「作者:本居宣長」の版間の差分

編集の要約なし
 
|birthyear=
|deathyear=
|description = 本居 宣長(もとおり のりなが)は、江戸時代の国学者・文献学者・言語学者・医師。名は栄貞。荷田春満、[[作者:賀茂真淵|賀茂真淵]]、[[作者:平田篤胤|平田篤胤]]とともに「国学の四大人(しうし)」の一人とされる。契沖の文献考証と師・賀茂真淵の古道説を継承し、国学の発展に多大な貢献をしたことで知られる。宣長は、真淵の励ましを受けて『[[古事記]]』の研究に取り組み、約35年を費やして当時の『古事記』研究の集大成である注釈書『古事記伝』を著した。本居宣長の代表作には、このほか『[[源氏物語]]』の注解『源氏物語玉の小櫛』、『玉勝間』、『馭戒慨言(ぎょじゅうがいげん)』などがある。{{wikipediaref|本居宣長}}
|image =
|wikipedia_link = 本居宣長
29,594

回編集