作者:高野長英

作者索引: た 高野長英
(文化元(1804)- 嘉永3(1850))
高野 長英(たかの ちょうえい)は、江戸時代後期の医者・蘭学者。通称は悦三郎、諱は譲(ゆずる)。号は瑞皐(ずいこう)。江戸幕府の異国船打払令を批判し開国を説くが、弾圧を受け死去した。主著に『戊戌夢物語』『わすれがたみ』『三兵答古知機』など。— ウィキペディア日本語版高野長英」より。
高野長英

この作者の作品は、1927年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。