大塚徹・あき詩集/杏


編集

父母は あやまちにして 我を産みき

我またあやまちにして妻子もちぬ

つゆ降れば あんずは紅く熟するものを

あやまちのいのちれて 窓に坐す

〈昭和二一年、新涛〉