山下幸內上書

山下幸内上書から転送)

山 下 幸 內 上 書

山 下 幸 內 著


恐奉言上

恭白、天下の武將と備らせ給ふ御大將は、古より悉く奉將器、判(斷カ)の明衡を以、名將愚將の堺を明らかに記錄して、武門の家には留たり、末世の鑑となし、尤異國へも事に振れては渡り候なれば、至て御身持御政道御耻ケ敷御事に御座候、然に權現樣已來、珍敷も當將軍樣自然と御名將に御機備らせられ、先以て天下の萬民歡の色をなすは此節に御座候、依之乍恐一書を奉献上、猶當時の世上風聞を詳に奉言上、御心得の端にも罷成候へば、少しの儀にても一天下の闇に成候御事に御座候、尤隱し御目付等數多御出し被遊、世上の風聞上聞に達候と、是又風聞仕候得共、有の儘には不申上候歟、又は面々の身を大切にかため候心故に、細事は御目付衆も不存候と相見へ申候、恐多き申事に御座候得共、下拙申上候趣は一度御聞にだに奉達候得ば、天然自然の道理を以天下國家の御爲とは罷成候事、具に御感味可遊候


衆人奉譽候品

一 紀州より御供の面々へ過分の御加增不下置候事

一 法外の御物入御停、並御役人私欲不成事

一 猥りに人を御殺し不遊候事

一 まひない、けいはく御嫌いの事

一 下々奉公人、請人繼判御停止の事

一 諸國水損にて、田畑永否の場、國主、地頭の力に難及普請の場有之、訴出候得ば上よりも御力を御添可遊趣の事

一 御目見以下の御家人與力迄、金銀を以て家督明渡し入替難成事

一 今般新に御定被遊候御高札之事

一 近代打絕候日本の武機御見付被遊候事

右の趣當御代の珍寳と稱し奉候、扨此上にも御爲に成候筋可申上と無我の思召、萬民世に難有御事に御座候、御爲と申は、天下國家の爲を指て御爲とは可申候、當時通言に成候御爲とは、金銀の御德用と成候を御爲と存込罷在候ものも多御座候、至て下賤の口ずさびにて、大夫以上の御耳には不入事に御座候、下拙言上に御爲と申上候は、曾て金銀の御爲にあらず候、天下萬民國家の御爲、萬代不易の御寳を奉献候間、彼金玉の御爲と御くらべ、御感味被遊候而已、他事無御座

 右體の御器量に渡らせられ候得共、乍恐武門大道の御守、行末得と御熟得不遊候歟、御政道思召儘に行屆かね、是のみ御身苦被遊、御工風御思案止時なく、是全天下を掌に治給ふに非ず、先初に御心を案じ、能々御心の治りたる以後ならでは、天下は全く治らざるものと承り申候、當時泰平の御代に御座候得ば、事不動せば能治りたる御代と可思召候へども、四海泰平と申は、天下の萬民內外能服し奉りたるを、全御代の治りたると申候、上部は御威盛に恐れ服し顏にもてなし、心底には不服、縱ば竹を撓て我にしたがふといへども、撓の戾候時は元一倍反り申ごとく、何の用にも不立物に御座候

 慮知思辨を以御治可遊と被量候は、御守行御不足成證據にて御座候、人才の知慮を離れ、生得照命の儘にて、全天下國家治り、萬士萬民も左を脫て服し奉るの法、其道に御座候、則武門の大道と申候、奧にあら申上候、此儀は不申上、被御存知候御事に御座候へ共、御守行の厚薄と、又は其流善惡御座候得ば、乍恐盲目蛇に不恐の事わり、只天下國家の御爲、萬民を安からしめん事の大願方寸の中にみち、賤しき文筆を奉捧、公聞に候は、其罪不少奉存候得共、萬士萬民の爲、一途に分別をはなれ、照命の御下知にまかせ、憚をも不顧奉言上候儀、良藥口に苦習に御座候得ば、尊意に不叶候得共、尊意に當奉る所則御爲に御座候へば、彌恐を不顧申上候、依て只今まで御政道の衆評を可申上候、惣て慮知思辨方便はかり事を以てなせる事には、是非の差別御座候、御壹人の非は天下の困、天下の困は日本の悲、日本の慙は內への御不忠、大切至極の御事に御座候


衆人奉評品

 金銀出入之公事御取上無御座候事を、天下德政被仰出と心得、一切借り方之者ども、大名小名下々に至迄、返辨不仕候に付、追て德政にては無之と被分之樣に被遊候事、天下之御觸事に間違の儀少しも御座候はゞ、御役人德なきと可申哉、をのづから上之御悲と成候事

 右之被仰分にても、金子の公事御取上無御座候上は、曾て返辨金は不仕、依之新規貸金仕候もの無御座候、日本の寳すくみとなり、困窮の種となり候、縱ば流に木を橫ふごとく、終に殃のはしと可成御事に御座候、金銀は通るを以たからと仕候、惡敷道には移り安き世の習に御座候へば、當時大名方の借り金京大坂は不申、江戶の町人共の買懸り等迄、先年切金に成り候をも曾て不遣輩多く、古には無御座候大名の門に、妻子をつれたる町人共付しとひ、或は駕籠馬の尾に取付願ひかなしみ候といへども、其恥をも曾て恥とせず、名より利を取といふいやしき心の移り候は、上に御しまつ多く、下より過料等多御取被遊候、其御心有によつて自然と下へ御風儀移り申候事、日月の光世界を照すごとく、善惡共に上より下へ移る事は、雷の坤竺へ響に同じ、うたがふべきにあらず、扨一旦借り人共德をになふといへども、後の爲には又貸手のなきに困窮し、或國主郡主も惡事の報いは頭をめぐらさゞる習ひに御座候得共、國々風雨旱損の難儀、年月を經ずして大損仕候事、最早御心當りも可御座候、また重ての德政と申上は、大分之年數御座候もの故、德政のあとは心安ものと承り傳へ申候、只いつとなしに金銀出入の公事御取上無之と御極被成候て、日本因窮の本と成候、かかる事をも委細に申上候御役衆も無御座候は、眞有人を御好不遊と世以愚察仕候所に御座候、當分金銀の御德附候事を申上るが御爲と存、亦上にも夫を尤と思召候は大成御違にて御座候、將軍樣の御しまつ被遊金銀御溜め被遊候へば、一天下の萬民皆々因窮仕候、纔の問屋共賣物を〆候てさへ、其儘其物の高直になる、無上のつまり申にて御賢慮可遊候、況や公儀に於て寳を御〆被遊下々の立可申哉、はたして此以後に五穀打つゞき不作仕候、火災水難等多可御座候儀、是天性の化育と申事にて御座候、金銀はいか程澤山にても、金を喰ては一日も送らるゝ物にては無御座候、只大切成物は米穀に極り申候、當御風儀は米穀を輕く、金銀を重く被遊候と相見へ、乍恐紀州を御治被遊候御質失不申候、一國二國の主を初、一郡一村の地頭より下つ方の願には、金銀だに澤山に御座候へば、米穀は他領より何程も調安物にて御座候間、金銀は重く米穀は次に仕候ても事濟候事、夫さへ國主共備候人の心にはいやしき意地と、心有武士は可笑事に御座候、まして況んや一天下を治させ給ふ御身に於ては、金銀は有生不滅の世寳にて、いつ迄も不滅して天下に融通しめぐる物にて御座候へば、大名以下の心とは格別の違ひ、是第一の御事に御座候、米穀は一年切の物にて、惡年打續候得ば何方よりも入事なく、扨一日半日にても無て不みたからにて御座候、別て可賞は武門の源なれば、上の善惡田畑の善惡に移り候事稻光りのごとく、しかれば國主より以下の心と、天下一統の御大將の御心とは大に違御座候、此境をもあきらめず、唯銘々の分限を規矩として、天下國家の御政道に御助言申上候御役衆こそ、いと無本意存候得共、諸々の惡事の起るは朕が咎なり、今日を送りかねるより諸々の惡事はおこるものなりと、嵯峨天皇は被仰しとかや、今武家一統の御代にては、將軍樣の御心より諸々の善惡は出候、能々御思案被遊、乍御守行に被趣候はゞ、國土豐に水火の難漸々に絕可申、此御守行と申は奧にあら申上候、惣て人困候へば天地の德薄なり申候、天地の德薄ければ、五穀は不申、千草萬木ともに育不申候、然ば重んぜらるゝとは相見へ不申候

昔大閤秀吉天下をしろしめして以後、兩度まで御藏拂被遊候由、金銀を大分藏に納置は、能士を籠へ押込にひとしきとて、金藏不殘明られ、天下の四民四通に悉被下候事二度に及候由、大閤の御代には朝鮮攻其外金銀大分入用多時すら、如此大勇󠄁を備へ給ふと語傳申候、尤成かな、天下の金銀は將軍の物なり、古より武將の金銀に御手支被遊たるを不聞、さらば御大事のあらん時は、海內の寳はおのづから集る事的然なり、縱ば不足に候へ共、由井丸橋ごときは大望にさへ金には手をつかんずと承傳候、いはんや治國太平の御代に於て、金銀を〆萬民を困め給ふ御小機はいかなる事に候哉、當時諸大名の困窮は如何成故と被思召候哉、日本の金銀は不易日本に御座候へば、只すくむと能通るとの違にて、全此源を御考可遊候事

 御家人の御切米金子にて當年は御渡被遊、大分の難儀申計も無御座候、米にて定候御切米は、いつ迄も米金にて定候、御給金はいつ迄も金子にて御渡被遊候へば、いかほど損益御座候ても、上を恨み奉事無御座候、縱ひ上に御損被遊、金子にて御渡被遊候ても、不定事は天下の御仕置にも有御座間敷奉存候、殊更當年の被遊方、上に御德眼前に御座候へば、御家人下心には奉恨、色にこそ不出共、人情の習御賢察可遊候、上に御德と申は、當春御張紙の直段より町の米相場は高く、當冬御張紙直段高く被遊候へば、其內を御借被遊候に付、明かに御德用相見へ申候、ケ樣の儀御仕置とて、日本の萬民可服哉、不服時四海掌に御治被遊候と申ものにては無御座候、第一御大切の御家人を纔の事にて御責被遊候へば、況下萬民の事において御憐愍の無ところ、乍恐下下の奉察事に御座候、御家人の難儀は御鉾先のなまりにて御座候へば、此一條に至りて御爲重き御事に御座候、御厚恩を蒙り奉る家人衆、心は附ながら御諫も不申上、其無甲斐とや、無本意とや可申上、下々了簡におち不申候事

 四季の御狩は武將の御役目にて御座候、其外御遊興一通りにて御座候得共、御用捨被遊候事專一、江戶近在殊の外困窮仕候事、逐一に御存知不遊候御事、是は御遊をさまたげ申候樣に似候得共、御鷹野より外に御樂に成候事餘にも可御座と奉存候、只興を御慰に被遊候はゞ、是より外に御遊興有御座間敷候、御遊山の爲に人民困め給ひ、御樂には被成間敷御事に奉存候、人間の歡は天の御歡と承り候へ共、富るも不奢、貧も不恨、千々のこと草迄武門の美景を照し給はんは、無上之御樂と乍恐奉存候、頃日世話の風說に、御鷹野は假令の御事にて、備立人數あつかひ等被遊、采配を以御人數を御仕ひ御ならし被遊候趣專風聞仕候、四季の御狩は軍ならし被遊候由に御座候へば、乍恐御尤千萬奉存候、然共今之御采配にて御自由に御人數御仕ひ被遊候は業の采配にて、生死の場に於て誠の御用には立不申候、前々申上候人を撓て御仕ひ被遊候にて御座候、眞の采配にあらざれば、眞服の人を仕ふ事不成ものに御座候、則奉献之采配を餘流と御たくらべ御感味可遊事

 神佛をおろそかに被成候樣に申候、乍恐國家を御保被遊候道具の一部にて御座候を、御心得不遊候と相見へ申候、士農工商の四民を以て國の機とし、神佛儒醫の四道を以國の慣として、天下は治るものに御座候、其眞理は御守行の上にて明に知申候事に御座候、機慣全甲乙なく揃はざれば、國病難治片荷を附る馬のごとく、つり合ざるものに御座候

 金銀は片寄安きものにて、多有所へ段々集り、少くとぼしき所は間も無滅するものにて御座候へ共、上より隨分融通自由に成候に御心を不附候へば、兎角すくみ安きものにて御座候、是困窮と豐成の境にて御座候、只今新金、新銀、四寳銀等の御引替に付大分位の高下出來、其位違の所皆々上の御德用と相成候、旁以金銀の通用不自由成折柄、又候金銀の公事御取上無之、彌すくみと成候故、日本困窮仕、めたと間もなく世上つまりと罷成候、別て銀子のみの通用仕國々は、大名小名悉く手詰に相成、近年御奉公向の事に付て困窮仕たる大名は及見不申候、殊更に大名小名の困窮程公儀の御損は無御座候、近可申上なれば、江戶惣門所々の御番所、或は京、大坂、駿府御番所等の御番人士列の者は大槪家來にて、步行以下の者共は皆々當分雇ひの日雇を以て番人に拵置候事、萬一少少御急󠄁變も御座候時、何の御用にか立可申、士計にて四具の羽翼調はざれば、羽ぬけ鳥のごとくにて、一虎口も持るゝものにては無御座候、いかに御靜謐の御代とは申ながら、平生戰場、戰場平生と御座候へば、餘り御油斷千萬不心掛の至に乍恐奉存候、一を以て萬を知るにて御座候へば、此外共に武備の薄成事御賢察可遊候、歷々の武士たるもの、近年はちと身を持たる町人方へ文通仕候に、大槪大方樣付の書通にて御座候、或は出會の節の挨拶等を承候に、互に殿付の口上に、武士町人の境も難見分、一座族間に御座候、是全く餘之儀にては無御座候、武威薄く成候證據にて御座候、何とやらん町人のかげにて武士も立候樣に覺、町人も我等が用を達するゆへに、武士も立候ほどと申族多、扨々苦々敷事と奉存候、ケ樣の儀皆金銀を重く覺へ候故と、武家の困窮との二ツにて御座候

 金銀箔類御停止被遊、扨又子共手遊の大人形雛の道具等、結構成物の類御停止被遊候の趣、乍恐御器量せまく、則押付日本衰微の元にて御座候、乍恐御評議を奉察候に、世上奢申故困窮仕たると被思召、無益之子共手遊等に箔をつかひ候儀、金銀をついやし候も一途に御了簡被遊候と奉存候、ケ樣の無益の物を高直に調申者は、貧賤の者の調ものにては無御座候、いづれも大身か內福ものもて遊ぶ事に御座候間、溜り金銀を出させ、小身なる細工人等へ金銀をはぶき、茲を以寳の通用と罷成申候、縱ば水道をさらへるごとく、全く費の樣にて曾て費とは成不申候、取も替るも、同日本の中を廻る金銀に御座候へば、更に無益にはあらず候、箔に成失せ候金銀はをしき事の樣に御座候へ共、天運は是に限らず、西へと入月日と思へば、東に出る月日、死失る人間とおもへば、人々人を產み、夜晝つかず流すたれる川水の盡る事もなく、一秋の五穀は一年に喰仕舞ても不足もなく、餘て捨し事もなく、金銀又土へと落すたれども、又土より出る金銀、とかく世界は車の輪のごとく、行をとゞむれば、出るかたよはし、是天道の御律儀なる御よそほひにて御座候、しかるに右の被仰出、諸職人諸商人何を仕候ても賣れ不申、其日を過しかね申候、扨こそ內福者の金銀動不申、すくみ候故、おのづから世上困窮仕候、奢と申は下を困め、上たる者の婬逸遊興を悉く仕を奢ものとは申候、金銀澤山持たるものゝ高直成る物を調へ申候を奢とは不申候、貧成る者の其日を暮しかね、なげき悲むは莫大の事にて、有福なるものゝ手遊び類結構成物無御座候とて、困事は曾て無御座候、然ば何成とも珍ら敷事を仕出し、內福者のすくみ置し金銀を出させ候が、通用自在の元にて、御靜謐成る御代の美景、武門の御手柄にて御座候、世上ケ樣に次第囂成候は、全く寳のすくみに相極申候、人は小天地にて、天地全兼俱たる物にて、天地を以人の上に縱候に、毫厘も違不申候、寳のすくみたるを人の上において申候時は、血氣めぐらずして滯たるに御座候、氣血めぐらざれば腫物出來候は、輕分の煩敷物に御座候、眞そのごとく世上煩敷罷成候、前方に養生御加不遊候は、腫物と成候ては身の內に疵付癒兼可申候、中々細成費等に御心を被附候て、天下の困窮止申者には無御座、却て夫に付て困窮仕候、如是を武門の小乘と申候て、格の內にかゝる自由自在曾て不成物にて御座候、武門の大乘ならずしては、一天掌を見るがごとくには不成候、御守行の上にて明日にも相知申事にて御座候、とかく大上の御身においては、米穀を以て世界の本門と被遊、金銀を以手足と被遊候へば、其末あまねふして安く可御座候、當時御風儀乍恐奉伺候に、金銀を以て本心と被遊、米穀を以支體と被遊候、此前後黑白して大切至極の御事に御座候、只今此前後によつて、金銀の手足餘程不叶樣に相見へ申候、しか只今療治の眞最中と奉存候

 近年井澤と申者の書に、明君家訓と申して上下二卷の書御座候、世俗專ら當將軍樣御直作の書とて、或は譽め、或は譏り、其評區々にて當時はやり申候、御上覽被遊候歟、愚には全井澤が自作と決定奉存候譯は、井澤が書に、武士訓と申書御座候、此文と質ひとしく御座候へば、全御上作とは存候得共、世俗御上作とてもてはやし申候、文體は御上作に眞似敷物に御座候、若御上作にも御座候はゞ、恐ながら御氣質の顯れ申書を御弘め被遊候事、心有武士は乍恐淺間敷奉存儀に御座候間、絕板に被仰付然奉存候、此書の非は日本の弓箭と、漢傳の弓箭と相交、一質に覺綴りたる書にて、日本正道の弓箭に對して大成無禮至極なる書にて御座候、總て百乘の漢士〈七千五百人〉に、一備の倭兵〈武士五十騎、雜兵七百人也〉を以我が對鬪とする事天然の素性、末代といふともかはるべからず、〈神功皇后三韓退治、近大閤唐土攻、何も百乘三備の格を以て對鬪すること明也〉然れば兵權の要法に於て、異國を便るは兵家夫れあやまちにちかからんと、日本舊典を引て上杉謙信公宣ひしなり、都て異國の弓箭は人性の陰氣厚生付候故、謀作を以軍の利を得ん事を計り、不義にして帝王を殺奉り、下賤より十善の位に立、只荒强のみを武勇󠄁と覺申候氣質にて、言語いやしくママ石淋をなめ、或は匹夫の胯を潜ても、後に功を建るは、其穢の消失る樣に覺て其質に落入、陽氣の延やか成を嬈し實相を穢す、其汚名末代といふとも除べけんや、日本は陽氣の武機應て政道の龜鑑とし、おのづから才智聰明にして淸直剛强成事、天竺震旦に勝れて速なり、日本武士にたとへ大國を可下とて、小便を呑もの可御座哉、日本の質にて下々の者にても、左樣成いやしきふるまひは一命は終るとも不仕候、茲を以陽氣に屬したる證據にて御座候、是神道冥加之大道成が故に、往古より惡人惡逆の者數多御座候といへども、帝王をばいろひ不奉、是全義を專に守る國の印にて、唐土天竺に勝たる證據にて御座候、然る處日本に於て不義の漢傳を學び、何の爲にか柔弱修行すべく、井澤が書によつて質を見るに、異國の風俗に移り度下心明に見へ申候、是日本正道の弓箭の大道を不知が故なれば、敢て惡にもあらず候、しかし井澤ごときがいかほど工み候ても、たやすく日本の風俗替るものにても無御座、誠に子供たらしの草本、質美にて無御座候へども、井澤が作にさへ相極候は、其分に御捨置被遊候は惡敷ものにても無御座候、只口に計能事を言たる分にて、我に行事のならぬが今世學者の身持にて御座候へば、井澤が口賢書たる共、何の用に立ものにては無御座候、誰も少し學問を仕たるものは朝夕申事にて、賢人の口眞似と申ものにて御座候、ケ樣の儀を勿體なくも上の御作などともて遊候事、乍恐氣の毒千萬に奉存候得共、天下の政道をしろしめす御大將は、御好きらひのしれざるを以て用とし、細か成事に御心をよせられぬを以體とし、爰を以名將の御機と奉稱ものにて御座候、凡權威の身さへ度量挾窟しては難叶と御座候へば、況や一天の武將に於て、乍恐愚案敬白御家人の御切米金子にて御渡し被遊、何も難儀仕段は逐一に御存知被遊候事も御座候を、押て全子にて御渡、剩暮給百俵の內、八兩づつ御借り被遊候段、是程の困窮を御存知被遊ながら、御構なく被仰出候は、源より御思案御座候事と乍恐奉察候、總て近年は武家武器おとろへ、內證の榮耀にのみほこり、花麗に世を送り、銘々身上の程も不顧、我不知に高ぶり候故に、自然と困窮仕候事を御賢察被遊、御家人身上をしまり申爲に、御切米を金子にて御渡、餘ほどの難儀身にこりて、法外のよそひ等難仕時節又は御切米之內御借り被遊とて、猶又賢こくこみちに世をくらし申にて、次第困窮のなをり申事御見付、是に隨て農工商の者共も程々にかへり見て、不益のふるまひを停止、段々ケ樣に成行は、おのづから我家も軍役をのみたしなみ、全盛なる物好もならず、つゞまやかに御代も治り可申と被量か、又は御軍用の爲に米にて多く御藏に被差置度、依之金渡被仰付候歟、此二ツと奉存候、乍憚右の御謀も幷を立越候御機乍恐奉感候、然ども奧に申上候要門大乘の眼より奉觀時は、かの慮知思辨より出る御方便全平には不參候、縱ば滿月の光のごとく、至極照かゞやきても日の光には不及が如く、しかも月には滿缺有之、一方よければ片片にあしき方御座候、此一條乍恐とくと御感味可遊候、たとへ御家人衆に二三年の內に困窮もなをり、いや共に武機をもたしなみ申時に至りて、底意より眞服して御身に成候ものと賴母敷被思召候哉、御威光撓付られ恐聞の上にて直り候得ば、內に反て氣さし含候事明に御座候、縱ば作り木を好候者の異形に實木を曲げ、技を撓、土をはせ抔して見事に作なし、是を樂の最上とするが如く、聞心の樂にて陰體にして眞に草木樂にはあふるゝ枝を切、或は指南して陽氣の延やか成を育て、勢の長ずるを樂の最上とするは本心の樂、身の養生に成りて、陽體にして登する類皆是に外ならず、何も手前の陽氣のかゝる事を不知にて御座候、扨御藏に米をたくはへ被遊候て、無上の米も直段上り、萬民の難儀に罷成候、御米より大切の士民困候得ば、御軍用には猶不成候、日本の米を日本の人喰候へば、御貯被遊候も不遊候も同じ事に參り申候、人間の喰には限御座候て、亂國にても勝れて多食事仕ものにても無御座候、只士民の眞服が御軍用第一にて御座候、武門の小乘と大乘とを御見分可遊候

右の品々御感德の上、御用捨の二ツを御治定可遊事に御座候、誠や天に口なし、人を以いはしむるにて御座候へば、衆人の口は天の口と可思召

上 書 之 外

山 下 幸 內 言

神儒佛はなれて外に御影なく

いつまでやみのありてはつべき

この著作物は、1932年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)80年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、1926年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。