「Wikisource・トーク:収録方針」の版間の差分

=== 原典の改編について ===
ウィキソース日本語版ではアップロード機能を停止しています。そのため、画像の収録については考慮する必要がありません。ほかについては気にするところはないでしょうか。 [[利用者:Kzhr|Kzhr]] 2007年2月12日 (月) 09:02 (UTC)
:アップロード機能の有無は別として、コモンズにあるファイルを利用した作品については許容する範囲を設定すべきだと思います。たとえば『[[真美大観/森祖仙筆猿猴図|眞美大観]]』は、底本よりも高品質な画像を加えることができれば価値が高まるでしょうし、[[:Image:Ja-botchan 1-1 1-2.ogg|夏目漱石『坊ちゃん』を朗読したファイル]]を利用したオーディオブックなどは収録されるべきでしょう。--[[利用者:Kareha|枯葉]] 2007年2月12日 (月) 12:29 (UTC)
 
=== 排除するものについて ===
''Evolving work''の章については私はまったくの誤訳を投稿してしまったわけですが、''Original contributions''の章の「検証不可能なところ(多くはピアレビュー式のフォーラム)で発表されたりした作品」というのは誤訳ではないでしょうか。それはともかく、peer-reviewed forumというのがどういうものか理解できません。だれでもかまわないのですが自身の刊行された著作を、自分自身で投稿することもまたウィキソースのユーザが作った作品になるわけで、それもまた排除しろというものなのでしょうか? [[利用者:Kzhr|Kzhr]] 2007年2月12日 (月) 09:02 (UTC)
:''Acknowledging precedent exclusions'' に類する節は日本語版の収録方針に設けられるべきではありません。英語版ウィキソースについてすら拘束力を持たない文章を訳出する意義を見出せませんし、日本語版独自に起稿するにしても参考とすべき前例がなさすぎるように思います。--[[利用者:Kareha|枯葉]] 2007年2月12日 (月) 12:29 (UTC)
72

回編集