「Page:死霊解脱物語聞書.pdf/62」の版間の差分

(→‎未校正: ページの作成:「を始め。其{{r|座|ざ}}にあつまる老若{{r|男女|なんによ}}。百{{r|余|よ}}人とこそ{{r|聞|きこ}} へけれ。其時{{r|和尚|おしやう}}{{r|…」)
 
 
ページの状態ページの状態
-
未校正
+
校正済
ページ本文(参照読み込みされます):ページ本文(参照読み込みされます):
6行目: 6行目:
に帰り給へば。{{r|同寮|どうりやう}}の人〻。心{{r|許|もと}}なく{{r|待居|まちゐ}}られしが。いそ
に帰り給へば。{{r|同寮|どうりやう}}の人〻。心{{r|許|もと}}なく{{r|待居|まちゐ}}られしが。いそ
ぎたち向ひ。{{r|何事|なにごと}}候やおぼつかなく候ふと申せば
ぎたち向ひ。{{r|何事|なにごと}}候やおぼつかなく候ふと申せば
和尚いと心よげにてかゝる{{r||こと}}の有しそや。{{r|戒名|かいみやう}}は{{r|書|かき}}
和尚いと心よげにてかゝる{{r||こと}}の有しそや。{{r|戒名|かいみやう}}は{{r|書|かき}}
直しぞ。心あらば{{r|諷經|ふぎん}}せよと仰らるれば。皆人〻{{r|感|かん}}じ
直しぞ。心あらば{{r|諷經|ふぎん}}せよと仰らるれば。皆人〻{{r|感|かん}}じ
あひて。{{r|老|おい}}たる{{r|若|わか}}き{{r|所化衆|しよけしふ}}。思ひ{{く}}に{{r|諷經|ふぎん}}にこそは
あひて。{{r|老|おい}}たる{{r|若|わか}}き{{r|所化衆|しよけしふ}}。思ひ{{く}}に{{r|諷經|ふぎん}}にこそは
行れにけり。さてまた祐天和尚は。いそぎ{{r|近所|きんじよ}}の{{r|醫|い}}
行れにけり。さてまた祐天和尚は。いそぎ{{r|近所|きんじよ}}の{{r|醫|い}}
{{r|者|しや}}をよびよせ。菊が{{r|療治|りやう}}をたのみ給へば。いしやかしこ
{{r|者|しや}}をよびよせ。菊が{{r|療治|りやう}}をたのみ給へば。いしやかしこ
まつていそぎ{{r|羽生村|はにふむら}}に行き。菊が{{r|脉|みやく}}をうかゞひ。す
まつていそぎ{{r|羽生村|はにふむら}}に{{r||ゆ}}き。菊が{{r|脉|みやく}}をうかゞひ。す
なはちかへつて和尚に申やう。かれが脉の{{r|正体|しやうたい}}なく候へば。
なはちかへつて和尚に申やう。かれが脉の{{r|正体|しやうたい}}なく候へば。
中{{く}}{{r|療治|りやうぢ}}はかなひ申さず。そのゆへくすりをもあたへず罷
中{{く}}{{r|療治|りやうぢ}}はかなひ申さず。そのゆへくすりをもあたへず罷
帰り候といへば。祐天和尚聞給ひ。何をかいふらん。菊が
帰り候といへば。祐天和尚聞給ひ。何をかいふらん。菊が
{{r|命|いのち}}をば{{r|我|われ}}{{r|諸佛|しよぶつ}}へたのみおき。そのうへ{{r|単刀真入|たんとうしんにふ}}などへ
{{r|命|いのち}}をば{{r|我|われ}}{{r|諸佛|しよぶつ}}へたのみおき。そのうへ{{r|単刀真入|たんとうしんにふ}}などへ
{{r|能ゝ|よく{{く}}}}やくそくし置し物おと。{{r|思召|おしめ}}ししからば{{r|是非|ぜ}}なし。其
{{r|能ゝ|よく{{く}}}}やくそくし置し物おと。{{r|思召|おしめ}}ししからば{{r|是非|ぜ}}なし。其
{{r|薬箱|くすりばこ}}を{{r|開|ひら}}き。{{r|益氣湯|ゑききとう}}を七ふく{{r|調合|てうがう}}し。我にあたへ
{{r|薬箱|くすりばこ}}を{{r|開|ひら}}き。{{r|益氣湯|ゑききとう}}を七ふく{{r|調合|てうがう}}し。我にあたへ
給へとあれば。{{r|畏|かしこまつ}}て候とて。すなはち{{r|調合|てうがう}}して参らせ
給へとあれば。{{r|畏|かしこまつ}}て候とて。すなはち{{r|調合|てうがう}}して参らせ
御いとま申て{{r|帰|かへ}}られたり。和尚其{{r|跡|あと}}にていそぎかの薬を
御いとま申て{{r|帰|かへ}}られたり。和尚其{{r|跡|あと}}にていそぎかの薬を
せんじ給ひ。一{{r|番|ん}}ばかりを{{r|持参|ぢさん}}にて。其{{r|夜中|やちう}}に{{r|羽生|はに}}へ
せんじ給ひ。一{{r|番|ん}}ばかりを{{r|持参|ぢさん}}にて。其{{r|夜中|やちう}}に{{r|羽生|はに}}へ
172

回編集