中央大学校歌

削除提案中
Icono aviso borrar.png

現在、この項目の一部の版または全体について、削除の手続きに従って、削除が提案されています。

削除についての議論は削除依頼の該当のセクションで行われています(このページのノートも参照してください)。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。

この項目の執筆者の方々へ: まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、削除の方針に該当するかをどうか検討してください。

情報不足: この文書には原典や著作権者、ライセンス等の必要な情報が不足しています。必要な情報が提供されない場合、即時削除の基準により、削除される可能性があります。ノートも参照してください。

必要な情報: 第一校歌作詞者・宮脇信介の没年

第二校歌編集

昭和3年(1928年)に制定された。

作詞:小林一郎(当時の教授)

作曲:山田耕筰

  1. 皇国の礎固めん為と
    中央の名に集へる健児
    春秋かはらぬ芙蓉の雪は
    遠く吾等の心を照す
  2. 質実剛健撓まず倦まず
    心をあはせて養ひ来る
    貴き校風仰ぎて知れと
    空に聳ゆる吾等が校舎
  3. 世界の進みに魁すべく
    心を鍛へ身を鍛へんと
    集り来れる健児の為に
    前途を祝はん諸声高く