「利用者:百年斎/sandbox」の版間の差分

帝国議会議事録(一身上の弁明)
(直毘霊INDEX読み込み版)
タグ: 置換
(帝国議会議事録(一身上の弁明))
'''〇美濃部達吉君''' 去ル二月十九日ノ本會議ニ於キマシテ、菊池男爵其他ノ方カラ、私ノ著書ノコトニ付キマシテ御發言ガアリマシタニ付キ、茲ニ一言一身上ノ辯明ヲ試ムルノ已ムヲ得ザルニ至リマシタコトハ、私ノ深ク遺憾トスル所デアリマス、
 
菊池男爵ハ昨年六十五議會ニ於キマシテモ、私ノ著書ノコトヲ擧ゲラレマシテ、斯ノ如キ思想ヲ懷イテ居ル者ハ文官高等試驗委員カラ追拂フガ宜イト云フヤウナ、激シイ言葉ヲ以テ非難セラレタノデアリマス、
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1904256/46
今議會ニ於キマシテ再ビ私ノ著書ヲ擧ゲラレマシテ、明白ナ反逆的思想デアルト言ハレ、謀反人デアルト言ハレマシタ、
 
又學匪デアルト迄斷言セラレタノデアリマス、
<pages index="Naobinomitama.pdf" from="1" to="12"/>
日本臣民ニ取リマシテ反逆&#xfa5b;デアル、謀反人デアルト言ハレマスルノハ&#xfa30;辱此上モナイコトト存ズルノデアリマス、
又學問ヲ專攻シテ居リマス&#xfa5b;ニ取ッテ、學匪ト言ハレマスコトハ、等シク堪ヘ&#xfa68;イ&#xfa30;辱デアルト存ズルノデアリマス、
私ハ斯ノ如キ言論ガ貴族院ニ於テ、公ノ議場ニ於テ公言セラレマシテ、ソレガ議長カラノ取消ノ御命令モナク看過セラレマスコトガ、果シテ貴族院ノ品位ノ爲ニ許サレ得ルコトデアルカドウカヲ疑フ&#xfa5b;デアリマスルガ、ソレハ兎モ角ト致シマシテ、貴族院ニ於テ、貴族院ノ此公ノ議場ニ於キマシテ、斯ノ如キ&#xfa30;辱ヲ加ヘラレマシタコトニ付テハ、私ト致シマシテ如何ニ致シマシテモ其儘ニハ默過シ&#xfa68;イコトト存ズルノデアリマス、
本議場ニ於キマシテ斯ノ如キ問題ヲ論議スルコトハ、所柄甚ダ不適當デアルト存ジマスルシ、又貴重ナ時間ヲ斯ウ云フ事ニ費シマスルノハ、甚ダ恐縮ニ存ズルノデアリマスシ、私ト致シマシテモ不愉快至極ノコトニ存ズルノデアリマスルガ、萬已ムヲ得ザルコトト御諒承ヲ願ヒタイノデアリマス、
凡ソ如何ナル學問ニ致シマシテモ、其學問ヲ專攻シテ居リマスル&#xfa5b;ノ學說ヲ批判シ、其當否ヲ論ジマスルニハ、其批評&#xfa5b;自身ガ其學問ニ付テ相當ノ造詣ヲ持ッテ居リ、相當ノ批判能力ヲ備ヘテ居ナケレバナラヌト存ズルノデアリマス、
若シ例ヘバ私ノ如キ法律學ヲ專攻シテ居マスル&#xfa5b;ガ軍學ニ喙ヲ容レマシテ、軍學&#xfa5b;ノ專門ノ&#xfa5f;述ヲ批評スルト云フヤウナコトガアルト致シマスナラバ、ソレハ唯物笑ニ終ルデアラウト存ズルノデアリマス、
私ハ菊池男爵ガ憲法ノ學問ニ付テ、ドレ程ノ御造詣ガアルノカハ更ニ存ジナイ&#xfa5b;デアリマスガ、菊池男爵ノ私ノ&#xfa5f;書ニ付テ論ゼラレテ居リマスル所ヲ速記錄ニ依ッテ拜見イタシマスルト、同男爵ガ果シテ私ノ&#xfa5f;書ヲ御通讀ニナッタノデアルカ、假リニ御讀ミニナッタト致シマシテモ、ソレヲ御理靜ナサレテ居ルノデアルカト云フコトヲ深ク疑フ&#xfa5b;デアリマス、
恐ラクハ或他ノ人カラ斷片的ニ、私ノ&#xfa5f;書ノ中ノ或片言隻句ヲ示サレテ、其前後ノ&#xf99a;絡ヲモ顧ミズ、唯其片言隻句ダケヲ見テ、ソレヲアラヌ意味ニ誤解サレテ、輕々ニ是ハ怪シカラヌト感ゼラレタノデハナカラウカト想像セラレルノデアリマス、
若シ眞ニ私ノ&#xfa5f;書ノ全體ヲ&#xfa1d;讀セラレ、又正當ニソレヲ理解セラレテ居リマスルナラバ、斯ノ如キ批判ヲ加ヘラルベキ理由ハ斷ジテナイモノト確信イタスノデアリマス、
菊池男爵ハ私ノ&#xfa5f;書ヲ以テ、我國體ヲ否認シ、君主主權ヲ否定スルモノノ如クニ論ゼラレテ居リマスガ、ソレコソ實ニ同君ガ私ノ&#xfa5f;書ヲ讀マレテ居リマセヌカ、又ハ讀ンデモソレヲ理解セラレテ居ラナイ明白ナ證據デアリマス、
我ガ憲法上、國家統治ノ大權ガ天皇ニ屬スルト云フコトハ、天下萬民一人トシテ之ヲ疑フベキ&#xfa5b;ノアルベキ筈ハナイノデアリマス、
憲法ノ上論ニハ「國家統治ノ大權ハ朕力之ヲ&#xfa50;宗二承ケテ之ヲ子孫二傳フル所ナリ」ト明言シテ居リマス、
又憲法第一條ニハ「大日本帝國ハ萬世一系ノ天皇之ヲ統治ス」トアリマス、
更ニ第四條ニハ、「天皇ハ國ノ元首ニシテ統治權ヲ總攬シ此ノ憲法ノ條規二依リ之ヲ行フ」トアルノデアリマシテ、日月ノ如ク明白デアリマス、
若シ之ヲシテ否定スル&#xfa5b;ガアリマスナラバ、ソレコソ反逆思想デアルト云ハレマシテモ餘儀ナイ事デアリマセウガ、私ノ&#xfa5f;書ノ如何ナル場所ニ於キマシテモ之ヲ否定シテ居ル所ハ決シテナイバカリカ、却テ反對ニソレガ日本憲法ノ最モ重要ナ基本原則デアルコトヲ繰返シ說明シテ居ルノデアリマス、
例ヘバ菊池男爵ノ擧ゲラレマシタ憲法&#xfa1d;義、十五頁カラ十六頁ノ所ヲ御覽ニナリマスレバ、日本ノ憲法ノ基本主義ト題シマシテ其最モ重要ナ基本主義ハ、日本ノ國體ヲ基礎トシタ君主主權主義デアル、之ニ西洋ノ文明カラ傳ハッタ立憲主義ノ要素ヲ加ヘタノガ日本ノ憲法ノ主要ナ原則デアル、卽チ君主主權主義ニ加フルニ立憲主義ヲ以テシタノデアルト云フ事ヲ述ベテ居ルノデアリマス、
又ソレハ萬世動カスベカラザルモノデ、日本開闢以來曾テ變動ノナイ、又將來永遠ニ亙ッテ動カスベカラザルモノデアルト云フ事ヲ言明シテ居ルノデアリマス、
他ノ&#xfa5f;述デアリマスル憲法撮要ニモ同ジ事ヲ申シテ居ルノデアリマス、
菊池男爵ハ御擧ゲニナリマセヌデアリマシタガ、私ノ憲法ニ關スル&#xfa5f;述ハ其外ニモ明治三十九年ニ&#xfa42;ニ日本國法學ヲ&#xfa5f;シテ居リマスルシ、大正十年ニハ日本憲法第一卷ヲ出版シテ居リマス、
更ニ最近昭和九年ニハ日本憲法ノ基本主義ト題スルモノヲ出版イタシテ居リマスルガ、是等ノモノヲ御覽ニナリマシテモ君主主權主義ガ日本ノ憲法ノ最モ貴重ナ、最モ根本的ナ原則デアルト云フコトハ、何レニ於キマシテモ詳細ニ說明イタシテ居ルノデアリマス、
唯ソレニ於キマシテ憲法上ノ法理論トシテ問題ニナリマスル點ハ、凡ソ二點ヲ擧ゲルコトガ出來ルノデアリマス、
第一點ハ、此天皇ノ統治ノ大權ハ、天皇ノ御一身ニ屬スル權利トシテ觀念セラルベキモノデアルカ、又ハ天皇ガ國ノ元首タル御地位ニ於テ總攬シ給フ權能デアルカト云フ問題デアリマス、
一言デ申シマスルナラバ、天皇ノ統治ノ大權ハ法律上ノ觀念ニ於テ權利ト見ルベキデアルカ、權能ト見ルベキデアルカト云フコトニ歸スルノデアリマス、
第二點ハ、天皇ノ統治ノ大權ハ絕對ニ無制限ナ萬能ノ權力デアルカ、又ハ憲法ノ條規ニ依ッテ行ハセラレマスル制限アル權能デアルカ、此ノ二點デアリマス、
私ノ&#xfa5f;書ニ於テ述ベテ居マスル見解ハ、第一ニハ、天皇ノ統治ノ大權ハ、法律上ノ觀念トシテハ權利ト見ルベキモノデハナクテ、權能デアルトナスモノデアリマスルシ、又第二ニ、ソレハ萬能無制限ノ權力デハナク、憲法ノ條規ニヨッテ行ハセラレル權能デアルトナスモノデアリマス、此二ツノ點ガ菊池男爵其他ノ方ノ御疑ヲ生ジタ主タル原因デアルト信ジマスルノデ、成ルベク簡單ニ其要領ヲ述ベテ御疑ヲ解クコトニ努メタイト思フノデアリマス、
第一ニ天皇ノ國家統治ノ大權ハ法律上ノ觀念トシテ天皇ノ御一身ニ屬スル權利ト見ルベキヤ否ヤト云フ問題デアリマスガ、法律學ノ初步ヲ學ンダ&#xfa5b;ノ熟知スル所デアリマスガ法律學ニ於テ權利ト申シマスルノハ利&#xfa17;ト云フ事ヲ要素トスル觀念デアリマシテ自己ノ利&#xfa17;ノ爲ニ……自己ノ目的ノ爲ニ存スル法律上ノカデナケレバ權利ト云フ觀念ニハ該當シナイノデアリマス、
或人ガ或權利ヲ持ツト云フ事ハ其力ヲ其人自身ノ利&#xfa17;ノ爲ニ、言換レバ其人自身ノ目的ノ爲ニ認メラレテ居ルト云フ事ヲ意味スルノデアリマス、
卽チ權利主體ト云ヘバ利&#xfa17;ノ主體目的ノ主體ニ外ナラヌノデアリマス、
從ッテ國家統治ノ大權ガ天皇ノ御一身ノ權利デアルト解シマスナラバ、統治權ガ天皇ノ御一身ノ利&#xfa17;ノ爲メ、御一身ノ目的ノ爲ニ存スルカデアルトスルニ歸スルノデアリマス、
サウ云フ見解ガ果シテ我ガ尊貴ナル國體ニ通スルデアリマセウカ、
我ガ古來ノ歷史ニ於キマシテ如何ナル時代ニ於テモ天皇ガ御一身御一家ノ爲ニ、御一家ノ利&#xfa17;ノ爲ニ統治ヲ行ハセラレルモノデアルト云フ樣ナ思想ノ現ハレデアル事ハ出來マセヌ、
天皇ハ我國開闢以來天ノ下シロシメス大君ト仰ガレ給フノデアリマスガ、天ノ下シロシメスノハ決シテ御一身ノ爲デハナク、全國家ノ爲デアルト云フ事ハ古來常ニ意識セラレテ居タ事デアリマスルシ、歷代ノ天皇ノ大詔ノ中ニモ、其ノ事ヲ明示サレテ居ルモノガ少クナイノデアリマス、
日本書紀ニ見エテ居リマスル崇&#xfa19;天皇ノ詔ニハ「惟フニ我ガ皇&#xfa50;&#xfa22;々ノ天皇ノ宸極ニ光臨シ給ヒシハ豈一身ノ爲ナラズヤ蓋シ人&#xfa19;ヲ司牧シテ天下ヲ經倫スル所以ナリ」トアリマスルシ、仁德天皇ノ詔ニハ「其レ天ノ君ヲ立ツルハ是レ百姓ノ爲ナリ然ラハ則チ君ハ百姓ヲ以テ本トス」トアリマス、
西洋ノ古イ思想ニハ國王ガ國ヲ支配スル事ヲ以テ恰モ國王ノ一家ノ財產ノ如クニ考ヘテ、一個人ガ自分ノ權利トシテ財產ヲ所有シテ居リマスル如クニ、國王ハ自分ノ一家ノ財產トシテ國土國民ヲ領有シ支配シテ、之ヲ子孫ニ傳ヘルモノデアルトシテ居ル時代ガアルノデアリマス、
普通ニ斯クノ如キ思想ヲ家產國思想、「パトリモニアル・セオリイ」家產說、家ノ財產デアリマス家產說ト申シテ居リマス、
國家ヲ以テ國王ノ一身一家ニ屬スル權利デアルト云フ事ニ歸スルノデアリマス、
斯ノ如キ西洋中世ノ思想ハ、日本ノ古來ノ歷史ニ於テ曾テ現ハレナカッタ思想デアリマシテ、固ヨリ我國體ノ容認スル所デハナイノデアリマス、
伊藤公ノ憲法義解ノ第一條ノ註ニハ「統治ハ大位ニ居リ大權ヲ統ヘテ國土及臣民ヲ治ムルナリ」中略「蓋&#xfa50;宗其ノ天職ヲ重ンジ、君主ノ德ハ八洲臣民ヲ統治スルニ在ッテ一人一家ニ享奉スルノ私事ニアラザル事ヲ示サレタリ、是レ卽チ憲法ノ依テ以テ基礎ヲナス所以ナリ」トアリマスノモ、是レ同ジ趣旨ヲ示シテ居ルノデアリマシテ統治ガ決シテ天皇ノ御一身ノ爲ニ存スルカデハナク、從テ法律上ノ觀念ト致シマシテ天皇ノ御一身上ノ私利トシテ見ルベキモノデハナイ事ヲ示シテ居ルノデアリマス、
古事記ニハ天照大&#xfa19;ガ出雲ノ大國主命ニ問ハセラレマシタ言葉トイタシマシテ「汝カウシハケル葦原ノ中ツ國ハ我カ御子ノシラサム國」云々トアリマシテ「ウシハク」ト云フ言葉ト書キ別ケシテアリマス、
或國學&#xfa5b;ノ說ニ依リマスト、「ウシハク」ト云フノハ私領ト云フ意味デ「シラス」ハ統治ノ意味デ卽チ天下ノ爲ニ土地人民ヲ統ベ治メル事ヲ意味スルト云フ事ヲ唱ヘテ居ル人ガアリマス、
此說ガ正シイカドウカ私ハ能ク承知シナイノデアリマスガ若シ假リニソレガ正當デアルト致シマスルナラバ、天皇ノ御一身ノ權利トシテ統治權ヲ保有シ給フモノト解シマスルノハ卽チ天皇ハ國ヲ「シラシ」給フノデハナクシテ國ヲ「ウシハク」モノトスルニ歸スルノデアリマス、
ソレガ我ガ國體ニ適スル所以デナイ事ハ明白デアラウト思ヒマス、
統治權ハ、天皇ノ御一身ノ爲ニ存スル力デハナク、從テ天皇ノ御一身ニ屬スル私ノ權利ト見ルベキモノデハナイト致シマスルナラバ、其權利ノ主體ハ法律上何デアルト見ルベキデアリマセウカ、前ニモ申シマスル通リ權利ノ主體ハ卽チ目的ノ主體デアリマスカラ、統治ノ權利主體ト申セバ卽チ統治ノ目的ノ主體ト云フ事ニ外ナラヌノデアリマス、
而シテ天皇ガ天ノ下シロシマスルノハ、天下國家ノ爲デアリ、其ノ目的ノ歸屬スル所ハ永遠恆久ノ團體タル國家デアルト觀念イタシマシテ天皇ハ國ノ元首トシテ、言換レバ、國ノ最高機關トシテ此國家ノ一切ノ權利ヲ總攬シ給ヒ、國家ノ一切ノ活動ハ立法モ司法モ總テ天皇ニ其最高ノ源ヲ發スルモノト觀念スルノデアリマス、
所謂機關說ト申シマスルノハ、國家ソレ自身デ一ツノ生命アリ、ソレ自身ニ目的ヲ有スル恆久的ノ團體、卽チ法律學上ノ言葉ヲ以テセバ一ツノ法人ト觀念イタシマシテ天皇ハ此法人タル國家ノ元首タル地位ニ在シマシ國家ヲ代表シテ國家ノ一切ノ權利ヲ總攬シ給ヒ天皇ガ憲法ニ從ッテ行ハセラレマスル行爲ガ、卽チ國家ノ行爲タル效力ヲ生ズルト云フコトヲ云ヒ表ハスモノデアリマス、
國家ヲ法人ト見ルト云フコトハ、勿論憲法ノ明文ニハ揭ゲテナイノデアリマスルガ、是ハ憲法ガ法律學ノ敎科書デハナイト云フコトカラ生ズル當然ノ事柄デアリマスガ倂シ憲法ノ條文ノ中ニハ、國家ヲ法人ト見ナケレバ說明スルコトノ出來ナイ規定ハ少カラズ見エテ居ルノデアリマス、
憲法ハ其ノ表題ニ於テ&#xfa42;ニ大日本帝國憲法トアリマシテ、卽チ國家ノ憲法デアルコトヲ明示シテ居リマスノミナラズ、第五十五條及ビ第五十六條ニハ「國務」トイフ言葉ガ用ヰラレテ居リマシテ、統治ノ總ベテノ作用ハ國家ノ事務デアルト云フコトヲ示シテ居リマス、
第六十二條第三項ニハ「國債」及ビ「國庫」トアリマスルシ、第六十四條及ビ第七十二條ニハ「國家ノ歲出歲入」トイフ言葉ガ見エテ居リマス、
又第六十六條ニハ、國庫ヨリ皇室經費ヲ支出スベキ義務ノアルコトヲ認メテ居リマス、
總ベテ此等ノ字句ハ國家自身ガ公債ヲ起シ、歲出歲入ヲ爲シ、自己ノ財產ヲ有シ、皇室經費ヲ支出スル主體デアルコトヲ明示シテ居ルモノデアリマス、
卽チ國家ソレ自身ガ法人デアルト解シナケレバ、到底說明シ得ナイ處デアリマス、
其ノ他國稅ト云ヒ、國有財產トイヒ、國際條約トイフヤウナ言葉ハ、法律上普ク公認セラレテ居リマスガ、ソレハ國家ソレ自身ノ租稅ヲ課シ、財產ヲ所有シ、條約ヲ結ブモノデアルコトヲ示シテヰルモノデアルコトハ申ス迄モナイノデアリマス、
卽チ國家ソレ自身ガ一ツノ法人デアリ、權利主體デアルコトガ、我ガ憲法及ビ法律ノ公認スルトコロデアルト云ハネバナラナイノデアリマス、
倂シ法人ト申シマスルト一ツノ團體デアリ、無形人デアリマスルカラ、其ノ權利ヲ行ヒマスル爲ニハ、必ラズ法人ヲ代表スルモノガアリ、其ノ&#xfa5b;ノ行爲ガ法律上法人ノ行爲タル效力ヲ有スル&#xfa5b;デナケレバナラヌノデアリマシテ、斯クノ如キ法人ヲ代表シテ法人ノ權利ヲ行フモノヲ、法律學上ノ觀念トシテ法人ノ機關ト申スノデアリマス、
率然トシテ天皇ガ國家ノ機關タル地位ニ在マストイフヤウナコトヲ申シマスルト、法律學ノ知識ノナイ&#xfa5b;ハ、或ハ不穩ノ言ヲ吐クモノト感ズル&#xfa5b;ガアルカモ知レマセヌガ、其意味スルトコロハ天皇ハ御一身、御一家ノ權利トシテ、統治權ヲ保有シ給フノデハナク、ソレハ國家ノ公事デアリ天皇ハ御一身ヲ以テ國家ヲ體現シ給ヒ、國家ノ總テノ活動ハ天皇ニ其ノ最高ノ源ヲ發シ天皇ノ行爲ガ天皇ノ御一身上ノ私ノ行爲トシテデハナク、國家ノ行爲トシテ、效力ヲ生ズルコトヲ言ヒ表ハスモノデアリマス、
例ヘバ憲法ハ明治天皇ノ欽定ニ係ルモノデアリマスガ、明治天皇御一個、御一人ノ&#xfa5f;作物デハナク其ノ名稱ニ依ッテモ示サレテ居リマスル通リ大日本帝國ノ憲法デアリ、國家ノ憲法トシテ永久ニ效力ヲ有スルモノデアリマス、
條約ハ憲法第十三條ニ明言シテ居リマスル通リ、天皇ノ締結シ給フトコロデアリマスルガ、倂シソレハ國際條約卽チ國家ト國家トノ條約トシテ效力ヲ有スルモノデアリマス、
若シ所謂機關說ヲ否定イタシマシテ、統治權ハ天皇御一身ニ屬スル權利デアルトシマスナラバ、ソノ統治權ニ基イテ賦課セラレマスル租稅ハ國稅デハナク、天皇ノ御一身ニ屬スル收入トナラナケレバナリマセヌシ、天皇ノ締結シ給フ條約ハ國際條約デハナクシテ、天皇御一身トシテノ契約トナラネバナラヌノデアリマス、
ソノ外國債トイヒ、國有財產トイヒ、國家ノ歲出歲入トイヒ、若シ統治權ガ國家ニ屬スル權利デアルコトヲ否定シマスルナラバ、如何ニシテコレヲ說明スルコトガ出來ルノデアリマセウカ、
勿論統治權ガ國家ニ屬スル權利デアルト申シマシテモソレハ決シテ天皇ガ統治ノ大權ヲ有セラレルコトヲ否定スル趣旨デハナイコトハ申ス迄モアリマセン、
國家ノ一切ノ統治權ハ天皇ノ總攬シ給フコトハ憲法ノ明言シテヰルトコロデアリマス、
私ノ主張シマスルトコロハ只天皇ノ大權ハ天皇ノ御一身ニ屬スル私ノ權利デハナク、天皇ガ國家ノ元首トシテ行ハセラルゝ權能デアリ、國家ノ統治權ヲ活動セシムルカ、卽チ統治ノ總ベテノ權能ガ天皇ニ最高ノ源ヲ發スルモノデアルトイフニ在ルノデアリマス、
ソレガ我ガ國體ニ反スルモノデナイコトハ勿論、最モ良ク我ガ國體ニ通スル所以デアラウト堅ク信ジテ疑ハナイノデアリマス、
第二點ニ我ガ憲法上、天皇ノ統治ノ大權ハ萬能無制限ノ權力デアルヤ否ヤ、コノ點ニ就キマシテモ我ガ國體ヲ論ジマスルモノハ、動モスレバ絕對無制限ナル萬能ノ權力ガ天皇ニ屬シテヰルコトガ我ガ國體ノ存スル處ナルト云フモノガアルノデアリマスルガ、私ハ之ヲ以テ我ガ國體ノ認識ニ於テ大イナル誤デアルト信ジテヰルモノデアリマス、
君主ガ萬能ノ權力ヲ有スルトイフヤウナノハ、コレハ純然タル西洋ノ思想デアル、
「ローマ」法ヤ十七八世紀ノ「フランス」ナドノ思想デアリマシテ、我ガ歷史上ニ於キマシテハ如何ナル時代ニ於テモ、天皇ノ無制限ナル萬能ノ權力ヲ以テ臣民ニ命令シ給フトイフヤウナコトハ曾ツテ無カッタコトデアリマス、
天ノ下シロシメストイフコトハ、決シテ無限ノ權力ヲ行ハセラレルトイフ意味デハアリマセヌ、
憲法ノ上論ノ中ニハ「朕力親愛スル所ノ臣民ハ卽チ朕カ&#xfa50;宗ノ惠撫慈養シタマヒシ所ノ臣民ナルヲ念ヒ」云々ト仰セラレテ居リマス、
卽チ歷代天皇ノ臣民ニ對スル關係ヲ「惠撫慈養」ト云フ言葉ヲ以テ御示シニナッテ居ルノデアリマス、
況ヤ憲法第四條ニハ「天皇ハ國ノ元首ニシテ統治權ヲ總攬シ此ノ憲法ノ條規ニ依リ之ヲ行フ」ト明示サレテ居リマス、
又憲法ノ上諭ノ中ニモ、「朕及朕カ子孫ハ將來此ノ憲法ノ條章ニ循ヒ之ヲ行フコトヲ愆ラサルヘシ」ト仰セラレテ居リマシテ天皇ノ統治ノ大權ガ憲法ノ規定ニ從ッテ行ハセラレナケレバナラナイモノデアルト云フコトハ明々白々疑ヲ容ルベキ餘地モナイノデアリマス、
天皇ノ帝國議會ニ對スル關係ニ於キマシテモ亦憲法ノ條規ニ從ッテ行ハセラルベキコトハ申ス迄モアリマセヌ、
菊池男爵ハ恰モ私ノ&#xfa5f;書ノ中ニ、議會ガ全然天皇ノ命令ニ服從シナイモノデアルト述ベテ居ルカノ如クニ論ゼラレマシテ、若シサウトスレバ解散ノ命ガアッテモ、ソレニ拘ラズ會議ヲ開クコトガ出來ルコトニナルト云フヤウナ議論ヲセラレテ居ルノデアリマスルガ、ソレモ同君ガ曾ツテ私ノ&#xfa5f;書ヲ通讀セラレナイカ、又ハ讀ンデモ之ヲ理解セラレナイ明白ナ證據デアリマス、
議會ガ天皇ノ大命ニ依ッテ召集セラレ、又開會、閉會、停會及衆義院ノ解散ヲ命ゼラレルコトハ、憲法第七條ニ明ニ規定シテ居ル所デアリマシテ、又私ノ書物ノ中ニモ縷々說明シテ居ル所デアリマス、
私ノ申シテ居リマスルノハ唯是等憲法又ハ法律ニ定ッテ居リマスル事柄ヲ除イテ、ソレ以外ニ於テ卽チ憲法ノ條規ニ基カナイデ、天皇ガ議會ニ命令シ給フコトハナイト言ッテ居ルノデアリマス、
議會ガ原則トシテ天皇ノ命令ニ服スルモノデナイト言ッテ居リマスルノハ其ノ意味デアリマシテ「原則トシテ」ト申スノハ、特定ノ定アルモノヲ除イテト云フ意味デアルコトハ言フ迄モナイノデアリマス、
詳シク申セバ議會ガ立法又ハ豫算ニ協贊シ緊急命令其ノ他ヲ承諾シ又ハ上奏及建議ヲ爲シ、質問ニ依ッテ政府ノ辯明ヲ求ムルノハ、何レモ議會ノ自己ノ獨立ノ意見ニ依ッテ爲スモノデアッテ、勅命ヲ奉ジテ勅命ニ從ッテ之ヲ爲スモノデハナイト言フノデアリマス、
一例ヲ立法ノ協贊ニ取リマスルナラバ、法律案ハ或ハ政府カラ提出レ、或ハ議院カラ提出スルモノモアリマスルガ、議院提出案ニ付キマシテハ固ヨリ君命ヲ奉ジテ協贊スルモノデナイコトハ言フ迄モナイコトデアリマス、
政府提出案ニ付キマシテモ、議會ハ自己ノ獨立ノ意見ニ依ッテ之ヲ可決スルト否決スルトノ自由ヲ持ッテヰルコトハ、誰モ疑ハナイ所デアラウト思ヒマス、
若シ議會ガ陛下ノ命令ヲ受ケテ、其ノ命令ノ儘可決シナケレバナラヌモノデ、之ヲ修正シ又ハ否決スル自由ガナイト致シマスレバ、ソレハ協贊トハ言ハレ得ナイモノデアリ、議會制度設置ノ目的ハ全ク失ハレテシマフ外ハナイノデアリマス、
ソレデアルカラコソ憲法第六十六條ニハ、皇室經費ニ付キマシテ特ニ議會ノ協贊ヲ要セズト明言セラレテ居ルノデアリマス、
ソレトモ菊池男爵ハ議會ニ於テ政府提出ノ法律案ヲ否決シ、其協贊ヲ拒ンダ場合ニハ、議會ハ違勅ノ責ヲ負ハナケレバナラヌモノト考ヘテオイデナノデアリマセウカ、
上奏、建議、質問等ニ至リマシテ、君命ニ從ッテ之ヲ爲スモノデナイコトハ固ヨリ言フ迄モアリマセヌ、
菊池男爵ハ其御演說ノ中ニ、陛下ノ御信任ニ依ッテ大政輔弼ノ重責ニ當ッテ居ラレマスル國務大臣ニ對シテ、現內閣ハ儀表タルニ足ラナイ內閣デアルト判決ヲ下スヨリ外ハナイト言ハレマスルシ、又陛下ノ至高顧問府タル樞府院議長ニ對シテモ、極端ナ惡言ヲ放タレテ居リマス、
ソレハ畏クモ陛下ノ御任命ガ其ノ人ヲ得テ居ラナイト云フコトニ外ナラナイノデアリマス、
若シ議會ノ獨立性ヲ否定イタシマシテ、議會ハ一ニ勅命ニ從ッテ其ノ權能ヲ行フモノトシマスルナラバ、陛下ノ御信任遊バサレテ居リマス是等ノ重臣ニ對シ、如何ニシテ斯ノ如キ非&#xfa68;ノ言ヲ吐クコトガ、許サレ得ルデアリマセウカ、
ソレハ議會ノ獨立性ヲ前提トシテノミ說明シ得ラルル所デアリマス、
或ハ又私ガ議會ハ國民代表ノ機關デアッテ、天皇カラ權限ヲ與ヘラレタモノデハナイト言ッテ居ルノニ對シテ甚シイ非&#xfa68;ヲ加ヘテ居ルモノモアリマス、
倂シ議會ガ天皇ノ御任命ニ係ル官府デハナク、國民代表ノ機關トシテ設ケラレテ居ルコトハ一般ニ疑ハレナイ所デアリ、ソレガ議會ガ舊制度ノ元老院ヤ今日ノ樞密院ト法律上ノ地位ヲ異ニスル所以デアリマス、
元老院ヤ樞密院ハ、天皇ノ官吏カラ成立ッテ居ルモノデ、元老院議官ト云ヒ、樞密院顧問官ト云フノデアリマシテ官ト云フ文字ハ天皇ノ機關タルコトヲ示ス文字デアリマス、
天皇ガ之ヲ御任命遊バサレマスルノハ、卽チソレニ其ノ權限ヲ授與セラルゝ行爲デアリマス、
帝國議會ヲ構成シマスルモノハ之ニ反シテ、議員ト申シ議官トハ申シマセヌ、
ソレハ天皇ノ機關トシテ設ケラレテ居ルモノデナイ證據デアリマス、
再ビ憲法義解ヲ引用イタシマスルト、第三十三條ノ註ニハ「貴族院ハ貴紳ヲ集メ衆議院ハ庶民ニ選ブ兩院合同シテ一ノ帝國議會ヲ成立シ以テ全國ノ公議ヲ代表ス」トアリマシテ、卽チ全國ノ公議ヲ代表スル爲ニ設ケラレテ居ルモノデアルコトハ憲法義解ニ於テモ明ニ認メテ居ル所デアリマス、
ソレガ元老院ヤ樞密院ノヤウナ天皇ノ機關ト區別セラレネバナラヌコトハ明白デアラウト思ヒマス、
以上述ベマシタコトハ憲法學ニ於テ極メテ平凡ナ眞理デアリマシテ、學&#xfa5b;ノ普通ニ認メテ居ル所デアリ、又近頃ニ至ッテ初メテ私ノ唱ヘ出シタモノデハナク、三十年來&#xfa42;ニ主張シ來ッタモノデアリマス、
今ニ至ッテ斯ノ如キ非&#xfa68;ガ本議場ニ現ハレルト云フヤウナコトハ、私ノ思モ依ラナカッタ所デアリマス、
今日此席上ニ於テ斯ノ如キ憲法ノ講釋メイタコトヲ申シマスノハ甚ダ恐縮デアリマスガ、是モ萬己ムヲ得ナイモノト御諒察ヲ願ヒマス、
私ノ切ニ希望イタシマスルノハ、若シ私ノ學說ニ付テ批評セラレマスルナラバ處々カラ拾ヒ集メタ斷片的ナ片言隻句ヲ捉ヘテ徒ニ讒誣中傷ノ言ヲ放タレルノデハナク、眞ニ私ノ&#xfa5f;書ノ全體ヲ通讀シテ、前後ノ脈絡ヲ明ニシ、眞ノ意味ヲ理解シテ然ル後ニ批評セラレタイコトデアリマス、
之ヲ以テ辯明ノ辭ト致シマス、
(拍手)
225

回編集