「Page:死霊解脱物語聞書.pdf/50」の版間の差分

(→‎未校正: ページの作成:「{{r|導師|だうし}}{{r|顕誉|けんよ}}上人{{r|拝顔|はいがん}}{{r|之|の}}{{r|砌|みぎり}}度〻{{r|懇望|こんぼう}}仕{{r|直|しき}}の御{{r|咄…」)
 
ページの状態ページの状態
-
未校正
+
校正済
ページ本文(参照読み込みされます):ページ本文(参照読み込みされます):
1行目: 1行目:
{{r|導師|だうし}}{{r|顕誉|けんよ}}上人{{r|拝顔|はいがん}}{{r|之|の}}{{r|砌|みぎり}}度〻{{r|懇望|こんぼう}}仕{{r|直|しき}}の御{{r|咄|はなし}}を{{r|深|ふか}}く{{r|耳|みゝ}}の{{r|底|そこ}}にとゞむといへとも本より{{r|愚癡忘昧|ぐちもうまい}}の{{r|身|み}}なればかく{{r|有難|ありた}}き{{r|現證|んしやう}}{{r|不思議|ふしき}}の事ともを日を{{r|經|へ}}んまゝあとなく{{r|忘|ばう}}せんほいなさに{{r|詞|ことは}}のつたなきをかへりみず{{r|書記|かきしる}}し{{r|置者|おくもの}}也{{r|猶|なを}}此外にも{{r|累|かさね}}と村中との{{r|問答|もんどう}}には{{r|聞落|きゝおと}}したる事あるべきか。
{{r|導師|だうし}}{{r|顕誉|けんよ}}上人{{r|拝顔|はいがん}}{{r|之|の}}{{r|砌|みぎり}}度〻{{r|懇望|こんぼう}}仕{{r|直|しき}}の御{{r|咄|はなし}}を{{r|深|ふか}}く{{r|耳|みゝ}}の{{r|底|そこ}}にとゞむといへとも本より{{r|愚癡忘昧|ぐちもうまい}}の{{r|身|み}}なればかく{{r|有難|あり}}き{{r|現證|んしやう}}{{r|不思議|ふしき}}の事ともを日を{{r|經|へ}}んまゝあとなく{{r|忘|ばう}}せんほいなさに{{r|詞|ことは}}のつたなきをかへりみず{{r|書記|かきしる}}し{{r|置者|おくもの}}也{{r|猶|なを}}此外にも{{r|累|かさね}}と村中との{{r|問答|もんどう}}には{{r|聞落|きゝおと}}したる事あるべきか。
::{{r|顕誉|けんよ}}上人{{r|助|すけ}}か{{r|灵魂|れいこん}}を{{r|吊|とふらひ}}給ふ事<br />
::{{r|顕誉|けんよ}}上人{{r|助|すけ}}か{{r|灵魂|れいこん}}を{{r|吊|とふらひ}}給ふ事<br />
比は{{r|寛文|わんぶん}}十二年。{{r|飯沼|いゝぬま}}{{r|龜山|じゆきさん}}{{r|弘經寺|ぐきやうじ}}にて。四月{{r|中旬|ちうしゆん}}
比は{{r|寛文|わんぶん}}十二年。{{r|飯沼|いゝぬま}}{{r|寿龜山|じゆきさん}}{{r|弘經寺|ぐきやうじ}}にて。四月{{r|中旬|ちうしゆん}}
の{{r|結解|けつげ}}より。大{{r|衆|しゆ}}一同の{{r|法問|ほうもん}}。十七日に{{r|始|はじま}}り。三{{r|則目|そくめ}}に{{r|當|あたつ}}
の{{r|結解|けつげ}}より。大{{r|衆|しゆ}}一同の{{r|法問|ほうもん}}。十七日に{{r|始|はじま}}り。三{{r|則目|そくめ}}に{{r|當|あたつ}}
て。十九日の{{r|算題|さんだい}}は。{{r|發迹入源|ほつしやくにふげん}}の{{r|説破|せつは}}なれば。{{r|各〻|おの{{く}}}}{{r|真宗|しんじう}}
て。十九日の{{r|算題|さんだい}}は。{{r|發迹入源|ほつしやくにふげん}}の{{r|説破|せつは}}なれば。{{r|各〻|おの{{く}}}}{{r|真宗|しんじう}}
172

回編集