作者:和田東郭

作者索引: わ 和田東郭
(延享元(1744) - 享和3(1803))
    和田東郭(わだ とうかく)は、江戸時代の医師。摂津高槻藩医和田祇忠の子。戸田旭山、吉益東洞の門に学び、京都で開業。二条家に仕えた後、宮中に召され寛政9年朝廷の医官となる。諸家の医術を取り入れ、折衷派の泰斗となった。

    この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。