「利用者・トーク:正信方」の版間の差分

 
言わせて{{ruby|貰|もら}}うと、「改革教会信仰告白の神学」という本は、自分の主張では無く、「改革教会」が信じていることを{{ruby|綴|つづ}}ったものです。自分の主張と似ているので、{{ruby|似通|にかよ}}っているので出したに過ぎません。飽くまでもドルト規準は自分の信仰では無く、「改革教会」の主張の信仰の神学です。ドルト規準{{ruby|迄|まで}}言い訳を述べられているので、選びと棄却は段階的に原則的に違うと言うのは、「改革教会」の言い方です。自分の宗教は14万4千人が天に{{ruby|行|ゆ}}く、それ{{ruby|故|ゆえ}}に、一般人類は大群衆で、その14万4千人と、地上で生きる大群衆の違いが、選びと棄却の神学のキーワードとなっていることを確認するものです。{{ruby|惟単|ただたん}}に、天へ行く人と地上で生きる人の{{ruby|級|きゅう}}が違うということになります。天へ皆行く、そんな普遍的カトリックの堕落を、まざまざと見せ付けられて、異論を唱えた神学がある、ということです。天へ行く人と、地上で生きる人です。その級の違いがその神学の基礎的概念になっているのではないでしょうか?!その地上で生きる人が、14万4千人からすると、棄却に数えられて仕舞うと、救いの事実とは違うので、厄介な問題だ!!位なものでは無いでしょうか!?その位です。まさのぶかた 2020年1月5日 (日) 12:41 (UTC)
 
== Wiktionaryなるページについて ==
 
プロジェクトの目的を逸脱した文章の投稿はお止めください。 [[利用者:Kzhr|Kzhr]] ([[利用者・トーク:Kzhr|トーク]]) 2020年1月9日 (木) 09:39 (UTC)
601

回編集