「作者:平田篤胤」の版間の差分

編集の要約なし
 
|birthyear=
|deathyear=
|description = 平田 篤胤(ひらた あつたね)は、江戸時代後期の国学者・神道家・思想家・医者。復古神道(古道学)の大成者であり、大国隆正によって荷田春満、[[作者:賀茂真淵|賀茂真淵]]、[[作者:本居宣長|本居宣長]]とともに国学四大人(しうし)の中の一人として位置付けられている。{{wikipediaref|平田篤胤}}
|image =
|wikipedia_link = 平田篤胤
29,361

回編集