「講和ニ関スル詔書」の版間の差分

→‎top: subst:'ing using AWB
編集の要約なし
(→‎top: subst:'ing using AWB)
*大正9年1月10日詔書
*旧字体は原則として常用漢字に置換して表示する(代用字・異体字を除く)。
{{PD-JapanGov-old}}
}}
朕惟フニ今次ノ大戦乱ハ兵戈五年ニ弥リ世界ヲ聳動セシメタルモ我カ聯<!--連-->合諸友邦勇奮努力ノ威烈ニ頼リ戦氛一掃平和全ク復スルニ至リタルハ朕ノ甚タ懌フ所ナリ今斯ノ紛擾ノ局ヲ収メ安寧ヲ将来ニ規ルハ固ヨリ諸友邦ノ協同爕理ニ須タサルヘカラス嚮ニ講和会議ノ仏国ニ開カルルヤ朕亦全権委員ヲ簡派シ其ノ商議ニ参セシメシニ平和永遠ノ協定新ニ成リ国際聯<!--連-->盟ノ規模斯ニ立ツ是レ朕カ中心実ニ欣幸トスル所ナルト共ニ又今後国家員荷ノ重大ナルヲ感セスムハアラサルナリ
[[Category:大正9年の法令]]
[[Category:大正の詔勅]]
{{PD-JapanGov-old}}
16,578

回編集