飛行は夕方の予定だった。新しい友人たちと数日間一緒に過ごすと、互いの好奇心や疑心暗鬼がようやく払拭された。彼らは、原始的な野蛮人を相手にしていないことを確認し、我々は30世紀の住民が、非常に知的であるものの、まだ私たちのような人間であることを実感した...

梢の上方で濃密で調和的な渦巻きの音が聞こえ、長さ30メートルほどのひょろ長い鮮やかな建造物が、芝生の上に滑らかに降りてきたのだ。少し遅れてしまったので、外から詳しく調べる時間がなかったのである。

しかし、中は想像以上に広かった。前部は操縦室で、多数の操縦装置や観測装置が配置されていた。操縦室やエアロノートと呼ばれる側面は、何やら透明な素材で覆われていて、まるで外気に触れているような印象を受ける。操縦室の下にはジェットエンジンの部屋があり、その操作は非常に簡単で、船内に整備士がいる必要もないほどだ。次に、4つの客室、化粧室、風呂、荷物室があった。最後は、私たちのクロノモビル[1]が小さなクレーンで持ち上げられて、そこに収まるほどの広さだった。

しかし、ここではレニが操縦していた。かすかな爆発音、ガスの笛、地面に曲がった茂み、まるで強風の突風、軽い衝撃、芝生の端に立つアンセウス教授の姿は、ゆっくりとどこか奥へ・・・ここが梢の上、下は実験棟、細い縞が世界を隔てる壁を点滅させる。隣のドーム型の建物は、小さな白い泡のように見える。あと少しで、空中に飛び出す。もっと高く、もっと高く。青みがかったスカイラインが見え、右にも左にも広大な大地が広がっている......でも、街はどこにあるのだろうか?堂々とした高層ビルはどこだ、空に向かって伸びる巨大な摩天楼はどこだ、電光掲示板で見た何百メートルもある街並みはどこだ?眼下には緑の樹海と白いリボンのような道路が伸びている。ところどころにコテージのシルエットが見えるだけだ。時折、緑の海を割って、草を食むというより歩くための畑や芝生が現れる。時折、見慣れない奇妙な建築の重厚な建物が現れる。それらは、公共の会議、博物館、劇場であるとレアは説明してくれた。何キロも何キロも西へ向かって飛んでいくが、その光景はほとんど変わらない。川の流れは銀色に輝き、太陽は家々のガラス屋根をきらきらと輝かせ、緑の絨毯がまたあちこちに広がっている。時折、単調な緑の海を、赤やオレンジの濃い筋の植物が遮る。この縞模様の交互に、模様と計画があることに気づいた。まるで、複雑な模様の巨大なカーペットが、ゆっくりと私たちの下に漂っているようだ。

レニは、新世界の姿を垣間見せるために、わざと地面すれすれに滑空し、時には馬車や人の動きが見えるほど低空飛行をしたのだ。

アエロフロートは、巨大な工場群を後に、太陽を遮る珍しい雲を越えて、西へ西へと突き進んだ。私は、眼下に広がるパノラマを熱心に見つめた。私の肩に手を置いたレアが説明をしてくれている。同じように緑のテーブルクロスのような畑や森の上を飛び、その中に個々のコテージが見え隠れしている。時折、小さな飛行士が軽いトンボのように上空を飛び、その翼は太陽に照らされてキラキラと輝いている。周囲を見渡すと、何百機もの飛行機が四方八方から様々な速度で飛んでいる。そこには、濃密で充実した生活がいたるところにあった。

一直線に伸びた白い長いパイプが、水平線の端のどこかで細く消えていくのが目に飛び込んできた。

- 「それが私たちの鉄道です。」とレアは説明した。- 「驚きましたか?空の旅は、他のどんな交通手段よりも優れていると思ったでしょう?600年以上の歴史があるそうです。かつては世界経済の重要な一翼を担っていたのに、今は物資の大量輸送のためだけの存在になってしまった。鉄やセメント製のパイプラインで、内部に空気のない空間があり、長寿命です。電磁石を使った特殊なシステムにより、空気がないため移動の抵抗が少なく、列車全体が時速1000kmの超高速で滑走します。この電気真空鉄道では、あらゆる種類の荷物が、まるで動脈を流れる血液のように、地球の端から端まで絶え間なく運ばれていく。5〜6時間後には、インドから野菜が、南米からパンが、北極海から魚がヨーロッパに届きます。」

この電気真空鉄道は地球を一周している。山を越え、平野を蛇行し、海や大洋に入り、波の影響を受けない深さで、錨やロープで浮力を保っているのである。

どんどん新しい人類の驚くべき生活のパノラマが広がっていく......しかし、それは何なのか?この細長い四角柱の二重のアーケードは、どんな巨人が自分たちのために作ったのだろう。エッフェル塔の2倍はあろうかという巨大な家屋が、広い道路に2列に並んでいて、高い木の壁に囲まれ、そこから他の小さな建物の屋根やドームが覗いている。塔から塔へ、半透明な素材でできた軽量の橋が道路にかかり、その上を車が疾走しているのが見えるのです。巨大な家々の平らな屋根の上には、緑の木々の群れや、防空壕に停泊中の飛行士に駆け寄る人々の姿もちらほらと見えた。左右に同じように塔屋が並ぶ路地があり、それらはすべて共通の中心に向かって伸びているように思えた。

- 6世紀ほど前、旧パリのパリシアの人々が街で混雑したときに作ったロードタウンの始まりなんだ」とレアは教えてくれた。そのずっと前に、旧世界と新世界の主要な中心地の人口は、すでに数千万から数億人に達していたのである。この頃になって、この怪物のような混雑から住民を引き離す動きが活発になってきた。この混雑は、必要に迫られてというよりも、昔の人の難解な習慣によって保持されていたのだ。見てください、昔のパリが残っていますよ。

見覚えのあるセーヌ川の湾曲......ここにエッフェル塔のレースがある、私はそれを旧友のように喜んだ、ここにアンヴァリッド宮殿のドームがある、ここに凱旋門の影がある、明らかにコンコルド広場に横たわる、ここにノートルダム・ド・パリのシルエットもある。しかし、かつての沸騰し、きらびやかで、賑やかなパリはどこにあるのだろう。もうない、いや、数十の古い建物、過去の記念碑、長い間反響してきた時代の記憶だけが残っている...緑の茂みが街明かりのほとんど中心部に侵入し、古い街は消え、巨大なアーケードの光線が広がり、遠い地平線の霞に消えてしまった...」と。

アエロネフ号は加速し、15分ほどで遠くの海が見えるようになった。フェルは、私の方をしげしげと眺めながら、パイロットと何やら囁き始めた。レニが笑顔で、首をかしげながらレバーを動かすと、飛行士は速度を上げて上に傾いていくのがわかった。だんだんガスが抜ける音が小さくなり、一時は地平線の一部を隠していた雲の稜線も、はるか下のほうに抜けていった。高度計に目をやると、20キロメートルの高度を示している。しかし、密閉された操縦室と人工換気のおかげで、呼吸は楽で自由にできる。

眼下には広大な海が広がり、東に細く見える青いストライプだけが、取り残されたヨーロッパを思わせる。やがて雲海の上に出た。

見てきたものについての意見交換に花を咲かせているうちに2時間が経過し、ある異変に気がついた。早朝、太陽が昇ったばかりの時間に出発した。レニのそばにぶら下がっている時計で12時半であることはわかったが、独房の壁を突き抜ける斜光は、まだ早朝であるかのような印象を与えた。

東に沈む夕日を前にして、何も見えない。私は困惑して仲間を見た。仲間は私の困惑した姿を見て愉快そうに笑っていた。

- 「親愛なるアントレア」フェルが最初に声をかけてくれた。「もちろん、この奇妙な現象に驚いていることだろう。東に沈む夕日を見ることはあまりないと思いますが...。」でも、単純な話、レニに頼んで高いところに行き、時速3600キロで飛行士に飛ばしてもらったのである。そして、地球の自転速度は赤道付近でも時速1,700kmを超えないので、太陽の動きを追い越すことは明らかで、まるで太陽が東に沈み始めているように見えるのである。地球の自転速度に合わせると、この緯度では時速1,200kmになり、真昼や真夜中が常に頭上にあることになる。このように、私たちの船では、昔の小説にあったように、時計を太陽に合わせることは少し難しいのである。

もちろん、またしてもつまづいた。フェルが言うように、とても単純なものなのに...時速3,600km、地球を11時間で一周......。

パナマ地峡の灰色の岩肌が見えてきた。巨大な運河が何本も並んでいるのが見える。閘門(こうもん)はなく、むしろ海峡と呼べるものだった。さらに進むと、またもや広大な海原が広がり、紫色の影が徐々に海面を包み込み、紫色の影が徐々に我々のアエロネフ号を包み込み、我々が追い越した昨夜の黄昏が広がっていく。空には一番星が輝いていた。その中で、不自然なほど明るい光に目を奪われたものがあった。一閃-闇。2回の点滅-暗闇...正に、光のアラームのようなものである。しかし、20世紀人の無知をまた友人に笑われるのを恐れて、これ以上質問しないことにした。しかし、その謎の星は、ますますわけのわからない行動をとり始めていた。数分前までは北斗七星の尾にかなり接近していたが、今は明らかに数度右へ移動している。何だろう?ボライド、アエロノート、惑星間航行船?私は我慢できず、レアに問いかけた。しかし、レアは、微笑みながら、黙っていた。

- 「我慢してください、アントレア。」とフェルは言った。「これがどういうことなのか、すぐにわかるよ。あなたが天文学の進歩に興味を持っていることを知って、私たちはあなたにちょっとした驚きを提供したいのです。」

実際、私はかつて、若い頃、夏の夜に安い望遠鏡で座っているより大きな喜びはなかったと話した。それは、劇場やタバコなど、人生の他の多くの楽しみを犠牲にして手に入れたものだ... さて、私は決めた、私は尋ねないだろう...

その間に機内の電気は消えたが、機内後方の白い円形のスクリーンには、以前から気づいていたのだが、おぼろげな明滅が現れ、次第に先日別れたばかりのアンセウス教授の見慣れた顔が浮かび上がり始めた。明かりが戻り、スクリーンから聞き覚えのある老科学者の声が聞こえてきた。

- 「こんにちは!ゲストの皆さんは初めての空の旅をどう楽しまれたでしょうか?」- かつての主人の声はとても甲高く、その姿は鮮明で、まるで何千キロも離れた船室のパーティションから教授が話しているように思えたのです。私たちは互いに見たことを競い合って話した。学識ある友人は、私たちの話を少しばかり目立つ笑顔で聞いてくれた。

しかし、その後スクリーンが消え、レニは舵を残してエンジンルームに入った。そして、進行方向に向かって、深いパッドの座席にしっかりと座ってくださいというのである。運転席に座り、ゴムベルトで体をシートに縛りつけ、右側の赤いハンドルを握った。と同時に、薄い大気にもかかわらず、船体の下からガスが噴出する轟音が響いた。船は突進し、私の腕はかすかな動きもできないような気がした。肩や頭、お腹に柔らかくて重いものが押しつけられているような感じがして、動くことも呼吸することもできない。3分ほど続いたが、私には永遠に続くように思えた。しかし、エンジンの轟音が止み、気圧が下がったので、凝った足を伸ばそうと急いで立ち上がったが、不思議なことに、その勢いで船室の反対側に投げ出され、窓の金属枠に頭を強くぶつけてしまったのである。バランスを崩す私を見て、フェルとレニが笑った。ファルベンマイスター教授も同様で、細長い体型が宙に浮いて、何かにつかまろうとしているのを見て、私も思わず笑ってしまった。

- 「もうひとつの奇跡、親愛なるアントレア、それはとても単純なことだから。」(レニは我々の船に加速駆動を与え、空気船「エアロネフ」ならぬ、エーテル船「イーサリアム」と呼ぶにふさわしいものにした。この3分間は、地球の重力から逃れるために必要な秒速10キロメートルの速度を出すために必要な時間であり、あなたが戸惑いながらも見ていたあの星に到達するために必要な時間なのです。はい、はい、あなたの顔を見ました、否定しないで下さいね。それは「星」ではなく、強力な宇宙船によって人工的に作られた、地球の新しい衛星であり、天体観測やその他さまざまな科学的任務を担う小さな天体なのです。ウラニアと呼ばれるこの新しい小さな月は、地球から約1万2千キロメートルの距離にあり、約6時間で地球の周りを1周する。あなたが見た光は、ウラニアが地球に送る光の信号にほかなりません。

一方、我々のロケットは、レニのコントロールに従い、自らを中心に一回転し、船尾方向に移動し始めた。再び座席に座ることになったが、今回はウラニア自身がかなりのスピードを持っていたため、ブレーキ操作はかなり緩やかなものであった。

私は、この数世紀で最も驚異的な人類の創造物を、好奇心をもって船室の窓から眺めた。

ガラスと金属でできた全長2キロほどの楕円形の胴体で、大きな窓からは緑の草木が見え、細い道路には時折歩行者がいるのが見えた。人工地球衛星の本体から2つの巨大な透明ドームが突き出し、内部に隠された鏡のような望遠鏡レンズを覆っている。数分間、私たちはこの見知らぬ惑星のそばを走り、その雄大さと美しさを目にすることができた。

- 「人類が新しい天体を作った!」

- 「そう、私たちはこの建設を誇りに思えるのです。」レニが続けた。- 「その成功のために、人類は多くの犠牲を払ってきた。大気の影響を受けない理想的な天文台を建設できる人工の月を作るという野心的な構想は、何世紀も前にありました。しかし、それ以前に、このアイデアは、もちろん素朴な形で、二十世紀の第一四半期のSF小説に登場します。 残念ながら、私はこの面白い本の著者の名前を忘れてしまいましたが、今では笑いなしでは読めません・・・しかし、この大胆なアイデアの本当の実現は、惑星間の通信方法が改善された百年ほど前まで始めることができませんでした。この惑星にはエネルゴンという特殊な物質があり、我々の船や機械の推進力になっています。この物質はオウラニアの光と熱の源となり、反応装置によってオウラニアの全身に空間におけるさまざまなポジションを与えています。ウラニア自体は重力によって地球と固く結ばれており、永遠にその新しい衛星であり続けるでしょう。特に、直径100mの巨大なミラーレンズの設置は困難を極めた。精密機械工学の奇跡はまた、宇宙空間において望遠鏡の光軸を維持することが可能なデバイスだった - レンズ自体が静止している、すべての必要な回転は自動的に新しい惑星の本体の回転によって達成される。しかし、最初の数年間の観測結果は、人間の好奇心を満足させるものだった。ここで適用できる巨大な倍率は、天文学に宇宙の最も深い秘密を明らかにするものだった。近傍にあるすべての惑星の表面は詳細に研究され、水星と冥王星の軌道上にある別の惑星と海王星の先にある惑星が発見され、最も近い星の暗い衛星が見えるようになり、新しい星雲と超銀河が発見され、宇宙の見える境界線は何度も移動している...しかしそこには太陽があるのです!」 - レニは自分の言葉を遮り、素早い動きで航空士の窓を暗く濃いカーテンで閉じた。

それを覆う暗い陸地の端から突然素早く昇ってきた太陽の眩しい光線は、ほとんど一瞬にして機内に耐え難いほどの明るい輝きを溢れさせた。この火の海に、私の目はなかなか慣れない。

私たちの頭上のどこか深いところで、母星がゆっくりと暗がりから突き出ていた。

緋色の細い鎌がだんだん広がって明るくなり、夜の影の縁がインドから離れ、ヨーロッパが開け、アフリカの輪郭が現れ、緑がかった海が磨いた凸面鏡のようにきらきらと輝いた。

極地の雪冠は、しっかりとした雲に覆われていた。アメリカ大陸の輪郭が雲に覆われた。

このレリーフ写真を見て、不思議と怖くなった...。

しかし、それは何なのか?私はさらに近づいて覗き込み、フェルが船室の奥から持ってきた双眼鏡を手に取った。

見慣れたヨーロッパの海岸線が一変したのは間違いない。

ベルギーとオランダの海岸はドイツ海にまで広がり、スペインの海岸からはアゾレス諸島に広がる広大なリボン状の陸地が広がっている。

サハラの中心には広大な海がぼんやりと輝き、四角く広がる砂漠はまばゆい光を放っていた......。

フェルとレニは、またしても私が見たものについて説明しなければならなくなった。

- 「地球上の人口が大幅に増加し、かつての大陸の境界線上に混在するようになって久しい。25世紀以降、リトル・オランダにならって、どんどん土地が埋め立てられていった。オランダ以西の海のほぼ半分は、巨大な堤防と排水路で囲われ、何億人もの人々の避難所となっている。このような囲い込みができない場合、かつて中国で見られたような、川の流れに沿った人工的な島の集落が利用されるようになりました。」

大西洋や西アフリカの海岸に浮かぶこれらの島々は、数十万平方キロメートルの面積を持ち、アメリカ大陸とヨーロッパ大陸を結ぶ切れ目のない連鎖を形成しているのです。その島々の近くには、波力発電所や火力発電所があり、制約のない強力な放射エネルギーを送り出しています。

サハラの砂漠は、運河を掘り、その緩い砂の一部に海水を入れることに成功し、長い間、繁栄する国へと変貌を遂げました。

遠い昔に夢見たサハラの中央海域が、今、目の前にある。

この光る四角は何かって?これらは、数十億馬力を発電し、ヨーロッパの一部とアフリカ全土にエネルギーを供給している、私たちの主要な太陽光発電所です。

また、アジアの砂漠や北米の乾燥地帯でも、規模は小さいが同様の太陽光発電所が稼動している。

その間にマップはどんどん大きくなり、ジェットエンジンの爆音で落下ブレーキをかけながら、高速で地上に近づいていく。

再び大西洋上空に差し掛かり、エンジンの音で大気圏に突入したことがわかる。機長の厳しい目が注がれること数分、眼下にはうっすらと雲が浮かび、緑の木々が揺らぎ、白い糸状の道路が伸びている......。

ここでもまた、大胆な輪郭のタワーが、レースのようなエアブリッジで結ばれ、石、花、金属のモザイクのような光景が広がっているのだ。

首都メカノポリスは眼下に...。

訳注編集

  1. タイムマシーン
この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:
 

この著作物は、1941年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、アメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:
 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。

 
 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。

 

警告: 既定のソートキー「みらい」が、その前に書かれている既定のソートキー「未来」を上書きしています。