作者:植木枝盛

作者索引: う 植木枝盛
(安政4(1857)- 明治25(1892))
植木 枝盛(うえき えもり)は、日本の思想家、政治家。自由民権運動の理論的指導者。立志社に参加し、立志社建白書を起草。明治14年(1881年)に私擬憲法の中では最も民主的、急進的な内容とされる『東洋大日本国国憲按』を起草した。— ウィキペディア日本語版植木枝盛」より。
植木枝盛

この作者の作品は、1927年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。