作者:吉川英治

作者索引: よ 吉川 英治
(1892年(明治25年)8月11日 - 1962年(昭和37年)9月7日)
吉川 英治(よしかわ えいじ)は、日本の小説家。本名、英次(ひでつぐ)。神奈川県生まれ。様々な職についたのち作家活動に入り、『鳴門秘帖』などで人気作家となる。1935年(昭和10年)より連載が始まった『宮本武蔵』は広範囲な読者を獲得し、大衆小説の代表的な作品となった。戦後は『新・平家物語』、『私本太平記』などの大作を執筆。幅広い読者層を獲得し、「国民文学作家」といわれる。
吉川 英治

小説編集

戯曲編集

評論・随筆編集

短編編集

参考文献編集

  • 吉川英治『忘れ残りの記 初期短編集 年譜・作品年表』講談社〈吉川英治全集 46〉、1984年2月21日、425-473頁。ISBN 4-06-146346-2

外部リンク編集

 

この作者の著作物の一部または全ては、環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者の没後50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。


この作者の著作物の一部または全ては、1927年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。