作者:伊東忠太

作者索引: い 伊東忠太
(1867年11月21日(慶応3年10月26日) - 1954年(昭和29年)4月7日)
いとう ちゅうたは、明治から昭和期の建築家、建築史家。

西洋建築学を基礎にしながら、日本建築を本格的に見直した第一人者で、法隆寺が日本最古の寺院建築であることを学問的に示し、日本建築史を創始した。また、それまでの「造家」という言葉を「建築」に改めた。「建築進化論」を唱え、それを実践するように独特の様式を持った築地本願寺などの作品を残す。ウィキペディア日本語版伊東忠太」より。

伊東忠太

紀行編集

外部リンク編集

 

この作者の著作物の一部または全ては、1954年に著作者が亡くなっているため、環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者の没後50年以上経過しています。従って、日本においてパブリックドメインの状態にあります。


この作者の著作物の一部または全ては、1926年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。