「作者:カレル・チャペック」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
}}
 
== 散文著作 ==
=== 散文 ===
* 輝く深さ- 兄ジョセフとの共著
* 神の時代錯誤:
* ジュベニリア
 
=== ドラマ ===
* 愛のゲームの致命的な - 兄ジョセフとの共著
* オンライン強盗.
* お母さん
 
=== 旅行記 ===
* イタリアの葉(1923)
* 英語の葉(1924)
* 北の旅は、より明確にするために、著者の写真と彼の妻オルガ・シャインフルゴワ(1936)の詩を伴っていた。
 
=== 子供向けの作品 ===
* 9つのおとぎ話 - 兄ジョセフとの共著
* ダーチェクや子犬の生活 -兄ジョセフとの共著
 
=== 哲学 ===
* 実用主義または実用生活の哲学
 
=== 翻訳 ===
* 新時代のフランスのポージーのアンソロジーで:
* ギヨーム・アポリネール:バンド
* サリー・プルドーム:プーマ花瓶
 
=== 政治作品 ===
* T.G.マサリックと沈黙との電話
* なぜ私は共産主義者ではないのですか?
 
=== 未完の作品 ===
* マジスター・ディヴィヌス(1929年3月26日、オトカール・ブジェジナの死))
* オトカール・ブジェジナの事件(1931年1月4日、O.B.に関するデムルの声明に対する反応)
* 秋の日(1938年12月11日)
 
=== 死後に公表された作品 ===
* 私は犬と猫を飼っていました。
* カレンダー.
* マイナー散文
 
== 著者と関連作品に関する作品 ==
* R.メデク:ルドルフ・メデク『作家の村のスピーチ』(1934年) - チャペックへの公開書簡
* A.ノヴァーク:「いいえ、お願い、私はできませんでした.」(1937年)- ドラマ白病の批評
30,256

回編集