ページの作成:「行き。きくにあたへたまひて。名主年寄にたのみ{{r|置|お}}き。 {{r|寮|りやう}}に帰らせたまひしが。{{r|跡|あと}}にて{{r|段|だ…」)
 
 
ページの状態ページの状態
-
未校正
+
校正済
ページ本文(参照読み込みされます):ページ本文(参照読み込みされます):
12行目: 12行目:
て候ひしか。とてもの事にいづれも様の。御言葉をそへ
て候ひしか。とてもの事にいづれも様の。御言葉をそへ
られ。祐天和尚様の{{r|御弟子|みでし}}になしてたまはれといへば。
られ。祐天和尚様の{{r|御弟子|みでし}}になしてたまはれといへば。
名主も{{r|年寄|としより}}も{{r|実|}}に是は{{r|尤|もつとも}}也。よくこそ{{r|望|のぞ}}みた
名主も{{r|年寄|としより}}も{{r|実|}}に是は{{r|尤|もつとも}}也。よくこそ{{r|望|のぞ}}みた
れとて。すなはち此者共を引つれ{{r|弘經寺|ぐきやうじ}}へ参りて
れとて。すなはち此者共を引つれ{{r|弘經寺|ぐきやうじ}}へ参りて
まづ祐天和尚の{{r|寮|りやう}}にさんじ。此間の御礼をのべ。さてき
まづ祐天和尚の{{r|寮|りやう}}にさんじ。此間の御礼をのべ。さてき
172

回編集