メインメニューを開く

Wikisource β

伊曾保物語

他の版の作品については、イソップ寓話をご参照ください。

伊曾保物語上


1 本國の事

 去程に、えうらうはのうち、ひりしやの國とろやと云所に、あもうにやといふ里あり。その里にいそほといふ人ありけり。其時代、えうらうはの國中に、かほどの見にくき人なし。其ゆへは、頭はつねの頭二つがさあり。まなこの玉つはぐみ出でて、そのさきたいらかなり。顏かたち、色黒く、兩の頬うなたれ、首ゆがみ、せい低く、足長くしてふとし。せなかかゞまり、腹ふくれ出でて、まがれり。もの云ことおもしろげなり。その時代、此いそほ、人にすぐれてみにくき物なきがごとく、その上、才覺又ならぶ人なし。

 されば、その里に戰ひおこつて、他國の軍勢亂れ入、かのいそほを搦め取りて、はるかの餘所へ聞えける、あてえるすと云國の、ありしてすといふ人に賣れり。かの物の姿のみぐるしきを見て、なすべきわざなければとて、我領地につかはし、百性等にひとしく、牛馬を飼はしむるわざをなんおこなふ。かくて年經ぬれど、さるべき人とも知らずなん侍りける。折節、ある商人此者を買い取る。ありしてす、得たり賢しとかの商人に賣り渡さる。なを別の人二人買い添へ、以上三人召し具して、さんといふ所に難なく行けり。其里において、しやんとといへるやむごとなき知者の行きあひ、かの商人に尋ねていはく、「御邊の召し具しける者どもは、なに事をかはし侍るぞ」とのたまへば、商人人答云)、「一人は琵琶を引げに候」と申ければ、かのしやんと、すぐに二人の者に問ひ給はく、「面々は、何事をし侍るぞ」と仰ければ、二人もろともに答云、「あらゆるほどの事をば形のごとく知り侍る」と申。その後又いそほに、「汝はいかなる物ぞ」と問ひ給へば、いそほ答云、「我はこれ骨肉也」と申ければ、「我汝に骨肉を問はず。汝いづくにて生れけるぞや」と仰ければ、いそほ答いはく、「われはこれ母の胎内より生れ候」と申。「汝に母の胎内問はず。汝が生れたる所はいづくの國ぞ」と仰ければ、伊曾保答へていはく、「われはこれ母の産みたる所にて育たり候」と申。その時しやんと、「かれが返答は、たゞ魚の島をめぐるがごとし。さて、汝はなに事をか知り侍」と問はせ給へば、いそほ答云、「なに事をも知り侍らぬ者にて候」と申。その時、しやんとかさねて仰せけるは、「人として物のわざなき事あたはず。汝なにのゆへにかしわざなきや」と仰せければ、いそほ答へて云、「われなにをかなすと申べき。その故は、件の兩人、あらゆるほどの事をば知るといへり。是に漏れて、われなにをか知り候べきや」と申。その時、しやんといそほに問ひ給はく、「我汝を買い取るべし。汝におゐていかん」と仰ければ、いそほ答云、「たゞ其事は其身の心にあるべし。いかでかそれがしに尋ね給ふぞ」と申。しやむと、かさねての給ふは、「我汝を買ひ取るべし。その時逃げ去るべきや」と仰せければ、伊曾保答云、「われこの所を逃げ去らん時、御邊の異見を受くべからず」と申。

 かやうに、さまけうがる答へどもし侍りければ、心寄せに思ひて、いささかの價に買ひ取り、かの商人と行給ふに、ある關の前にて、かの伊曾保が姿を見て、「あやしの者や「ととゞめおきて、」これはたれの召し具し給ふ物ぞ」と尋ねければ、しやんとも商人も、あまりにいそほが見にくき事を恥ぢて、「知らず。」と答ふ。いそほこの由うけ給はり、「あなうれしの事や。われに主なし」といひて勇みあへる。その時、しやん共商人も、「是はわが所從にて候」との給ひ、それよりしやんといそほを召つれ、わがもとへ歸り給也。


2 荷物を持つ事

 ある時、しやんと旅行におもむかせ給ふに、下人どもに荷物をあておこなふ。われも+ と輕き荷物をあらそひ取りて、これをもつ。こゝに食物を入たるものありけり。その重きにおそれて、これを持つ物なし。「さらば」とて、いそほ辭するにをよばず、「なに事も殿の御奉公ならば」とて、これを持つ。その日の重荷、「いそ保に過ぎたる者なし」と皆人いひけり。

 日數經て行くほどに、この食物をつねに用ゆ。かるがゆへに日に添へて輕くなりけり。果てには、いと輕き荷物持ちてけり。「あつぱれ賢き心宛かな」とて、猜み給ふ人々ありけり。


3 柿を吐却する事

 ある時、しやんとのもとへ柿をおくる人ありけり。かの所從ら、此柿を食いつくして、伊曾保が臥したりける懷に一つ二つをし入て、かれになん負せける。やゝあつて後、しやむとかの柿を請ひいださる。をの「知らず」と答。しやむと、あやしみ尋ねければ、をの一口に申けるは、「その柿をばいそほこそ知り侍らめ」といふ。「さらば」とて、いそ保を召しいだし、尋ね給ふに、案のごとく懷に柿あり。「あはや」とこれを糺明するに、いそ保申けるは、「罪科遁れがたく候。しかりとも、それがし申さん事を傍輩らにも仰つけさせ給へかし」と申されければ、しやんとかれが望みをとげさせ給ふ。そのはかり事といつぱ、「をの傍輩らを御前に召しいだされ、酒をくだされて侍るならば、吐却をせん事あるべし。その柿を吐却したらん者を、それがしによらず、其科たるべし」と申。しやむとげにもと思ひて、其はかり事をなし給ふに、たな心をさすがごとく、すこしもたがはず、かの柿をぬすみ食ひたる物ども、一度に吐却す。さるによりて、いそほは科なく、傍輩どもは罪をかうむりける。伊曾ほが當座の機轉奇特とぞ、人々感じ給ひける。


4 農人の不審の事

 ある時、しやんと山野に逍遥して、いそほを召つれ給ふ。こゝに農人しやんとに尋ねて申。「それ天地の間に生ずる所の草木を見るに、たゞ雨露のめぐみをもつて生長する事なし。此いはれいかに」と問ふ。しやんと答云、「たゞ是天道のめぐみなり」との給ふ。その時、いそほあざ笑つていはく、「さやうの御答へは、あまりをろかに候」と申ければ、「さらば」とてしやむと立ち返り、かの農人に告げ給はく、「先に答うる所、その理にあたらず。我召し具し侍る物に答へさすべし」と仰ければ、農人かのいそほが姿を見て、「仰にては候へ共、かゝるあやしの者の、いかほどの事をか答候べき」と申ければ、いそほ聞きて、「いかゞ、汝が云所道理に漏れたり。答うる所外れずは、なんぞ姿の見にくきによらんや。されば、さきに問所はなはだもつてわきまへやすし。汝繼子と實子を知るやいなや。それ人間の習として、實子をばこれを愛し、繼子をば是をうとんず。そのごとく、四大の中に生ずる、四大がために實子なり。人のたがやす田畠は、四大がために繼子なり。人の繼子と實子をもつて、四大が親疎をわきまふなり」。


5 けだものの舌の事

 ある時、しやんと客來のみぎり、いそほに仰て、「汝世中に珍しき物をもとめきたれ」とありければ、いそほけだ物の舌をのみ調侍りける。しやんとこれを見て、「世間の珍しき物にけだものの舌をもとむる事なに事ぞ」と仰ければ、いそほ答云、「夫世中)のありさまを見るに、舌三寸のさえづりをもつて、現世は安穩にして、後生善所に到り候も、みな舌頭のわざなり。されば、諸肉の中におゐて、舌は一の珍しき物にあらずや」と申。

 又ある時、「世間大一の惡物をもとめきたれ」とありければ、伊曾保又けだものの舌を調ふ。しやんとこれを見て、「これは世間大一珍しき物にてこそあれ、惡しき物とはなに事ぞ」と有ければ、伊曾保答云、「しばらく世間の惡事を案じ候に、是禍門也。三寸の舌のさえづりをもつて、五尺の身を損じ候も、みな舌ゆへのしわざにて候はずや」と申に、しやんとこの事領掌して、二つの返事を貴み給ふなり。


6 風呂の事

 ある時、しやんといそほに仰けるは、「風呂は廣きや、見て參れ」とありければ、かしこまつてまかり出、其道におゐて、ある人いそほに行あふ。「汝いづくよりいづかたへ行くぞ」と問ひければ、「知らず」と答う。かの人怒つていはく、「奇怪なり、いそ保。人の問ふに、さる返事する物や。召しいましめん」と議せられければ、いそ保答云、「さればこそ、さやうに人にいましめられんことを知らざる事にて侍か」と申ければ、「こさんなれ」とてゆるされける。

 その門のかたはらに、出入に障りする石あり。此石にてあまた足をくじき、あるひはうち裂くを、人これを見て、「あやしの石や」とて、これを除く。いそほこれを見て、しやんとに申ける。「風呂には人一人にて候と見え侍る」と申ければ、「さらば」とて、しやんと風呂に入らる。しかる所に、風呂に入ける人、いくらといふ、その數を知らず。しやんと、いそほを召して仰けるは、「汝なにのゆへをもつてか風呂には人一人といひけるぞ」と問ひ給へば、いそほ答云、「先に風呂の門に、出入りに障りする石ありけり。人あまた是に惱まさるゝといへども、これを除く。それよりして出入り平案に候間、かの人一人と申候」と答へけるなり。


7 しやんと潮飮まんと契約候事

 ある時、しやんと酒に醉けるうちに、こゝかしこさまよふ所に、ある人しやんとを支へていはく、「御邊は大海の潮を飮みつくし給はんやいなや」と問へば、やすく領掌す。かの人かさねていはく、「もし飮み給はずは、なに事をかあたへ給ふべきや」といふ。しやむとのいはく、「もし飮み損ずるならば、わが一跡を御邊に奉らん」と契約す。「あないみじ。此事たがへ給ふな」と申ければ、「いさゝかたがふ事あるべからず」とて、わが家に歸り、前後を知らず醉ひ臥せり。

 醒めて後、いそほ申けるは、「今まではこの家の御主にてわたらせ給ひけれど、あすからはいかゞならせ給ふべくや。その故は、さきに人と御契約なされしは、大海の潮を飮みつくし候べし。え飮み給はずは、わが一跡をあたへんとの給ひてあるぞ」と申ければ、しやんとおどろきさはぎ、「こは誠に侍るや。なにとしてあの潮を二口共飮み候べき。いかに+ 」とばかりなり。かくて有べきにもあらざられば、「此難を遁れまほしうこそ侍れ」と、いくたびか伊曾保を頼給ふ。いそほ申けるは、「我譜代の所御ゆるし給はば、はかり事を教へ奉るべき」と申。しやんと、「それこそやすき望みなれ。とくその計略を教へよ」と仰ければ、伊曾保答云、「明日海へ出給はん時、まづ其相手にの給べきは、「我今この大海を飮みつくすべし。しからば、一々に大海へ流れ入所の河を、ことく堰きとめ給へ」との給ふべし。しからば相手なにとか答候べきや。その時、御あらがひも理運を開かせ給ふべけれ」と申ければ、「げにも」とよろこび給へり。

 すでにその日に臨みしかば、人々この由を傳へ聞きて、しやんとの果てを見んとて、海の邊に貴賎群集をなす。その時、しやんと高所に走りあがり、かの相手を招き寄せ、いそほの教へけるごとく仰ければ、相手一言の返答におよばず、あまつさへ、しやんとを師匠とあがめ奉りけり。


8 棺槨の文字の事

 ある時、しやんといそほを召しつれ、墓所を過ぎさせ給ふに、かたはらに棺槨あり。其めぐりに七つの文字あり。一つにはよ、二つにはた、三つにはあ、四つにはほ、五にはみ、六つにはこ、七つにはを、是也。いそほしやんとに申けるは、「殿は智者にてわたらせ給へば、この文字の心を知らせ給ふや」といふ。しやむと、「是は古の字なり。世隔たり時移つて、今の人たやすく知る事なし」と仰ければ、いそ保あざ笑つていはく、「此文字の心を■あらはすにおゐては、いかばかりの御褒美にかあづからん」と申ければ、しやんと答云、「此心をあらはすにおゐては、譜代の所をさしをくべし。しかのみならず、もしこの文字の下にあらん物、半分をあたへん」となり。伊曾保申けるは、「第一によとは、四つといふ儀なり。二にたとは、たからといふ儀なり。三にあとは、有べしと書く儀なり。四に保とは、掘るべしと云儀なり。五にみとは、身に付べからずと云義也。六にことは、こがねと云儀なり。七にをとは、おくと云儀なり」と讀て、その下を掘りて見れば、文字のごとくあまたの黄金ありけり。しやんと、これを見て欲念おこり、伊曾保に約束のごとくあたへず。

 なをその下を掘りて見れば、四方なる石に五つの文字あらはれたり。一つにはを、二つにはこ、三つにはみ、四つにはて、五つにはわ、これなり。いそほ是を見て、しやんとに申けるは、「この黄金をみだりに取り給ふべからず。そのゆへは此文字にあらはれ、大一をとは、おくといふ儀なり。大二ことは、こがねといふ儀なり。大三みとは、見つくると云儀なり。大四てとは、帝王といふ儀なり。大五わとは、渡し奉るべしといふ儀なり。しからば、その金をほしゐまゝに取り給ふべからず」と云。その時、しやんと仰天して、ひそかにいそほを近づけ、「この事他人に漏らすべからず」とて、かね半分をあたへける。いそ保石にむかつて禮をする。そのゆへは、「このかねをばさきに給はるまじきとさだめ給へど、この文字故にこそ給はりつれ」とて、石と文字とを禮拜す。又、伊曾保申けるは、「此寶を取り出すにおいては、譜代の所を赦免あるべしと堅く契約ありければ、今より後は、御ゆるしなしとても、御譜代の所をばゆるされ申べし」といひけるなり。


9 さんの法事の事

 ある時、その里にて大法事を執行ことありけり。よつて、在所の老若男女袖をつらねてこれを聽聞す。然所に、さむの守護、よそほひゆゝしくして、めでたうおはしける所に、鷲一つ飛びきたりて、かの守護のゆびがねを掴み取りて、いづく共なく飛び去りぬ。これによつて、法事興さめて、諸人あやしみをなせり。「是たゞことにてあるべからず。しやんとに迎い奉る」と人々申あへり。守護識よりしやんとのもとに使者を立てて、法事の庭に召し請、「此事いかに」と問ひ給へば、庭に竝み居たる人々も、これを聞かんと頭をうなたれ、耳をそばだてて、荒き息をもせず。四方しづまつて後、しやんと物知り顏にうち案じて、「これいみじき御大事にて候へ。たやすく申べき事にあらず。日數經てしづかに勘へ奉り、後日にこそ申べけれ」とて立たれければ、人々その日をさだめて退散せり。

 しやんと、それよりわが屋に歸りて、日夜これを安ずるに、更になに事共わきまへず。いたづらに工夫を費やすのみなり。伊曾保この由を見て、「殿は何事を御案じ給ふぞ」と申ければ、しやむとのいはく、「この事をこそ案じけれ」とも、件の字の子細を初め終り語給へば、いそほ申けるは、「げにもこれはもつての外に知りがたき事にて候。たゞ、それがしを各々の前に召し出され、其子細を問給ふべし。其故は、我下人の身として、申あやまち候へばとて、させる恥辱にもあらず。殿の仰をあやまたせ給はば、もつての外御恥辱たるべし」と申ければ、「げにも」とて、その日に臨んで儀定の庭に召出しければ、人々「あやしの物の帶佩や」とて笑ひざゞめきあへり。しかりといへども、伊曾保少も臆せずその所をまかり過ぎ、高座にのぼりて申けるは、「我姿のおかしげなるをあやしめ給ふや。それ君子は、いやしきにおれども、いやしからず。■袍を着ても恥ぢず。なんぞ姿のよしあしによらんや。道理こそ聞かまほしけれ」といひければ、人々げにもと感じあへり。

 やゝあつて後、いそほいひけるは、「我はこれしやんとの下臈なり。人々召使はるゝ物の習ひとて、その主の前におゐて物いふ事すみやかならず」といひければ、人々げにもと合點して、しやんとにむかひて申されけるは、「いそほ申所、道理至極なり。此上は譜代の所をゆるし給ひ、その子細をいはせ給へかし」と申されければ、しやんと少しも服膺せず。守護人此由を聞きて、「惜しみ給ふ所もことはりなれども、この子細を聞かんにおゐては、なに事をか報ずべきや。もし人なくは代りをこそ參らすべけれ」と云ければ、しやんと惜しむにおよばず領掌せらる。さるによつて、群集の中におゐて、「今より以後、伊曾保はわが譜代にあらず」と申されければ、いそほかさねて申けるは、「此日比心地ち)惡しき事あつて、其聲高く出給ふべからず。聲能人に仰て、譜代の赦免をゆるすと高くよばゝらせ給へ」と望みければ、いそ保が云ごとくよばゝりけり。

 やゝあつて後、いそほ高座の上より云けるは、「鷲守護の御ゆびがねを奪い候事は、鷲は諸鳥の王たり。守護は王に勝つ事なし。いか樣にも他國の王よりこの國の守護を進退せさせ給ふべきや」と云ける。


10 りいひやより勅使の事

 去程に、いそほが申せしごとく、りいひやの國王けれそと申御門より、さんに勅使を立て給はく、「その所より年ごとに御調物を奉るべし。しからずは、武士に仰て攻めほろぼさせ給ふべし」との勅定なり。これによつて、地下の年寄以下評定し給ひけるは、「その攻めをかうむらんよりは、しかじ、御調物を奉るべし」となり。「去ながら、いそ保に尋ねよ」とて、この由を語ければ、いそほ申けるは、「それ人の習ひ、其身を自由にをかんも、人に從はんも、ただその望みにまかするものなり」と云ければ、げにもとて勅定を背かす。勅使歸つてこの由を奏聞す。御門そのゆへを問はせ給ふに、勅使申けるは、「かの所にいそほといふ者あり。才智世にすぐれ、思案人に超えたる者にて候。此所を從へ候はんにおゐては、まづ此者を召しをかるべし」と申ければ、もつともと叡感あつて、さだめてさんに勅使を下さる。「御調物をばゆるし給ふべし。伊曾保を御門へ參らせよ」との勅定なり。地下の人々訴訟していはく、「さらば、いそほを參らせん」となり。

 い曾保この由を聞きて、たとへをもつていひけるは、「昔狼一つの羊を服せんとす。羊この由をさとつて、あまたの犬を引き語らふ。これに、狼、羊を犯す事なし。狼のはかり事に、「今よりして犬を犯す事あるべからず。犬をわれにあたへよ」と云。羊、「さらば」とて犬を狼につかはす。狼先此犬をほろぼして後、終に羊を食いてけり。その國の王をほろぼさむとては、まづ忠臣を招くものなり」といひて、つゐに勅使に具せられてりいひやの國に到りぬ。


11 いそほりいひやに行く事

 さる程に、伊曾保りいひやの國にまかりのぼり、勅使と共に參内す。御門この由叡覽あつて、「あやしの物の帶佩やな。かゝるみにくき物の下知によつて、さんの者ども我命を背きけるや」と逆鱗ある事輕からず。すでにいそほが一命もあやうく見え侍りければ、いそ保叡慮を察して言上しけるは、「我に片時のいとまをたべ」と申ければ、「しばらく」とて御ゆるされをかうむる。その時、いそ保申けるは、「ある人、螽を取つて殺さむとて行きける道にて、蝉を殺さんとす。蝉愁いていはく、「我罪なうしていましめをかうぶり、五穀にわざもなさず、人に障りする事なし。夏山の葉隱れには、わがすさまじき癖あらはしぬれば、暑き日影も忘れ井の慰めぐさと成侍れ。甲斐なく命を果たされ給はん事、歎きてもなをあまりあり」と申ければ、「げにも」とてたちまち赦免す。其ごとく、わが姿かたちはおかしげに侍れど、わが教へに從ふ所は、國土平安にして、萬民すなほに富み榮へて、善をもつぱらに教ゆる者にてこそ侍れ。蝉とわれとそのたがはず」と申ければ、御門大きに叡感あつて、「さらば」とて勅勘を赦免なされ、「此上は、汝が心に望む事あらば、奏聞申せ」と仰ければ、いそほ謹(つ)しんで申あげけるは、「われにことなる望なし。われさんに年久敷あつて、人の下臈にて侍りけるを、所の人々申ゆるされ、獨身とまかなりて、心やすく侍りき。その恩を報じがたく候へば、かの所より奉るべき物をゆるさせ給へかし」といひければ、御門この由叡覽あつて、かれが望みを達せんため、さんの御調物をゆるされけり。


12 伊曾保りいひやに居所を作る事

 いそほりいひやに居所せしむ。その御赦免を報ぜんがために、一七日にこの書を集め、奉る。御門叡覽あつて、誠に不思議の思ひをなし給へり。「かゝる才人世にあるまじ」とて、あまたの祿をくだされける。いそほ、此たまものを船に積み、さんへ二たび下にけり。さむの人々此由を聞きて、伊曾保を迎へんとて、樓船を飾り、舞樂を奏し、海中の魚鱗もおどろくばかり、ざゞめきあへり。

 去程に、いそほはほどなくさんに付て、高きいやしき擇ばず召しいだし、其身は高座にのぼり、「いかに人々聞給へ。われこの年月此所にあつて、面々の御あわれみをかうむる事かぎりなし。しかのみならず、人の譜代たりし物を請いゆるされてける事に至るまで、この所の御恩にあらずと云事なし。しかるを、不慮の災禍によつて、りいひやの國王より御調物をゆるし給ふこと、これわが才智のなす所なり。これにあらずんば、いかでか御恩を報ずべけんや。是もひとへに天道の御めぐみにてこそ候へ」と語ければ、その守護人を初めとして、よろこびあへる事かぎりなし。それよりして、さんの事は申におよばず、あたり近き國里までも、いよいそほを貴みあへりけり。


13 商人かねをおとす公事の事

 ある商人、さんにおゐて三貫目の銀子をおとすによつて、札を立ててこれをもとむ。その札にいはく、「此かねを拾ひける者のあるにおゐては、我に得させよ。その褒美として三分一をあたへん」となり。然に、ある者是を拾ふ。我家に歸り、妻子に語つていはく、「われ貧苦の身として、汝等を養ふべき財なし。天道これを照覽あつて、給はるや」とよろこぶ事かぎりなし。しかりといへども、この札のおもてを聞きていふやう、「その主すでに分明なり。道理を枉げんもさすがなれば、この銀を主へ返し、三分一を得てまし」といひ、かの主がもとへ行て、そのありやうを語る所に、主俄に欲念おこつて、褒美のかねを難澁せしめんがため、「わがかねすでに四貫目ありき。持ちきたれるところは三貫目なり。そのまゝおき、汝はまかり歸れ」といふ。かの者愁へていはく、「我正直をあらはすといへども、御邊は無理をの給ふ也。詮ずる所、守護識に出て、理非を決斷せん」といふ。

 さるによつて、二人ながら糺明の庭にまかり出る。かれとこれとあらそふ所決しがたし。かの主、誓斷をもつて「四貫目ありき」と云。かの者は、「三貫目ありき」と云。奉行も理非を決しかねて、いそ保に「紀明し給へ」と云。伊曾保聞きていはく、「本主の云所明白なり。しかのみならず、誓斷あり。眞實これに過ぐべからず。しかれば、此かねは、かの主のかねにてはあるべからず。其故は、おとす所のかねは三貫目なり。拾ひたる物に、これをたまはりて歸れ」とのたまひければ、その時本の主をどろきさはぎ、「今はなにをかつゝむべき。此かねすでにわがかねなり。褒美の所を難澁せしめんがため、私曲を構へ申なり。あはれ三分一をばかれにあたへ、殘りをわれにたべかし」と云ふ。その時、いそ保笑つていはく、「汝が欲念亂れがはし。今より以後は停止せしめよ。さらば汝につかはす。」とて、三分二をば主に返し、三分一を拾ひ手にあたう。その時、袋を開いて見れば、日記即ち三貫目なり。「前代未聞の檢斷なり」と人々感じ給ひけり。


14 中間とさぶらひと馬をあらそふ事

 ある中間、主人の馬に乘りて、はるかの餘所へおもむく所に、さぶらひ一人行あひ、則怒つて云、「我侍の身としてかちにて行くに、汝は人の所從なり。その馬よりおりて、我を乘せよ。しからずは、細首斬つて捨てん」といふ。中間心に思ふやう、「此途中にて訴うべき人なし。とかく難澁せば、頭を刎ねられん事疑ひなし」。是非にをよばず、馬よりおりけり。侍わが物顏にうち乘(っ)て、かれを召つれ行くほどに、さんといふ所に難なく着きける。中間そこにてのゝしるやう、「わが主人の馬なり。返し給へ」と云。侍馬に乘ながら、「狼藉なり。二たび其聲のゝしるにおゐては、運氣を刎ねん」といひければ、中間いんともせずして、その所の守護識に行きて、この由を訴う。

 去によつて、守護より武士をつかはし、かの侍を召し具しけり。かれとこれとあらそう所決しがたし。守護に理非を分けかねて、伊曾保をよびて檢斷せしむ。いそ保これを聞きて、まづ中間を語らうてひそかに云、「かのさぶらひ糺明せん時、汝あはてゝ物いふ事なかれ」といましめらる。中間謹しんでかしこまる時に、伊曾保のはかり事に、うはぎを脱いでかの馬のつらに投げかけ、さぶらひに問ひけるは、「此馬のまなこ、いづれかつぶれけるか」と問。侍返事に堪へかねて、思安する事千萬なり。思ひわびて、「左の目こそつぶれたる」と申。其時うはぎを引きのけて見れば、兩眼誠にあきらかなり。これによつて、馬をば中間にあたへ、かのさぶらひをば恥ぢしめて、時の是非をば分けられけり。


15 長者と他國の商人の事

 さる程に、さんといふ所にならびなき長者ありけり。外には正直をあらはすといへ共、内心すでに●曲なり。ある時、片田舍の商人、銀子十貫目持ち來て、此長者を頼けるは、「我此所よりえしつに到りぬ。遠路の財寶あやうければ、預け奉らん」と云。長者たやすく預かりける。

 この商人、ゑしつより歸りて、この銀子を請ふ。長者あらがひて云、「我汝が銀を預かる事なし。證跡あるや」と問((とふ))。商人、いかんと申事なくして、いそほのもとへ行て、この由を歎きければ、伊曾保教へて云、「その人は、この所にて譽ある長者なり。證據はなければ、糺明しがたし。汝に計略を教へん。そのごとし給へ」と教へければ、商人謹しんで承。その計略にいはく、「一尺四方の箱一つこしらへ、上をばうつくしく作り飾りて、中には石多く入て、汝が國の人に持たせて、これを玉ぞと僞つて、かの長者のもとへ預けさせよ。その時に臨んで、汝かのかねを請ゑ。玉を預からんがため、銀子をば汝に返すべし。」商人是をこしらへて、いそほの教へのごとく、同國の者に持たせ、かの長者の所へ行きて、これを預くる。其時商人かねを請う。案のごとく、かの玉を預からんがために、商人にいふやう、「いかなれば御邊はかねを取り給はぬぞ。これこそおことのかねぞ」とて、もとの銀子をあたへてけり。そのゆへは、「此箱の内の明珠、十貫目の南鐐よりそくばくまさるべし」と思ふによつてなり。則、箱一つ預けてかねをば取りて歸りけり。「あはれ賢き教へかな」とて、讚めぬ人こそなかりけり。


16 いそほと二人の侍夢物語の事

 ある時、さんといふ所のさぶらひ二人、いそほを誘引して、夏の暑さをしのがんため、涼しき所をもとめて到りぬ。その所に着ゐて、三人さだめていはく、「こゝによき肴一種有。空しく食はんもさすがなれば、しばらくこの臺にまどろみて、よき夢見たらん物此肴を食はん」となり。さるによつて、三人同枕に臥しけり。二人のさぶらひは、前後も知らず寢入りければ、いそほはすこしもまどろまず、あるすきまをうかゞいてひそかに起きあがり、此肴を食いつくして、又同ごとくにまどろみけり。

 しばらくありて後、ひとりの侍起きあがり、今一人をおこしていはく、「それがしすでに夢をかうむる。そのゆへは、天人二體天降らせ給ひ、われを召し具して、あまの快樂をかうむると見し」といふ。今一人が云やう、「我夢はなはだ是にことなり。天朝二體我を介錯して、ゐんへる野へ到りぬと見る」。其時兩人僉議してかの伊曾保をおこしければ、寢入らぬいそほが、夢の覺めたる心地しておどろく氣色に申やう、「御邊たちは、いかにしてか此所にきたり給ふぞ。さも不審なる」と申ければ、兩人の物あざ笑つて云、「いそ保は何事をの給ふぞ。我この所を去事なし。御邊と友にまどろみけり。わが夢はさだまりぬ。御邊の夢はいかに」と問。伊曾保答云、「御邊は天に到り給ぬ。今一人はゐんへる野へ落ちぬ。二人ながらこの界にきたる事あるべからず。然ば、肴をおきてはなにかはせんと思ひて、それがしことく給はりぬと夢に見侍る」といひて、かの肴の入物をあけて見れば、いひしごとくに少も殘さず。その時、ふたりの者笑ひていはく、「かのいそほの才覺は、ぐわんのうかがふところにあらず」と、いよ敬ひ侍るべし。


17 いそほ諸國をめぐる事

 去程に、いそほはそれより諸國をめぐりあるきけるに、はひらうにやの國りくるすと申帝王、これを愛し給ふ事かぎりなし。國王のもてなし給ふ上は、百官卿相を始として、あやしの者に至るまでも、これをもてなす事かぎりなし。

 その此の習ひとして、餘の國の帝王より種々の不審をかけあはせ給ふに、もしその不審を啓かせ給はねば、其返報に寶祿を奉る。しかのみならず、不審を啓かせ給はぬ帝王をば、ひとへにその臣下のごとし。これによつて、諸國の不審區なり。然に、はひらうにやの帝王へかけさせ給ふ不審啓かせ給はぬ事なし。是ひとへにいそ保が才學とぞ見えける。又、はひらうにやより餘の國へかけ給ふ不審は、い曾保がかけ給ふ不審なれば、一つも啓かせ玉ふ國王なし。その返報として、あまたの財寶を取らせ給。そのめぐみによりて、いそほもめでたく榮へける事限なし。才智は是朽ちせぬ財とぞ見えける。


18 伊曾保養子をさだむる事

 さるほどに、いそほいみじく榮へけれ共、年たけ齡おとろゆるに至るまで實子なし。さるによつて、えうぬすといふさぶらひを養ひて、わが跡を繼がせん。

 ある時、えうぬす大きなる罪科ありけり。心に思ふやう、「此事いそ保知らるゝならば、たちまち國王へ奏聞して、いかなる流罪にかおこなはれん」と思、「詮ずる所、たゞ伊そ保を失はばや」と思ふ心出來て、謀書を調へ、「我親いそ保こそりくうるすの帝王に心を合はせ、すでに敵とまかりなり候」と奏しけれ共、御門敢へて信じ給はず。かるがゆへに、えうぬす二たび謀書を作りて、叡覽に備ふ。御門此由御覽あつて、「さては疑ふ所なし。急ぎ誅せん」とて、ゑりみほといふ臣下に仰せて、いそほを誅すべき由綸言ある。

 ゑりみほ勅定の旨を承て、いそほの館へ押し寄せ、則い曾保を搦め取つて、すでに誅せんとしたりけるが、よく心に思やう、「世に隱れなき才仁を失はんも心憂し。たとひわが命は捨つるとも、助けばや」と思ひ、かたはらに古き棺槨ありけるにいそほをおし入て、わが宿に歸り、身をきよめ、急ぎ内裏へ馳せ參(っ)て、「い曾ほこそ誅つかまつりて候」と申上ければ、御門もいとゞ御涙に咽ばせ給ひ、惜しませ給ふも御ことはりとぞ見えける。


19 ねたなを帝王不審の事

 さるほどに、いそほ誅せられける由隱れなし。これによつて、諸國より不審をかくる事ひまもなし。中にもえしつとの國、ねたなをと申御門よりかけさせ給ふ御不審にいはく、「我虚空に一つの殿閣を建てむとす。其建てやう以下を示し給へ。御工匠によつて殿閣たちまち造畢せば、あまたの寶を奉り、その上年々に御調物を參らすべし。すみやかに此不審を啓き給へ」と書き止め給ふ。御門此由叡覽あつて、、百官卿相、その外才智學藝にたづさはる程の者どもを召出され、「この事いかゞ」と問ひ給へ共、少も不審を啓くことなし。是によつて、御門御無興の御事とぞ聞えける。上下萬民の人々、竝み居て歎き悲しみあへり。主上御悲しみの餘にの給ひけるは、「さてもいそほを失ひ給事、我なすわざといひながら、ひとへにわが國のほろびなん基」とぞのたまひける。「もしこの不審を啓かずは、後日の恥辱量りがたし。いかに+ 」と計にて、兩眼より御涙がちにて渡らせ給ふ。


20 ゑりみほ伊曾保が事を奏聞の事

 ある時、ゑりみほひそかに奏聞申けるは、「御歎きを見奉るに、御命もあやうく見えさせ侍る也。今はなにをかつゝみ申べき。いそ保誅すべき由仰付られ候時、あまりに惜しく存、公の私をもつて、今まで助けをきて候。違勅の物を助けをく事、かへつてわが罪も輕からず候へども、かゝる不審も出來ならば、國中の障り共なりなんとおほせ侍れば、助けてこそ候へ」と申侍れば、御門なのめならずによろこばせ給ひ、「こは誠にて侍るや。とくかれを參らせよ」とて、かへつて御感にあづかりし上は、敢へて勅勘の沙汰すこしもなし。

 これによつて、急ぎいそほを召返さる。伊曾保則參内して、御前にかしこまる。御門此由叡覽あるに、久しく篭居せし故、いとゞ姿もやつれ果て、おかしといふもをろかなるさまなり。御門臣下に仰つけられ、「いそほをよきにいたはり侍るべし」とのたまへば、人々いやましにぞもてなされける。その後、御門いそ保を召して、かの不審を「いかに」と仰ければ、「いとやすき不審にてこそ候へ。いかさまにも是より御返事あるべき由、仰返させ給ふべし」と奏しける。申がごとくせさせ給ふ。

 去程に、いそ保を召なをされける上は、かのえうぬすが罪科遁れずして、かれを、死罪におこなはれんとの勅定なり。然所に、いそほ支へ申けるは、「とても我をあはれみ給ふ上は、かれをも御ゆるされをかうむりたくこそ候へ。かの物に諌めをなさば、惡心たちまち飜りて、忠臣となさん事疑ひなし」と奏しければ、「ともかくも」とてゆるされけり。


伊曾保物語上終


伊曾保物語中


1 いそほ子息に異見の條々

一 汝此事をよく聞べし。他人に能道を教ゆるといへども、わが身に保たざることあり。

二 それ人間のありさまは、夢幻のごとし。しかのみならず、わづかなるこの身を助けんがため、やゝもすれば惡道には入やすく、善人には入りがたし。事にふれてわが身のはかなき事をかへりみるべし。

三 つねに天道を敬ひ、事ごとに天命ををそれ奉るべし。

四 君に二心なく、忠節をつくすまゝに、命を惜しまず、眞心に仕へ奉るべし。

五 夫人として法度を守らざれば、たゞ畜類にことならず。ほしゐまゝの惡道を修せば、則天罸を受けん事、踵をめぐらすべからず。

六 難儀出で來ん時、廣き心をもつて其難を忍ぶべし。しかれば、たちまち自在の功徳となつて、善人に至るべし。

七 人として重からざる時は威なし。敵必これをあなどる。しかりといへども、したしき人には輕く柔かにむかふべし。

八 我妻女につねに諌めをなすべし。すべて女は邪路に入やすく、能道には入りがたし。

九 慳貪放逸の者にともなふ事なかれ。

十 惡人の威勢をうらやむ事なかれ。ゆへいかにとなれば、のぼる物はつゐには下る物なり。

十一 我言葉を少なくして、他人の語を聞くべし。

十二  つねにわが口に能道の轡を銜むべし。ことに酒宴の座につらなる時、物いふ事を愼しむべし。ゆへいかんとなれば、酒宴の習ひ、よきことばを退けて狂言綺語を用ゆるものなり。

十三 能道を學する時、その憚りをかへりみざれ。習ひ終れば君子となるものなり。

十四 權威をもつて人を從へんよりは、しかじ、柔かにして人になつかしんぜられよ。

十五 祕す事を女に知らすべからず。女は心はかなうして、外に漏らしやすき物なり。それによつて、たちまち大事も出できたれ。

十六 汝乞食非人をいやしむる事なかれ。かへつて慈悲心ををこさば、天帝の助けに預べし。

十七 事の後に千萬悔ゐんよりは、しかじ、事のさきに一たび案ぜよ。

十八 極惡の人に教化をなす事なかれ。まなこを愁うる者のためには、ひとりかへつて障りとなるがごとし。

十九 病を治するには藥をもつてす。人の心のまがれるをなをすには、能教へをもつてするなり。

廿 老者の異見を輕しむる事なかれ。老いたる者は、その事、我身にほだされてなり。汝も年老い齡かさなるに從つて、其事たちまち出來すべし。


2 ゑしつとの帝王より不審の返答の事

 去程に、いそほかのはかり事に巧みけるは、きりほといふ大なる鳥を四つ生きながら取つて、その足に篭を結いつけ、その中に童子一人づゝ入おき、其鳥の衣食を持たせ、餌食をあぐる時は飛びあがり、さぐる時は飛びさがるやうにして、以上四つこしらへたり。是をこゝろむるにつゝがなし。此由を奏聞すれば、御門大きに御感あり。さらばとてゑしつとに到りぬ。ゑしつとの人々、いそほが姿のおかしげなるを見て、笑ひあざける事かぎりなし。されども、いそ保少も憚る氣色もなく庭上にかしこまる。國王此由叡覽あつて、「はひらうにやの御使は、御邊にて侍るか。虚空に殿閣立べきとの不審はいかに」とのたまへば、「承候」とてわが屋に歸りぬ。

 されば、此事風聞して、都鄙なんきやうの者共是を見んとて都にのぼりぬ。その日に臨んで、かのきりほをこしらへ、庭上に据へ、「所はいづくぞ」と申ければ、「あの邊こそよかんめれ」と仰ければ、その邊にさし放す。四つの鳥四所に立ちてひらめきける所に、篭の中よりわらべの聲としてよばゝりけるは、「この所に殿閣を建てん事やすし。早く土と石を運びあげ給へ」とのゝしりければ、御門を始め奉り、月卿雲客、女房達に至るまで、「げにことはりなる返答かな」とあきれ果ててぞおはしける。御門此由叡覽あつて、「いと賢き謀かな」とて、いそ保を貴み給ふ。「けふよりして我師たるべし」とさだめ給ひけるとぞ。


3 ねたなを伊曾保に尋給ふ不審の事

 ねたなを帝王、いそ保に問給はく、「けれしやの國の駒いな鳴時は、當國の■驛胎む事あり。いかん」との給へば、いそ保申けるは、「たやすく答がたふ候。いかさまにも明日こそ奏すべけれ」とて、御前をまかり立つ。

 伊曾ほ、その夜猫を打擲す。所の人これをあやしむ。そのゆへは、かの國には天道を知らず、猫をおもてと敬ひける。かるが故に、これを奏聞に達す。御門この由きこし召ていそほを召し出され、「汝なにによつてか猫を打つや」との給へば、いそほ答云、「今夜この猫、我國の庭鳥を食ひ殺し候程に、さてこそいましめて候へ」と申ければ、「いかでかさる事のあるべき。當國とその國とは、はるかにほど遠き所なれば、一夜がうちに行かん事いかに」との給へば、いそほ申けるは、「けれしやの國の駒いななきける時、當國の■驛胎む事あり。そのごとく、當國の猫もわが國の庭鳥をも■らひ候」と申ければ、「げにも」とのたまひけり。


4 伊曾保帝王に答る物語の事

 去ほどに、ねたなを國王いそ保を語らひ、よな昔今の物語どもし給ふ。ある夜、伊曾ほ、夜ふけて、やゝもすれば眠りがちなり。「奇怪なり。語れ+ 」と責め給へば、いそ保謹しんで承、叡聞に備へて云、「近き比、ある人千五百疋の羊を飼ふ。其道に河あり。底深くして、かちにて渡る事かなはず。つねに大船をもつてこれを渡る。有時、俄に歸りけるに、船をもとむるによしなし。いかん共せんかたなくして、こゝかしこ尋ねありきければ、小舟一艘汀にあり。又ふたりとも乘るべき舟にもあらず。羊一疋我とともに乘りて渡る。殘りの羊、數多ければ、そのひまいくばくの費へぞや」といひて、又眠る。

 その時、國王逆鱗あつて、いそ保を諌め給ふ。「汝が睡眠狼藉也。語果たせ」と綸言あれば、いそほおそれ+ 申けるは、「千五百疋の羊を小舟にて一疋づつ渡せば、その時刻いくばくかあらん。その間に眠り候」と申ければ、國王大きに叡感あつて、「汝が才覺量りがたし」。「御さんあれ」とていとまを請ふ。おかしくも又感情も深かりけり。


5 學匠不審の事

 去程に、ねたなを帝王、國中の道俗學者を召寄せ、「汝らが心におゐて思ふ不審あらば、此いそ保に尋よ」との給へば、ある人進み出て申けるは、「ある伽藍の中に柱一本あり。其柱の上に十二の里あり。その里の棟木卅あり。かの一つの柱、■驛二疋つねにのぼり下る事いかん」。伊曾ほ答云、「いとやすき事にて候。われらが國には、おさなき者までも是を知る事に候。ゆへいかんとなれば、大伽藍とはこの界の事なり。一本の柱とは一年の事なり。十二里とは十二か月の事なり。三十の棟木とは卅日の事なり。二疋の■驛とは日夜の事なり」と申ければ、かさねて「いな」と云事なし。

 ある時、御門を始め奉り、月卿雲客袖をつらね、殿上に竝み居給ふ中におゐて、御門仰けるは、「天地開け始めてよりこのかた、見もせず聞きもせぬ物いかん」とのたまへば、いそほ申けるは、「いかさまにも明日こそ御返事申べけれ」とて、御前をまかり立つ。さて、其日に臨んで、いそ保參内申ければ、人々これを聞かんとてさしつどひ給へり。その時、いそ保懷より小文一つ取りいだし、「今日こそわが國へまかり歸る」とて奉りければ、御門開ひて叡覽あるに、「それりくうるすといふけれしやの帝王より、三十萬貫を借り候所、實正明白なり」とありければ、御門大きにおどろかせ給ひ、「われ此事を知らず。汝は知るや」と仰ければ、をの口をそろへて、「見た事も聞き奉る事もなし」といひければ、その時いそほいひけるは、「さてはきのふの御不審は啓けて候」といひければ、人々「げにも」とぞ云ける。


6 さぶらひ鵜鷹にすく事

 去程に、えしつとの國のさぶらひ共、鵜鷹逍遥を好む事はなはだし。國王是を諌め給へ共、勅命をもおそれずこれに長ず。御門いそほに仰けるは、「臣下殿上にまかり出でん時、此費へを語り候へかし」とありければ、かしこまつて承る。折節官人伺候のみぎり、申いだし給ふやうは、「我國に損人をなをす醫師あり。その養性といふは、器に泥を入れて、その病人をつけ浸す事日久し。ある病者やうやく十に九つなをりける時、外に出でんとすれども、これを制して、門外を出ず、その内を慰みありきける折節、あるさぶらひ馬上に鷹を据へ、十人に犬牽かせて通りけるを、かの住人走り出、馬の■に取り付き、支へて申けるやうは、「此乘り給ふ物はなに物ぞ」侍答云)、「是は馬といひて、人の歩みを助くるものなり」「手に据ゑさせ給ふはなに物ぞ」と問ふ。「これは鷹といひて、鳥を取る物なり」「跡に牽かせ給ふはなにものぞ」「これは犬とて、この鷹の鳥を取る時、下狩する物なり」といふ。住人安じて云、「其費へいくばくぞや」侍答云)、「毎年百貫あてなり」といふ。「その徳いかほどあるぞ」と問。侍答云)、「五貫三貫の間」といふ。住人笑つていはく、「御邊この所を早く過ぎさせ給へ。この内の醫者は狂人を治す人なり。もしこの醫者の聞かるゝならば、御邊を取つて泥の中へをし入らるべし。そのゆへは、百貫の損をして五三貫の徳ある事を好む人は、たゞ狂人にことならず」といふ。さぶらひげにもとや思ひけん、それよりして鵜鷹の逍遥をやめ侍りける」とぞ申ける。此物語を聞きける人々、げにもとや思はれけん、鵜鷹のの藝をやめけるとぞ。


7 伊曾保人に請ぜらるゝ事

 えしつの都にやんごとなき學匠ありけり。顏かたち見ぐるしき事、いそほにまさりてみにくゝ侍れど、をのれが身の上は知らず、いそほが姿の惡しきを見て笑ひなんどす。

 ある時、わざと金銀綾羅をもつて座敷を飾り、玉を磨きたるごとくにして、山海の珍物を調へ、いそほをなん請じける。伊曾保この座敷のいみじきありさまを見ていはく、「かほどにすぐれて見事なる座敷、世にあらじ」と讚めて、なにとか思ひけん、かの主のそばへつゝと寄り、顏と唾を吐きかけけるに、主怒つて云、「こはいかなる事ぞ」と咎めければ、いそ保答云、「我この程心地惡しきことあり。然に、唾を吐かんとてこゝかしこを見れ共、誠に美々しく飾られける座敷なれば、いづくにおゐても、御邊の顏にまさりてきたなき所なければ、かく唾を吐き侍る」といへば、主答へて、「さてもかのいそ保にまさりて才智利性の人あらじ」と笑ひ語りけり。


8 いそほ夫婦の中なをしの事

 ゑしつとのうち、かさといふ在所に、のとといへる人のありけり。是は富み榮へて侍れども、其妻のかたは貧しくして、たよりなき父母を持ちて侍りき。かの妻、もとより腹惡しくて、つねに夫の氣に逆へり。

 ある時、夫に隱れ親のかたへ歸りぬ。其時夫歎き慕ふ事かぎりなし。人をやりてよべども、かつていらへもせず。男あまりの悲しさに、伊曾保を請じてありのまゝを語、「いかにとしてよび返さんや」と問ひければ、いそ保、「是いとやすき事なり。けふのうちによび返すべき謀を教へ奉らん。」といふ。その謀に、まづおとづれ物に色々の鳥けだ物を荷はせて、妻のありしもとに行きていふやう、「我頼みたる人けふ女房を迎へられけるが、砂糖なし。もし此家にあるか」と問へば、妻これを聞きて、「すはや」とおどろきさはぎて、「われを捨てて餘の妻をよぶ事無念なり」とて、そのまゝ男のかたへ走り行て、「なんぞ御邊はことなる妻をよぶとや。ゆめその儀かなはじ」などと怒りければ、男笑つていはく、「けふ汝歸らるべしと思ひ侍れば、そのよろこびのために、かく珍しき物を買いもとむる」といひて、又いはく、「このはかり事はいそほの才覺なり」とぞよろこびける。

 それよりいそほは、えしつとの御門の御暇を給はりて本國へ歸りける時、御約束の寶祿をも取りて致れる。これによつて、御門大きに御感あり。その外、ゑしつとにてなしける所のことはりども、こまと語りければ、「誠にこのいそほはたゞ人ともおぼえぬ者かな」と、人々申あへりけり。


9 伊曾保臨終におゐて鼠蛙のたとへをいひて終る事

 去程に、いそ保りくうるす帝王にも御いとまをたまはつて、諸國修行とぞ心ざしける。こゝにけれしやの國に到り、諸人によき道を教へければ、人々貴みあへり。又その國のかたはら、てるほすといふ島に渡つて、我道を教けるに、その所の心惡に極まり、一向これを用いず。いそほ力およばず、歸らんとする時に、人々評儀して云、「此者を外國へ歸すならば、この島のありさまを謗りなんず。かれが荷物に黄金を入れ、道にておつかけ、盜賊人と號し、失はばや」とぞ申ける。

 評定してその日にもなりしかば、道にておつかけ、黄金をさがし、盜賊人と號して、すでに篭者せしむ。やうやく命もあやうく見えしかば、「終り近づきぬ」とや思ひけん、末胡に云をく事有けり。「されば、古鳥けだ物のたぐひ交はりをなしける時、鼠蛙)を請じて、いつきかしづきもてなす事極まりなし。その後、又蛙鼠を請待す。其きたるに臨んで、蛙迎ひに出、蛙鼠にむかつて云やう、「我もとは此邊なり。さだめて安内知らせ給ふまじとおぼえ候ほどに、御迎ひにまかり出侍る」と申ければ、鼠かしこまつてよろこび、その時、蛙細き繩を取り出して、「導き奉らん」とて鼠の足にこれを結いつけたり。かくてたがひに河のほとりに歩み寄つて、つゐに水の中へ入。鼠あはてさはいで蛙に申けるは、「情なし御邊をばさまにもてなし侍けるに、われををばかゝる憂き目にあはせ給ふや」とつぶやきける所に、鳶此由を見て、「いみじき餌食かな」と二つながら掴み、つゐに衣食となしてけり。其ごとく、今伊曾保は鼠のやうにて、御邊たちによき道を教へ侍らんとすれど、御邊たちは蛙のごとくに我をいましめ給ふなり。しかりといへども、鳶となるはひらうにやのえしつとの國王より、さだめて島を攻めらるべし。と申けれぱ、聞きもあへず、傍若無人のやつばらが、天下無雙の才人を峨々たる山の巖より取つて下に押しをとす。其時いそほ果てにけるとかや。案のごとく、西國の帝王より武士に仰てかの島を攻められける。それよりして、かのいそほが物語を世に傅へ侍也。


10 いそほ物のたとへを引きける事

 つら人間のありさまを案ずるに、色にめで香に染めける事をもととして、よき道を知る事なし。されば、この卷物を一本のうへ木には、必花實)あり。花は色香をあらはす物なり。實はその誠をあらはせり。されば、庭鳥になぞらへてその事を知るべし。庭鳥塵芥にうづもれて餌食をもとむる所に、いとめでたき玉を掻きいだせり。庭鳥かつてこれを用いず、踏みのけてをのれが餌食をもとむ。そのごとく、あやめも知らぬ人には、たゞ庭鳥にことならず。玉のごとくなるよき道をばすこしも用ず、芥なる色香に染みて一生をくらすものなりとぞ見え侍りける。


11 狼と羊の事

 ある河のほとりに、狼羊と水を飮む事ありけり。狼は上にあり、羊は河裾にあり。狼羊を見てかのそばに歩み近づき、羊に申けるは、「汝なにの故にか我飮む水を濁しけるぞ」と云。羊答云、「われ此河裾にあつて濁しける程に、いかでか河の上の障りとならんや」と申ければ、狼又云、「汝父六か月以前に河上にきたつて水を濁す。それによつて、汝が親の科を汝にかくる」といへり。羊答云、「われ胎内にして父母の科を知る事なし。御免あれ」と申ければ、狼怒つて云、「その科のみにあらず。われ野山の草をほしいまゝに損ざす事奇怪なり」と申ければ、羊答云、「いとけなき身にして草を損ざす事なし」といふ。狼申けるは、「汝何のゆへにか惡口しけるぞ」と怒りければ、羊かさねて申けるは、「わが惡口をいふにあらず。そのことはりをこそ述べ候へ」といひければ、狼のいふやうは、「詮ずる所、問答をやめて汝をこそ服すべけれ」となんいひける。

 其ごとく、理非を聞かぬ惡人には、是非を論じて所詮なし。たゞ權威と堪忍とをもつてむかふべし。


12 犬と羊の事

 ある時、犬羊に行きあひていふやう、「汝に負せける一石の米をたゞ今返せ。しからずは汝を失はん」といふ。羊大きにをどろき、「御邊の米をば借り奉る事なし」と云。犬、「こゝに訴人あり」とて、狼ぞ烏ぞ鳶ぞといふものを相語らひ、奉行のもとへ行きて、この旨を申あらそふ。狼進み出でゝ、申けるは、「此羊よねを借りける事誠にて侍る」といふ。鳶又出でて申けるは、「我も其訴人にて候」と申。烏も又同前なり。これによつて、犬にその理を付けられたり。羊せんかたなさのあまりに、わが毛を削つてこれにあたふ。

 そのごとく、善人と惡人とは、惡人のかたへは多く、善人の味方は少なし。それによつて、善人といへども、その理を枉げて斷らずといふ事ありけり。


13 犬と肉の事

 ある犬、肉をくはへて河を渡る。まん中ほどにてその影水に映りて大きに見えければ、「わがくはゆる所の肉より大きなる」と心得て、これを捨ててかれを取らんとす。かるがゆへに、二つながら是を失ふ。

 そのごとく、重欲心の輩は、他の財をうらやみ、事にふれて貪る程に、たちまち天罸をかうむる。わが持つ所の財をも失う事ありけり。


14 師子王・羊・牛・野牛の事

 ある時、獅子王・羊・牛・野牛の四つ、山中をともなひ行くに、いのしゝに行あひ、則是を殺す。其四つの肢を分けて取らんとす。獅子王支へて申けるは、「われけだ物の王たり。その徳にまづ肢一つわれに得させよ。又、我力、威勢世にすぐれり。汝らにすぐれて驅けり廻つてこれを殺す。それによつて、肢一つ得させよ。今一つの相殘る肢をば、たれにてもあれ、手をかけたらん者は、わが敵たるべし」。これによつて、各々空しくまかり歸る。

 そのごとく、人はたゞわれに似たる者とともなふべし。我より上なる人とともなへば、いたづがはしき事のみあつて、その徳一つもなき物なり。


15 日輪と盜人の事

 ある所に盜人一人ありけり。其所の人、「かれに妻をあたへん」といふ。さりながらとて、學者のもとに行きてこれを問ふに、學者たとへをもつていはく、「されば、人間天道に仰ぎ申けるは、「日輪妻を持たぬやうに計らひ給へ」といふ。天道、「いかに」と問ひ給へば、人間答云、「日輪たゞ一つ有さへ炎天の比は暑さを忍びがたし。しかのみならず、ある時は五穀を照り損ふ。若此日輪、妻子眷屬盤昌せば、いかゞし奉らん」と申。そのごとく、盜人一人あるだに物さはがしくかまびすしきに、妻をあたへて子孫繁昌せん事いかん」との給へば、「げにも」とぞ人々申ける。

 そのごとく、惡人には力を添ゆる事、雪に霜を添ゆるがごとし。仇をば恩にて報ずるなれば、惡人にはその力をおとさする事、かれがためにはよき助けたるべし。


16 鶴と狼の事

 ある時、狼喉に大きなる骨を立てて、すでに難儀におよびける折節、鶴此由を見て、「御邊はなに事を悲しみ給ふぞ」といふ。狼泣く申けるは、「我喉に大きなる骨を立て侍り。これをば御邊ならでは救ひ給ふべき人なし。ひたすらに頼奉る」と云ければ、鶴件のくちばしを伸べ、狼の口をあけさせ、骨をくはへてゑいやと引きいだす。その時、鶴狼に申けるは、「今より後、此報恩によつてしたしく申語べし」と云ければ、狼怒つていふやうは、「なん條。汝がなにほどの恩を見せけるぞや。汝が頚しやふつと食いきらぬも、今それがしが心にありしを、助けをくこそ汝がためには報恩なり」といひければ、鶴力におよばず立ち去りぬ。

 そのごとく、惡人に對して能事を教といへども、かへつてその罪をなせり。然といへども、惡人に對してよき事を教へん時は、天道に對し奉りて御奉公と思ふべし。


17 獅子王と驢馬の事

 ある師子王通りける所を、驢馬是をあざける。獅子王此由を聞きて、「あつぱれ食い殺してんや」と怒りけるが、「しばし」とてゆるす心出來ける。そのゆへは、「われとひとしき者にもあらば、其あらそひもおよび侍るべけれ共、かれらがごとく宿世つたなき者に、あたら口をけがさんもさすがなれば」とてゆるし侍りき。

 其ごとく、無智の輩にむかつて是非を論ずべからず、といへる心なるべし。驢馬とは、無知の輩をさすべし。獅子王とは、才知儀しかる者をたとふるなり。


18 京田舍の鼠の事

 ある時、都の鼠片田舍に下侍りける。夷中の鼠ども、これをいつきかしづく事かぎりなし。これによつて夷中の鼠を召し具して上洛す。しかもその住所は、都の有徳者の藏にてなん有ける。かるがゆへに、食物足つて乏しき事なし。都の鼠申けるは、「上方にはかくなんいみじき事のみおはすれば、いやしき夷中に住み習ひてなににかはし給ふべき」など語慰む所に、家主藏に用ある事あつて、俄に戸を開く。京の鼠は、もとより安内者なれば、わが穴に逃げ入ぬ。夷中の鼠は、もとより無安内の事なれば、あはてさはぎて隱れ所もなく、からうじて命計助かりける。その後、田舍の鼠、參會して此由を語るやう、「御邊は宮古をいみじき事のみありとの給へど、たゞ今の氣づかひ、一夜白髮といひつべく候。田舍にては事足らぬことも侍れ共、かゝる氣づかひなし」となん申ける。

 そのごとく、いやしき物は、上つかたの人にともなふ事なかれ。もししゐてこれとともなふ時は、いたづがはしき事のみにあらず、たちまちわざはひ出來すべし。「家貧の樂しむ者は、萬事かへつて滿足す」と見えたり。かるが故に、ことわざにいはく、「貧樂」とこそいひ侍き。


19 狐と鷲の事

 ある時、鷲我子の餌食となさんがため、狐の子を奪ひ取つて飛び去りぬ。狐天に仰ぎ地に臥して歎き悲しむといへども、その甲斐なし。狐心に思ふやう、「いかさまにも鷹の仇には煙にしく事なし」とて、柴といふ物を鷲の巣のもとに集めて、火をなんつけければ、鷲の子焔のうちに悲しむありさま、誠にあはれに見えける。その時、鷲千たび悲しめ共甲斐なし。つゐに燒きおとされて、たちまち狐のために其子を■らはる。

 そのごとく、當座我勝手なればとて、下ざまの者に仇をなしをく事なかれ。人の思ひの積りぬれば、つゐにはいづくにか遁るべき。「高き堤も蟻の穴よりくづれ始むる」となんいひける。


20 鷲とかたつぶりの事

 有時、鷲かたつぶりを■らはばやと思ひけれど、いかんともせん事を知らず、思ひわづらふ所に、烏かたはらより進み出て申けるは、「此かたつぶりをほろぼさん事、いとやすき事にてこそ侍。我申ベきやうにし給ひて後、我に其半分をあたへ給はば、教へ奉らん」といふ。鷲うけがうてその故を問ふに、烏申けるは、「かのかたつぶりを掴みあがり、高き所よりおとし給はば、その殻たちまちに碎けなん」といふ。案のごとくし侍ければ、たやすく取つてこれを食ふ。

 そのごとく、たとひ權門高家の人成共、わが心をほしゐまゝにせず、智者の教へに從ふべし。そのゆへは、鷲と烏をくらべんに、その徳などかはまさるべきなれども、かたつぶりのしはざにおゐては、烏もつともこれを得たる。事にふれて事ごとに人に問ふべし。


21 烏と狐の事

 ある時、狐餌食をもとめかねて、こゝかしこさまよふ所に、烏肉をくわへて木の上におれり。狐心に思ふやう、われ此肉を取らまほしくおぼえて、烏の居ける木のもとに立寄り、「いかに御邊、御身は萬の鳥の中にすぐれてうつくしく見えさせおはします。しかりといへども、すこし事足り給はぬ事とては、御聲の鼻聲にこそ侍れ。たゞし、この程世上に申しは、「御聲もことの外によくわたらせ給ふ」など申てこそ候へ。あはれ一節聞かまほしうこそ侍れ」と申ければ、烏此儀を誠と心得て、「ものことに、さらば聲をいださん」とて口をはたけけるひまに、終に肉をおとしぬ。狐是を取つて逃げ去ぬ。

 そのごとく、人いかに讚むるといふとも、いさゝか眞と思ふべからず。もしこの事をすこしも信ぜば、慢氣出來せん事疑ひなし。人の讚めん時は、謹(つ)しんでなを謙るべし。


22 馬と犬との事

 ある人、ゑのこをいといたはりけるにや、その主人外より歸りける時、かのえのこその膝にのぼり、胸に手をあげ、口のほとりを舐り廻る。これによつて、主人愛する事いやましなり。馬ほのかに此由を見て、うら山しくや思ひけん、「あつぱれ我もかやうにこそし侍らめ」と思ひさだめて、ある時、主人外より歸りける時、馬主人の胸にとびかゝり、顏を舐り、尾を振りてなどしければ、主人是を見てはなはだ怒りをなし、棒をおほ取(っ)て、もとの厩におし入ける。

 そのごとく、人の親疎をわきまへず、わがかたより馳走顏こそはなはだもつておかしき事なれ。我程々に從つて、其挨拶をなすべき也。


23 師子王と鼠の事

 ある時、師子王前後も知らず臥しまどろみける所に、鼠あまたさしつどい、あそびたはぶれける程に、臥たる獅子王の上に鼠一つとびあがりぬ。其時、獅子王めさめをどろき、この鼠を取りて提げ、すでにうち碎かんとしけるが、獅子王心に思やう、「これほどの者共を失ひければとて、いかほどの事あるべきや」といひて、助け侍りき。鼠命を拾い、「さらに我ら巧みける事に侍らず。あまりにあそびたはぶれける程に、まことのけがにて侍れ」と、かの獅子王を禮拜して去りぬ。

 其後、獅子王有所にてわなにかゝり、すでに難儀におよびける時、鼠此由を聞きて、急ぎ師子王前に馳せ參じ、「いかに師子王、きこしめせ。いつぞやわれらを助け給ふその御恩に、今又助け侍らん」とて、かのわなの端々を食ゐ切り、獅子王を救ひてけり。

 そのごとくに、あやしの物なりとて、したしくなつけ侍らんに、いかでかその徳を得ざらん。たゞ威勢あればとて、凡下の者をいやしむべからず。


24 燕と諸鳥の事

 ある所に、燕と萬の鳥と集まり居けるほどに、燕申やう、「こゝに麻といふ物蒔く所あり。をの是を引き捨て給へかし」と歎きければ、諸鳥是に與せぬのみならず、かへつて燕をあざける。燕申やう、「御邊たちなに事を笑給ふぞ。この麻と申は、苧といふ物になん成て、わなぞかづらぞとて、われらがためには大敵也。をのは後日のわざはひを知り給はず」と申けれども、諸鳥とも同心せず。その時、燕申やう、「所詮、御邊たちと向後與する事あるべからず」とて、諸鳥に變つて、燕は人の内に巣をくふ事も、これや初にて有ける。

 そのごとく、あまたの人の中をひ出て能道を示すといへ共、用いずは卷ひて懷にす。又、いかに人同やうに惡ししと云共、其味をなめ心みよ。智者のいふこと、などかは惡かるべき。


25 かはづが主君を望む事

 あてえるすといふ所に、その主君なくて、何事も心にまかせなんありける。その所の人あまりに誇りけるにや、「主人をさだめばや」なんどと議定して、すでに主人をぞさだめける。かるが故に、いさゝかの僻事あれば、その人罪科におこなふ。これによ(っ)て、里の人に主君をさだめけるを悔ゐ悲しめども、甲斐なし。

 その比、いそほその所に到りぬ。所の人々此ことを語に、そのよしあしをばいはず、たとへを述べて云、「昔ある河に、あまたの蛙集まり居て、「我主人をさだめばや」と議定し侍りき。「もつとも然るべし」とて、各天に仰、「我主人をあたへ給へ」と祈誓す。天道是をあはれんで、柱を一つ給りけり。その柱の河におち入音、底に響きておびたゝし。此聲におそれて、蛙ども水中に沈み隱る。しづまつて後、淤泥の中よりまなこを見あげ、「なに事もなきぞ。まかり出よ」とて、をの渚にとびあがりぬ。さてこの柱を圍繞して、我主人とぞもてなしける。されども、無心の柱なれば、終にあざけつて、各此上にとびあがり、又天道に仰ぎけるは、「主人は心なき木也。同は心あらん物をたべかし」と祈りければ、「憎ひしやつばらが物好みかな」とて、このたびは鳶を主人とあたへ玉ふ。主君によ(っ)て、蛙かの柱の上にあがる時は、鳶是をもつて餌食とす。其時、蛙千たび後悔すれ共、甲斐なし」。

 そのごとく、人はたゞわが身にあたはぬ事を願ふ事なかれ。初より人に從ふ者の、今さら獨身とならんもよしなき事也。又、自由に有ける人の、主人を頼むも僻事なり。たゞそれにあたる事を勤むべき事もつぱらなり。


26 鳶と鳩の事

 ある時、鳩と鳶と竝び居ける所に、鳶此鳩をあなどつて、やゝもすれば餌食とせんとす。その鳩僉議評定して、鷲のもとに行きて申けるは、「鳶と云下賎の無道仁有。やゝもすればわれらにこめみせ顏なり。今より以後、その振舞をなさぬやうに計らひ給はば、主君と仰ぎ奉らん」といひければ、鷲やすくうけがつて、鳩を一度に召し寄せ、片端に捻ぢ殺しぬ。その殘る鳩申けるは、「これ人のしわざにあらず。われとわが身をあやまつなり。鷲の計らひ給ふ所、道理至極なり」となんいひける。

 そのごとく、いまだ我身に初めよりなき事をあたらしくしいだすは、かへつてその悔ゐある物なり。「事の後に千たび悔ゐんよりは、事のさきに一たびも案ぜんにはしかじ」とぞ見えける。いさゝかの歎きを忍びかねて、かゑつて大難を受くる物多し。かるがゆへに、ことわざにいふ、「小難をしのぐ。されば、かへつて大謀を亂る」とも見えたり。


27 烏と孔雀の事

 ある時、烏孔雀を見て、かのつばさにさまのあやある事をうらやみ、とある木蔭に孔雀の羽の落ちけるを拾ひ取つて、我尾羽にさし添へて、孔雀の振舞をなし、わが傍輩をあなづりけり。孔雀此由を見て、「汝はいやしき烏の身となり、なんぞわれらが振舞なしけるぞ」とて、思ふまゝにいましめて、交はりをなさず。その時、烏もとの傍輩にいふやう、「我よしなき振舞をなして、恥辱を受くるのみならず、さんにいましめられぬ。御邊たちは若き人なれば、向後その振舞をなし給ふな」とて申ける。

 其ごとく、身いやしうして上つ方の振舞をなし、あるひは交はりをなせば、つゐ((ひ))にをのれがもとの姿をあらはすによ(っ)て、恥辱を受くる事さだまれる儀なり。惡人として、一旦善人の振舞をなせども、終にわが本性をあらはす物也。これを思へ。


28 蝿と蟻との事

 ある時、蝿蟻にむかつて誇りけるは、「いかに蟻殿、謹(つ)しんで承はれ。われほど果報いみじき物は世に有まじ。其ゆへは、天道に奉る、あるひは國王に備はる物も、まづわれさきになめこゝろむ。しかのみならず、百官卿相の頂をもおそれず、ほしゐまゝにとびあがり候。わとのばらが有さまは、あつぱれつたなきありさま」とぞ笑ひ侍りき。蟻答云、「もつとも御邊はさやうにこそめでたくわたらせ給へ。但世に沙汰し候は、御邊ほど人にきらはるゝものなし。さらば、蚊ぞ蜂ぞなどのやうにかひしく仇をもなさで、やゝもすれば人に殺さる。しかのみならず、春過夏去りて、秋風立ぬる比は、やうやくつばさをたゝき、頭を撫でて手をするさまなり。秋深くなるに從つて、つばさより腰拔けて、いと見ぐるしきさまとぞ申傳へける。わが身はつたなき者なれども、春秋の移るをも知らず、ゆたかにくらし侍るなり。みだりに人をあなづり玉ふ物かな」と恥ぢしめられて立ち去りぬ。

 そのごとく、いさゝかわが身にわざあればとて、みだりに人をあなづる時は、かれ又をのれをあなづるものなり。


29 鼬の事

 ある時、鼬鼠のわなにかゝる事ありけり。その主是を見つけて、たちまち殺さんとす。鼬支へて申けるは、「いかに主人聞召せ。われを殺し給ふべきことはりなし。その故は、御内に徘徊する鼠といふいたづら物をばほろぼし候。その上、いささか御障りともなる事候はず」と申ければ、主答云)、「なにをもつてか助くべき道理とせんや。鼠をほろぼすといふも、我潤色にあらず、汝が餌食とせんためなり。いはれなし」とてうち殺しぬ。

 其ごとく、我難儀出來するとて、あはててことばをいふべからず。初め終りを思案すべし。命を失はんのみならず、後日のあざけり口おししとなり。


30 馬と師子王の事

 ある時、馬野ヘ出て草をはげみける所に、師子王ひそかに是を見て、「かの馬を食せん」と思ひしが、「まづ武略をめぐらしてこそ」と思ひ、馬の前にかしこまつて申けるは、「御邊は此程何事をかは習ひ給ふぞ。我はこのごろ醫學をなんつかまつり候」となん申ければ、馬獅子王の惡念をさとつて、「我もたばからばや」と思ひ、獅子王にむかつて申ける。「そも御邊は、うら山しくも醫學を習はせ給ふ物哉。幸わが足に株を踏み立ててわづらふなり。御覽じてたべかし」となんいひける。師子王得たりと見んといふ。さらばとて、馬片足をもたげければ、獅子王なに心もなくあをのきになつて、爪のうらを見る所を、もとより巧みし事なれば、したゝかに獅子王のつらを續けさまに踏んだりける。さしも猛き獅子王も、氣を失ひて起きもあがらず。そのひまに、馬ははるかに驅け去りぬ。その後、師子王はうと起きあがり、身震ひして、ひとりごとを申けるは、「よしなきそれがしがはかり事にて、すでに命を失はんとす。道理の上よりもつて、いましめをかうぶる事、これ馬のわざにあらず、ただ天道の御いましめ」とぞおぼえける。

 そのごとく、一切の人間も、知らぬ事を知り顏に振舞はば、たちまち恥辱を受けん事疑ひなし。知る事を知るとも、知らざる事をば知らずとせよ。ゆるかせに思ふ事なかれ。


31 獅子王とはすとる事

 ある時、師子王其足に株を立て、その難儀におよびける時、悲しみのあまりはすとりのほとりに近づく。はすとるこれをおそれて、我羊をあたへてけり。師子王、羊を犯さず、わが足をはすとりの前にもたぐ。はすとりこれを心得て、その株を拔いて、藥をつけてあたへぬ。それより獅子王山中に隱れぬ。

 ある時、かの師子王狩に囚はれて篭に入られ、罪人を入れて是を■らはしむ。又、かのはすとり、その罪あるによ(っ)て、かの獅子篭にをし入。獅子王敢へてこれを犯さず。かへつて涙を流いてかしこまりぬ。しばらくあつて、人々篭の内を見るに、さしもに猛き獅子王、耳を垂れ、膝を折つて、かのはすとるを警固す。物の具を入れて犯さんとするに、獅子王是をかなぐり捨つ。主此事を聞きて、「汝なにのゆへにかかくけだものにあはれまれけるぞ」といひければ、件の子細を申あらはす。人々此由を感じて、「かゝる畜生に至るまで、人の恩をば報じけるぞや」と感じあはれみける。これによ(っ)て、獅子王もはすとるをもゆるされぬ。

 其ごとく、人として恩を知らぬは、畜生にも劣る物也。人に恩をなす時は、天道これを受け玉ふなり。いさゝかの恩をも人に請ば、これを報ぜんとつねに思へ。


32 馬と驢馬の事

 ある時、能馬、能皆具おゐて、その主を乘せて通りける。かたはらに驢馬一疋行あひたり。かの馬怒つて云、「驢馬、なにとて禮拜せぬぞ。汝を踏み殺さんもいとやすき事なれども、汝らがごときの物は、從へても事の數にならぬは」とて、そこを過ぬ。

 其後、何とかしたりけん、かの馬二つの足を踏み折つて、なにの用にも立ぬやうもなし。これによ(っ)て、土民の手に渡り侍りき。いやしきしづの屋に使ひける習ひ、糞土を負せて牽きありきぬ。その馬のさまも、痩せおとろへ、あるかなきかの姿になり侍りぬ。

 ある時、この馬糞土を背負ふて通りけるに、件の驢馬行あひけり。かの驢馬つくと此馬を見て、「さても+ 御邊は、いつぞやわれらをのゝしり給ふ廣言の馬にてわたらせ給はずや。なにとしてかはかゝるあさましき姿となつて、かほどいやしき糞土をば負い給ふぞ。我いやしく住みなれ候へども、いまだかかる糞土をば負はず。いつぞやのよき皆具共は、いづくにをかせ給ふぞ」と恥ぢしめければ、返事もなふて逃げ去りぬ。

 そのごとく、人の世にあつて、高き位に有といふ共、下臈の者をあなづる事なかれ。有爲無常の習ひ、けふは人の上、あすは我身の上と知るべし。一旦の榮華に誇つて、人をあやしむる事なかれ。

33 鳥けだものと戰ひの事

 有時、鳥、けだものとすでに戰ひにおよぶ。鳥の云、軍に負けて今はかうよと見えける時、かうもり畜類にこしらへ返る。鳥ども愁へて云、「かれらがごときの物さへけだものに降りぬ。今はせんかたなし」と悲しむ所に、鷲申けるは、「なに事を歎くぞ。われこの陳にあらんほどは頼もしく思へ」と諌めて、又けだものの陳に押し寄せ、このたびは鳥の軍よかんめれ、たがひに和睦してんげり。その時、鳥ども申けるは、「さてもかうもりは二心ありける事、いかなる罪科をかあたへん」といふ。中に故老の鳥敢へて申けるは、「あれ程の物をいましめてもよしなし。所詮けふよりして、鳥の交はりをなすべからず。白日に徘徊する事なかれ」といましめられて、鳥のつばさを剥ぎ取られ、今は澁紙の破れを着て、やう日暮にさし出けり。

 そのごとく、人も、したしき中を捨てて、無益の物と與する事なかれ。「六親不案なれば、天道にも外れたり」と見えたり。


34 かのしゝの事

 ある時、かのしゝ河のほとりに出でて水を飮みける時、汝が角の影水に映(っ)て見えければ、此角のありさまを見て、「さてもわが戴きける角は、萬のけだものの中に、又ならぶ物あるべからず」と、かつは高慢の思ひをなせり。又、わが四つ足の影水底に映(っ)て、いとたよりなく細くして、しかも蹄二つに割れたり。又しゝ心に思ふやう、「角はめでたふ侍れど、わが四つの足はうとましげなり」と思ひぬる所に、心より人の聲ほのかに聞え、其外犬の聲もしけり。是によ(っ)て、かのしゝ山中に逃げ入、あまりにあはてさはぐ程に、ある木のまたにをのれが角を引きかけて、下へぶらりとさがりにけり。拔かん+ とすれどもよしなし。しゝ心に思ふやう、「よしなきたゞ今のわが心や。いみじく誇りける角も我あとになつて、うとんじて、四つの肢こそ我助ける物を」と、ひとりごとして思ひ絶へぬ。

 そのごとく、人もまた是に變らず。「いつきかしづきける物は仇となつて、うとんじ退けぬるものは我助けとなる物を」と後悔する事、これありける物なり。


35 庭鳥と狐との事

 ある時、狐餌食にもとめかね、こゝかしこをさまよう所に、庭鳥行きあひたり。得たりや賢しとこれを取りて■らはんとす。庭鳥此事をさとりて、ある木の枝に飛びあがりぬ。狐手を失ふてせんかたなさに、「所詮庭鳥をたぶらかしてこそ食はめ」と思ひて、かの木のもとに立ち寄つて、「いかに庭鳥、きこしめせ。このごろ、萬の鳥けだものの中なをりする事ありけり。御邊は知らせ給はぬか。久しく申承はらぬによ(っ)て、わざとこそ是まで參りて候へ」と、いと睦ましげに語ければ、庭鳥狐の武略をさとつて、「誠にかゝる折節に生れあひぬる事こそめでたふ候へ。よくあひたり。犬能やうに計らひ玉ふべし」といひて、さらにおりず。狐かさねて申けるは、「まづ此所にをりさせ給へ。ひそかに申べき事あり」と、しきりによべどもつゐにおりず。庭鳥用ありさうにあなたのかたをながめければ、狐下より見あげて、「御邊は何事を見給ふぞ」と申ければ、「さればとや、たゞ今御邊の物語し給ふ事を告げ知らせんとや思はれけん、犬二疋馳せきたられ候」と申ければ、狐あはてさはひで、「さらばまづそれがしは、御いとま申」とて去らんとす。庭鳥申けるは、「いかに狐、鳥けだものの中なをりしける折節、なに事かは候べき。そこに待ちて、犬と交はり給へ」と支へければ、狐かさねて申やう、「もしかの犬中なをる事知らずは、わがために惡しかりなん」とて逃げ去りぬ。

 そのごとく、たとひ人我に仇をなすべき者とさとるとも、仇をもつてむかふべからず。かれが武略にてむかはば、我も武略をもつて退くべし。


36 腹と五體の事

 ある時、五體、六根をさきとして、腹を猜んで申けるは、「われら面々は、幼少の時よりその營みをなすといへども、件の腹といふものは、若うより終になす事なくて、あまつさへわれらを召し使ふわざをなんしける。言語道斷、奇怪の次第なり。今より以後、かの腹に從ふべからず」とて、五三日は五體六根何事もせず、食事をもとゞめておるほどに、初は腹一人の難儀とぞ見えける。かくて日數經にけるほどに、なじかはよかるべき。五體六根迷惑して、つゐにくたびれ極まる。困窮するにおよびて、「もとのごとく腹に從ふべし」といふ。

 そのごとく、人としても、今までしたしき中を捨てて、從ふべき者に從はざれば、天道にも背き、人愛にも外れなんず。かるが故に、ことわざに云、「鳩をにくみ豆作らぬ」とかや。


37 人と驢馬の事

 ある人、驢馬に荷を負せて行くに、此驢馬やゝもすれば行なづむ事有けり。この人、「奇怪なり」とて、いたく鞭を負せければ、驢馬申けるは、「かゝる憂き目にあはんよりは、しかじ、たゞ死なばや」とぞ申ける。かの人なをいたくいましめて追ひやるほどに、行つかれてつゐに命終りぬ。かの人心に思ふやう、「かゝる宿世つたなき物をば、その皮までも打ちいましめて」とて、太鼓に張りて枹をあてけり。

 其ごとく、人の世にある事も、いさゝかの難艱なればとて、死なんと願ふべからず。なにしか命の終りを待たず、身を投げなんどする事は、至つて深き罪科たるべし。これを愼しめ。


38 狼とはすとるの事

 ある狩人、狼狩り行けるに、この狼有木蔭に隱れおれり。しかるを、はすとる見つけてけり。それによ(っ)て、この狼はすとるにむかつて申けるは、「我命を助け給へ」。ひたすら頼む。それははすとりやすくうけごふ。狼心やすくゐける所に、狩人きたつてはすとりに申けるは、「此邊に狼やきたる」と尋ねければ、はすとり目使いにてこれを教へける。かり人、その所をさとらず、はるか奧に行き過たり。その後、狼まかり出て、いづくとも知らず逃げ去りぬ。

 ある時、此狼のはすとりに行きあひけり。はすとり申けるは、「わごぜはいつぞや助けける狼か」といへば、狼答云、「さればとよ、御邊のことはよかんなれど、御邊のまなこは拔き捨てたく侍る」とぞ申ける。

 其ごとく、われも人も、外によき事をする顏なれ共、内心はなはだ惡道なれば、かのはすとりにことならず。すみやかに、内心の隔てをなす事なく、一心不亂に善事をすべし。


39 猿と人の事

 昔、正直なる人と虚言をのみいふ人とありけり。此二人、猿のある所に行きけり。しかるに、ある木のもとに、猿ども數多竝み居て、中に秀で、をの敬し猿あり。かのうそ人、猿のそばに近づきて、例のうそを申けるは、「是に氣高く見えさせ給ふは、ましら王にて渡せ給ふか。その外面々見えさせ給ふは、月卿雲客にわたらせ給ふか。あないみじきありさま」とぞ讚めける。ましらこの由を聞きて、「憎き人の讚めやうかな。是こそ眞の帝王にておはしませ」とて、引出物などしける。

 しかるを、かの正直なる者思ふやう、「これはうそをいふにだに引出物出したりければ、眞をいはんになにしかは得ざらん」とて、かの猿の邊に行て申けるは、「面々の中に、年たけ齡をとろえて、首の剥げたるもあり、さかんにしてよく物まねするべくもあり」なんどぞ、ありのまゝに申ければ、ましら大きに怒つて、猿どもいくらもむさぶりかかつて、つゐに掻き殺しぬ。

 そのごとく、人の世にある事も、こびへつらふ物はいみじく榮へ、すなをなる物はかへつて害を受くる事あり。この儀をさとつて、すなをなる上にまかせて、悔ゆる事なかれ。


40 師子王と驢馬の事

 ある時、驢馬、獅子王に行あひ、「いかに獅子王、我山に來り給へ。威勢のほどを見せ參らせん」といふ。師子王おかしと思へども、さらぬ體にてともなひ行く。山のかたはらにおゐて、驢馬おびたゝしく走りめぐりければ、その音におそれて、狐狸ぞなどいふ物、こゝかしこより逃げ去りぬ。驢馬獅子王に申けるは、「あれ見給へや、獅子王。かほどめでたき威勢にて侍る」と誇りければ、師子王怒つて云、「奇怪なり、驢馬。我はこれ師子王也。汝らがごとく下臈の身として、尾篭を振舞ふ事狼藉なり」といましめられて、まかり退く。

 その下輩の身として、人とあらそふ事なかれ。やゝもすれば、我身のほどをかへりみずして、人とあらそふ。果てには恥辱を受くるもの也。ゆるかせに思ふ事なかれ。


伊曾保物語中終


伊曾保物語下


1 蟻と蝉の事

 去程に、春過夏たけ、秋も深くて、冬のころにもなりしかば、日のうらなる時、蟻穴より這ひ出、餌食を乾しなどす。蝉きたつて蟻と申は、「あないみじの蟻殿や。かゝる冬ざれまでも、さやうにゆたかに餌食を持たせ給ふものかな。われにすこしの餌食をたび給へ」と申ければ、蟻答云、「御邊は、春秋の營みにはなに事をかし給ひけるぞ」といへば、蝉答云、「夏秋身の營みとては、木末にこたふばかりなり。その音曲に取り亂し、ひまなきまゝにくらし候」といへば、蟻申けるは、「今とてもなど歌ひ給はぬぞ。謠長じてはつゐに舞とこそは承はれ。いやしき餌食をもとめて、何にかはし給ふべき」とて、穴に入ぬ。

 そのごとく、人の世にある事も、我力におよばんほどは、たしかに世の事をも營むべし。ゆたかなる時つゞまやかにせざる人は、貧しうして後、悔ゆる物なり。さかんなる時學せざれば、老て後悔ゆるものなり。醉ひのうちに亂れぬれば、醒めての後悔る物なり。返々も是を思へ。


2 狼といのしゝの事

 さるほどに、いのしゝ、子共あまた竝み居ける中に、ことにちいさきいのしし、我慢おこして、「總の司となるべし」と思ひて、齒を食ひしばり、目を怒らし、尾を振つてとびめぐれども、傍輩ら一向是を用いず。かのいのしゝ氣を碎ひて、「所詮かやうのやつばらに與せんよりは、他人に敬はればや」と思ひて、羊どもの竝み居たる中に行て、前のごとく振舞ひければ、羊勢におそれて逃げ隱れぬ。さてこそ此いのしゝ本座を達して居ける所に、狼一疋馳せ來りけり。「あはや」とは思へ共、「われはこれ主なれば、かれもさだめてをそれなん」とて、さらぬ體にてゐける所を、狼とびかゝり、耳をくわへて山中に到りぬ。羊もつて合力せず。おめき叫び行くほどに、かのいのしゝ傍輩、この聲を聞きつけて、つゐに取り篭め助けにけり。その時こそ、「無益の謀叛しつる物かな」と、もとのいのしゝらに降參しける。

 そのごとく、人の世にある事も、よしなき慢氣をおこして、人を從へたく思はば、かへつてわざはひを招くものなり。つゐにはもとのしたしみならでは、眞の助けになるべからず。


3 狐と庭鳥の事

 ある時、庭鳥苑に出て餌食をもとむる所に、狐、「これを■らはばや」と思ひ、まづ謀をめぐらして申けるは、「いかに庭島殿、御邊の父御とはしたしく申承候ぬ。この後は御邊とも申承はらめ」といひければ、庭鳥實かなど思ふ所に、狐申けるは、「さても御邊の父子は、御聲のよかんなるぞ。あはれ一節歌ひ候へかし。聞侍らん」と云。庭鳥讚めあげられて、すでに歌はんとして目を塞ぎ、頚をさし伸べける所を、しやかしとくわへて走るほどに、庭鳥の鳴聲を聞きつけて、主おつかけて、「わが庭鳥ぞ」と叫びければ、狐をたばかりけるは、「いかに狐殿、あのいやしき物の分として、我庭鳥と申候に、御邊の庭鳥にてこそあれと返答し給へ」といひければ、狐げにもとや思ひけん、その庭鳥をさし放し、跡を見返るひまに、庭鳥すでに木にのぼれば、狐大きに仰天して、空しく山へぞ歸りける。

 其ごとく、人がものをいへと教ゆればとて、思案もせず、あはてて物を云べからず。かの狐が庭鳥を取り損ひけるも、思案なげに物をいひけるゆへにぞ。


4 龍と人の事

 ある河のほとりを、馬に乘りて通る人ありけり。其かたはらに、龍といふもの、水に離れて迷惑するありけり。此龍今の人を見て申けるは、「われ今水に離れてせんかたなし。あはれみを垂れ給ひ、その馬に乘せて水ある所へ着けさせ給はば、その返報として金錢を奉らん」といふ。かの人誠と心得て、馬に乘せて水上へ送る。そこにて、「約束の金錢をくれよ」といへば、龍怒つて云、「なんの金錢をか參らすべき。我を馬に括り付けて痛め給ふだにあるに、金錢とは何事ぞ」といどみあらそふ所に、狐馳せ來(っ)て、「さても龍殿は、なに事をあらそひ玉ふぞ」といふに、龍右のおもむきをなんいひければ、狐申けるは、「われこの公事を決すべし。さきに括り付けたるやうは、なにとかしつるぞ」といふに、龍申けるは、「かくのごとし」とて、又馬に乘るほどに、孤人に申けるは、「いか程か締め付らるぞ」といふ程に、「これ程」とて締めければ、龍の云、「いまだそのくらいなし。したたかに締められける」といへば、「これ程か」とて、いやましに締め付けて、人に申けるは、「かゝる無理無法なるいたづら者をば、もとの所へやれ」とておつ立たり。人げにもとよろこびて、本の畠におろせり。其時、龍いくたび悔やめども、甲斐なくしてうせにけり。

 そのごとく、人の恩をかうむりて、その恩を報ぜんのみ、かへつて人に仇をなせば、天罸たちまちあたるものなり。これをさとれ。


5 馬と狼の事

 ある馬山中を通りけるに、狼行きむかつて、すでに此馬を■らはんとす。馬計事に申けるは、「此所におゐて我を餌食となし給はば、後代の聞え惡しかりなんず。猶山深く召つれ給へ。なにと成共計らひ給へ」と申ければ、狼げにもと同心す。その時、馬、繩を我腹につけて狼の頚に括り付て、「何國へなり共つれさせ給へ」と申ければ、「此山は案内知らず。汝道びけ」と云ければ、馬申けるは、「これは里人行道にてはなし。奧山への直道」と申。かれも是も歩み近づく程に、手づめになりて、狼、たばかられんとや思ひけん、うしろへゑいやつとしさりければ、馬は前へぞ引つかけける。さしもに猛き狼も、大の馬には強く引かれぬ、せんかたなげにぞ行たりける。主この由を見つけて、まづ狼にいたく棒をぞあたへける。そばより楚忽人走り出て、刀を拔ひて斬らんとす。狼のふよかりけん、その身を外れて繩を切られ、ほうと逃げてぞ歸りける。

 そのごとく、我敵と思はん者のいふ事をば、よく思案して從ふべし。あはてて同心せば、かの狼がわざはひに同じかるべし。


6 狼と弧の事

 ある河の邊に、孤魚を食ひける折節、狼上に臨んで歩みきたれり。孤に申やう、「其魚をすこしあたへよ。餌食になしてん」と云ければ、孤申けるは、「あなおそれ多し。わがわけを奉るべしや。篭を一つ持ちきたらせ給へ。魚を取りて參らせん」と云。狼かしこに驅け廻つて、篭を取りてぞ來りける。孤教へけるやうは、「この篭を尾につけて、河のまん中を泳がせ給へ。跡より魚を追ひ入れん」といふ。狼、篭を括り付けて、河を下りに泳ぎける。孤あとより石を取り入ければ、次第に重くて、一足も引かれず。狼孤に申けるは、「魚の入たるか、ことの外に重くなりて、一足も引かれず」といふ。孤申けるは、「さん候。ことの外に魚の入て見え候ほどに、わが力にては引あげがたく候へば、けだものを雇ひてこそ參らめ」とて、陸にあがりぬ。孤あたりの人々に申侍は、「かのあたりの羊を■らいたる狼をこそ、たゞ今河中にて魚を盜み候」と申ければ、われさきにと走り出で、さんに打擲しける。そばより楚忽者走り出て、刀を拔ひてこれを斬るに、なにとかしたりけん、尾をふつとうち切つて、その身は山へぞ逃げ入ける。

 折しも、師子王違例の事ありけるは、「御氣色大事に見えさせ玉ふ。我この程諸國をめぐりて、承および候ひぬ。孤の生き皮を御膚に付けさせ給はば、やがて御平愈あるべし」と申。孤此事を傳へ聞きて、「憎い狼が訴訟かな」と思ひながら、召しに應じて、師子王の御前に、僞りごとにをのれが身を泥にまろびして出來たり。師子王、この由を見るよりも、「近ふ參れ。申べき子細あり。近きほど、汝を一の人ともさだむべき」など、めでたふ申ければ、孤察して答ける。「あまりあはてさはひで參じけるとて、道にてまろび候ほどに、もつての外に裝束のけがらはしく候。かへつて御違例の障りともなりなんや」といひて、かさねて申けるは、「我このほど人に習ひ候に、か樣の御違例には、尾のなき狼の四つ足とつらの皮を殘し、生き皮を剥ぎて召させ給ひ候へば、たやすく平愈すと傳へて候。たゞし、尾のなき狼はあるべうも候はず」と申ければ、獅子王、「是こそこゝにあれ」とかの狼を待つ所に、なに心なく參候ひける。則師子王引き寄せて、いひしごとくに皮を剥ひで、命計を助けにけり。

 其後、ある山の岨に、件の孤ながめ居ける折節、又狼もそこを通る。孤申けるは、「これを通らせ給ふは、たれ人にてわたらせ給ふぞ。か程暑き炎天に、頭巾を被き單皮をはき、決拾をさひて見え給ふは、もし僻目にてもや候らん。五體を見れば、あかはだかにて、■ぞ蜂ぞ蝿ぞ蟻なんど云もの、すきまなく取り付きたり。たゞし、着る物のかたにてばし侍るか。よく見候へば、いつぞや師子王によしなき訴訟し給ふ狼なり」とてあざけりける。

 其ごとく、みだりに人を讒奏すれば、人又我を讒奏する。春來る時は、冬又隱れぬ。夏過ぬれば、秋風立ぬ。ひとりなにものか世に誇るべきや。


7 狼夢物語の事

 ある時、狼、夢に高き位に住して、飽くまで食すと見たりける明日、狼山を出る時、道邊にいのしゝの腸あり。「すはやめでたし。早餌食のありけるよ」とよろこびさかへけるが、「いやこれは腹の毒なり。よき餌食こそは食わめ」とて、そこを過ぎて行ぬ。ある山の岨に、子をつれたる馬ありけり。狼此由を見て、「是こそよき餌食なれ。食わばや」と心得て、馬にむかつて申けるは、「汝が子をばわが餌食となすべし。心得よ」といひければ、馬答へて云

 「ともかくも仰にこそは從はめ」とてゐたりけるが、馬狼に申けるは、「承候へば、外境の上手と申。われ此ほど足に株を踏み立てて候へば、おそれながら御目にかけたし」と申。「やすき事」といふ程に、馬片足をもたげて、「これを見給へ」と云ければ、狼うちあふのひて見ける所を、岸より下に踏みおとし、わが子をつれて歸りけり。

 狼、これをば事ともせず、「たゞ今こそしけんする共、又こそ」と思ひ、かしこに驅けめぐるほどに、野邊に野牛二疋ゐたり。狼これを見て、「是こそ」と思ひ、野牛にむかつて申けるは、「汝がうち一疋、わが餌食にすべし」と申ければ、野牛、「謹(つ)しんで承。ともかくもにて侍るなり。こゝに申べき子細あり。久しくあらそふことの侍れば、御裁判をもつて後何共計らはせ給へかし」と申ければ、狼、「なに事ぞ」と問ふ。野牛答云、「此野をふたりあらそひ候。但給ふべき人なきによ(っ)て、勝負をつけがたく候。しからずは、われら二疋、向かひより御そばに走りきたり候べし。とく走り着きたらん物に其理を付させ給へ」と云。「とく」と申ければ、野牛、向かひより左右に走りかゝり、角にて狼の太腹を掻き切つて、その身は山にぞ入にける。狼疵をかうむりて、「こはしあはせわろき事哉」と、鼻息鳴らしてそこを過ぬ。

 又、河のほとりに家猪親子あそびゐける所を、「是こそ」と思ひ、家猪にむかつて申けるは、「汝が子を餌食とすべし。心得よ」と申ければ、家猪心得て云、「ともかうも御計らひにまかせ侍るべし。たゞし、我子はいまだ幼少に候へば、戒縁を授けず候。見申せば、御出家の御身なり。御結縁に戒を授け給へかし」と望ければ、讚めあげられて、「さらば」といふ。橋の上にのぼりて、「こゝにきたれ」と申けるを、家猪我子をつれて行さまにつと寄りて、橋より下に突きおとし、我身は家にぞ歸りける。狼、浮きぬ沈みぬ流されて、やうと這ひあがり、「あら夢見惡や。」


8 鳩と蟻の事

 ある河のほとりに、蟻あそぶ事有けり。俄に水かさまさりきて、かの蟻をさそひ流る。浮きぬ沈みぬする所に、鳩木末より是を見て、「あはれなるありさまかな」と、木末をちと食ひ切つて河の中におとしければ、蟻これに乘つて渚にあがりぬ。かゝりける所に、有人、竿のさきにとりもちを付て、かの鳩をささんとす。蟻心に思ふやう、「たゞ今の恩を送らふ物を」と思ひ、かの人の足にしゝかと食ひつきければ、おびへあがつて、竿をかしこに投げ捨てけり。其ものの色や知る。しかるに、鳩是をさとりて、いづく共なく飛び去りぬ。

 そのごとく、人の恩を受けたらん者は、いかさまにもその報ひをせばやと思ふ心ざしを持つべし。


9 狼と犬の事

 有はすとる、羊の警固に犬を持ちけれど、餌食をすなほにあたへざれば、痩せをとろへてぞありける。狼この由を見て、「御邊はなにとて痩せ給ふぞ。我に羊を一疋たべ。かの羊を盜み取りて逃げん時、跡よりおつかけ、まろび給へ。この事見給ふならば、御邊に餌食を給べし」といへば、げにもと同心す。案のごとく、狼羊をくわへて逃げ去時、犬あとよりおつかけ、まろびたはれて歸りけり。はすとる怒つて云、「何とて羊を取られけるぞ」といひければ、犬答云、「われ此程餌食なくして、さんに疲勞つかまつりて候。そのゆへに羊を取られて候」といへば、「げにも」とて、それよりして餌食をあたへぬ。

 又狼來て、「わが謀いさゝかたがふべからず。今一疋羊を給れ。このたびもおつかけ給へ。われにいささか疵を付させ給へ。しかれども、深手ばし負せ給ふな」と堅く契約して、羊をくわへて逃ぐる所を、つとおつかけ、かの狼をすこし食い破りて歸りぬ。主人是を見て、快しとて、彌餌食をあたへてすくやかにす。

 又狼來て、いま一つ所望す。犬申けるは、「このほど主人より飽くまで餌食をあたへられ、五體もすくやかになり候へば、えこそ參らすまじき」と云放しければ、「なにをがな」と望みけるほどに、犬教へて云、「わが主人の篭にさまの餌食有。行きて用い」と云ければ、「さらば」とて篭に行、まづ酒壷を見て、思ひのまゝにこれを飮む。飮み醉て後、こゝかしこたゝずみありく程に、はすとりの歌ふを聞きて、「かれきたなげなる者さへ歌ふに、我又歌はであらんや」とて、大聲あげておめくほどに、里人聞きつけて、「あはや、狼のきたるは」とて、弓胡●にて馳せ集まる。是によ(っ)て、狼終にほろぼされぬ。

 其ごとく、召し使ふ者に扶持を加へざれば、その主の物を費やすと見えたり。


10 狐と狼の事

 ある孤、子を儲けけるに、狼をおそれて名付親とさだむ。狼承て、その名をばけまつと付けたり。狼申けるは、「其子を我そばにおいて學文させよ。恩愛のあまり、みだりに惡狂ひさすな」といへば、狐げにもと思ひ、狼に預けぬ。

 狼、此ばけまつをつれて、ある山の嶽にあがり、わが身はまどろみ臥したり。「けだもの通らば起せよ」と云つけたり。さるによ(っ)て、家猪その邊を通る程に、ばけまつ狼を起して是を教ゆ。狼申けるは、「いさとよ、あの家猪は、毛もたゞ強くして、口をそこなふ物也。これをば取るまじき」といふ。又、牛を野飼ひに放すほどに、ばけまつ教へければ、狼申けるは、「是もはすとる犬など云物多し。取るまじ」といふ。又、■驛の有けるを教へければ、「これこそ」とて、走りかゝつて、頚をくわへて我本にきたり、子のばけまつもともに食いてんげり。

 其後、ばけまついとまを請ひければ、狼申けるは、「いまだ汝は學文も達せず。今しばらく」とてとゞめけれ共、「いな」とてまかり歸る。母狐これを見て、「なにとて早く歸るぞ」と云ければ、「學文をばよく窮めてこそ候へ。その手なみを見せ奉らん」とて、山野に出づ。狐、家猪を見て、「これを取れかし」と教へければ、「あれは毛たゞ強き物にて、口の毒なり」とて取らず。牛を教へければ、「はすとる犬など云ものあり」とて取らず。■驛を教へければ、ばけまつ申けるは、「あなうれし。これこそ」とて、狼のしたるごとく、頚にとびかゝりければ、結句馬に■らゐ殺さる。母悲しむ事かぎりなし。

 そのごとく、いさゝかの事を師匠に學びて、いまだ師匠もゆるさぬに、達したると思ふべからず。この狐も、年月を經て、狼のしわざを習はば、かゝる聊爾なるわざはせじとぞ。


11 野牛と狼の事

 ある人、あまたの羊を買い取り、其後羊の警固に猛き犬をぞ買ひ添へける。これによ(っ)て、狼すこしも此羊を犯さず。しかるに、かの犬俄に死にけり。はすとる愁へて云、「この犬死して後は、羊さだめて狼に取られなんず。いかゞはせん」と歎きければ、野牛進み出て申けるは、「この事あながちに悲しみ給ふべからず。其ゆへは、我角をおとし、かの犬の皮を着せて、羊を警固させ給へ。さだめて狼おそれなんや」と申ければ、はすとる、げにもとてそのごとくしけり。これによ(っ)て、狼、犬かと心得て、羊のそばに近づく事なし。

 然所に、狼、もつての外飢ゑにつかれて、その死せん事をもかへり見ず、つと寄つて羊をくわへて逃ぐる所を、かの野牛おつかけたり。狼、あまりにおそれて、いばらの中へ逃げ入ければ、野牛續ゐておつかけたり。何とかしたりける、犬の皮をいばらに引かけて、もとの野牛にぞあらはれける。狼此由を見て、「こは不思議なるありさまかな。犬かと思へば、野牛にてあんめるぞや」とて立返り、野牛を召し篭め、「汝なにのゆへにわれを追ふぞ」といひければ、野牛ことばなふして、「御邊の驅足の程をこゝろみんとのために、たはぶれにこそ」と陳じければ、狼怒つて申やう、「たはぶれも事にこそよれ、いばらの中へおつこうで、手足をかやうにそこなふ事、なにのたはぶれぞや。所詮その返報に、御邊を食ひ殺し奉るべし」といひてほろぼしぬ。

 其ごとく、きたなき者の身として、賢しき人をたぶらかさんとする事、蟷が斧をもつて隆車に向かふがごとし。うつけたる者は、うつけて通るが、一藝ぞや。賢だてこそうとましけれ。


12 鷲と烏の事

 ある鷲、餌食のために羊の子を掴み取つて■らふ事ありけり。烏これを見て、「あなうらやまし。いづれも鳥の身として、なにかはかやうにせざるべき」と我慢おこし、「我も」とて、野牛のあるを見て掴みかゝりぬ。それ野牛の毛は、縮みて深きもの也。かるがゆへに、かへつてをのれが臑をまとひてばためく所を、主人走り寄つて烏を取りて、「奇怪なり。いましめて命を絶つべけれども」とて、羽を切つてぞ放しける。ある人、かの烏にむかつて、「汝は何者ぞ」と問へば、烏答云、「きのふは鷲、けふは烏なり」といへり。

 そのごとく、我身のほどを知らずして、人の威勢をうらやむ者は、鷲のまねをする烏たるべし。


13 師子王と驢馬の事

 有驢馬病しける所に、獅子王來てその脈を取りこゝろむ。驢馬これをおそるる事かぎりなし。師子王懇のあまりに、その身をあそここゝを撫で廻して、「いづくか痛きぞ」と問へば、驢馬謹(つ)しんで云獅子王の御手の當り候所は、今までかゆき所も痛く候」と、震い+ ぞ申ける。

 そのごとく、人の思はくをも知らず、懇だてこそうたてけれ。大切をつくすといふとも、つねに馴れたる人の事なり。知らぬ人にあまりに禮をするも、かへつて狼藉とぞ見えける。


14 野牛と狐の事

 ある時、野牛と狐と、渇に望て、井桁のうちにおち入て水を飮み終つて後、あがらんとするによしなき狐申けるは、「ふたりながら、この井桁の中にて死なんもはかなき事なければ、謀をめぐらして、いざやあがらん」とぞいひける。野牛、「もつとも」と同心す。狐申けるは、「まづ御邊せいを伸べ給へ。其せなかにのぼりて上にあがり、御邊の手を取りて上へ引き上げ奉らん」といふ。野牛、「げにも」とてせいを伸べける所を、狐そのあたまを踏まへて上にあがり、笑つて云、「さても+ 御邊はおろかなる人かな。その鬚ほど智惠を持ち給はば、われいかゞせん。なにとしてかは御邊を引き上げ奉らんや。さらば。」とて歸りぬ。野牛、空しく井のもとに日を送りて、つゐに、はかなくなりにけり。

 其ごとく、我も人も難儀にあはん事は、まづわが難儀を遁れて後、人の難をも除くべし。わが身地獄に落ちて、他人樂しみを受くればとて、わが合力になるべきや。これを思へ。


15 ある人佛を祈る事

 ある人、一つの佛像を安置して、つねに名利福祐を祈る。日に添ひて貧しくいやしくなれども、さらにその利生ある事なし。これによ(っ)て、かの人怒つて、佛像を取(っ)て打ち碎く所に、その佛のみぐしの中に金數百兩有けり。その時、かの人佛を祈つて云、「さても此佛をろかなる佛かな。われつねに香花燈明を備へ、恭敬禮拜する時は、此金をあたへずして、其身をほろぼす時福をさだめけるよ」と笑ひよろこびけり。

 そのごとく、惡に極まりたる者、その自然を待ち、善に立返る事なし。おさへて、佛を割るがごとく、惡を善に飜す樣にすべし。


16 鼠と猫の事

 ある猫、家のかたはらにかゞみゐて、日々に鼠を取りけり。鼠さしつどいて申けるは、「何とやらん、この程は、我親類一族も行がた知らずなり侍るぞ。たれかその行衞を知り給ふ」といふ。こゝに年たけたる鼠進み出て申けるは、「こと高し。しづまれとよ。それは、この程、例の猫といふいたづら者、此うちに來て、餌食になし侍るぞや。かまひて油斷すな」などと申ければ、をのをの僉議評定して、「しかるにおゐては、今日よりして各天井に計住むべし」といふ法度をさだめり。猫、この由を聞きて、いかんともせんかたなさに、「たばからばや」と思ひて、死したる體をあらはして、四つ足を踏み伸べ、久しくはたらかずして居ける所を、鼠ひそかに此事を見て、上より猫に申けるは、「いかに猫、そらだまりなしそ。汝が皮を剥がれ、文匣の蓋になるとも、下にさがるまじきぞ」とひければ、猫是非におよばず起きあがりぬ。

 そのごとく、一度人を懲らす人は、いつも惡人ぞと人これをうとんず。たゞ人は、をろかにして、他人に拔かれたるにしくはなし。かまへてかゝる末の世に、人を拔かんと思ふ事なかれ。


17 鼠の談合の事

 ある時、鼠老若男女相集まりて僉議しけるは、「いつもかの猫といふいたづら者にほろぼさるゝ時、千たび悔やめども、その益なし。かの猫、聲をたつるか、しからずは足音高くなどせば、かねて用心すべけれども、ひそかに近づきたる程に、由斷して取らるゝのみなり。いかゞはせん」といひければ、故老の鼠進み出でて申けるは、「詮ずる所、猫の首に鈴を付てをき侍らば、やすく知なん」といふ。皆々、「もつとも」と同心しける。「然らば、このうちより誰出てか、猫の首に鈴を付け給はんや」といふに、上臈鼠より下鼠に至るまで、「我付けん」と云者なし。是によ(っ)て、そのたびの議定事終らで退散しぬ。

 其ごとく、人のけなげだてをいふも、只疊の上の廣言也。戰場にむかへば、つねに兵といふ物も震ひわなゝくとぞ見えける。しからずは、なんぞすみやかに敵國をほろぼさざる。腰拔けのゐばからひ、たゝみ大鼓に手拍子とも、これらの事をや申侍べき。


18 男二女を持つ事

 有男、二人妻を持ちけり。ひとりは年たけて、一人は若し。ある時、此男、老たる女のもとに行時、その女申けるは、「我年たけ齡おとろへて、若男に語らふなどと人のあざけるべきも恥づかしければ、御邊の鬢鬚の黒きを拔きて、しらがばかりを殘すべし」といひて、たちまち鬢鬚の黒を拔ひて、白きを殘せり。この男、「あなう」と思へど、恩愛にほだされて、痛きをもかへりみず拔かれにけり。

 又、ある時、若き女のもとに行けるに、此女申けるは、「われさかんなる者の身として、御邊のやうに白髮とならせ給ふ人を妻と語らひけるに、「世に男の誰もなきか」なんどと人の笑はんも恥づかしければ、御邊の鬢鬚の白きをみな拔かん」と云て、これをことく拔き捨つる。されば、この男、あなたに候へば拔かれ、こなたにては拔かれて、あげくには、鬢鬚なふてぞゐたりける。

 そのごとく、君子たらん者、故なき淫亂にけがれなば、たちまちかゝる恥を受けべし。しかのみならず、二人の機嫌を計らうは、苦しみつねに深き物なり。かるがゆへにことわざに云、「ふたりの君に仕へがたし」とや。


19 ■■の事

 ある■■、あまた子を持ちけるなり。其子をのれが癖に横走りする所を、母これを見て、諌めて云、「汝ら何によりてか横さまには歩みけるぞ」と申ければ、子共謹(つ)しんで承り、「一人の癖にてもなし。われら兄弟、皆形のごとし。然らば、母上ありき給へ。それを學び奉らん」といひければ、「さらば」とてさきにありきけるを見れば、我横走りにすこしもたがはず。子ども笑ひて申けるは、「われら横ありき候か、母上のあるかせ給ふは、縱ありきか、そばありきか」と笑ひければ、ことばなふてぞゐたりける。

 そのごとく、わが身の癖をばかへり見ず、人のあやまちをば云もの也。若さやうに人の笑はん時は、退ひて人の是非を見るべきにや。


20 孔雀と鶴の事

 有時、鶴と孔雀と淳熟してあそびけるに、孔雀わが身を讚めて申けるは、「世中にわがつばさに似たるはあらじ。繪に書くともおよびがたし。光は玉にもまさりつべし」などと誇りければ、鶴答云、「御邊の自慢、もつともそきせぬ事にて候。空を翔ける物の中に、御邊にならびて果報めでたきものは候まじ。但、御身に缺けたる事二つ候。一つには、御足本きたなげなるは、錦を着て足に泥を付けたるがごとし。二つには、鳥といつぱ、高く飛ぶをもつて其徳とす。御邊は飛ぶといへども、遠く行かず。是を思へば、つばさは鳥かして、その身はけだものにてあん成ぞ。すこしき徳に誇つて、大なる損をばわきまへずや」とぞ恥を示しける。それよりして、孔雀、わづかに飛びあがるといへども、此事を思ふ時は、つばさ弱りて勢なし。

 そのごとく、人としてわが譽をさゝぐる時は、人の憎みをかうむりて、果てにはあやまりをいひ出さるゝ物なりけれ。我慢の人たりといへども、道理をもつてその身を諌めば、用いず顏をするといふ共、心にはげにもと思ひて、いささかも謙る心有べし。


21 人を嫉むは身を嫉むと云事

 ある御門、二人の人を召出し給ふ事ありけり。一人は欲心深き物なり。いま一人は、人を嫉む心深き者なり。御門二人の物に仰けるは、「汝ら、我らにいかなる事をも望み申せ。後に望まん物は、前の望みに、一倍をあたへん」との給へば、欲心なる者は、「なに事にてもあれ、一倍取らん」と思ふによ(っ)て、初めに請ひ奉らず。今一人の者は、なに事にてもあれ、人を猜む者なるによ(っ)て、「我にまさりてかれに取らせんも嫉まし」とや思ひけん、是も初に請い奉らず。我さきせよ、人さきにせよといどみあらそふほどに、時刻移りければ、「とくとく」と輪言ならせ給ふ程に、かの侫人思ふやう、「こゝなるやつめが、あまりに欲心深き事の嫉ましければ、かれに仇を望まん」とて、進み出でて申けるは、「しからば、わが片方のまなこを拔きたく侍る」と奏しければ、「やすき所望」とて片目を拔かれ、そのごとく、侫人と云者は、人の榮ふる事を見ては、悲しむ顏にて、内心にはよろこぶものなり。されぱ、かの物、おれが片目を拔かるゝといへども、かれが兩眼を拔かんがため、まづ苦しみを堪忍せんとするにや。此侫人を上覽あつて、御門これをあはれみ給ひ、今一人はつゝがもなくてぞまかり歸る。人に押し懸けんと思ふは、まづわが身の苦しみと見えたり。「血を含みて人に噴けば、まづその口けがるゝ」とこそ申傅へけれ。


22 蛙と牛の事

 ある河のほとりに、牛一疋こゝかしこへ餌食をもとめありき侍しに、蛙これを見て心に思ふやう、「わが身をふくらしなば、必ずもやあの牛のせいほどなりなん」と思ひて、きつと伸びあがり、身の皮をふくらして、子どもにむかつて、「今は此牛のせいほどなりけるや」と尋ねければ、子どもあざ笑ひて云、「いまだ其位なし。憚りながら、御邊は牛に似たり給はず。正しく蕪のなりにこそ見え侍りけれ。御皮の縮みたる所侍る程に、いますこしふくれさせ給はば、あの牛のせいになり給ひなん」と申ければ、蛙答て申さく、「それこそいとやすき事なれ」といひて、力およびゑいやつと身をふくらしければ、思ひの外に皮俄に破れて、腸出て空しくなりにけり。

 そのごとく、およばざる才智位を望む人は、望む事を得ず、終にをのれが思ひ故に、かへつて我身をほろぼす事有也。


23 わらんべと盜人の事

 ある井のそばに、童子一人)ゐたりしが、あなたこなたをながめける間に、盜人一人走り來て、このわらんべを見て心に思ふやう、「あなうれし。この者の衣裳を剥ぎ取らばや」と思ひて近付侍る程に、盜人の惡念をさとつて、いと悲しき氣色をあらはして、泣くゐたりしが、盜人是を見て、何事共知らず、よのつねの悲しびにはあらず、いとふ敷覺えて、さし寄りて、「いかなる事を悲しむ」といへば、わらんべ云やう、「誠には、なにをか祕し申さん、心に憂き事あり。たゞ今黄金の釣瓶をもつて水を汲まんとする所に、俄に繩が切れて、井どにおち入ぬ。千たび尋ねもとむれどもせんかたなし。いかにしてか主人の前にて申べきや」と云ければ、盜人是を聞きて、おもてにはあはれに悲しきふりをあらはして、慰めて云、「いとやすき事哉。我底へ入て引き上ぐべければ、汝いたく歎くべからず」。わらんべこれを聞きて、うれしくて涙を拭ひて頼みにけり。

 その時、盜人、着る物を脱ぎておき、井どの中におりて、こゝかしこ見尋ぬるひまに、わらんべこの着る物を取つて、いづちともなく逃げ去りぬ。盜人、やゝ久しく釣瓶を尋けれ共、これにあはず。かゝるほどに上にあがりしかば、おきたる着る物もわらんべもうせて見え侍らず。その時、われとわが身に怒つて、ひとりごとをいふやう、「誠に道理の上よりこれを天道計らひ給ふ。其故は、人の物を盜まんとする者は、かへつて盜まるゝ物なり」といひて、あかはだかにて歸りにけり。

 そのごとく、我人も前後始終を糺さずして、みだりに人をたばからんとせざれ。たとひ相手にいやしき者なりとも、理を枉げんとせば、その悔ゐ有べし。なに事も、致さぬさきに、まづきたるべき損得を考ゆべき事、もつとも道理にかなふべし。


24 修行者の事

 ある修行者、行き暮れて、わづかなるあやしのしづの屋に、一夜宿を借りける。主じ情深き者にて、結縁にとて貸しける。ころは冬ざれの霜夜なれば、手足こゞへてかゞまりければ、わが息を吹かけてあたゝめけり。やゝあつて後、熱き飯を食ふとて、息をもつて吹きさましければ、主じ此由を見て、「あやしき法師のしわざかな。つめたき物をば熱き息をいだしてあたゝめ、熱き物はひやゝかなる息出してさまし侍るぞや。いかさまにもたゞ人のしわざとも見えず。天魔の現じきたれるや」とをろかにおそれて、曉がたにおよびて追ひ出しぬ。

 そのごとく、至つて、心つたなき物は、わが身に具足したることをだにもわきまへず、やゝもすれば惑ひがちなり。これほどの事をだにわきまへぬやからは、能事を見てはかへつて惡しゝとや思ふべき。かねてこれを心得よ。これは、うち聞けば、をろかなるやうなれども、人の世にあつて、道に迷へる事、かの主じが、人の息の熱きとぬるきと、わきまへかねたるにことならざるものなり。


25 庭鳥金の卵を産む事

 ある人庭鳥を飼いけるに、日々に金のまろかしをかい子に産む事有。主これを見て、よろこぶ事かぎりなし。しかりといへども、日に一つ産む事を堪へかねて、「二つも三つも續けさまに産ませばや」とて、その鳥を打ちさいなめども、其驗もなく、日々に一つより外は産まず。主心に思ひけるやうは、「いかさまにも此鳥の腹には、大なるこがねや侍るべき」とて、その鳥の腹を割く。かやうにして、頂より足のつまさきまで見れども、別のこがねはなし。その時主後悔して、「もとのまゝにておかましものを」とぞ申ける。

 そのごとく、人の欲心に耽る事は、かの主が鳥の腹を割けるにことならず。日々にすこしの儲けあれば、その一命を過ぐる物なれども、積みかさねたく思ふによつて、つゐに飽き足る事なふて、あまつさへに寶をおとして、其身をもほろぼすもの也。


26 猿と犬との事

 ある女猿、一度に二つ子を産みけり。されば、我胎内より同子を産みながら、一つをば深く愛し、一つをばをろそかにす。かの憎まれ子、いかんともせんかたなふて月日を送れり。わが愛する子をば前に抱き、憎む子をせなかにおけり。

 ある時、うしろより猛き犬來る事あり。此猿あはてさはひで逃ぐるほどに、抱く子をかたわきに挾みて走るほどに、すみやかに行く事なし。しきりにかの犬近付ければ、まづ命を助からんと、片手にてわき挾みたる子を捨てて逃げ延びけり。かるがゆへに、つねに憎みて、せなかにおける憎まれ子は、つゝがもなく取り付ききたれり。かの寵愛せし子は、犬に食ひ殺されぬ。いくたび悔やめども甲斐なきによつて、つゐにかの憎みつる子をおほせたてて、前の子のごとくに寵愛せり。

 そのごとく、人としても、今までした敷思ふ者にうとんじ、をろそかなる者に眤ぶも、たゞ此猿のたとへにことならず。是によ(っ)て是を思へば、かれはよし、これは惡しと品を擇ぶべからず。たれもひとしく思ふならば、人又われを思ふべき事疑ひなし。


27 土器慢氣をおこす事

 ある土器を作りて、いまだ燒かざる前に乾しけり。此土器思ふやう、「さてもわが身は果報めでたき物かな。あるひは田夫野人の踏みものたりし土なれども、かゝるめでたき折節に生れあひて、人に愛せらるゝことのうれしさよ」と慢じゐける所に、夕立、かの土器のそばにきたつて申けるは、「御邊は何人にておはせしぞ」と問ひければ、土器答云、「われはこれ帝王の盃也。いやしき物のすみかにゐたる事なし」と申ければ、夕立申けるは、「御邊はもとを忘れたる人なり。今さやうにいみじく誇り給ふとも、一雨あたまにかゝるならば、たちまちもとの土となつて、厠垣壁に塗られなんず。人もなげに慢じ給ふ物かな」といひ捨てて、俄に夕立、かみなりさはひで、かの土器を降りつぶしければ、本の土とぞなりたりける。

 其ごとく、人の世にありて、世路に誇るといへども、たちまち土器の雨に碎くるがごとく、不定の雨にさそはれて、野邊の土とぞ成にける。我身よく觀ずれば、かの土器にことならず。恩愛のしたしきいもせの中も、思へば根本土なりけり。かくけがらはしき土をのみ愛して、當來の勤めをせぬ人は、無常の夕立に打たれん時、千たび悔ゆるとも甲斐あるまじひ。かねて此事をよく案ぜよ。


28 鳩と狐の事

 ある時、うへ木に鳩巣をくふことありけり。しかるを、狐その下にあつて、鳩に申けるは、「御邊は何とてあぶなき所に子を育て給ふや。この所におかせ給へかし。雨風の障りもなし、穴にこそおくべきけれ」と云ければ、をろかなる者にて、誠かと心得て、その子を陸地に産みけり。しかるを、狐すみやかに餌食になしぬ。其時、かの鳩をどろひて、木の上に巣をかけけり。然るを、隣の鳩教へけるは、「さても御邊はつたなき人なり。今より以後、狐さやうに申さば、「汝この所へあがれ。あがる事かなはずは、まつたくわが子を果たすべからず」とのたまへ」といへば、「げにも」とていひければ、狐申けるは、「今よりして、御邊の上にさはがする事あるまじ。但、頼み申べき事あり。その異見をば、いづれの人より受けさせ給ふぞ」と申ければ、鳩つたなふして、しかじかの鳥と答ふ。

 ある時、かの鳩に教へける鳥、下におりて餌食を食みける所に、狐近づきて云、「そも御邊、世にならびなきめでたき鳥なり。尋申たき事有。其故は、塒に宿り給ふ前後左右より烈しき風吹時は、いづくにおもてを穩させ給ふや」と申ければ、鳥答云、「左より風吹く時は、右のつばさにかへりをさし、右より風吹く時は、左のつばさにかへりをさし候。前より風吹く時は、うしろにかへりをさし候。うしろより風吹く時は、前にかへりをさし候」と申。狐申けるは、「あつぱれその事自由にし給ふにおゐては、誠に鳥の中の王たるべし。たゞし、虚言や」と申ければ、かの鳥、「さらばしわざを見せん」とて、左右に頚をめぐらし、うしろをきつと見る時に、狐走りかゝつて■らい殺しぬ。

 そのごとく、日々人に教化をなす程ならば、まづをのれが身をおさめよ。我身の事をばさしおきて、人の教化をせん事は、ゆめあるべからず。


29 出家とゑのこの事

 ある人、ゑのこ一疋なつけ育て、是を愛しけるが、年比ありて、なにとかしたりけん、かのえのこ俄に死する事ありけり。主じ、これを歎き悲しみて、心に思ふやう、「かゝるいとけなきえのこの死骸は、山野に捨てんよりは、とてもの事に寺のかたはらにうづまばや」と思ひて、日暮に臨んで、人に忍びて、是を取りつゝ堂のほとりにうづみける。

 やゝあつて、かの寺の僧これを傳へ聞きて、「これは何物のしわざぞや。かゝる狼藉、前代未聞ためしなし」といひければ、かの主じをよびて、すでにあや敷いましめられ侍りける。主じ、さらに返答におよばず、赤面してゐたりしが、遁るべきかたなくて、此出家の重欲心をさとつて申けるは、「御邊の仰せらるる所、もつとも道理至極なり。然ども、御存知なきにや侍らん。此えのこの臨終、さも有難くいみじき心ざしあり。それをいかにと申に、後世を弔はれんそのために、持ちたる百貫の料足を、貴僧に奉るべしといひおき侍る」とありければ、僧これを聞ひて、思ひの外に勇む氣色にていふやう、「さても+ かゝるありがたき心ざしはたゞ事にあらず。我をろかなる者の身として、ゆめ是を知らずといましめ侍るなり。御邊は歎き給ふ事なかれ。これほどの心ざしを持ちたらんは、たとひ畜類なりといふとも、必極樂へ生れん事、いさゝかも疑ひ玉ふ事あらじ。われもろともにかの跡を懇に弔ふべし」とて、此ゑのこの心ざしを、奇特なりとて貴まれける。

 そのごとく、欲に耽る物は、かの出家にことならず。人あつて引物をさゝれければ、寶に目をくらして、理を非に枉ぐる事是多し。かるが故に、「欲深ければ、戒を破り、罪を作り、身をほろぼす物也」とぞ見えけり。これを思へ。


30 人の心のさだまらぬ事

 ある翁、市に出て馬を賣らんと思ひ、親子つれてぞ出たりける。馬をさきに立てて、親子跡に苦しげに歩むほどに、道行人これを見て、「あなおかしの翁のしわざや。馬を持ちては乘らんがため也。馬をさきに立てて、主はあとに歩む事は、餓鬼の目に水の見えぬといふも此事にや」といひて通りければ、翁、げにもとや思ひけん、「若き者なれば、くたびれやする」とて、わが子を乘せて、我はあとにぞつきにける。

 又人これを見て、「是なる人を見れば、さかん成物は馬に乘りて、翁はかちより行く」とて笑ければ、又子ををろして翁乘りぬ。又申けるは、「これなる人を見れば、親子と見えけるが、あとなる子はもつての外くたびれたるありさまなり。かゝるたくましき馬に乘りながら、親子一つに乘りもせで、くたびれけるはおかしさよ」といひければ、げにもとて、わが子を尻馬に乘せけり。

 かくて行ほどに、馬やうやくくたびれければ、又人の申けるは、「是なる馬を見れば、ふたり乘りけるによ(っ)て、ことの外くたびれたり。乘りて行かんよりは、四つ足を一つに結ひ集め、二人して荷ふてこそよかんめれ」といひければ、げにもとて、親子して荷ふ。又人の申けるは、「重き馬を荷はんよりは、皮を剥ゐで輕々と持つて賣れかし」といへば、げにもとて、皮を剥がせて、肩にかけて行程に、道すがら蝿共取り付ゐて目口もあかず。市の人々是を笑ひければ、翁腹立て、皮を捨ててぞ歸りける。

 其ごとく、一度かなたこなたと移る者は、翁がしわざにことならず。心輕き者は、つねにしづかなる事なしと見えたり。輕々しく人のことを信じて、みだりに移る事なかれ。但、よき道には、いくたびも移りてあやまりなし。事ごとによければとて、胡亂に見ゆる事なかれ。たしかに愼しめ。


31 鳥人に教化をする事

 ある人、片山のほとりにおゐて、小鳥をさし取る事あり。これを殺さんとするに、かの鳥支へて申けるは、「いかに御邊、我程の小鳥を殺させ給へばとて、いかばかりの事か候べきや。助け給はば、三つの事を教へ奉らん」といふ。「さらばいへ」とて、その命を助く。かの鳥申けるは、「第一には、あるまじき事をあるべしと思ふ事なかれ。第二には、もとめがたき事をもとめたきと思ふ事なかれ。第三には、去つて還らざる事を悔やむ事なかれ。此三つをよく保たば、あやまり有べからず」と云を聞ひて、此鳥を放しぬ。

 その時、鳥、高き木末に飛びあがり、「さても御邊はをろかなる人かな。わが腹にならびき玉を持てり。これを御邊取り給はば、世にならびなく榮へ給ふべき物を」と笑ひければ、かの人千たび後悔して、二たびかの鳥を取らばやとねらふほどに、かの鳥又申けるは、「いかに御邊、御身にまさりたるつたなき人は候まじ。そのゆへは、只今御邊に教へける事をば、何とか聞き給ふや。第一、あるまじき事をあるべしと思ふ事なかれとは、まづわが腹に玉ありといふは、あるべき事やいなや。第二には、もとめがたき事をもとめたきと思ふ事なかれとは、我を二たび取ることなかるべからず。第三には、去つて還らぬ事を悔やむ事なかれとは、我を一たび放つもの、かなはぬ物故ねらふ事、去つて還らぬを悔やむにあらずや」とぞ恥ぢしめにける。

 其ごとく、人つねにこの三つに惑へるものなり。よき教へ目の前にありといへども、これを見聞ながら、保つ者ひとりもなし。あながち鳥の教へたるにも有べからず。人はけだものにも劣ると云事を知しめんがためとかや。


32 鶴と狐の事

 ある田地に、鶴餌食をもとめてゐたりしに、古老の狐かれを見て、「たばからばや」と思ひて、そばに近付て云、「いかに鶴殿、御邊は何事をか尋給へる。若乏しく侍らば、わが、宅所へきたらせよ。珍しき物あたへん」と、いと睦ましく語らひければ、鶴得たり賢しとよろこびて同心す。狐、急ぎ走り歸つて、粥のやうなる食物を淺き金鉢に入て、鶴にむかつていふやう、「御邊は固き物をきらひ給ふなれば、わざと粥をこそ」とてさゝげければ、鶴件の長きはしにて食はん+ とすれど、かなはざれば、狐これを見て、「御邊は不食に見えたり。かゝる珍物を空しく捨てんよりは、我に給はれ」とて、みなをのれが取り■らいて、「奇怪成」とあざければ、鶴はなはだ無念に思ひて、「いかさまにも此返報をせばや」と思ひて歸りしが、やゝほど經て、鶴件の狐にあひていふやう、「我只今珍しき食物を儲けたり。來りて食し給へかし」とすゝめければ、狐、「すはや先度の返報か」とて、鶴の宅所に到りけり。その時、鶴、口の細き入物に匂よき食い物を入て、狐の前におき侍りければ、狐是を見るよりも好ましく思ひて、入れ物のまはりをかなたこなたへめぐりけれ共、かなはざるを、鶴、「おかしのさまや」と見て申けるは、「さても御邊はをろかなる人かな。只今飯の時分なるに、いかで舞ひ踊られけるぞ。食ゐ果たしてこそは舞はんずれ。いで食ゐやうを教えん」とて、件のくちばしをさし伸べて、とく食ゐつくし侍れば、狐面目失ひて立去りぬ。

 其ごとくに、みだりに人をあなどらば、人又をのれをあなどるべし。人を懇にせば、人又われをあはれむものなり。これによつて、いかほども人にはあなづらるゝとも、われ人をあなどる事なかれ。たとひをろかにする共、謙りて從はんにはしかじと見えける也。


33 三人よき中の事

 ある人、三人の知音を持ちけり。一人をば我身よりも大切に思ふ人なり。今一人は、我とひとしく思ふ也。いま一人は、その次なり。此三人とつねにともなふ事年久し。ある時、その身に難儀出來る時、此知音のもとに行て、助成をかうむらんとす。まづ、「我難儀を助け給へ」と申ければ、「せんかたなし」とて、いさゝかも助けず。我とひとしく思ふ人のもとに行て、「わが難儀を助け給へ」といへば、「わが身もまぎらはしき事あれば、えこそ助け奉るまじけれ。糺し手の門外までは御伴をこそ申べけれ」と計也。又、其次に思ひけるは知音のもとに行て申■けるは、「われつねに申ぜずして、今更わが身に悲しき事のありとて申事はいかばかりなれども、われ今大事の難儀あり。助け給へかし」と申ければ、かの知音申けるは、「仰のごとく、つねにしたしくはし給はね共、さすが知り侍りたる人なれば、只し手の御前にて方人とこそなり侍らめ」といひて出ぬ。

 そのごとく、わが身の難儀とは臨終の事なり。我身より大切に思ひ過したる友とは、財寶の事なり。我身とひとしく思ふ友とは、妻子眷屬の事なり。その次に思ふ友とは、わがなすよきやうなり。然らば、命終らん時、わが財寶に助けんといはば、いかでかは助くべき。かへつて仇とこそ見えられたれ。妻子眷屬を頼めばとて、いかでかは助かるべき。かへつて、これをもつて臨終の障りとぞ見えける。此知音、「糺し手の門外まで」といひしは、墓所まで送る事なり。いさゝかのよきやうの友とこそ、まことに糺し手の御前にて方人とならん事あきらかなり。その時に臨んでは、「われ存生にありし時、ひとりの方人を若おかまし物を」と、悔やむべき事疑ひなし。


34 出家と盜人の事

 ある法師、道を行ける所に、盜人一人行きむかつて、かの僧を頼みけるは、「見奉れば、やんごとなき御出家也。われならびなき惡人なれば、願はくは、御祈りをもつてわが惡心を飜し、善人となり候やうに祈誓し給へかし」と申ければ、「それこそ我身にいとやすき事なれ」と領掌せられるぬ。かの盜人も返頼みて、そこを去りぬ。

 其後はるかに程經て、かの僧と盜人行きあひけり。盜人、僧の袖を控へて、怒つて申けるは、「われ御邊を頼むといへども、その甲斐なし。祈誓し給はずや」と申ければ、僧答云、「我其日より片時のいとまもなく、御邊の事をこそ祈り候へ」とのたまへば、盜人申けるは、「おことは出家の身として、虚言をのたまふ物かな。その日より惡念のみこそおこり候へ」と申ければ、僧の謀に、「俄に喉かはきてせんかたなし」とのたまへば、盜人申けるは、「これに井どの侍るぞや。我上より繩を付て、その底へ入奉るべし。飽くまで水飮み給ひて、あがりたくおぼしめし候はば、引き上げ奉らん」と契約して、件の井どへおし入けり。かの僧、水を飮んで、「上給ヘ」とのたまふ時、盜人力を出してえいやと引けども、いさゝかもあがらず。いかなればとて、さしうつぶして見れば、何しかはあがるべき、かの僧、そばなる石にしがみつきておる程に、盜人怒つて申けるは、「さても御邊はをろかなる人かな。その儀にては、いかが祈祷も驗有べきや。其石放し給へ。やすく引き上奉らん」と云。僧、盜人に申けるは、「さればこそ、われ御邊の祈念を致すも、此ごとく候ぞよ。いかに祈りをなすといへ共、まづ御身の惡念の石を離れ給はず候程に、鐵の繩にて引上る程の祈りをすればとて、兼の繩は切るゝ共、御邊のごとく強き惡念は、善人に成がたふ候」と申されければ、盜人うちうなづゐて、かの僧を引上奉り、足本にひれ臥て、「げにもかな」とて、それより元結切り、則僧の弟子となりて、やんごとなき善人とぞなりにけり。此經を見ん人は、たしかに是を思へ。ゆるかせにする事なかれ。


伊曾保物語下終

この著作物は1923年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没年(団体著作物にあっては公表後又は創作後)より100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。