北海道土人通語

北海道土人通語


古ツヽに

かさるころもや

蝦夷にしき

差摩重


緖言

北海道ノ土人ハ、學門ナク、文字ナク、智識ナシ、故ニ其言語ヤ野鄙、僅カニ一局部ノ外ニ通セズト雖モ、其間又自ラ三種ノ別アルヲ覺フ、日クカラフト語、曰クサル語、曰クトカチ語是レナリ、抑モ樺太語ハチシマ交換ノ際、札幌郡ツイシカリ村ニ移住シタル土人ノ間ニ存スルモノナリト雖𪜈、今ヤ內地人ニ感化セラレテ其趣ヲ改ムル少カラズ、且沙流郡ビラトリ村ハ往時酋長ノ在ル所ニシテ、土人界ノロンドンタリ、故ニ自然本地ニ往來シテ、之レガ言語動作ヲ究メ、又之ヲ世ニ公ニセルモノアルノミナラズ、是等土人ハ常ニ內地人ニ接スル多キヲ以テ、槪子邦語ニ通セザルナキガ如シト雖𪜈、獨リ十勝國ハ沃野綿亘多望ノ地タルニモ拘ラズ、之ヲ研究シテ廣ク傳フルノ書アルナク、且本地ノ土人ハ內地人ニ接スル極メテ少ナキヲ以テ、未ダ能ク邦語ヲ解セザルモノアルヲ免レズ、故ニ今之ヲ天地、人事、身体、飮食、物名、動植物、數、雜事ノ八門ニ分テ其梗槪ヲ示スヘシト雖𪜈、其間自ラ土人界一般ニ通スルノ語亦少カラサル可シ、ソハ之ヲ敢テセザレハ、實際上不都合ヲ釀スルアルヲ以テナリ、觀者乞フ之ヲ亮セヨ

明治庚寅、寒風颯々肌ヲ裂キ、將ニ衣ヲ重子ントスルノ交、遠ク北天ヲ望テ往時ヲ回顧シツヽ、東京客舍ニ於テ


北海道土人通語

渡邊斬鬼編纂

ちかごろせけん何となく、北海道と心を北海道にするもの、日におほきを加ふるが如く、北海道も亦內地人を待つ事だんねんごろの勢あり、而していしかりきたみとかちの諸國は、北海道中のよきちにして、開墾に、牧畜に、養蠶にいづれも能くてきごふせる事は、北海道通の能く知る所たり、今此原野に於て、開墾し、牧畜し、養蠶せんと欲する者あるも所謂「アイノ」(土人)のことばを解する事能はざれば、大にこまるし又さしつかへを生することもあらん、從來此のくにの土人は語音相似て、ひたかさる〈仝郡平取村は土人の都府と稱し義經の木像を祠りありし所なり〉等と其趣をことにせり、世間傳ふる所多くは沙流郡の通語にして、未だ此の諸國の語(之を總稱してとかち語といふ)に通ずる者多からず、予やかつたまたま十勝國に遊び土人と交ることひさし、故に今一寸覺へて置かさればふつがふじやと思ふ者のみをえらんで、心を北海道にする人々のてびきくさの一助に供すとしかいふ

因云 あいのとはむかし蝦夷人をいふ、今尙土人ととなへて、ほかのひとくべつするものは、人情、風俗、及ひことばことなるあるを以てなり、今其あらましまふせば、ねん開進に趣くのさまありと雖ども、うまれつきばか、常にけものを捕へさかなを漁するをこのみ、粗衣惡食是れ足れりとし、くちべりいれずみし、みゝばしし、みだれがみはだしの風俗は今尙存して改めずといふ

天地

リッダ(てん又ハたかい) ラム(又ハひくい) シクシカモイ()〈カモイとは神の義にして尊敬せるものには多く之を附用す〉 ツップカモイ(つき) ノチウ(ほし) ケモロス(やま) べツ(かわ) アドヒ(うみ) ノプカ(げんや) ノプリ(みね) ショマ(いし) コユップケ(あらなみ) ルウ(みち) パエー(のぼる)  サン(くだる) シンブイ(あな) シリボッケ(あたゝか) メアン(さむい) ルヤンベ(あめ) レラ(かぜ) ユプケ(ふく)ルイ(ふる) シリベケエレ(あかるい) シリクン子(くらい) タンド(けふ) ニシヤッタ(あす) タノコラ(こんばん) タノオノマン(仝上) オクラン(さくばん) ヌーマン(きのふ) ホシカヌーマン(おとヽい) オヤシミ(あさつて) クン子ワノ(あさ) トウグシ(ひる) アンノスキ(よる) サツ(かわく) テー子(ぬれる) コッチャケ(まへ) オシマケ(うしろ) クシヌ(むかい) シュニ(あを) デダリ(しろ) クン子(くろ) フレ(あか) コタン(ところ)

因云 北海道の地名は、槪ね土人の語を直譯せる者にして、土人は其大小、乾濕及川狀等總て地形の如何に依て、之を稱呼せる者に係る、例へば札幌とはかわきたるひろき地、幌別とはおほかわの地、手稻とは濕地といふ意味にして、それよりどころある者と知るべし

人事

クル(ひと) アイノ(をとこ) メノコ(をんな) チヤ(ちゝ又ハぢゝいの惣稱) バッコ(はゝ又ハばゝあの惣稱) イホク(おつと) クマチ(つま) ユボ(あに) アキ(おとゝ) セカチ(おとこのこ) オベリキ(おなご) チヨウカイ(わたし) ヤニ(おまい) ニスッパ(あなた) シャモ(にほんじん) アカヒト(がいこくじん) オテナ(かしら) 子コ() ラムワン(りこう) イゴッカ(ばか) トラン子(なまけもの) サウレ(仝上)イカウン(かち) イラボッカレ(まけ) カトハウキ(おしやべり) ウゴイキ(けんくわ) イタッキ(ことば) ウヱ子ウサラ(仝上) ヱー(さよふ) シュンゲ(うそ) モライケ(はたらく) クジャルサク(ごめん) ニッチヤテキ(ゆかい) 子ウシヤ(仝上) アシカイ(じよふづ) ラカイシャム(へた) クイミナルシュイ(おかしい) ラムトュエ(おどろく) イルスカ(ふんぬ) クイラヌムクリ(かわいそふ) アヤッポ(こわい) ウワア(しらない) エラミシカリ(仝上) クコチャン(おことわり) ショモ(そふでない) ヱンコレイ(ください) ヤイライケレ(ありがたふ) ヤンカラフテー(こんちは言詞) ノキアレ(うまれる) ライキ(しぬ) バラク(なく) エチエラマスアン(ほれた) サラバー(さよふ) モノア(すわる) アウカシ(あるく) シ子ベ(あそぶ) オマン(く) ヤイグメスノ(さみしひ) ホヾニ(おきる) モコロ(ねる) オトママン(だきね) トマヽホッケ(仝上) アラマス(すき) コンルスイ(仝上) クィベルスイ(はらがへつた) イカシュイ(てつだい) ウトシマックアン(せりあい) ウタセ(かへる) エ子ルサ(かりる) エゼルスアム(かす) ウコイヨッキ(かう) イ子チャコク(おしへる) ヱラムアンナ(おぼへたか) ラムアンナ(仝上) クイラムアンマ(おぼへたり) キマッテキ(なかだち) コル(つ) エタケヱッキ(こい) オシビ(かへる) ヱタオシビ(かへれ) イギリスヤニ(しようち) 子ン(だれ) ウラヱ(せん) シケ(ぶ) ウック(ひろう)オッツヱ(すてる) シニ(やすむ) ヱレウシカ(とまる) ヌカラ(みる) ヌー(きく) ケム(なめる) フラ(にほふ) ラリウ(こぐ) ウエン(わるい) シッ(だいべん) オソマ(仝上) オクイマ(しようべん)

身体

ニドバケ(からだ) ・ナヌ(かほ) パッケ(あたま) オトップ(かみ) キサラ(みヽ) シギ() チャロ(くち) エト(はな) テケ() ツキリ(あし) レッケ(ひげ) アム(つめ) パルンベ(した) ホニ(はら) チイ(淫莖) ボッキ(淫門) アシギベツ(ゆび) ルス(かわ) ヤヱウヱン(ちんば) シヱヽ(やまい) シンキ(つかれ) ヤマイゲ(ひぜん) 若しくは(かゆい) インキキ(く) アルカ(いたむ) アヨ(仝上)

飮食

エベ(しょく) ィクッ(む) アマヽ(食物の通稱) ワッカ(みづ) ヤムワッカ(ひやみづ〈盖しヤムは山の變語にして山の清水といふ義ならん〉) ウセ() セヽワッカ(おなじ) シュゲー(にる) セヽカ(あつくせよ) トンドラ(こほり) シュム(あぶら) オハウ(しる) ルリ(仝上) チヤン(あまい) チャラカラ(からい) シウ(にがい) ルヽコル(すい) エルスイ(たべたい) ヨウスケ(よツぱらい)

物名

チセ(いゑ) チップ(舟) アベ() ス子(ともしび) ラッチャク(仝上) イタ(ぜん) イタンキ(わん) パシュイ(はし) チエンヌイペ(まくら) アボスタ() ツミップ(いしょう) モッウル(はだぎ) アベパシュイ(ひばし) イヌンベ(いろり) セレンボ(きせる) アベニー(たきヾ) チボ(かい) ツリ(かいぼう) キナ(土人しきもの) カンビ(ほんちょうめん等の惣稱盖しかみの變語ならん) チョンバ(ます)

因云 從來北海道に產出するものは、各其名稱を存すと雖ども、內地より輸入せる物等は、多く原名を用ゆ、然るに其うちまに原名をへんくわして、一種異樣の名稱を用ふる者あり、例へばチヽッポ(つつそで)馬をウンマ烟草をタンバコといふの類、且甚しきは內地人にして土人語を用ゐ、土人却て內地語を唱へ、稍や主客の度を失するの傾きあるに至る、譬へば永年十勝國等に住する內地人は、煙管をセレンボといひ、土人は却てキセルといふが如き是れなり

動植物

チカップ(とりの通稱) ポンチカップ(ことり)〈凡て何鳥何鳥と各自の名稱あるにあらず槪ね之を惣稱せるなり〉 ウオロン、チカップ(かも〈ウオロンは潜伏の意〉) パスクル(からす) チヱップ(うをの通稱) シベ(さけ) イザニュ(ます) ヘロギ(にしん)トュクシヽ(あめます) キキャブ(やまめ) シュブン(うごい) チライ(いとを) バケボロ(かじか) アバヤヽ(かに) ユッコ(しか) キモウカモイ(くま) チロノップ(きつね) セタ(いぬ) エルムン(ねづみ) カセコルクル(しまねづみ) ウルキ(しらみ) ダイキ(のみ) ヤブツッケ(あぶ) ヱトタニ() イビロレ(ぶと) キヽリ(仝上) ノック(たまご) ムシ(くさ) トップ(さゝ) ノヤ(よもぎ) コロコニ(ふき) ベカンベ(ひし) ハッツ(ぶどふ) シタコロコニー(ごぼふ) シクトュ(ねぎ) マウ(はまなし) シユ(やなぎ) ニノミ(くるみ) テシマニ(くわ) カーボイ(あさ) エイソ(たばこくさ) 

シ子ップ(一) トップ(二) レップ(三) イ子ップ(四) アシキ(五) イワンベ(六) アルワン(七) トベサンベ(八) シ子ベサンベ(九) ワンベ(十) シ子イッキ(百) ワ子イッキ(千)

因云 十一、十二といふときは、(ワンベ、イカシマ、シ子プ)(ワンベ、イカマシ、トップ)百十は、(シ子イッキ、イカシマ、ワンベ)ととなふるガ如シけだし(イカシマ)とはあまるの義にて十に餘る何程、百に餘る何程といふに異ならす又一升二升とは

シ子ップ、チョンバ(一升) トップ、チョンバ(二升) ワンベ、チヨンバ(一斗) シ子イッキ、チョンバ(一石)と唱ふるなり

雜事

カモイ(かみ) ヲッツケ(なせ) イテッケ(よせ) アシナルキ(はじめた) ナー(何でありますと問返すことば) 子ックセ(どふだ) チコノ、アタヘアン(なにほどあたへなるや) 〈土人は、物品の交換のみにて、金錢を以て、賣買せしとあらざりしも、近來內地人と交際するに際り、代價を要することヽはなりぬ、故に價の如きは從來通稱なきものと知るべし〉 子プヘ(なにごとじや) トアベ(あのもの) タンベ(このもの) エンコタ(はやく) コルマン(もちゆけ) コルアルキ(もちてこい) ホックワエッキ(かうてこい) テ子ハンケノエッキ(ここきたれ) タン、コタン、子コノレーアン(このちは何といふ名ぞや) 子ダ、オマン(どこくや) ヱンコタヱッ(はやきたれ) イチャツキレイ(きたない) アッカ(仝上) ピリカ(きれい又はめづらしい) ムニン(くさる) ボロノ(たくさん又はおほきい又はひろい) ポンノ(すこし又はちいさい) ルヱ(ふとい) ア子(ほそい) シカナッキ(まるい) タン子(ながい) タク子(みじかい) アン子(とがる) コムコムセ(ちヾむ) メルヽクス(さんかく) ルヽクス(しかく) ピカン(ごくはやい) ヱドック(る) サンゲー(せ) オマレー(る) イシャマ(なしいないなくした) チシコラス(くよふじや) チイ(成熟) ソウカ(く) フップ(ふくれる) 子プカ、イナラカ、イシャマ、ナー(其外別ニいじなきや)〈此語多く警察官吏が土人を糺問するに用ゆるなり〉 マカ(ひらく) アシ(とづ) ヱヤイ、子ンコロワ、ヱンコレー(せわをしてくれんか) コワシ(こわれる) チヤランケ(かけあい) イカシマ(あまる) カラ(こしらへる) オテシバ(うごかす) タノコラ、ヱレウシカ、ヱンコレー(こんやとめてください)

附言

土人のことばは至て少なし、によりの者槪ね一語にて足れり、例へば大も、多も、廣も、厚も(ポロ)小も、少も、薄も、幼も、微も(ポン)美も、善も、珍も(ピリカ)といふが如し、故にづ右にしるせるかづまるのみにしてけば、縱令如何なる山奧へ行くも、决して土人に馬鹿にされたり、又意思相通ぜずといふことなく、其上尙いろの言を覺ばんには、頗るたやすでき得るなり、加之土人のことばは、和語や、漢語や、洋語の如く、つヾりかたに別にきまりあるにあらず、どれでも本文の語を一つはせるときは、それが一つのことばとはなる譬へば

ぴりかめのこと、となせのもころ

ぬしやツた、ばすくる、ちしこらす

といふが如く、まことぞふさ至極の限りにこそあるなり

この作品は1927年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。