「作者:太宰治」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
|birthyear=1909
|deathyear=1948
|description = 太宰 治(だざい おさむ)は、日本の小説家。1936年本名、津島 修治昭和11年つしま しゅうじ。自殺未遂や薬物中毒を克服し、第二次世界大戦前から戦後最初かけて多くの作品集『[[晩年]]』刊行発表。没落した。1948年(昭和23年)に山崎富栄と共に玉川上水で入水自殺華族の女性完遂させた。な作品人公した[[走れメロス]]』『[[津軽]]』『[[お伽草紙]]』『[[斜陽]]』『[[人間失格]]はベストセラーとなる。その作風から坂口安吾、[[作者:織田作之助|織田作之助]]、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称された。主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』がある。{{wikipediaref|太宰治}}
|image = Osamu Dazai.jpg
|wikipedia_link = 太宰治
 
* {{Wikilivres|Run, Melos!‎|走れメロス}}
* {{Wikilivres|No Longer Human‎Hu-19man‎|人間失格}}
 
[[Category:太宰治|*]]
30,337

回編集