桑蓬の歌

削除提案中
Icono aviso borrar.png

現在、この項目の一部の版または全体について、削除の手続きに従って、削除が提案されています。

削除についての議論は削除依頼の該当のセクションで行われています(このページのノートも参照してください)。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。

この項目の執筆者の方々へ: まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、削除の方針に該当するかをどうか検討してください。

桑蓬の歌(そうほうのうた)は旧制興亜工業大学(現在の千葉工業大学)予科寮の寮歌である。

概要編集

この寮歌は作詞作曲は当時の興亜工大生が行い、学生・生徒の愛唱歌として今日まで千種寮生及び千葉工業大學応援団を中心に受け継がれてきた歌である。当時の桑蓬寮生の中で自然発生的に生まれたもので、誰が作詞作曲をしたかは不明。

桑蓬」は1946年(昭和21年)に大學が千葉津田沼校地に移転した際に作られた学生寮(桑蓬寮)の名前に由来する。同じ校地内にはほかに総椿寮と呼ばれる寮があった。
作詞: 興亜工業大学予科生(不明)
作曲:    同 上   (不明)

歌詞編集

出典編集

2000 Chiba Institute of Technology Syllabus & Song 
付「千葉工業大学-校歌・寮歌・応援歌集(千葉工業大学PPA千葉工業大学同窓会)」