「A.D.1660 ジェネラル・バプテスト・スタンダード信仰告白」の版間の差分

221.103.241.169 (トーク) による編集を Kzhr による直前の版へ差し戻しました
(221.103.241.169 (トーク) による編集を Kzhr による直前の版へ差し戻しました)
タグ: 巻き戻し
 
{{要改訳}}
{{header
|title=バプテスツ・スタンダード(標準的)・信仰告白
|year=1660
|override_author=[[w:普遍救済主義|ジェネラル・バプテスツ]]
|notes=アナバプテスツと言う非難から、浸礼のバプテスマ([:以前の罪の生活からを]沈めて上がる[:新生して、神に対して奉仕崇拝の生活を始めたことを象徴的に表わす:パテキュラー(:長老派主義バプティスト)が遣っていた])を信奉している人たちの遺志を継ぐ人たちらしい。
}}
::::::::::バプテスツ・スタンダード(標準的)・告白(1660年)
 
我々の多くが前に提出した、彼らは(偽りによって)アナバプテスツ、と呼ばれ、すべての人に知らされた(原注:それらは醜聞と非難の言葉の日)わたしたちの無垢な信条が実行された;それらは一つも分析し苦難をこうむり迫害され、わたしたちの善きものはなくなり、しかし生命とそれ自身は、傾斜させるよりもむしろそれより同じであった。
 
署名する、確かに長老たち、執事たち[:ディーコン、奉仕の僕?!助祭たち]、そして兄弟たち、ロンドンに集まり、最初の月、(原注:3月と呼ばれる、1660年)彼らの半分は、そして多くの他の彼らに属して、ロンドンにおいて、幾つかの国の州の、彼らは同じ信仰をわたしたちと共に持っている。
 
この道の後に異端者たちと呼ばれるものが、そう、わたしたちの神とわたしたちの父との崇拝において、すべて信じていることを法にして書く、そして預言者により、使徒、24. 4.
::::::Castle, near Temple- Barr, 1660.
 
===I.===
わたしたちはそれらの事を非常に確信している、それはそれらの父なる神のそれは永遠から永遠の栄光と、言葉にできないことに帰すること。コリント第一、8:6,イザヤ、40.28.
 
===II.===
それらの神の初めからの人と、正しいそして彼を栄光の状態の形成することを置く、それは残っている者を少しも奇跡の無しの混合と、それの転落した違反によっての彼で、そしてそうみじめな死を免れない財産から来ている者、最初の死が上に属された者、創世記、1. 31. 伝道の書、7.29. 創世、2:17, 3:17,18,19.
 
===III.===
それは一人の主イエス・キリスト、彼はすべての事がらにより、彼は唯独りの神のもうけられた子、処女マリアによって生まれ、また真のダビデの主、そしてダビデの根、またダビデの子、そしてダ[4頁]ビデの子孫、ルカ、20. 44. 黙示録、22. 16. 彼は神の自由な世界からの選び、(なぜならば、彼の偉大な世界における愛)彼は自由に彼の贖いをすべての者に与えた、テモテ前書、2. 5,6. すべての人のために死を味わった、ヘブライ、2.9. わたしたちの罪によって神の怒りを鎮め、わたしたちのみではなく、全世界の罪のためである、ヨハネ第一、2.6.
 
===IV.===
それの神の御意志は少しの人も死を受けることなく、しかしその全てが悔い改めに来ることを望む、ペテロ第一、3. 9. そして、真理の知識によって、彼らは恐らく救われるであろう、テモテ第一, 2. 4. それはキリストの持つ誡めの終わりであり、それは福音にもあてはまる、(証言のために、喜ばしい罪の赦される時期の)全ての創造物に教えられ、マルコ、6. 15. それは永劫の地獄の人はいなく(原注:それは第二の死)キリストの欲せられることは、彼らのために死ぬ事、しかし聖書は言う、主は彼らを買ったことのために自らを否定した、ペテロ第二、2. 1. それか、神の唯一の御子を受けられたのは、名前も信じられないためである、ヨハネ、3.18. それ故信じる事のない、それ故に正しい理由のために正しい神として存在されるためで、人の子らを有罪とするためで;それはすべての追随者に対して全くの非難、それはすべての人が一時やほかの時、そのような容量に置くためで、それで(神の恩寵を通して)彼らは永遠に救われる、ヨハネ第一、1.7.使徒、17.30. マルコ、6.6. ヘブライ、3.10,18,19. ヨハネ第一、5.18,19. 同、5. 10. ヨハネ、3.17.
 
===V.===
それはそのような最初の中に来ている秩序正しい、キリストの教会の学校を上の中に持って来る、そしてそれから待っているのは、来ているキリスト教の程度、正しく、資格があった、そして考えがある神の霊の贈り物で;教会の中のただ一つだけ、の行使すべき贈り物である、しかしまた(救いの場合)世界に対して説教をする(彼らは教会によって是認されて来る)使徒、11.22,23,24. 同、11.19,20. そしてそれはそのような幾らかの教会によって選ばれた、断食して祈り、そして手を置くことによって、教役者の働きによって、使徒、13. 2,3. 使徒、1. 23.そのような教役者の任命の定められた、(そして彼らの働きに忠実に留まる)わたしたちは、福音の教役者の働きを;しかし全てそのような彼らの罪を最初は後悔して来ないが、主イエスを信じると、そしてバプテスマを彼の名において罪の赦免のために受けると、慈悲深い学びの学校に持って行くなら、慈悲深く遂げるために、そして多様性のある言語で、多くの骨折り損の詮索好きの話すことと一緒に、コリント第一、1.9,21. 2.1,4,5. 求める者はそれ以上の大きな歳入の得させる、それでは神は魂を得させるように;そのような(わたしたちは言う)わたしたちは拒否と発言する、そのような必要はむしろ彼ら自身を教える方が善いであろう、他の人が教えた方が利得利潤になる。ローマ、2.21.
 
===VI.===
それは神により人々への道が前に設けられているからである義化認する、キリストの信仰によって。ローマ、5. 1.[5頁]
 
そしてそれからキリストは、彼らの最も価値ある不変の愛情をする、そして彼らのすべての誡めを征服する、そしてそれから、すべての事柄の中に彼の上に心の目的を征服する、そして彼らの上に、長くない被写体を持たれるであろう。コリント第二、5. 15.
 
そしてそう、(神と共に神の罪の過ぎ去ったことを悲しむ)彼の恩寵に彼らを大胆に下方修正するならば、それは彼に彼らの中に信じている事を持つ:そのようなそう信仰はすべて彼らの罪から義化認する、彼らの信仰は、正しい人たちの上に算段するであろう。ローマ、4.22,23,24. 同、3.25,26.
 
===VII.===
それは一つの聖霊、神の貴重な賜物で、自由に彼の服従によって与えられる、エフェソ、4.4. 使徒、5.32. それはそのように彼らが犠牲を通してであり、そして(すべて一緒にできない)信仰に不変に耐え、そして父に誉れを与え、そして彼の御子キリスト、彼らの信仰を完成して本物で;コリン第一、6.11.それら三つのものは記録を生み出し、そして彼のHeayen父、言葉、そして聖霊、それら三つは一つ;その聖霊の約束はそのようにまだ受け取られていない、(彼らは彼の事をたくさん話すが)それは愛、平和、長く耐え忍び、優しさ、善きこと、柔和な、そして節制、(霊の実、ガラテヤ、5.22,23)彼らの息は多く残虐であり、そして自由に対して、大きな妬みを現し、そしてそのような生活において平和にでき、彼らの裁きなしに、彼らの会話は聖なるものであるけれども。
 
===VIII.===
それは神の世界の土台の前からでさえ選び取られているのであり、(または選び)永遠の生命に、そのような信ずる、そうキリストにおいて。ヨハネ、3.16. エフェソ、1.4. テサロニケ第二、2.13. まだわたしたちは確信している、それは選びによって神の目的が伝えられること、信仰の少しの前からのものが起こっても、かまた正しい者たちの働きの中にあって創造によって、しかしただ憐れみから、善きこと、そして神の中に住むことのありふれた激情、そしてそれは彼に呼ばれる、ローマ、9.ii.それは清潔そして言葉にできない聖なるもの、そして彼の御前では少しの汚れた者(事がら)も認められない、それから、彼の慈悲の天命は一人の神を求める人に届き、彼と(言えばダビデの)神は彼自身から離れて置かれるであろう、詩篇、4.3.
 
===IX.===
それは人が人に単に考えるのは、しかし不敬神な人で、古い運命の定めが非難をもたらす、彼が{{ruby|悖|もと}}(悖)って、[6頁]神の理不尽な恩寵の上に、一人の主なる神とわたしたちの主イエス・キリストを否定し、ユダ4.神の全くは強い間違って人を送り、彼らは忌々しく;わたしたちは彼らにそのような気づく(使徒が全く言う)真理への愛を受け入れず、彼らは救われるであろう、テサロ第二、2.10,-12.そしてそう、神の義憤と憤りを受け、すべての人の魂はその邪悪な働きを(生きている、そして彼らの中に死にかけている)それらのために神に一緒の個人は尊敬をしないであろう。ローマ、2. 9,10,11.
 
===X.===
それはすべての子供たちが幼少期に死ぬ時、彼ら自身の個人で、神の律法に対し違反した行動をしないならば、最初の死に征服されるだけであり、それは最初のアダムの罪によって彼らの上に来たらせるであろう、それから彼らは第二のアダムによって起き上がらせ;そして少しのではなく、(死にかけている、それの中の財産権)アダムの罪から苦しみを受け、地獄によって永劫に罰せられるであろう。(それは第二の死)天の王国から属して来たそのようなもので、コリント第一、15. 22. マタイ、19. 14. 他の無慈悲な意見と一緒にあえて結論を下すなら、彼は彼らをもっと懇願をするなら、バプテスマによって地上の目に見える教会にいる子供たちが持って来て、まだ彼らの教義であるキリストの死によってしかし遠くのそれらはによって決してそれなしに、永遠に天の王国から出して。
 
===XI.===
それの光はただ一つの道である、教会を共にし、(キリストによって指定され伝えられた、マタイ、28. 19,20.)最初の教えは、福音書の説教、マルコ、16. 16. 人々の息子たちと娘たち;それからバプティスマを受けられた(それは英語に浸す)その名前は父の、子の、そして聖霊、かまたは、わたしたちの主イエス・キリスト、使徒、2.38. 同、8. 12. 同、18. 8. しかしすべての幼児たち(偽りのバプティスマと呼ばれる)そこで、純粋な神の言葉は結果を造らない事に拠って、また新約聖書の与えられた仲間たちは再生による教会に居る、投げ出す;その時、女と彼女の息子を結びつける、それは旧約聖書と呼ばれる道は子供たちを持って来る、教会の世代による中に、追い出し、聖書は言う、ガラテヤ、4.30,22,23,24. マタイ、3.8,9. 全てそのようなわたしたちは否定の発言する、そうであれば、わたしたちを誡め、闇のわざに身を持たない一緒に与(あず)かるのをやめ、しかし、彼らによってもむしろ非難されよう、エフェソ、5. 11.
 
===XII.===
信者のバプテスマを受けるそのような義務は、キリストの主な服従の中に神の上から近くへ引かれ[7頁]、教義は証言する、祈る人は手を置き、その彼らの聖霊によって、受け入れる約束の、ヘブライ、6. 1,2. 使徒、8. 12,15,17. 同、19. 6.テモテ第二、1. 6. そこで、彼らは体の行為によって克服され、ローマ、8. 13. そしてすべての事がらに、意図したものに公言するのは彼らが答え得る、そして願いをも、確かに彼らに誉れを与える、それは彼らに闇から出て驚くべき光の中に呼ばれたものである。
 
===XIII===
それはそのような義務それは構成する前述の、続けるために、キリストの中にしっかりした、使徒の教義である、そして大会で一緒に、仲間である事に、パン裂きの兄弟のうちに、そして祈りの仲間、使徒、2. 42.
 
===XIV.===
そのわたしたちはこのように初期の道の宣言であるが、そして教会の構成の秩序、まだわたしたちは誠に信ずる、そして全くそれをあえてする、それはそう人がなくてはならない公言である、そして外形の実施のそして、キリストの教義の秩序は、これも全く聖性と一緒に同じ美しい、そして賢い会話の、その中のすべて敬神のそして本音の;結果無しの彼らに尽力するようになるように、形は目に見える公言である;主を見る事なしには人は聖なる者には成れ無い、ヘブライ、12. 14. イザヤ、1. 11,12,15,16.
 
===XV.===
彼の長老か牧者は、神と指定し監督し、彼の教会に食物を供給し(構成と前述の)はそんな、それは第一の弟子たちの数を存在する、自警団員が表れる時、酔っていない、善き行儀の、親切なもてなしを与える、教えるのにとかくしがちな、など貪欲な穢れた金(多くの国民の大臣たちは)しかし忍耐強い;口論する人のない、貪欲でない、などそしてそのような選択した、そして職務の運命が定まった、(聖書が指定する伝える、使徒、14. I 23.)それは、季節の期日の中で会うことと群れに食物を与える人は、そして彼らの上に支配する、たくさんの愛の中に、すべての心配事と共に、求めるそのような後に道に迷って、エゼキエル、34. 2,3. 彼らの後にもっと求める彼らよりも、はっきり特別に古い奉仕者の実施と反対に、それは言う、わたしたちは、あなたのを求めない、しかしあなた、コリント第二、12. 14. わたしたちはすべてそのような発言を否定する、そしてこれによってわたしたちは、運ぶ証言の続きに対して、エゼキエル、34.
 
===XVI.===
そのキリストの奉仕者は、その神から受け入れた自由な、何でも自由な奉仕者は他の人にすべきである。コリント第一. 9. 7. そしてそのような霊的事がらを持つ人は、自由に彼らの奉仕者であるべきで、奉仕者の必要な事がらを自由に何でも伝えるべきである、(彼らの上の算段を満たすべきである)コリント第一、 9. 11. ガラテヤ、6. 6. そして全く、[8頁]什一か少しの力の保全であり、わたしたちは福音の奉仕者の保全を全くの否定をすべきである。
 
===XVII.===
その真のキリストの教会、最初と二度目の後の何でも誡めの、すべての異端者の退ける、ティトス、3. 10,11. そして主の名の中にすべてのそのようなものを引き出すまた全く主の道を公言する、しかし彼らの会話の中に乱れ歩き、テサロニケ第二、3. 6. かまたは少しの道はなぜならば分割か違反であるからであり、それは彼らは学ぶ必要のある(キリストの)教義に逆である、ローマ、16. 17.
 
===XVIII.===
そのような真の信者は、確かにキリストのぶどうの木の枝である、(そしてそれは彼の算段の、その人は彼は彼の時が来るまで熱心に勧め、ヨハネ、15. 1,-5.)またはそのような彼は純粋な心で愛を出し、そして良い良心、そして見せかけではない信仰の、テモテ第一、1. 5. それにもかかわらず、油断なしを欲する、はずれさせそしてわたしは同じものから脇へ回す、節、6,7. そして枝がしぼんだ、火と焼けに投げ入れられる、ヨハネ、15.6. しかし、そのように美徳になって来る、美徳の知識そして節制の知識、などなど、ペテロ第二、1. 5,-7. そのような決して落ちない、節、8,-10. それは全ての誤ったキリストのあり得ない、そして誤った預言者の、それは、来てそしてそのように騙す、彼らは過ぎ去ったわたしと神によって保っていた、救いに通じる信仰で、ペテロ第一、1. 5.
 
===XIX.===
それは貧しい聖徒がキリストの教会に属して、教会によって十分に供給する、それは彼らが食物か光かまた一つによって、その上に自由と自発的に寄贈する(必要無い、かまたは行政長官の力か、強制によって)コリント第二、9. 7. コリント第一、8. 11,12. またこの自由と自発的な執事の助けを通して、誠実な人が居る、教会によって、そして祈りによって運命になるそして手を横たえる、働くために、使徒、6. 1,2,3,4,5,6. そうそこではキリストの教会が必要無い、その場合では威厳にみちた強制、それは他の中に混じって、その人は構成の肉の或いは出生の道にいて、肉の剣を造り必要とし、強制し小さい確かな意味、から彼ら貧しき者のため;その時より多くの他の彼らの仲間は、大いなるそして広い幾らかのお金を一緒の部分的に可能な果たすことで、彼らの方法が維持する、金、真珠、そして価値の高いもので盛装させて、神の言葉にはっきりと反対する、テモテ第一、2. 9,10. ペテロ第一、3. 3. 悲しいかな、それは神がそのようにする人が立ちあがる時に何をなし得よう、そして彼が見舞う時、何を彼らは答えようか。ヨブ記、31. 14. [9頁]
 
===XX.===
それはそれから(キリストを通して彼は死んだしかし、死からの生き返りしている)地下の墓から人々がすべて復活するようになる、イザヤ、26. 19. 正しいか正しくないか両方、使徒、24. 15. それは、人々の肉の体が、地の墓に種をまく、邪悪な不名誉は、弱い、自然の(それは、そう考えるに、神の王国を嗣ぐ事が出来ない)それは再び起こす、買収されない、栄光ある、力ある、霊的な、そしてそう考えられた聖徒たちの体は、(彼らの霊は再び一致する)それはここからキリストの為に苦痛を被り、王国を嗣ぐであろう、キリストと一緒の統治権に於いて、コリント第一、15. 21,22,42,43,44,49.
 
===XXI.===
それはそこから地の墓から復活の後に生ずる、永遠の裁き、キリストに於いて現れる、そして彼の王国に於いて、テモテ第二、4. 1. ヘブライ、9. 27. それの裁きの時は、変更できない、取り戻せない、すべての人は彼の体の中に行なわれることを受けいれ一致している、コリント第二、5. 10.
 
===XXII.===
それの同じ主イエスは彼の受難の耐えられる後に彼自身生きていることを見せる、たくさん誤りのない、使徒、I. 3. それは弟子たちから取り上げられた、そして天へ運ばれた、ルカ、24. 51. そう、来るのは好みの仕方で、彼は天へ行くことを見た、使徒、1. 9,10.
 
===II.===
そしてキリストはわたしたちの生命に現れる、わたしたちにまた現れるのは彼の栄光のうちにである、コロサイ、3. 4. それから王たちの王になり、そして主たちの主、黙示録、19. 16. 王国は彼の、そしてそれから国々の間にある彼の統治権、詩篇、22. 28. そして地球を全て覆う王、ゼカリヤ、14. 9. そしてわたしたちは地上を支配権(彼と共の、啓示、5. 10. この世の王国、(それは人々がそう、楽しみのためにここでその後に、骨折り力強く)わたしたちの主の王国から来る、そして彼のキリストと、黙示録、11. 15.すべてあなたがたのために、(おお、あなたがこの世を克服して来る)あなたがたキリストのそして、キリストは神々である、コリント第一、3. 22, 23. 聖徒とに王国が与えられる、そして偉大な王国の、天の全体の(印づける)下に、ダニエル、7. 27. しかしながら(ああ悲しいかな)今の多くの人々は乏しい内容である、それは聖徒たちは彼らの間にたくさんあることを持つ;しかしその時キリストは現れるであろう、その時彼らの日に、その時かれらに国々を覆う力を与えられるであろう、鉄の杖をもって彼らを支配するであろう、黙示録、2. 26,27. その時彼らは命の冠を受けるであろう、それは彼らから取られることなく、また彼らは少しの意味を持って回さない、かまたはそれから引っ繰り返す、圧制者のために砕けた破片、詩篇、72. 4. そして彼らは今無駄な、大喜びする朝に回って、そして無情な哀歌、それは書かれた、[10頁] ヨブ記、20. 5,6,7. 邪悪な凱旋は短い、そして偽善者の喜びしかし瞬間の;彼の尊者は天に山の上にもかかわらず、そして彼の頭は雲に届き、まだ永遠に死ぬであろう、彼の自らの獣の糞のような;彼らはそちらで彼を見る、そこから彼に何を言うか?
 
===XXIII.===
それは聖書が何で両方を、聖徒たちと信仰のことを支配するか、そして会話が規制される、彼らは救いに至る分別を作る事が出来るであろうか、キリスト・イエスの中の信仰を通して、教義の利益は、非難するため、義人を教育するため、それは神の人が完全になり、それを通してすべての善き働きに供給するためであると、テモテ第二、3.15,16,17. ヨハネ、20. 31. イザヤ、8. 20.
 
===XXIV.===
その御意志、そして神の御心(それらは福音の時間である)それはすべての人に宗教的な事柄にわたしたちの良心を自由に解放するであろう、かまたは、崇拝に於いて、圧制を少なくとも敷く場合を除いて、かまたは宗教的迫害、算段を単に持って来るなら;そして少しの権力が他の方法で行動し、わたしたちの確信している信じていることの表明をキリストの心に反対して、彼が何でも彼らに行なう他の人が行なおうとすることを必要とするなら、彼らは平等に他の人に行なっても善い、マタイ、7. 12. そしてその毒麦、そして小麦が一緒に野原に生えることは、(それは世界である)取入れ迄(それは世の終わりである)マタイ、13. 29,30,38,39.
 
===XXV.===
わたしたちは邪悪な行為者を罰することを、そして善き働きをなす者には賞賛を、それらのすべての国の行政長官がなすべきである、ペテロ第一、2. 14. そして、その多くのみだらな邪悪な者たちを、そして肉欲の汚れを、反対に正しく健康に良い(公民の)法で、そして少しの個人にも、尊敬すべき者でも、宗教的、或いは職業的にも、何にもそうで、不自然にもその不道徳に一致する者の公民の法に対する違反の者を罰すべきだと信ずる;わたしたちとすべての人々は福音の支配によって罰すべき義務を負わせる、高い力に従い、行政長官にも従属する、ティトス、3. 1. そして法令にすべては服従し、主の為にも、言うことにも、ペテロ第二、2. 13. しかし公民の権力の場合が、宗教の事がらに課するわたしたちのワーシップに違反する時が少しであっても、わたしたちにある神の良心を投げつけ、神に服従することができなくさせるのであれば;使徒、5. 29. そして一致させる全くわたしたちのワーシップとと布告がこれによって、そして聖なる意図と目的がそれと;それは(恵みの助けを通して)わたしたちに神の命令に対する違反が生じないのと同じような時に(そんな場合)少なくとも彼らに従う;まだ純粋に謙遜に卑下する[11頁]難問で(主が強い力を持って)わたしたちに負わせる良心が出来るままに、自分を抑えるべきである。
 
準写字生は、長老たちと、執事たちと、そして兄弟たちにより、ロンドンで合い、最初の月に於いて(1660.年、三月)彼らの利益のために、そしてたくさんの他の彼らに属する人たちは、ロンドンに於いて、国の幾つかの地方に於いて、その人たちはわたしたちと同じ信仰である。
 
===署名===
 
{|
|}
 
===出典===
* {{PDFlink|[http://www.baptistcenter.net/confessions/Standard_Confession_1660.pdf 1660年 バプテスト・スタンダード・信仰告白:英語原文]}}
* [https://ja.wikipedia.org/wiki/バプテスト教会 バプテスト教会] 
 
===注意===
(原注:~~)は英語本文に書かれた原注。大体丸括弧は原注や訳詞(~~)。
 
924

回編集