「言霊」の版間の差分

typo カタカナの「ベ」 → ひらがなの「べ」
(原文の脱漏を補う)
(typo カタカナの「ベ」 → ひらがなの「べ」)
 
また人民に対しては、いかなる作用言を用いたるかというに、「民を御す」といい、または「民を牧す」といえり。「御す」とは馬を使い、「牧す」とは羊を畜うことにして、これ人民を馬羊に例えたる太古未開の時の、おぼらかなりし思想をそのまま画きたるものなり。
 
ヨーロッパにて国土を手に入れたることを、何といいしかと問うに、「国を占領す」といえり。「占領」という詞は(オキュパイド)やがて奪うという意味をも含めり。また人民に対しては(ゴーウルメ)船の舵を執る意味の詞を用いたり。すなわちシナにて「御す」といい、「牧す」といいしと同じく、人民を一つ物質に見なしたるより転用したるものなり。シナも西洋も昔の人の国土人民に対せし作用言は、いと疎かなる語を用いたるものにして、国土を縄張して己れの領分にすということを目的とし、人民を一の品物と見て、手綱を付け、舵を取りて、乗り治むというあしらいをもて称えたるものと覚えたり。これは古の人は、今の世の人のごとく、政治学の精密なる思想なかりしゆえにぞあるべき。さて御国にては古来この国土人民を支配することの思想を、何と称えたるか。古事記に建御雷神を下したまいて大国主神に問わしめられし条に「汝之宇志波祁流葦原中国者我御子之所知国言依賜」とあり。「うしはぐ」といい、「しらす」という。この二つの詞ぞ、太古に人主の国土人民に対する働きを名けたるものなりき。さて一は「うしはぐ」といい、他の一は「しらす」と称えたまいたるには、二つの間に差めなくてやあるべき。大国主神には「汝がうしはげる」と宣い、御子のためには「しらす」と宣いたるは、この二つの詞の間に雲泥水火の意味の違うこととぞ覚ゆる。「うしはぐ」という詞は本居氏の解釈に従えば、すなわち「領す」ということにして、ヨーロッパ人の「オキュパイド」と称え、シナ人の「富有奄有」と称えたる意義と全く同じ、こは一の土豪の所作にして、土地人民を我が私産として取り入れたる大国主神のしわざを画いたるあるし。正統の皇孫として御国に照し臨み玉う大御業は、「うしはぐ」にはあらずして、「しらす」と称え給いたり。その後、神日本盤余彦等の御称名を「始御国天皇」と称え奉り、また世々の大御詔に「大八州国知ろしめす天皇」と称え奉るをば公文式とは為されたり。されば、かしこくも皇祖伝来の御家法は「国をしらす」という言葉に存すというも誣いたりとせず。「国を知り国を知らす」といえるは、各国に比較を取るべき詞なし。今「国を知る国をしらす」ということを、本語のまま意訳を用いずして、シナの人・西洋の人に聞かせたらば、その意味を了解するに困むべし。そはシナの人・西洋の人には国を知り国をしらすということの意想は、もとよりその脳髄の中に存せざればなり。知るということは、今の人の普通に用いる詞のごとく、心にて物を知るの意にして、中の心と外の物との関係をあらわし、さて中の心は、外の物に臨みて、鏡の物を照すごとく知り明むる意なり。西洋人の論理法に従いて解釈するときは主観様に無形の高尚なる性霊・心識の働きをあらわしたるものにして、「奄有」といい「占領」といい「うしはく」といえるは、もっぱら客観様に有形の物質上の関係をあらわしたるものなり。古書に「しらす」という言葉に御の字を当てたるは、当時の歴史を編む人、適当なる漢字なきに苦しみ、これを借り用いたるにて、もとより言語の意味には適わぬ文字なり。
 
かくいえば、人は難じていわん。「太古の人に、さばかり高尚なる思想あるべきにあらず、今の人の考えをもって付会したるならむ」と。否々然らず、諺に論より証拠といえるごとく、古典に「うしはぐ」ということと「知らす」ということと二の言葉を両々向き合せて用い、またその「うしはぐ」といい「知らす」という作用言の主格に、玉と石との差めあるを見れば、なお争うことのあるべきやは。もしその差別なかりせば、この一条の文章をば何と解釈し得べき。