法廷の威信について (通達)

最高裁判所総総第210号編集

最高裁判総総第二一〇号

昭和二十八年九月二十六日
最 高 裁 判 所
裁 判 官 各 位
法定の威信について(通達)
去る七月、大阪地方裁判所におけるいわゆる吹田事件の公判審

理にあたり、多数の被告人及び傍聴人が黙及び拍手を行い、
裁判長がこれを制する意思のない旨を表明し、そのなすがまま
に放任したという事実があつた。

法廷の秩序維持は、現下のわが司法部の重要問題の一に属する

もので、従来たびたびの機会に意見を表明し、これに対処する裁
判官の心構えが強調されてきたのであるが、それにもかかわら
ず、かような事態の発生したことは、まことに遺憾としなければ
ならない。

われわれは、法廷を指揮する裁判官の態度いかんによつて、法

廷の威信が損なわれ、国民の法に対する尊重の念が揺らぎ、法
の権威を失墜するに至ることのあることを、この機会に深く考え
なければならない。

本通達は、前記吹田事件の裁判にいかなる影響をも及ぼすもの

でないことは当然である。

 

この著作物は、日本国著作権法10条2項又は13条により著作権の目的とならないため、パブリックドメインの状態にあります。同法10条2項及び13条は、次のいずれかに該当する著作物は著作権の目的とならない旨定めています。

  1. 憲法その他の法令
  2. 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が発する告示、訓令、通達その他これらに類するもの
  3. 裁判所の判決、決定、命令及び審判並びに行政庁の裁決及び決定で裁判に準ずる手続により行われるもの
  4. 上記いずれかのものの翻訳物及び編集物で、国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が作成するもの
  5. 事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道

この著作物は、米国政府、又は他国の法律、命令、布告、又は勅令等(Edict of governmentも参照)であるため、ウィキメディアサーバの所在地である米国においてパブリックドメインの状態にあります。“Compendium of U.S. Copyright Office Practices”、第3版、2014年の第313.6(C)(2)条をご覧ください。このような文書には、“制定法、裁判の判決、行政の決定、国家の命令、又は類似する形式の政府の法令資料”が含まれます。