何が来るのか


ここで、イスラムの将来について少し余談を述べても、差し支えないだろう。戦闘的なキリスト教徒という考えは、世界から消え去りました。キリスト教のプロパガンダの最後の威信は、バルカン半島の塹壕に埋葬された。ラテンアメリカの援助によるアフリカの統一は、今や宣教師の侵略の脅威とは無縁である。アフリカは、あらゆる宗教にとって公平な場となり、黒人が信仰するのは、彼のニーズに最も適した宗教となるであろう。その宗教とは、このような問題について発言する権利を持つほぼすべての人が、イスラム教であり、その自然な布教者はアラブ人であると語っている。その布教者がフランス人化したアラブ人であってはならない理由は何もない。

フランス人もイギリス人も、アラビア文化の復興に最も強い関心を持っている。ドイツ人が望むなら、トルコ語を学ばせてあげましょう。すべてのアフリカと西アジアには、アラブの支援のもとで復活するイスラム教のための大きな明日があるのである。水路の邪悪な都市、コンスタンチノープルは、浅瀬のアセナスのように座り込んで、やってきたすべての人々を堕落させ、イスラムの麻痺を招いたのである。しかし、トルコ人のイスラムは、アラブ人のイスラムとは別物である。それは人間の世界における偉大な進歩的衝動の一つであった。我々の習慣では、アラブの文明への貢献を、ヘブライ人やギリシャ人への恩義と比較して、きわめて不合理に過小評価することがある。例えば、数詞、現代数学の大部分、化学の科学は、イスラム文化の取り組みに負うところが大きいのである。イギリスはすでにエジプトでイスラムの大学教育を確立することに着手しているが、それは鉱脈を開く最初の一撃に過ぎない。英語、フランス語、ロシア語、アラビア語、ヒンドゥスターニー語、スペイン語、イタリア語、これらは差し迫った平和同盟の観点から、文明の将来に最も関わる偉大な世界言語である。どの国も、これらの言語のどれかを軽視することはできない。しかし、最も重要な問題として、私は、イギリス人にはヒンドゥスターニー語、アメリカ人にはロシア語かスペイン語、フランス人、ベルギー人、イタリア人にはアラビア語をあげたいと思う。これらの民族にとって、理解の義務が最も急務であり、機会の道が最も明白であるのは、これらの方向である。

一時的に落ち込んだ国や民族や文化を過小評価する傾向は、最も不合理で、広く浸透しており、愚かさの一形態である。それは、未来に対するわれわれの展望を歪めてしまう。英国の読者は、愛国的なドイツ人が、イタリア人やギリシャ人よりも「チュートン」の方が優れていると嘯くのを読めば、その不条理さを最も容易に理解することができるだろう。アジア人」についてのイギリスやアメリカの本には、同じように愚かなことが書かれている。また、ドイツ語だけでなく英語やフランス語でも、フランスの「退廃」についての恐るべき戯言があったのではないだろうか?しかし、われわれは急速に学んでいる。30年前、私がロンドンで学生だったころ、我々は日本をファンタスティックな冗談だと考えていた。コミックオペラ『ミカド』は、後世の人々の賞賛のために、今でもその愚かな相を残している。そして今日、アラブ人とその宗教の特質を無視する、きわめて正当な傾向がある。イスラム教は野外宗教であり、その広範な概念において高貴かつ単純である。それは、コンスタンティノープルの閉鎖性において病んでしまったため、ナイジェリアから中国に至るまで、決して活力を失ってはいないのだ。フランス人、イタリア人、イギリス人は、イスラム教とアラブ人を考慮しなければならない。大陸の砂漠のあるところにはアラブ人がいて、そこにはイスラム教がある。世界の平和を準備する連合国は、そのことに折り合いをつけなければならないのである。そして、私がフランスとアラブの文化の必要な連携を予見するとき、私は現在のアラブだけでなく、来るべきアラブを考えているのである。オスマン帝国の崩壊と断絶、ユーフラテス川流域への侵攻という小アジアにおける一連の出来事は、メソポタミアの大復活を示唆している--最初はヨーロッパの指導のもとに。13世紀にフルグのモンゴル軍によって破壊された広大な灌漑システムは復活し、砂漠は再び人口を増やすだろう。しかし、その土地に根ざしたタイプが主流となる。メソポタミアの新しい人口は、ヨーロッパ人でもインド人でもなく、アラビア人であり、そのアラビア語の集中により、印刷機を手に入れることになるだろう。イスラムの新しい知的運動、バグダッドの再興は、1950年と同様に必然的なことである。

この著作物は、1946年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、1927年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。