汽車 (アサヒ読本)

本文編集

二十六 汽車

「ゴー。」
と、とほくの 方で 音が しました。
「汽車 だ。正ちゃん、見に 行かう。」
と、にいさんが いひました。
 ぼくたちは、畠の 中の みちを 走って、せんろの 方へ 行きました。
 汽車は ぐんぐん 大きく なって、こっちへ 來ます。
「くゎもつ列車 だ。長い、長い。」
と、にいさんが いひました。
「シュッ、シュッ、シュッ、シュッ。」
と、きくゎん車が 大きな 音を たてて 來ました。
「いくつ あるか、かぞへて みよう。」
と、にいさんが いひました。
 くろい はこの 車が、あとから あとから やって 來ます。
「一、二、三、四、五、六、七、八。」
と かぞへて、十八まで 來た 時、牛の たくさん のって ゐる 車が、いくつか 通りました。「おや。」と 思って ゐる 間に、ぼくは、車の かずが わからなくなりました。
 牛の あとから、大きな 木を つんだ 車や、石を つんだ 車が、いくつも いくつも 通りました。おしまひごろに なると、にいさんは、大きな こゑを 出して かぞへました。
「四十六、四十七、四十八。みんなで 四十八 あった。」
といひました。
 汽車は だんだん 小さく なって、とほくの 方へ 行って しまひました。
 ぼくは、さっき 見た 牛の ことを 考へて、
「ぼくも 汽車に のりたいなあ。」
と 思ひました。

 

この著作物は、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、アメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。