万葉集/第十二巻

第十二巻


[歌番号]12/2841

[題詞]正述心緒

[原文]我背子之 朝明形 吉不見 今日間 戀暮鴨

[訓読]我が背子が朝明の姿よく見ずて今日の間を恋ひ暮らすかも

[仮名]わがせこが あさけのすがた よくみずて けふのあひだを こひくらすかも

[左注](右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)

[校異]なし

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 女歌 恋情 後朝

[訓異]わがせこが,[寛]わかせこか,

あさけのすがた,[寛]あさけのすかた,

よくみずて,[寛]よくみすて,

けふのあひだを,[寛]けふのあひたを,

こひくらすかも[寛],


[歌番号]12/2842

[題詞](正述心緒)

[原文]我心 等望使念 新夜 一夜不落 夢見<与>

[訓読]我が心ともしみ思ふ新夜の一夜もおちず夢に見えこそ

[仮名]あがこころ ともしみおもふ あらたよの ひとよもおちず いめにみえこそ

[左注](右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)

[校異]<> -> 与 [新訓]

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 女歌 恋情

[訓異]あがこころ,[寛]わかこころと,

ともしみおもふ,[寛]のそみおもへは,

あらたよの,[寛]あたらよの,

ひとよもおちず,[寛]ひとよもおちす,

いめにみえこそ,[寛]ゆめにみえけり,


[歌番号]12/2843

[題詞](正述心緒)

[原文]<愛> 我念妹 人皆 如去見耶 手不纒為

[訓読]愛しと我が思ふ妹を人皆の行くごと見めや手にまかずして

[仮名]うつくしと あがおもふいもを ひとみなの ゆくごとみめや てにまかずして

[左注](右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)

[校異]与愛 -> 愛 [新訓]

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 恋情

[訓異]うつくしと[寛],

あがおもふいもを,[寛]わかおもふいもを,

ひとみなの,[寛]もとみなの,

ゆくごとみめや,[寛]いまゆきみるや,

てにまかずして,[寛]てにまかすして,


[歌番号]12/2844

[題詞](正述心緒)

[原文]<比>日 寐之不寐 敷細布 手枕纒 寐欲

[訓読]このころの寐の寝らえぬは敷栲の手枕まきて寝まく欲りこそ

[仮名]このころの いのねらえぬは しきたへの たまくらまきて ねまくほりこそ

[左注](右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)

[校異]此 -> 比 [西(朱筆訂正)][元][紀][細]

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 恋情 枕詞

[訓異]このころの[寛],

いのねらえぬは,[寛]いのねらえぬに,

しきたへの[寛],

たまくらまきて[寛],

ねまくほりこそ,[寛]ねまくほしけむ,


[歌番号]12/2845

[題詞](正述心緒)

[原文]<忘>哉 語 意遣 雖過不過 猶戀

[訓読]忘るやと物語りして心遣り過ぐせど過ぎずなほ恋ひにけり

[仮名]わするやと ものがたりして こころやり すぐせどすぎず なほこひにけり

[左注](右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)

[校異]忌 -> 忘 [細][温][矢][京]

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 恋情

[訓異]わするやと,[寛]わすれめや,

ものがたりして,[寛]ものかたりして,

こころやり[寛],

すぐせどすぎず,[寛]すくれとすきす,

なほこひにけり,[寛]なをこひしくて,


[歌番号]12/2846

[題詞](正述心緒)

[原文]夜不寐 安不有 白細布 衣不脱 及直相

[訓読]夜も寝ず安くもあらず白栲の衣は脱かじ直に逢ふまでに

[仮名]よるもねず やすくもあらず しろたへの ころもはぬかじ ただにあふまでに

[左注](右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)

[校異]なし

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 枕詞 恋情

[訓異]よるもねず,[寛]よるもねす,

やすくもあらず,[寛]やすくもあらす,

しろたへの[寛],

ころもはぬかじ,[寛]ころももぬかし,

ただにあふまでに,[寛]たたにあふまて,


[歌番号]12/2847

[題詞](正述心緒)

[原文]後相 吾莫戀 妹雖云 戀間 年經乍

[訓読]後も逢はむ我にな恋ひそと妹は言へど恋ふる間に年は経につつ

[仮名]のちもあはむ われになこひそと いもはいへど こふるあひだに としはへにつつ

[左注](右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)

[校異]なし

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 恋情

[訓異]のちもあはむ,[寛]のちにあはむ,

われになこひそと,[寛]われをこふなと,

いもはいへど,[寛]いもはいへと,

こふるあひだに,[寛]こふるあひたに,

としはへにつつ[寛],


[歌番号]12/2848

[題詞](正述心緒)

[原文]不直<相> 有諾 夢谷 何人 事繁 [或本歌曰 <寤>者 諾毛不相 夢左倍]

[訓読]直に会はずあるはうべなり夢にだに何しか人の言の繁けむ [或本歌曰 うつつにはうべも逢はなく夢にさへ]

[仮名]ただにあはず あるはうべなり いめにだに なにしかひとの ことのしげけむ [うつつには うべもあはなく いめにさへ]

[左注](右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)

[校異]相者 -> 相 [元][紀][細][温] / 寝 -> 寤 [万葉拾穂抄]

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 異伝 恋情 尫柜蹋

[訓異]ただにあはず,[寛]たたにあはす,

あるはうべなり,[寛]あるはことはり,

いめにだに,[寛]ゆめにたに,

なにしかひとの,[寛]いかなるひとの,

ことのしげけむ,[寛]ことのしけけむ,

[うつつには[寛],

うべもあはなく,[寛]うへもあはすて,

いめにさへ],[寛]ゆめにさへ,


[歌番号]12/2849

[題詞](正述心緒)

[原文]烏玉 彼夢 見継哉 袖乾日無 吾戀矣

[訓読]ぬばたまのその夢にだに見え継ぐや袖干る日なく我れは恋ふるを

[仮名]ぬばたまの そのいめにだに みえつぐや そでふるひなく あれはこふるを

[左注](右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)

[校異]なし

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 枕詞 恋情

[訓異]ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,

そのいめにだに,[寛]そのよのゆめに,

みえつぐや,[寛]みつききや,

そでふるひなく,[寛]そてほすひなき,

あれはこふるを,[寛]わかこふらくを,


[歌番号]12/2850

[題詞](正述心緒)

[原文]現 直不相 夢谷 相見与 我戀國

[訓読]うつつには直には逢はず夢にだに逢ふと見えこそ我が恋ふらくに

[仮名]うつつには ただにはあはず いめにだに あふとみえこそ あがこふらくに

[左注](右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)

[校異]なし

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 恋情

[訓異]うつつには[寛],

ただにはあはず,[寛]たたにもあはす,

いめにだに,[寛]ゆめにたに,

あふとみえこそ,[寛]あふとはみえよ,

あがこふらくに,[寛]わかこふらくに,


[歌番号]12/2851

[題詞]寄物陳思

[原文]人所見 表結 人不見 裏紐開 戀日太

[訓読]人の見る上は結びて人の見ぬ下紐開けて恋ふる日ぞ多き

[仮名]ひとのみる うへはむすびて ひとのみぬ したひもあけて こふるひぞおほき

[左注](右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)

[校異]なし

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 恋情 人目 女歌

[訓異]ひとのみる,[寛]ひとめには,

うへはむすびて,[寛]うへもむすひて,

ひとのみぬ,[寛]しのひには,

したひもあけて,[寛]したひもとけて,

こふるひぞおほき,[寛]こふるひそおほき,


[歌番号]12/2852

[題詞](寄物陳思)

[原文]人言 繁時 吾妹 衣有 裏服矣

[訓読]人言の繁き時には我妹子し衣にありせば下に着ましを

[仮名]ひとごとの しげきときには わぎもこし ころもにありせば したにきましを

[左注](右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)

[校異]なし

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 尫柜蹋 恋情

[訓異]ひとごとの,[寛]ひとことの,

しげきときには,[寛]しけれるときに,

わぎもこし,[寛]わきもこか,

ころもにありせば,[寛]ころもなりせは,

したにきましを[寛],


[歌番号]12/2853

[題詞](寄物陳思)

[原文]真珠<服> 遠兼 念 一重衣 一人服寐

[訓読]真玉つくをちをし兼ねて思へこそ一重の衣ひとり着て寝れ

[仮名]またまつく をちをしかねて おもへこそ ひとへのころも ひとりきてぬれ

[左注](右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)

[校異]眼 -> 服 [古]

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 枕詞 恋情

[訓異]またまつく,[寛]しらたまも,

をちをしかねて,[寛]めにやとほけむ,

おもへこそ,[寛]おもひつつ,

ひとへのころも,[寛]ひとへころもを,

ひとりきてぬれ,[寛]ひとりきてぬる,


[歌番号]12/2854

[題詞](寄物陳思)

[原文]白細布 我紐緒 不絶間 戀結為 及相日

[訓読]白栲の我が紐の緒の絶えぬ間に恋結びせむ逢はむ日までに

[仮名]しろたへの わがひものをの たえぬまに こひむすびせむ あはむひまでに

[左注](右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)

[校異]なし

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 枕詞 恋情

[訓異]しろたへの[寛],

わがひものをの,[寛]わかひものをの,

たえぬまに,[寛]たえすまに,

こひむすびせむ,[寛]こひむすひせむ,

あはむひまでに,[寛]あはむひまてに,


[歌番号]12/2855

[題詞](寄物陳思)

[原文]新<治> 今作路 清 聞鴨 妹於事矣

[訓読]新治の今作る道さやかにも聞きてけるかも妹が上のことを

[仮名]にひはりの いまつくるみち さやかにも ききてけるかも いもがうへのことを

[左注](右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)

[校異]治 [西(上書訂正)][類][古][紀]

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 序詞 恋情 尫柜蹋

[訓異]にひはりの[寛],

いまつくるみち[寛],

さやかにも,[寛]さやけくも,

ききてけるかも,[寛]きこえけるかも,

いもがうへのことを,[寛]いもかうへのこと,


[歌番号]12/2856

[題詞](寄物陳思)

[原文]山代 石田<社> 心鈍 手向為在 妹相難

[訓読]山背の石田の社に心おそく手向けしたれや妹に逢ひかたき

[仮名]やましろの いはたのもりに こころおそく たむけしたれや いもにあひかたき

[左注](右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)

[校異]杜 -> 社 [西(朱書訂正)][類][紀][温]

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 地名 京都府 伏見 恋情

[訓異]やましろの[寛],

いはたのもりに[寛],

こころおそく[寛],

たむけしたれや,[寛]たむけしたれは,

いもにあひかたき[寛],


[歌番号]12/2857

[題詞](寄物陳思)

[原文]菅根之 惻隠々々 照日 乾哉吾袖 於妹不相為

[訓読]菅の根のねもころごろに照る日にも干めや我が袖妹に逢はずして

[仮名]すがのねの ねもころごろに てるひにも ひめやわがそで いもにあはずして

[左注](右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)

[校異]なし

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 枕詞 植物 恋情

[訓異]すがのねの,[寛]すかのねの,

ねもころごろに,[寛]しのひしのひに,

てるひにも,[寛]てらすひに,

ひめやわがそで,[寛]ほすやわかそて,

いもにあはずして,[寛]いもにあはすして,


[歌番号]12/2858

[題詞](寄物陳思)

[原文]妹戀 不寐朝 吹風 妹經者 吾与經

[訓読]妹に恋ひ寐ねぬ朝明に吹く風は妹にし触れば我れさへに触れ

[仮名]いもにこひ いねぬあさけに ふくかぜは いもにしふれば われさへにふれ

[左注](右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)

[校異]与 [細] 共

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 恋情

[訓異]いもにこひ[寛],

いねぬあさけに,[寛]いねぬあしたに,

ふくかぜは,[寛]ふくかせの,

いもにしふれば,[寛]いもにふれなは,

われさへにふれ,[寛]われとふれなむ,


[歌番号]12/2859

[題詞](寄物陳思)

[原文]飛鳥川 高川避紫 越来 信今夜 不明行哉

[訓読]明日香川高川避かし越ゑ来しをまこと今夜は明けずも行かぬか

[仮名]あすかがは たかがはよかし こゑこしを まことこよひは あけずもゆかぬか

[左注](右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)

[校異]高 (塙)(楓) 奈 / 避紫 [万葉集新考](塙)(楓) 柴避

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 地名 明日香 奈良県 恋愛 川渡り 難渋

[訓異]あすかがは,[寛]あすかかは,

たかがはよかし,[寛]たかかはとほし,

こゑこしを,[寛]こえてくる,

まことこよひは,[寛]つかひはこよひ,

あけずもゆかぬか,[寛]あけすゆかめや,


[歌番号]12/2860

[題詞](寄物陳思)

[原文]八<釣>川 水底不絶 行水 續戀 是比歳 [或本歌曰 水尾母不絶]

[訓読]八釣川水底絶えず行く水の継ぎてぞ恋ふるこの年ころを [或本歌曰 水脈も絶えせず]

[仮名]やつりがは みなそこたえず ゆくみづの つぎてぞこふる このとしころを [みをもたえせず]

[左注](右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)

[校異]鈎 -> 釣 [紀][温]

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 地名 明日香 奈良県 異伝 恋情 序詞

[訓異]やつりがは,[寛]やつりかは,

みなそこたえず,[寛]みなそこたえす,

ゆくみづの,[寛]ゆくみつの,

つぎてぞこふる,[寛]つきてそこふる,

このとしころを,[寛]このとしころは,

[みをもたえせず],[寛]みをもたえせす,


[歌番号]12/2861

[題詞](寄物陳思)

[原文]礒上 生小松 名惜 人不知 戀渡鴨

[訓読]礒の上に生ふる小松の名を惜しみ人に知らえず恋ひわたるかも

[仮名]いそのうへに おふるこまつの なををしみ ひとにしらえず こひわたるかも

[左注]或本歌曰 巌上尓 立小松 名惜 人尓者不云 戀渡鴨 (右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)

[校異]なし

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 植物 人目 尫柜蹋 恋情 序詞

[訓異]いそのうへに[寛],

おふるこまつの[寛],

なををしみ[寛],

ひとにしらえず,[寛]ひとにしられす,

こひわたるかも[寛],


[歌番号]12/2861S

[題詞](寄物陳思)或本歌曰

[原文]巌上尓 立小松 名惜 人尓者不云 戀渡鴨

[訓読]岩の上に立てる小松の名を惜しみ人には言はず恋ひわたるかも

[仮名]いはのうへに たてるこまつの なををしみ ひとにはいはず こひわたるかも

[左注](右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)

[校異]なし

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 序詞 植物 人目 尫柜蹋 恋情 異伝

[訓異]いはのうへに[寛],

たてるこまつの[寛],

なををしみ[寛],

ひとにはいはず,[寛]ひとにはいはて,

こひわたるかも[寛],


[歌番号]12/2862

[題詞](寄物陳思)

[原文]山川 水陰生 山草 不止妹 所念鴨

[訓読]山川の水陰に生ふる山菅のやまずも妹は思ほゆるかも

[仮名]やまがはの みづかげにおふる やますげの やまずもいもは おもほゆるかも

[左注](右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)

[校異]なし

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 植物 序詞 恋情

[訓異]やまがはの,[寛]やまかはの,

みづかげにおふる,[寛]みかけにおふる,

やますげの,[寛]やますけの,

やまずもいもは,[寛]やますもいもか,

おもほゆるかも[寛],


[歌番号]12/2863

[題詞](寄物陳思)

[原文]淺葉野 立神古 菅根 惻隠誰故 吾不戀 [或本歌曰 誰葉野尓 立志奈比垂]

[訓読]浅葉野に立ち神さぶる菅の根のねもころ誰がゆゑ我が恋ひなくに [或本歌曰 誰が葉野に立ちしなひたる]

[仮名]あさはのに たちかむさぶる すがのねの ねもころたがゆゑ あがこひなくに [たがはのに たちしなひたる]

[左注]右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

[校異]なし

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 植物 序詞 恋情 異伝

[訓異]あさはのに[寛],

たちかむさぶる,[寛]たつみわこすけ,

すがのねの,[寛]ねかくれて,

ねもころたがゆゑ,[寛]たれゆへにかは,

あがこひなくに,[寛]わかこひさらむ,

[たがはのに,[寛]たかはのに,

たちしなひたる][寛],


[歌番号]12/2864

[題詞]正述心緒

[原文]吾背子乎 且今々々跡 待居尓 夜更深去者 嘆鶴鴨

[訓読]我が背子を今か今かと待ち居るに夜の更けゆけば嘆きつるかも

[仮名]わがせこを いまかいまかと まちゐるに よのふけゆけば なげきつるかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 女歌

[訓異]わがせこを,[寛]わかせこを,

いまかいまかと[寛],

まちゐるに,[寛]まちをるに,

よのふけゆけば,[寛]よのふけゆけは,

なげきつるかも,[寛]なけきつるかも,


[歌番号]12/2865

[題詞](正述心緒)

[原文]玉釼 巻宿妹母 有者許増 夜之長毛 歡有倍吉

[訓読]玉釧まき寝る妹もあらばこそ夜の長けくも嬉しくあるべき

[仮名]たまくしろ まきぬるいもも あらばこそ よのながけくも うれしくあるべき

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋愛

[訓異]たまくしろ,[寛]たまつるき,

まきぬるいもも[寛],

あらばこそ,[寛]あらはこそ,

よのながけくも,[寛]よのなかけきも,

うれしくあるべき,[寛]うれしかるへき,


[歌番号]12/2866

[題詞](正述心緒)

[原文]人妻尓 言者誰事 酢衣乃 此紐解跡 言者孰言

[訓読]人妻に言ふは誰が言さ衣のこの紐解けと言ふは誰が言

[仮名]ひとづまに いふはたがこと さごろもの このひもとけと いふはたがこと

[左注]なし

[校異]なし

[事項]女歌 歌謡

[訓異]ひとづまに,[寛]ひとつまに,

いふはたがこと,[寛]いふはたかこと,

さごろもの,[寛]さころもの,

このひもとけと[寛],

いふはたがこと,[寛]いふはたかこと,


[歌番号]12/2867

[題詞](正述心緒)

[原文]如是許 将戀物其跡 知者 其夜者由多尓 有益物乎

[訓読]かくばかり恋ひむものぞと知らませばその夜はゆたにあらましものを

[仮名]かくばかり こひむものぞと しらませば そのよはゆたに あらましものを

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 未練

[訓異]かくばかり,[寛]かくはかり,

こひむものぞと,[寛]こひむものそと,

しらませば,[寛]しらませは,

そのよはゆたに[寛],

あらましものを[寛],


[歌番号]12/2868

[題詞](正述心緒)

[原文]戀乍毛 後将相跡 思許増 己命乎 長欲為礼

[訓読]恋ひつつも後も逢はむと思へこそおのが命を長く欲りすれ

[仮名]こひつつも のちもあはむと おもへこそ おのがいのちを ながくほりすれ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]こひつつも[寛],

のちもあはむと,[寛]のちにあはむと,

おもへこそ[寛],

おのがいのちを,[寛]おのかいのちを,

ながくほりすれ,[寛]なかくほりすれ,


[歌番号]12/2869

[題詞](正述心緒)

[原文]今者吾者 将死与吾妹 不相而 念渡者 安毛無

[訓読]今は我は死なむよ我妹逢はずして思ひわたれば安けくもなし

[仮名]いまはわは しなむよわぎも あはずして おもひわたれば やすけくもなし

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]いまはわは,[寛]いまはわれ,

しなむよわぎも,[寛]しなむよわきも,

あはずして,[寛]あはすして,

おもひわたれば,[寛]おもひわたれは,

やすけくもなし[寛],


[歌番号]12/2870

[題詞](正述心緒)

[原文]我背子之 将来跡語之 夜者過去 思咲八更々 思許理来目八面

[訓読]我が背子が来むと語りし夜は過ぎぬしゑやさらさらしこり来めやも

[仮名]わがせこが こむとかたりし よはすぎぬ しゑやさらさら しこりこめやも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]女歌 怨恨 恋愛

[訓異]わがせこが,[寛]わかせこか,

こむとかたりし[寛],

よはすぎぬ,[寛]よはすきぬ,

しゑやさらさら[寛],

しこりこめやも[寛],


[歌番号]12/2871

[題詞](正述心緒)

[原文]人言之 讒乎聞而 玉<桙>之 道毛不相常 云吾妹

[訓読]人言の讒しを聞きて玉桙の道にも逢はじと言へりし我妹

[仮名]ひとごとの よこしをききて たまほこの みちにもあはじと いへりしわぎも

[左注]なし

[校異]杵 -> 桙 [細][温][矢][京]

[事項]尫柜蹋 枕詞 恋愛

[訓異]ひとごとの,[寛]ひとことの,

よこしをききて,[寛]よこすをききて,

たまほこの[寛],

みちにもあはじと,[寛]みちにもあはす,

いへりしわぎも,[寛]つねいふわきも,


[歌番号]12/2872

[題詞](正述心緒)

[原文]不相毛 懈常念者 弥益二 人言繁 所聞来可聞

[訓読]逢はなくも憂しと思へばいや増しに人言繁く聞こえ来るかも

[仮名]あはなくも うしとおもへば いやましに ひとごとしげく きこえくるかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]尫柜蹋 恋愛

[訓異]あはなくも,[寛]あはぬをも,

うしとおもへば,[寛]うしとおもへは,

いやましに[寛],

ひとごとしげく,[寛]ひとことしけく,

きこえくるかも,[寛]きこえこむかも,


[歌番号]12/2873

[題詞](正述心緒)

[原文]里人毛 謂告我祢 縦咲也思 戀而毛将死 誰名将有哉

[訓読]里人も語り継ぐがねよしゑやし恋ひても死なむ誰が名ならめや

[仮名]さとびとも かたりつぐがね よしゑやし こひてもしなむ たがなならめや

[左注]なし

[校異]なし

[事項]尫柜蹋 人目 恋愛

[訓異]さとびとも,[寛]さとひとも,

かたりつぐがね,[寛]いひつくかねに,

よしゑやし[寛],

こひてもしなむ[寛],

たがなならめや,[寛]たかなならめや,


[歌番号]12/2874

[題詞](正述心緒)

[原文]り 使乎無跡 情乎曽 使尓遣之 夢所見哉

[訓読]確かなる使をなみと心をぞ使に遣りし夢に見えきや

[仮名]たしかなる つかひをなみと こころをぞ つかひにやりし いめにみえきや

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋愛

[訓異]たしかなる[寛],

つかひをなみと,[寛]つかひをなしと,

こころをぞ,[寛]こころをそ,

つかひにやりし[寛],

いめにみえきや,[寛]ゆめにみえきや,


[歌番号]12/2875

[題詞](正述心緒)

[原文]天地尓 小不至 大夫跡 思之吾耶 <雄>心毛無寸

[訓読]天地に少し至らぬ大夫と思ひし我れや雄心もなき

[仮名]あめつちに すこしいたらぬ ますらをと おもひしわれや をごころもなき

[左注]なし

[校異]雄 [西(上書訂正)][元][紀][細][温]

[事項]恋情

[訓異]あめつちに[寛],

すこしいたらぬ[寛],

ますらをと[寛],

おもひしわれや[寛],

をごころもなき,[寛]をこころもなき,


[歌番号]12/2876

[題詞](正述心緒)

[原文]里近 家<哉>應居 此吾目之 人目乎為乍 戀繁口

[訓読]里近く家や居るべきこの我が目の人目をしつつ恋の繁けく

[仮名]さとちかく いへやをるべき このわがめの ひとめをしつつ こひのしげけく

[左注]なし

[校異]武 -> 哉 [西(右書訂正)][元][紀][細][温] / 目之 [元] 目

[事項]尫柜蹋 人目 恋情

[訓異]さとちかく[寛],

いへやをるべき,[寛]いへやをるへき,

このわがめの,[寛]このわかめの,

ひとめをしつつ[寛],

こひのしげけく,[寛]こひのしけけく,


[歌番号]12/2877

[題詞](正述心緒)

[原文]何時奈毛 不<戀>有登者 雖不有 得田直比来 戀之繁母

[訓読]いつはなも恋ひずありとはあらねどもうたてこのころ恋し繁しも

[仮名]いつはなも こひずありとは あらねども うたてこのころ こひししげしも

[左注]なし

[校異]戀奈毛 -> 戀 [西(訂正)][紀][細][温]

[事項]恋情

[訓異]いつはなも,[寛]いつとなも,

こひずありとは,[寛]こひすありとは,

あらねども,[寛]あらねとも,

うたてこのころ,[寛]うたたこのころ,

こひししげしも,[寛]こひのしけきも,


[歌番号]12/2878

[題詞](正述心緒)

[原文]黒玉之 宿而之晩乃 物念尓 割西る者 息時裳無

[訓読]ぬばたまの寐ねてし宵の物思ひに裂けにし胸はやむ時もなし

[仮名]ぬばたまの いねてしよひの ものもひに さけにしむねは やむときもなし

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 恋情

[訓異]ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,

いねてしよひの,[寛]ねてのゆふへの,

ものもひに,[寛]ものおもひに,

さけにしむねは[寛],

やむときもなし[寛],


[歌番号]12/2879

[題詞](正述心緒)

[原文]三空去 名之惜毛 吾者無 不相日數多 年之經者

[訓読]み空行く名の惜しけくも我れはなし逢はぬ日まねく年の経ぬれば

[仮名]みそらゆく なのをしけくも われはなし あはぬひまねく としのへぬれば

[左注]なし

[校異]なし

[事項]尫柜蹋 恋情

[訓異]みそらゆく[寛],

なのをしけくも[寛],

われはなし[寛],

あはぬひまねく,[寛]あはぬひあまた,

としのへぬれば,[寛]としのへぬれは,


[歌番号]12/2880

[題詞](正述心緒)

[原文]得管二毛 今毛見<壮>鹿 夢耳 手本纒宿登 見者辛苦毛 [或本歌發<句>曰 吾妹兒乎]

[訓読]うつつにも今も見てしか夢のみに手本まき寝と見るは苦しも [或本歌發<句>曰 我妹子を]

[仮名]うつつにも いまもみてしか いめのみに たもとまきぬと みるはくるしも [わぎもこを]

[左注]なし

[校異]社 -> 壮 [元][細][紀] / 勺 -> 句 [元][紀][細]

[事項]異伝 恋情

[訓異]うつつにも[寛],

いまもみてしか[寛],

いめのみに,[寛]ゆめにのみ,

たもとまきぬと[寛],

みるはくるしも,[寛]みれはくるしも,

[わぎもこを],[寛]わきもこを,


[歌番号]12/2881

[題詞](正述心緒)

[原文]立而居 為便乃田時毛 今者無 妹尓不相而 月之經去者 [或本歌曰 君之目不見而 月之經去者]

[訓読]立ちて居てすべのたどきも今はなし妹に逢はずて月の経ぬれば [或本歌曰 君が目見ずて月の経ぬれば]

[仮名]たちてゐて すべのたどきも いまはなし いもにあはずて つきのへぬれば [きみがめみずて つきのへぬれば]

[左注]なし

[校異]なし

[事項]異伝 恋情

[訓異]たちてゐて,[寛]たちてゐる,

すべのたどきも,[寛]すへのたときも,

いまはなし[寛],

いもにあはずて,[寛]いもにあはすて,

つきのへぬれば,[寛]つきのへゆけは,

[きみがめみずて,[寛]きみかめみすて,

つきのへぬれば],[寛]つきのへゆけは,


[歌番号]12/2882

[題詞](正述心緒)

[原文]不相而 戀度等母 忘哉 弥日異者 思益等母

[訓読]逢はずして恋ひわたるとも忘れめやいや日に異には思ひ増すとも

[仮名]あはずして こひわたるとも わすれめや いやひにけには おもひますとも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]あはずして,[寛]あはすして,

こひわたるとも,[寛]こひわたるも,

わすれめや[寛],

いやひにけには[寛],

おもひますとも[寛],


[歌番号]12/2883

[題詞](正述心緒)

[原文]外目毛 君之光儀乎 見而者社 吾戀山目 命不死者 [一云 壽向 吾戀止目]

[訓読]外目にも君が姿を見てばこそ我が恋やまめ命死なずは [一云 命に向ふ我が恋やまめ]

[仮名]よそめにも きみがすがたを みてばこそ あがこひやまめ いのちしなずは [いのちにむかふ あがこひやまめ]

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 異伝

[訓異]よそめにも[寛],

きみがすがたを,[寛]きみかすかたを,

みてばこそ,[寛]みてはこそ,

あがこひやまめ,[寛]われこひやまめ,

いのちしなずは,[寛]いのちしなすは,

[いのちにむかふ[寛],

あがこひやまめ],[寛]わかこひやまめ,


[歌番号]12/2884

[題詞](正述心緒)

[原文]戀管母 今日者在目杼 玉匣 将開明日 如何将暮

[訓読]恋ひつつも今日はあらめど玉櫛笥明けなむ明日をいかに暮らさむ

[仮名]こひつつも けふはあらめど たまくしげ あけなむあすを いかにくらさむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 恋情

[訓異]こひつつも[寛],

けふはあらめど,[寛]けふはあらめと,

たまくしげ,[寛]たまくしけ,

あけなむあすを[寛],

いかにくらさむ,[寛]いかてくらさむ,


[歌番号]12/2885

[題詞](正述心緒)

[原文]左夜深而 妹乎念出 布妙之 枕毛衣世二 <嘆>鶴鴨

[訓読]さ夜更けて妹を思ひ出で敷栲の枕もそよに嘆きつるかも

[仮名]さよふけて いもをおもひいで しきたへの まくらもそよに なげきつるかも

[左注]なし

[校異]歎 -> 嘆 [元][紀][細][温]

[事項]枕詞 恋情

[訓異]さよふけて[寛],

いもをおもひいで,[寛]いもをおもひてて,

しきたへの[寛],

まくらもそよに[寛],

なげきつるかも,[寛]なけきつるかも,


[歌番号]12/2886

[題詞](正述心緒)

[原文]他言者 真言痛 成友 彼所将障 吾尓不有國

[訓読]人言はまこと言痛くなりぬともそこに障らむ我れにあらなくに

[仮名]ひとごとは まことこちたく なりぬとも そこにさはらむ われにあらなくに

[左注]なし

[校異]なし

[事項]尫柜蹋 恋情

[訓異]ひとごとは,[寛]ひとことは,

まことこちたく[寛],

なりぬとも[寛],

そこにさはらむ[寛],

われにあらなくに[寛],


[歌番号]12/2887

[題詞](正述心緒)

[原文]立居 田時毛不知 吾意 天津空有 土者踐鞆

[訓読]立ちて居てたどきも知らず我が心天つ空なり地は踏めども

[仮名]たちてゐて たどきもしらず あがこころ あまつそらなり つちはふめども

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]たちてゐて,[寛]たちゐする,

たどきもしらず,[寛]たときもしらす,

あがこころ,[寛]わかこころ,

あまつそらなり[寛],

つちはふめども,[寛]つちはふめとも,


[歌番号]12/2888

[題詞](正述心緒)

[原文]世間之 人辞常 所念莫 真曽戀之 不相日乎多美

[訓読]世の中の人のことばと思ほすなまことぞ恋ひし逢はぬ日を多み

[仮名]よのなかの ひとのことばと おもほすな まことぞこひし あはぬひをおほみ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]よのなかの[寛],

ひとのことばと,[寛]ひとのことはと,

おもほすな[寛],

まことぞこひし,[寛]まことそこひし,

あはぬひをおほみ[寛],


[歌番号]12/2889

[題詞](正述心緒)

[原文]乞如何 吾幾許戀流 吾妹子之 不相跡言流 事毛有莫國

[訓読]いで如何に我がここだ恋ふる我妹子が逢はじと言へることもあらなくに

[仮名]いでいかに あがここだこふる わぎもこが あはじといへる こともあらなくに

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]いでいかに,[寛]いていかに,

あがここだこふる,[寛]わかかくこふる,

わぎもこが,[寛]わきもこか,

あはじといへる,[寛]あはしといへる,

こともあらなくに[寛],


[歌番号]12/2890

[題詞](正述心緒)

[原文]夜干玉之 夜乎長鴨 吾背子之 夢尓夢西 所見還良武

[訓読]ぬばたまの夜を長みかも我が背子が夢に夢にし見えかへるらむ

[仮名]ぬばたまの よをながみかも わがせこが いめにいめにし みえかへるらむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 恋情

[訓異]ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,

よをながみかも,[寛]よをなかみかも,

わがせこが,[寛]わかせこか,

いめにいめにし,[寛]ゆめにゆめにし,

みえかへるらむ[寛],


[歌番号]12/2891

[題詞](正述心緒)

[原文]荒玉之 年緒長 如此戀者 信吾命 全有目八面

[訓読]あらたまの年の緒長くかく恋ひばまこと我が命全くあらめやも

[仮名]あらたまの としのをながく かくこひば まことわがいのち またくあらめやも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 恋情

[訓異]あらたまの[寛],

としのをながく,[寛]としのをなかく,

かくこひば,[寛]かくこひは,

まことわがいのち,[寛]まことわかいのち,

またくあらめやも,[寛]またからめやも,


[歌番号]12/2892

[題詞](正述心緒)

[原文]思遣 為便乃田時毛 吾者無 不相數多 月之經去者

[訓読]思ひ遣るすべのたどきも我れはなし逢はずてまねく月の経ぬれば

[仮名]おもひやる すべのたどきも われはなし あはずてまねく つきのへぬれば

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]おもひやる[寛],

すべのたどきも,[寛]すへのたときも,

われはなし[寛],

あはずてまねく,[寛]あはすてあまた,

つきのへぬれば,[寛]つきのへゆけは,


[歌番号]12/2893

[題詞](正述心緒)

[原文]朝去而 暮者来座 君故尓 忌々久毛吾者 歎鶴鴨

[訓読]朝去にて夕は来ます君ゆゑにゆゆしくも我は嘆きつるかも

[仮名]あしたいにて ゆふへはきます きみゆゑに ゆゆしくもわは なげきつるかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 女歌

[訓異]あしたいにて,[寛]あさゆきて,

ゆふへはきます[寛],

きみゆゑに,[寛]きみゆへに,

ゆゆしくもわは,[寛]ゆゆしくもわれは,

なげきつるかも,[寛]なけきつるかも,


[歌番号]12/2894

[題詞](正述心緒)

[原文]従聞 物乎念者 我る者 破而摧而 鋒心無

[訓読]聞きしより物を思へば我が胸は破れて砕けて利心もなし

[仮名]ききしより ものをおもへば あがむねは われてくだけて とごころもなし

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]ききしより[寛],

ものをおもへば,[寛]ものをおもへは,

あがむねは,[寛]わかむねは,

われてくだけて,[寛]われてくたけて,

とごころもなし,[寛]とこころもなし,


[歌番号]12/2895

[題詞](正述心緒)

[原文]人言乎 繁三言痛三 我妹子二 去月従 未相可母

[訓読]人言を繁み言痛み我妹子に去にし月よりいまだ逢はぬかも

[仮名]ひとごとを しげみこちたみ わぎもこに いにしつきより いまだあはぬかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]尫柜蹋 恋情

[訓異]ひとごとを,[寛]ひとことを,

しげみこちたみ,[寛]しけみこちたみ,

わぎもこに,[寛]わきもこに,

いにしつきより[寛],

いまだあはぬかも,[寛]いまたあはぬかも,


[歌番号]12/2896

[題詞](正述心緒)

[原文]歌方毛 曰管毛有鹿 吾有者 地庭不落 空消生

[訓読]うたがたも言ひつつもあるか我れならば地には落ちず空に消なまし

[仮名]うたがたも いひつつもあるか われならば つちにはおちず そらにけなまし

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]うたがたも,[寛]うたかたも,

いひつつもあるか[寛],

われならば,[寛]われならは,

つちにはおちず,[寛]つちにはおちし,

そらにけなまし[寛],


[歌番号]12/2897

[題詞](正述心緒)

[原文]何 日之時可毛 吾妹子之 裳引之容儀 朝尓食尓将見

[訓読]いかならむ日の時にかも我妹子が裳引きの姿朝に日に見む

[仮名]いかならむ ひのときにかも わぎもこが もびきのすがた あさにけにみむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]いかならむ,[寛]いかならん,

ひのときにかも[寛],

わぎもこが,[寛]わきもこか,

もびきのすがた,[寛]もひきのすかた,

あさにけにみむ[寛],


[歌番号]12/2898

[題詞](正述心緒)

[原文]獨居而 戀者辛苦 玉手次 不懸将忘 言量欲

[訓読]ひとり居て恋ふるは苦し玉たすき懸けず忘れむ事計りもが

[仮名]ひとりゐて こふるはくるし たまたすき かけずわすれむ ことはかりもが

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 恋情

[訓異]ひとりゐて[寛],

こふるはくるし[寛],

たまたすき[寛],

かけずわすれむ,[寛]かけてわすれむ,

ことはかりもが,[寛]ことはかりせよ,


[歌番号]12/2899

[題詞](正述心緒)

[原文]中々二 黙然毛有申尾 小豆無 相見始而毛 吾者戀香

[訓読]なかなかに黙もあらましをあづきなく相見そめても我れは恋ふるか

[仮名]なかなかに もだもあらましを あづきなく あひみそめても あれはこふるか

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]なかなかに[寛],

もだもあらましを,[寛]もたもあらましを,

あづきなく,[寛]あちきなく,

あひみそめても[寛],

あれはこふるか,[寛]われはこふるか,


[歌番号]12/2900

[題詞](正述心緒)

[原文]吾妹子之 咲眉引 面影 懸而本名 所念可毛

[訓読]我妹子が笑まひ眉引き面影にかかりてもとな思ほゆるかも

[仮名]わぎもこが ゑまひまよびき おもかげに かかりてもとな おもほゆるかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]わぎもこが,[寛]わきもこか,

ゑまひまよびき,[寛]ゑまひまよひき,

おもかげに,[寛]おもかけに,

かかりてもとな[寛],

おもほゆるかも[寛],


[歌番号]12/2901

[題詞](正述心緒)

[原文]赤根指 日之暮去者 為便乎無三 千遍嘆而 戀乍曽居

[訓読]あかねさす日の暮れゆけばすべをなみ千たび嘆きて恋ひつつぞ居る

[仮名]あかねさす ひのくれゆけば すべをなみ ちたびなげきて こひつつぞをる

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 恋情

[訓異]あかねさす[寛],

ひのくれゆけば,[寛]ひのくれゆけは,

すべをなみ,[寛]すへをなみ,

ちたびなげきて,[寛]ちへになけきて,

こひつつぞをる,[寛]こひつつそをる,


[歌番号]12/2902

[題詞](正述心緒)

[原文]吾戀者 夜晝不別 百重成 情之念者 甚為便無

[訓読]我が恋は夜昼わかず百重なす心し思へばいたもすべなし

[仮名]あがこひは よるひるわかず ももへなす こころしおもへば いたもすべなし

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]あがこひは,[寛]わかこひは,

よるひるわかず,[寛]よるひるわかす,

ももへなす,[寛]ももへなる,

こころしおもへば,[寛]こころしおもへは,

いたもすべなし,[寛]いともすへなし,


[歌番号]12/2903

[題詞](正述心緒)

[原文]五十殿寸太 薄寸眉根乎 徒 令掻管 不相人可母

[訓読]いとのきて薄き眉根をいたづらに掻かしめつつも逢はぬ人かも

[仮名]いとのきて うすきまよねを いたづらに かかしめつつも あはぬひとかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]いとのきて[寛],

うすきまよねを,[寛]うすきまゆねを,

いたづらに,[寛]いたつらに,

かかしめつつも[寛],

あはぬひとかも[寛],


[歌番号]12/2904

[題詞](正述心緒)

[原文]戀々而 後裳将相常 名草漏 心四無者 五十寸手有目八面

[訓読]恋ひ恋ひて後も逢はむと慰もる心しなくは生きてあらめやも

[仮名]こひこひて のちもあはむと なぐさもる こころしなくは いきてあらめやも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]こひこひて[寛],

のちもあはむと[寛],

なぐさもる,[寛]なくさむる,

こころしなくは[寛],

いきてあらめやも[寛],


[歌番号]12/2905

[題詞](正述心緒)

[原文]幾 不生有命乎 戀管曽 吾者氣衝 人尓不所知

[訓読]いくばくも生けらじ命を恋ひつつぞ我れは息づく人に知らえず

[仮名]いくばくも いけらじいのちを こひつつぞ われはいきづく ひとにしらえず

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]いくばくも,[寛]いくはくも,

いけらじいのちを,[寛]いけらしいのちを,

こひつつぞ,[寛]こひつつそ,

われはいきづく,[寛]われはいきつく,

ひとにしらえず,[寛]ひとにしられす,


[歌番号]12/2906

[題詞](正述心緒)

[原文]他國尓 結婚尓行而 大刀之緒毛 未解者 左夜曽明家流

[訓読]他国によばひに行きて大刀が緒もいまだ解かねばさ夜ぞ明けにける

[仮名]ひとくにに よばひにゆきて たちがをも いまだとかねば さよぞあけにける

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋愛

[訓異]ひとくにに[寛],

よばひにゆきて,[寛]よはひにゆきて,

たちがをも,[寛]たちのをも,

いまだとかねば,[寛]またとけされは,

さよぞあけにける,[寛]さよそあけにける,


[歌番号]12/2907

[題詞](正述心緒)

[原文]大夫之 <聡>神毛 今者無 戀之奴尓 吾者可死

[訓読]ますらをの聡き心も今はなし恋の奴に我れは死ぬべし

[仮名]ますらをの さときこころも いまはなし こひのやつこに われはしぬべし

[左注]なし

[校異]聴 -> 聡 [西(訂正頭書)][元][紀][細][温]

[事項]恋情

[訓異]ますらをの[寛],

さときこころも[寛],

いまはなし[寛],

こひのやつこに[寛],

われはしぬべし,[寛]われはしぬへし,


[歌番号]12/2908

[題詞](正述心緒)

[原文]常如是 戀者辛苦 蹔毛 心安目六 事計為与

[訓読]常かくし恋ふれば苦ししましくも心休めむ事計りせよ

[仮名]つねかくし こふればくるし しましくも こころやすめむ ことはかりせよ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]つねかくし,[寛]つねにかく,

こふればくるし,[寛]こふれはくるし,

しましくも,[寛]しはらくも,

こころやすめむ[寛],

ことはかりせよ[寛],


[歌番号]12/2909

[題詞](正述心緒)

[原文]凡尓 吾之念者 人妻尓 有云妹尓 戀管有米也

[訓読]おほろかに我れし思はば人妻にありといふ妹に恋ひつつあらめや

[仮名]おほろかに われしおもはば ひとづまに ありといふいもに こひつつあらめや

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]おほろかに,[寛]おほよそに,

われしおもはば,[寛]われしおもはは,

ひとづまに,[寛]ひとつまに,

ありといふいもに[寛],

こひつつあらめや[寛],


[歌番号]12/2910

[題詞](正述心緒)

[原文]心者 千重百重 思有杼 人目乎多見 妹尓不相可母

[訓読]心には千重に百重に思へれど人目を多み妹に逢はぬかも

[仮名]こころには ちへにももへに おもへれど ひとめをおほみ いもにあはぬかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 人目 尫柜蹋

[訓異]こころには[寛],

ちへにももへに[寛],

おもへれど,[寛]おもへれと,

ひとめをおほみ[寛],

いもにあはぬかも[寛],


[歌番号]12/2911

[題詞](正述心緒)

[原文]人目多見 眼社忍礼 小毛 心中尓 吾念莫國

[訓読]人目多み目こそ忍ぶれすくなくも心のうちに我が思はなくに

[仮名]ひとめおほみ めこそしのぶれ すくなくも こころのうちに わがおもはなくに

[左注]なし

[校異]なし

[事項]人目 尫柜蹋 恋情

[訓異]ひとめおほみ[寛],

めこそしのぶれ,[寛]めこそしのふれ,

すくなくも[寛],

こころのうちに[寛],

わがおもはなくに,[寛]わかおもはなくに,


[歌番号]12/2912

[題詞](正述心緒)

[原文]人見而 事害目不為 夢尓吾 今夜将至 屋戸閇勿勤

[訓読]人の見て言とがめせぬ夢に我れ今夜至らむ宿閉すなゆめ

[仮名]ひとのみて こととがめせぬ いめにわれ こよひいたらむ やどさすなゆめ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]人目 尫柜蹋 恋情

[訓異]ひとのみて[寛],

こととがめせぬ,[寛]こととかめせぬ,

いめにわれ,[寛]ゆめにわれ,

こよひいたらむ[寛],

やどさすなゆめ,[寛]やとさすなゆめ,


[歌番号]12/2913

[題詞](正述心緒)

[原文]何時左右二 将生命曽 凡者 戀乍不有者 死上有

[訓読]いつまでに生かむ命ぞおほかたは恋ひつつあらずは死なましものを

[仮名]いつまでに いかむいのちぞ おほかたは こひつつあらずは しなましものを

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]いつまでに,[寛]いつまてに,

いかむいのちぞ,[寛]いかむいのちそ,

おほかたは,[寛]おほよそは,

こひつつあらずは,[寛]こひつつあらすは,

しなましものを,[寛]しぬるまされり,


[歌番号]12/2914

[題詞](正述心緒)

[原文]<愛>等 念吾妹乎 夢見而 起而探尓 無之不怜

[訓読]愛しと思ふ我妹を夢に見て起きて探るになきが寂しさ

[仮名]うつくしと おもふわぎもを いめにみて おきてさぐるに なきがさぶしさ

[左注]なし

[校異]愛 [西(上書訂正)][元][紀][細][温]

[事項]恋情 遊仙窟

[訓異]うつくしと[寛],

おもふわぎもを,[寛]おもふわきもを,

いめにみて,[寛]ゆめにみて,

おきてさぐるに,[寛]おきてさくるに,

なきがさぶしさ,[寛]なきかさひしさ,


[歌番号]12/2915

[題詞](正述心緒)

[原文]妹登曰者 無礼恐 然為蟹 懸巻欲 言尓有鴨

[訓読]妹と言はばなめし畏ししかすがに懸けまく欲しき言にあるかも

[仮名]いもといはば なめしかしこし しかすがに かけまくほしき ことにあるかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋愛

[訓異]いもといはば,[寛]いもといへは,

なめしかしこし,[寛]なけれかしこし,

しかすがに,[寛]しかすかに,

かけまくほしき[寛],

ことにあるかも,[寛]われにあるかも,


[歌番号]12/2916

[題詞](正述心緒)

[原文]玉勝間 相登云者 誰有香 相有時左倍 面隠為

[訓読]玉かつま逢はむと言ふは誰れなるか逢へる時さへ面隠しする

[仮名]たまかつま あはむといふは たれなるか あへるときさへ おもかくしする

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 恋愛

[訓異]たまかつま[寛],

あはむといふは[寛],

たれなるか[寛],

あへるときさへ[寛],

おもかくしする,[寛]おもかくれする,


[歌番号]12/2917

[題詞](正述心緒)

[原文]寤香 妹之来座有 夢可毛 吾香惑流 戀之繁尓

[訓読]うつつにか妹が来ませる夢にかも我れか惑へる恋の繁きに

[仮名]うつつにか いもがきませる いめにかも われかまとへる こひのしげきに

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]うつつにか[寛],

いもがきませる,[寛]いもかきませる,

いめにかも,[寛]ゆめにかも,

われかまとへる[寛],

こひのしげきに,[寛]こひのしけきに,


[歌番号]12/2918

[題詞](正述心緒)

[原文]大方者 何鴨将戀 言擧不為 妹尓依宿牟 年者近<綬>

[訓読]おほかたは何かも恋ひむ言挙げせず妹に寄り寝む年は近きを

[仮名]おほかたは なにかもこひむ ことあげせず いもによりねむ としはちかきを

[左注]なし

[校異]絞 -> 綬 [元][紀][矢][京]

[事項]恋情

[訓異]おほかたは[寛],

なにかもこひむ[寛],

ことあげせず,[寛]ことあけせす,

いもによりねむ[寛],

としはちかきを[寛],


[歌番号]12/2919

[題詞](正述心緒)

[原文]二為而 結之紐乎 一為而 吾者解不見 直相及者

[訓読]ふたりして結びし紐をひとりして我れは解きみじ直に逢ふまでは

[仮名]ふたりして むすびしひもを ひとりして あれはときみじ ただにあふまでは

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 羈旅

[訓異]ふたりして[寛],

むすびしひもを,[寛]むすひしひもを,

ひとりして[寛],

あれはときみじ,[寛]われはときみし,

ただにあふまでは,[寛]たたにあふまては,


[歌番号]12/2920

[題詞](正述心緒)

[原文]終命 此者不念 唯毛 妹尓不相 言乎之曽念

[訓読]終へむ命ここは思はずただしくも妹に逢はざることをしぞ思ふ

[仮名]をへむいのち ここはおもはず ただしくも いもにあはざる ことをしぞおもふ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]をへむいのち,[寛]しなむいのち,

ここはおもはず,[寛]ころはおもはす,

ただしくも,[寛]たたしくも,

いもにあはざる,[寛]いもにあはさる,

ことをしぞおもふ,[寛]ことをしそおもふ,


[歌番号]12/2921

[題詞](正述心緒)

[原文]幼婦者 同情 須臾 止時毛無久 将見等曽念

[訓読]たわや女は同じ心にしましくもやむ時もなく見てむとぞ思ふ

[仮名]たわやめは おやじこころに しましくも やむときもなく みてむとぞおもふ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 女歌

[訓異]たわやめは,[寛]をとめこは,

おやじこころに,[寛]おなしこころに,

しましくも,[寛]しはらくも,

やむときもなく[寛],

みてむとぞおもふ,[寛]みなむとそおもふ,


[歌番号]12/2922

[題詞](正述心緒)

[原文]夕去者 於君将相跡 念許<増> 日之晩毛 悞有家礼

[訓読]夕さらば君に逢はむと思へこそ日の暮るらくも嬉しくありけれ

[仮名]ゆふさらば きみにあはむと おもへこそ ひのくるらくも うれしくありけれ

[左注]なし

[校異]憎 -> 増 [元][紀][温][京]

[事項]恋情 女歌

[訓異]ゆふさらば,[寛]ゆふされは,

きみにあはむと[寛],

おもへこそ[寛],

ひのくるらくも[寛],

うれしくありけれ,[寛]うれしかりなれ,


[歌番号]12/2923

[題詞](正述心緒)

[原文]直今日毛 君尓波相目跡 人言乎 繁不相而 戀度鴨

[訓読]ただ今日も君には逢はめど人言を繁み逢はずて恋ひわたるかも

[仮名]ただけふも きみにはあはめど ひとごとを しげみあはずて こひわたるかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 尫柜蹋 女歌

[訓異]ただけふも,[寛]たたけふも,

きみにはあはめど,[寛]きみにはあはめと,

ひとごとを,[寛]ひとことを,

しげみあはずて,[寛]しけみあはすて,

こひわたるかも[寛],


[歌番号]12/2924

[題詞](正述心緒)

[原文]世間尓 戀将繁跡 不念者 君之手本乎 不枕夜毛有寸

[訓読]世の中に恋繁けむと思はねば君が手本をまかぬ夜もありき

[仮名]よのなかに こひしげけむと おもはねば きみがたもとを まかぬよもありき

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 女歌

[訓異]よのなかに[寛],

こひしげけむと,[寛]こひしけけむと,

おもはねば,[寛]おもはねは,

きみがたもとを,[寛]きみかたもとを,

まかぬよもありき[寛],


[歌番号]12/2925

[題詞](正述心緒)

[原文]緑兒之 為社乳母者 求云 乳飲哉君之 於毛求覧

[訓読]みどり子のためこそ乳母は求むと言へ乳飲めや君が乳母求むらむ

[仮名]みどりこの ためこそおもは もとむといへ ちのめやきみが おももとむらむ

[左注]なし

[校異]社 [西(訂正)] 杜

[事項]恋愛 女歌 戯歌

[訓異]みどりこの,[寛]みとりこし,

ためこそおもは,[寛]すもりめのとは,

もとむといへ,[寛]もとむてふ,

ちのめやきみが,[寛]ちのめやきみか,

おももとむらむ[寛],


[歌番号]12/2926

[題詞](正述心緒)

[原文]悔毛 老尓来鴨 我背子之 求流乳母尓 行益物乎

[訓読]悔しくも老いにけるかも我が背子が求むる乳母に行かましものを

[仮名]くやしくも おいにけるかも わがせこが もとむるおもに ゆかましものを

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋愛 戯歌

[訓異]くやしくも[寛],

おいにけるかも,[寛]おひにけるかも,

わがせこが,[寛]わかせこか,

もとむるおもに,[寛]とむるめのとに,

ゆかましものを[寛],


[歌番号]12/2927

[題詞](正述心緒)

[原文]浦觸而 可例西袖S 又巻者 過西戀<以> 乱今可聞

[訓読]うらぶれて離れにし袖をまたまかば過ぎにし恋い乱れ来むかも

[仮名]うらぶれて かれにしそでを またまかば すぎにしこひい みだれこむかも

[左注]なし

[校異]也 -> 以 [元]

[事項]恋情

[訓異]うらぶれて,[寛]うらふれて,

かれにしそでを,[寛]かれにしそてを,

またまかば,[寛]またまかは,

すぎにしこひい,[寛]すきにしこひや,

みだれこむかも,[寛]みたれこむかも,


[歌番号]12/2928

[題詞](正述心緒)

[原文]各寺師 人死為良思 妹尓戀 日異羸沼 人丹不所知

[訓読]おのがじし人死にすらし妹に恋ひ日に異に痩せぬ人に知らえず

[仮名]おのがじし ひとしにすらし いもにこひ ひにけにやせぬ ひとにしらえず

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]おのがじし,[寛]おのかしし,

ひとしにすらし[寛],

いもにこひ[寛],

ひにけにやせぬ[寛],

ひとにしらえず,[寛]ひとにしらせす,


[歌番号]12/2929

[題詞](正述心緒)

[原文]夕々 吾立待尓 若雲 君不来益者 應辛苦

[訓読]宵々に我が立ち待つにけだしくも君来まさずは苦しかるべし

[仮名]よひよひに わがたちまつに けだしくも きみきまさずは くるしかるべし

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 女歌

[訓異]よひよひに[寛],

わがたちまつに,[寛]わかたちまつに,

けだしくも,[寛]そこはくも,

きみきまさずは,[寛]きみきまさすは,

くるしかるべし,[寛]くるしかるへし,


[歌番号]12/2930

[題詞](正述心緒)

[原文]生代尓 戀云物乎 相不見者 戀中尓毛 吾曽苦寸

[訓読]生ける世に恋といふものを相見ねば恋のうちにも我れぞ苦しき

[仮名]いけるよに こひといふものを あひみねば こひのうちにも われぞくるしき

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 女歌


[訓異]いけるよに[寛],

こひといふものを,[寛]こひてふものを,

あひみねば,[寛]あひみねは,

こひのうちにも[寛],

われぞくるしき,[寛]われそくるしき,


[歌番号]12/2931

[題詞](正述心緒)

[原文]念管 座者苦毛 夜干玉之 夜尓至者 吾社湯龜

[訓読]思ひつつ居れば苦しもぬばたまの夜に至らば我れこそ行かめ

[仮名]おもひつつ をればくるしも ぬばたまの よるにいたらば われこそゆかめ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 女歌 恋情

[訓異]おもひつつ[寛],

をればくるしも,[寛]をれはくるしも,

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,

よるにいたらば,[寛]よるにしならは,

われこそゆかめ[寛],


[歌番号]12/2932

[題詞](正述心緒)

[原文]情庭 燎而念杼 虚蝉之 人目乎繁 妹尓不相鴨

[訓読]心には燃えて思へどうつせみの人目を繁み妹に逢はぬかも

[仮名]こころには もえておもへど うつせみの ひとめをしげみ いもにあはぬかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]人目 尫柜蹋 恋情

[訓異]こころには[寛],

もえておもへど,[寛]もえておもへと,

うつせみの[寛],

ひとめをしげみ,[寛]ひとめをしけみ,

いもにあはぬかも[寛],


[歌番号]12/2933

[題詞](正述心緒)

[原文]不相念 公者雖座 肩戀丹 吾者衣戀 君之光儀

[訓読]相思はず君はまさめど片恋に我れはぞ恋ふる君が姿に

[仮名]あひおもはず きみはまさめど かたこひに あれはぞこふる きみがすがたに

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 女歌

[訓異]あひおもはず,[寛]あひおもはす,

きみはまさめど,[寛]きみはませとも,

かたこひに[寛],

あれはぞこふる,[寛]あれはそこふる,

きみがすがたに,[寛]きみかすかたを,


[歌番号]12/2934

[題詞](正述心緒)

[原文]味澤相 目者非不飽 携 不問事毛 苦勞有来

[訓読]あぢさはふ目は飽かざらねたづさはり言とはなくも苦しくありけり

[仮名]あぢさはふ めはあかざらね たづさはり こととはなくも くるしくありけり

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 恋情

[訓異]あぢさはふ,[寛]あちさはふ,

めはあかざらね,[寛]

たづさはり,[寛]たつさはり,

こととはなくも,[寛]とはれぬことも,

くるしくありけり,[寛]くるしかりけり,


[歌番号]12/2935

[題詞](正述心緒)

[原文]璞之 年緒永 何時左右鹿 我戀将居 壽不知而

[訓読]あらたまの年の緒長くいつまでか我が恋ひ居らむ命知らずて

[仮名]あらたまの としのをながく いつまでか あがこひをらむ いのちしらずて

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 恋情

[訓異]あらたまの[寛],

としのをながく,[寛]としのをなかく,

いつまでか,[寛]いつまてか,

あがこひをらむ,[寛]わかこひをらむ,

いのちしらずて,[寛]いおちしらすて,


[歌番号]12/2936

[題詞](正述心緒)

[原文]今者吾者 指南与我兄 戀為者 一夜一日毛 安毛無

[訓読]今は我は死なむよ我が背恋すれば一夜一日も安けくもなし

[仮名]いまはわは しなむよわがせ こひすれば ひとよひとひも やすけくもなし

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 女歌

[訓異]いまはわは,[寛]いまはわれは,

しなむよわがせ,[寛]しなむよわかせ,

こひすれば,[寛]こひすれは,

ひとよひとひも[寛],

やすけくもなし[寛],


[歌番号]12/2937

[題詞](正述心緒)

[原文]白細布之 袖<折>反 戀者香 妹之容儀乃 夢二四三湯流

[訓読]白栲の袖折り返し恋ふればか妹が姿の夢にし見ゆる

[仮名]しろたへの そでをりかへし こふればか いもがすがたの いめにしみゆる

[左注]なし

[校異]打 -> 折 [元][紀][細][温]

[事項]枕詞 恋情

[訓異]しろたへの[寛],

そでをりかへし,[寛]そてをりかへし,

こふればか,[寛]こふれはか,

いもがすがたの,[寛]いもかすかたの,

いめにしみゆる,[寛]ゆめにしみゆる,


[歌番号]12/2938

[題詞](正述心緒)

[原文]人言乎 繁三毛人髪三 我兄子乎 目者雖見 相因毛無

[訓読]人言を繁み言痛み我が背子を目には見れども逢ふよしもなし

[仮名]ひとごとを しげみこちたみ わがせこを めにはみれども あふよしもなし

[左注]なし

[校異]なし

[事項]尫柜蹋 女歌 恋情

[訓異]ひとごとを,[寛]ひとことを,

しげみこちたみ,[寛]しけみこちたみ,

わがせこを,[寛]わかせこを,

めにはみれども,[寛]めにはみれとも,

あふよしもなし[寛],


[歌番号]12/2939

[題詞](正述心緒)

[原文]戀云者 薄事有 雖然 我者不忘 戀者死十万

[訓読]恋と言へば薄きことなりしかれども我れは忘れじ恋ひは死ぬとも

[仮名]こひといへば うすきことなり しかれども われはわすれじ こひはしぬとも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]こひといへば,[寛]こひといへは,

うすきことなり,[寛]うすきことあり,

しかれども,[寛]しかれとも,

われはわすれじ,[寛]われはわすれす,

こひはしぬとも[寛],


[歌番号]12/2940

[題詞](正述心緒)

[原文]中々二 死者安六 出日之 入別不知 吾四九流四毛

[訓読]なかなかに死なば安けむ出づる日の入る別知らぬ我れし苦しも

[仮名]なかなかに しなばやすけむ いづるひの いるわきしらぬ われしくるしも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]なかなかに[寛],

しなばやすけむ,[寛]しなはやすけむ,

いづるひの,[寛]いつるひの,

いるわきしらぬ,[寛]いるわきしらす,

われしくるしも[寛],


[歌番号]12/2941

[題詞](正述心緒)

[原文]念八流 <跡>状毛我者 今者無 妹二不相而 年之經行者

[訓読]思ひ遣るたどきも我れは今はなし妹に逢はずて年の経ぬれば

[仮名]おもひやる たどきもわれは いまはなし いもにあはずて としのへぬれば

[左注]なし

[校異]<> -> 跡 [元][紀][細][温]

[事項]恋情

[訓異]おもひやる,[寛]おもはると,

たどきもわれは,[寛]かたちもわれは,

いまはなし[寛],

いもにあはずて,[寛]いもにあはすて,

としのへぬれば,[寛]としのへゆけは,


[歌番号]12/2942

[題詞](正述心緒)

[原文]吾兄子尓 戀跡二四有四 小兒之 夜哭乎為乍 宿不勝苦者

[訓読]我が背子に恋ふとにしあらしみどり子の夜泣きをしつつ寐ねかてなくは

[仮名]わがせこに こふとにしあらし みどりこの よなきをしつつ いねかてなくは

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 女歌

[訓異]わがせこに,[寛]わかせこに,

こふとにしあらし,[寛]こふとにしあらし,

みどりこの,[寛]みとりこの,

よなきをしつつ[寛],

いねかてなくは,[寛]いねかてらくは,


[歌番号]12/2943

[題詞](正述心緒)

[原文]我命之 長欲家口 偽乎 好為人乎 執許乎

[訓読]我が命の長く欲しけく偽りをよくする人を捕ふばかりを

[仮名]わがいのちの ながくほしけく いつはりを よくするひとを とらふばかりを

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 怨恨 戯歌

[訓異]わがいのちの,[寛]わかいのちの,

ながくほしけく,[寛]なかくほしけく,

いつはりを[寛],

よくするひとを[寛],

とらふばかりを,[寛]とらふはかりを,


[歌番号]12/2944

[題詞](正述心緒)

[原文]人言 繁跡妹 不相 情裏 戀比日

[訓読]人言を繁みと妹に逢はずして心のうちに恋ふるこのころ

[仮名]ひとごとを しげみといもに あはずして こころのうちに こふるこのころ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]尫柜蹋 恋情

[訓異]ひとごとを,[寛]ひとことを,

しげみといもに,[寛]しけしといもに,

あはずして,[寛]あはすして,

こころのうちに[寛],

こふるこのころ[寛],


[歌番号]12/2945

[題詞](正述心緒)

[原文]玉<梓>之 君之使乎 待之夜乃 名凝其今毛 不宿夜乃大寸

[訓読]玉梓の君が使を待ちし夜のなごりぞ今も寐ねぬ夜の多き

[仮名]たまづさの きみがつかひを まちしよの なごりぞいまも いねぬよのおほき

[左注]なし

[校異]桙 -> 梓 [西(左書)][元][紀][細][温]

[事項]枕詞 恋情 女歌

[訓異]たまづさの,[寛]たまつさの,

きみがつかひを,[寛]きみかつかひを,

まちしよの[寛],

なごりぞいまも,[寛]なこりそいまも,

いねぬよのおほき[寛],


[歌番号]12/2946

[題詞](正述心緒)

[原文]玉桙之 道尓行相而 外目耳毛 見者吉子乎 何時鹿将待

[訓読]玉桙の道に行き逢ひて外目にも見ればよき子をいつとか待たむ

[仮名]たまほこの みちにゆきあひて よそめにも みればよきこを いつとかまたむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 恋情

[訓異]たまほこの[寛],

みちにゆきあひて[寛],

よそめにも[寛],

みればよきこを,[寛]みれはよきこを,

いつとかまたむ,[寛]いつしかまたむ,


[歌番号]12/2947

[題詞](正述心緒)

[原文]念西 餘西鹿齒 為便乎無美 吾者五十日手寸 應忌鬼尾

[訓読]思ひにしあまりにしかばすべをなみ我れは言ひてき忌むべきものを

[仮名]おもひにし あまりにしかば すべをなみ われはいひてき いむべきものを

[左注]或本歌曰 門出而 吾反側乎 人見<監>可毛 [一云 無乏 出行 家當見] 柿本朝臣人麻呂歌集云 尓保鳥之 奈<津>柴<比>来乎 人見鴨

[校異]濫 -> 監 [元][紀][細][温] / 流 -> 津 [元][紀][細][温] / 汁 -> 比 [西(訂正右書)][紀][細][温]

[事項]異伝 非略体 恋情 尫柜蹋 作者:柿本人麻呂歌集

[訓異]おもひにし[寛],

あまりにしかば,[寛]あまりにしかは,

すべをなみ,[寛]すへをなみ,

われはいひてき[寛],

いむべきものを,[寛]いむへきものを,


[歌番号]12/2947S1

[題詞](正述心緒)或本歌曰

[原文]門出而 吾反側乎 人見<監>可毛 [一云 無乏 出行 家當見]

[訓読]門に出でて我が臥い伏すを人見けむかも [一云 すべをなみ出でてぞ行きし家のあたり見に]

[仮名]かどにいでて わがこいふすを ひとみけむかも [ すべをなみ いでてぞゆきし いへのあたりみに]

[左注]なし

[校異]なし

[事項]異伝 或本 恋情 尫柜蹋 人目

[訓異]かどにいでて,[寛]かとにいてて,

わがこいふすを,[寛]わかこひふすを,

ひとみけむかも,[寛]ひとみけるかも,

[,すべをなみ,[寛]すへなくも,

いでてぞゆきし,[寛]いてあるきてそ,

いへのあたりみに],[寛]いへのあたりみし,


[歌番号]12/2947S2

[題詞](正述心緒)柿本朝臣人麻呂歌集云

[原文]尓保鳥之 奈<津>柴<比>来乎 人見鴨

[訓読]にほ鳥のなづさひ来しを人見けむかも

[仮名]にほどりの なづさひこしを ひとみけむかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 異伝 非略体 恋情 枕詞 人目

[訓異]にほどりの,[寛]にほとりの,

なづさひこしを,[寛]なつさひこしを,

ひとみけむかも,[寛]ひとみけんかも,


[歌番号]12/2948

[題詞](正述心緒)

[原文]明日者 其門将去 出而見与 戀有容儀 數知兼

[訓読]明日の日はその門行かむ出でて見よ恋ひたる姿あまたしるけむ

[仮名]あすのひは そのかどゆかむ いでてみよ こひたるすがた あまたしるけむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]あすのひは,[寛]あけむひは,

そのかどゆかむ,[寛]そのかとゆかむ,

いでてみよ,[寛]いててみよ,

こひたるすがた,[寛]こひたるすかた,

あまたしるけむ[寛],


[歌番号]12/2949

[題詞](正述心緒)

[原文]得田價異 心欝悒 事計 吉為吾兄子 相有時谷

[訓読]うたて異に心いぶせし事計りよくせ我が背子逢へる時だに

[仮名]うたてけに こころいぶせし ことはかり よくせわがせこ あへるときだに

[左注]なし

[校異]なし

[事項]女歌 恋情

[訓異]うたてけに,[寛]うたかへる,

こころいぶせし,[寛]こころいふかし,

ことはかり[寛],

よくせわがせこ,[寛]よくせよわかせこ,

あへるときだに,[寛]あへるときたに,


[歌番号]12/2950

[題詞](正述心緒)

[原文]吾妹子之 夜戸出乃光儀 見而之従 情空有 地者雖踐

[訓読]我妹子が夜戸出の姿見てしより心空なり地は踏めども

[仮名]わぎもこが よとでのすがた みてしより こころそらなり つちはふめども

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]わぎもこが,[寛]わきもこか,

よとでのすがた,[寛]よとてのすかた,

みてしより[寛],

こころそらなり,[寛]こころそらなる,

つちはふめども,[寛]つちはふめとも,


[歌番号]12/2951

[題詞](正述心緒)

[原文]海石榴市之 八十衢尓 立平之 結紐乎 解巻惜毛

[訓読]海石榴市の八十の街に立ち平し結びし紐を解かまく惜しも

[仮名]つばいちの やそのちまたに たちならし むすびしひもを とかまくをしも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 桜井 奈良県 恋情 歌垣

[訓異]つばいちの,[寛]つはいちの,

やそのちまたに[寛],

たちならし[寛],

むすびしひもを,[寛]むすひしひもを,

とかまくをしも[寛],


[歌番号]12/2952

[題詞](正述心緒)

[原文]吾<齡>之 衰去者 白細布之 袖乃<狎>尓思 君乎母准其念

[訓読]我が命の衰へぬれば白栲の袖のなれにし君をしぞ思ふ

[仮名]わがいのちの おとろへぬれば しろたへの そでのなれにし きみをしぞおもふ

[左注]なし

[校異]歯 -> 齡 [紀][細][温][矢] / 押 -> 狎 [細][矢][京]

[事項]枕詞 恋情 女歌

[訓異]わがいのちの,[寛]わかよはひ,

おとろへぬれば,[寛]おとろへゆけは,

しろたへの[寛],

そでのなれにし,[寛]そてのなれにし,

きみをしぞおもふ,[寛]きみをしそおもふ,


[歌番号]12/2953

[題詞](正述心緒)

[原文]戀君 吾哭<涕> 白妙 袖兼所漬 為便母奈之

[訓読]君に恋ひ我が泣く涙白栲の袖さへ漬ちてせむすべもなし

[仮名]きみにこひ わがなくなみた しろたへの そでさへひちて せむすべもなし

[左注]なし

[校異]泣 -> 涕 [紀][細][温][矢]

[事項]枕詞 恋情 女歌

[訓異]きみにこひ,[寛]きみこふと,

わがなくなみた,[寛]わかなくなみた,

しろたへの[寛],

そでさへひちて,[寛]そてさへひちて,

せむすべもなし,[寛]せむすへもなし,


[歌番号]12/2954

[題詞](正述心緒)

[原文]従今者 不相跡為也 白妙之 我衣袖之 干時毛奈吉

[訓読]今よりは逢はじとすれや白栲の我が衣手の干る時もなき

[仮名]いまよりは あはじとすれや しろたへの わがころもでの ふるときもなき

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 恋情 不安

[訓異]いまよりは[寛],

あはじとすれや,[寛]あはしとすれや,

しろたへの[寛],

わがころもでの,[寛]わかころもての,

ふるときもなき,[寛]ひるときもなき,


[歌番号]12/2955

[題詞](正述心緒)

[原文]夢可登 情班 月數<多> 干西君之 事之通者

[訓読]夢かと心惑ひぬ月まねく離れにし君が言の通へば

[仮名]いめかと こころまどひぬ つきまねく かれにしきみが ことのかよへば

[左注]なし

[校異]多二 -> 多 [元][温][矢][京]

[事項]恋情 女歌

[訓異]いめかと,[寛]ゆめかとも,

こころまどひぬ,[寛]おもひわかめや,

つきまねく,[寛]つきひさに,

かれにしきみが,[寛]かれにしきみか,

ことのかよへば,[寛]ことのかよへは,


[歌番号]12/2956

[題詞](正述心緒)

[原文]未玉之 年月兼而 烏玉乃 夢尓所見 君之容儀者

[訓読]あらたまの年月かねてぬばたまの夢に見えけり君が姿は

[仮名]あらたまの としつきかねて ぬばたまの いめにみえけり きみがすがたは

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 恋情 女歌

[訓異]あらたまの[寛],

としつきかねて[寛],

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,

いめにみえけり,[寛]ゆめにそみゆる,

きみがすがたは,[寛]きみかすかたは,


[歌番号]12/2957

[題詞](正述心緒)

[原文]従今者 雖戀妹尓 将相<哉>母 床邊不離 夢<尓>所見乞

[訓読]今よりは恋ふとも妹に逢はめやも床の辺去らず夢に見えこそ

[仮名]いまよりは こふともいもに あはめやも とこのへさらず いめにみえこそ

[左注]なし

[校異]哉乃 -> 哉 [元][紀][細][温] / <> -> 尓 [元]

[事項]恋情

[訓異]いまよりは[寛],

こふともいもに[寛],

あはめやも[寛],

とこのへさらず,[寛]とこのへさらす,

いめにみえこそ,[寛]ゆめにみえこそ,


[歌番号]12/2958

[題詞](正述心緒)

[原文]人見而 言害目不為 夢谷 不止見与 我戀将息

[訓読]人の見て言とがめせぬ夢にだにやまず見えこそ我が恋やまむ

[仮名]ひとのみて こととがめせぬ いめにだに やまずみえこそ あがこひやまむ

[左注]或本歌頭云 人目多 直者不相

[校異]なし

[事項]異伝 人目 尫柜蹋 恋情

[訓異]ひとのみて[寛],

こととがめせぬ,[寛]こととかめせぬ,

いめにだに,[寛]ゆめにたに,

やまずみえこそ,[寛]やますをみえよ,

あがこひやまむ,[寛]わかこひやめむ,


[歌番号]12/2958S

[題詞](正述心緒)或本歌頭云

[原文]人目多 直者不相

[訓読]人目多み直には逢はず

[仮名]ひとめおほみ ただにはあはず

[左注]なし

[校異]なし

[事項]異伝 人目 尫柜蹋 恋情

[訓異]ひとめおほみ[寛],

ただにはあはず,[寛]たたにはあはす,


[歌番号]12/2959

[題詞](正述心緒)

[原文]現者 言絶有 夢谷 嗣而所見与 直相左右二

[訓読]うつつには言も絶えたり夢にだに継ぎて見えこそ直に逢ふまでに

[仮名]うつつには こともたえたり いめにだに つぎてみえこそ ただにあふまでに

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]うつつには[寛],

こともたえたり,[寛]ことたえたれや,

いめにだに,[寛]ゆめにたに,

つぎてみえこそ,[寛]つきてもみえよ,

ただにあふまでに,[寛]たたにあふまてに,


[歌番号]12/2960

[題詞](正述心緒)

[原文]虚蝉之 宇都思情毛 吾者無 妹乎不相見而 年之經去者

[訓読]うつせみの現し心も我れはなし妹を相見ずて年の経ぬれば

[仮名]うつせみの うつしごころも われはなし いもをあひみずて としのへぬれば

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]うつせみの[寛],

うつしごころも,[寛]うつしこころも,

われはなし[寛],

いもをあひみずて,[寛]いもをあひみて,

としのへぬれば,[寛]としのへゆけは,


[歌番号]12/2961

[題詞](正述心緒)

[原文]虚蝉之 常辞登 雖念 継而之聞者 心遮焉

[訓読]うつせみの常のことばと思へども継ぎてし聞けば心惑ひぬ

[仮名]うつせみの つねのことばと おもへども つぎてしきけば こころまどひぬ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]うつせみの[寛],

つねのことばと,[寛]つねのことはと,

おもへども,[寛]おもへとも,

つぎてしきけば,[寛]つきてしきけは,

こころまどひぬ,[寛]こころはなきぬ,


[歌番号]12/2962

[題詞](正述心緒)

[原文]白<細>之 袖不數而<宿> 烏玉之 今夜者<早毛> 明<者>将開

[訓読]白栲の袖離れて寝るぬばたまの今夜は早も明けば明けなむ

[仮名]しろたへの そでかれてぬる ぬばたまの こよひははやも あけばあけなむ

[左注]なし

[校異]妙 -> 細 [元][紀][細][温] / <> -> 宿 [細] / 不寝 -> 早毛 [西(訂正左書)][元][紀][細] / <> -> 者 [元][細]

[事項]枕詞 恋情

[訓異]しろたへの[寛],

そでかれてぬる,[寛]そてかへすして,

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,

こよひははやも[寛],

あけばあけなむ,[寛]あけはあけなむ,


[歌番号]12/2963

[題詞](正述心緒)

[原文]白細之 手本寛久 人之宿 味宿者不寐哉 戀将渡

[訓読]白栲の手本ゆたけく人の寝る味寐は寝ずや恋ひわたりなむ

[仮名]しろたへの たもとゆたけく ひとのぬる うまいはねずや こひわたりなむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 恋情

[訓異]しろたへの[寛],

たもとゆたけく[寛],

ひとのぬる[寛],

うまいはねずや,[寛]うまいはねすや,

こひわたりなむ[寛],


[歌番号]12/2964

[題詞]寄物陳思

[原文]如是耳 在家流君乎 衣尓有者 下毛将著跡 <吾>念有家留

[訓読]かくのみにありける君を衣にあらば下にも着むと我が思へりける

[仮名]かくのみに ありけるきみを きぬにあらば したにもきむと わがおもへりける

[左注]なし

[校異]吾 [西(上書訂正)][元][類][古]

[事項]女歌 恋情 衣

[訓異]かくのみに,[寛]かくしのみ,

ありけるきみを[寛],

きぬにあらば,[寛]きぬにあらは,

したにもきむと[寛],

わがおもへりける,[寛]わかおもへりける,


[歌番号]12/2965

[題詞](寄物陳思)

[原文]橡之 袷衣 裏尓為者 吾将強八方 君之不来座

[訓読]橡の袷の衣裏にせば我れ強ひめやも君が来まさぬ

[仮名]つるはみの あはせのころも うらにせば われしひめやも きみがきまさぬ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]女歌 恋情 怨恨 序詞 衣

[訓異]つるはみの[寛],

あはせのころも,[寛]あはせのきぬの,

うらにせば,[寛]うらにせは,

われしひめやも[寛],

きみがきまさぬ,[寛]きみかきまさぬ,


[歌番号]12/2966

[題詞](寄物陳思)

[原文]紅 薄染衣 淺尓 相見之人尓 戀比日可聞

[訓読]紅の薄染め衣浅らかに相見し人に恋ふるころかも

[仮名]くれなゐの うすそめころも あさらかに あひみしひとに こふるころかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]衣 恋情 序詞

[訓異]くれなゐの[寛],

うすそめころも[寛],

あさらかに,[寛]あさはかに,

あひみしひとに[寛],

こふるころかも[寛],


[歌番号]12/2967

[題詞](寄物陳思)

[原文]年之經者 見管偲登 妹之言思 衣乃<縫>目 見者哀裳

[訓読]年の経ば見つつ偲へと妹が言ひし衣の縫目見れば悲しも

[仮名]としのへば みつつしのへと いもがいひし ころものぬひめ みればかなしも

[左注]なし

[校異]継 -> 縫 [西(訂正右書)][元][古][紀]

[事項]恋情 形見 衣 羈旅

[訓異]としのへば,[寛]としのへは,

みつつしのへと[寛],

いもがいひし,[寛]いもかいひし,

ころものぬひめ,[寛]きぬのぬひめを,

みればかなしも[寛],みれはかなしも,


[歌番号]12/2968

[題詞](寄物陳思)

[原文]橡之 一重衣 裏毛無 将有兒故 戀渡可聞

[訓読]橡の一重の衣うらもなくあるらむ子ゆゑ恋ひわたるかも

[仮名]つるはみの ひとへのころも うらもなく あるらむこゆゑ こひわたるかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]衣 恋情 序詞

[訓異]つるはみの[寛],

ひとへのころも,[寛]ひとへころもの,

うらもなく[寛],

あるらむこゆゑ,[寛]あるらむこゆへ,

こひわたるかも[寛],


[歌番号]12/2969

[題詞](寄物陳思)

[原文]解衣之 念乱而 雖戀 何之故其跡 問人毛無

[訓読]解き衣の思ひ乱れて恋ふれども何のゆゑぞと問ふ人もなし

[仮名]とききぬの おもひみだれて こふれども なにのゆゑぞと とふひともなし

[左注]なし

[校異]なし

[事項]衣 恋情 枕詞

[訓異]とききぬの[寛],

おもひみだれて,[寛]おもひみたれて,

こふれども,[寛]こふれとも,

なにのゆゑぞと,[寛]なにのゆへそと,

とふひともなし[寛],


[歌番号]12/2970

[題詞](寄物陳思)

[原文]桃花褐 淺等乃衣 淺尓 念而妹尓 将相物香裳

[訓読]桃染めの浅らの衣浅らかに思ひて妹に逢はむものかも

[仮名]ももそめの あさらのころも あさらかに おもひていもに あはむものかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 衣 序詞

[訓異]ももそめの,[寛]あらそめの,

あさらのころも[寛],

あさらかに,[寛]あさはかに,

おもひていもに[寛],

あはむものかも[寛],


[歌番号]12/2971

[題詞](寄物陳思)

[原文]大王之 塩焼海部乃 藤衣 穢者雖為 弥希将見毛

[訓読]大君の塩焼く海人の藤衣なれはすれどもいやめづらしも

[仮名]おほきみの しほやくあまの ふぢころも なれはすれども いやめづらしも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 序詞 衣 恋愛

[訓異]おほきみの[寛],

しほやくあまの[寛],

ふぢころも,[寛]ふちころも,

なれはすれども,[寛]なれはすれとも,

いやめづらしも,[寛]いやめつらしも,


[歌番号]12/2972

[題詞](寄物陳思)

[原文]赤帛之 純裏衣 長欲 我念君之 不所見比者鴨

[訓読]赤絹の純裏の衣長く欲り我が思ふ君が見えぬころかも

[仮名]あかきぬの ひたうらのきぬ ながくほり あがおもふきみが みえぬころかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]衣 序詞 女歌 恋愛 不安

[訓異]あかきぬの[寛],

ひたうらのきぬ,[寛]すみうらころも,

ながくほり,[寛]なかくほり,

あがおもふきみが,[寛]わかおもふきみか,

みえぬころかも[寛],


[歌番号]12/2973

[題詞](寄物陳思)

[原文]真玉就 越乞兼而 結鶴 言下紐之 <所>解日有米也

[訓読]真玉つくをちこち兼ねて結びつる我が下紐の解くる日あらめや

[仮名]またまつく をちこちかねて むすびつる わがしたびもの とくるひあらめや

[左注]なし

[校異]之 [西(朱書消去)] / <> -> 所 [西(朱筆右書)][元][類][古]

[事項]枕詞 恋愛 後朝 紐

[訓異]またまつく[寛],

をちこちかねて[寛],

むすびつる,[寛]むすひつる,

わがしたびもの,[寛]わかしたひもの,

とくるひあらめや[寛],


[歌番号]12/2974

[題詞](寄物陳思)

[原文]紫 帶之結毛 解毛不見 本名也妹尓 戀度南

[訓読]紫の帯の結びも解きもみずもとなや妹に恋ひわたりなむ

[仮名]むらさきの おびのむすびも ときもみず もとなやいもに こひわたりなむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]帯 恋情

[訓異]むらさきの[寛],

おびのむすびも,[寛]おひのむすふも,

ときもみず,[寛]とくもみす,

もとなやいもに[寛],

こひわたりなむ[寛],


[歌番号]12/2975

[題詞](寄物陳思)

[原文]高麗錦 紐之結毛 解不放 齋而待杼 驗無可聞

[訓読]高麗錦紐の結びも解き放けず斎ひて待てど験なきかも

[仮名]こまにしき ひものむすびも ときさけず いはひてまてど しるしなきかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]紐 恋情

[訓異]こまにしき[寛],

ひものむすびも,[寛]ひものむすひも,

ときさけず,[寛]ときさけす,

いはひてまてど,[寛]いはひてまてと,

しるしなきかも[寛],


[歌番号]12/2976

[題詞](寄物陳思)

[原文]紫 我下紐乃 色尓不出 戀可毛将痩 <相>因乎無見

[訓読]紫の我が下紐の色に出でず恋ひかも痩せむ逢ふよしをなみ

[仮名]むらさきの わがしたひもの いろにいでず こひかもやせむ あふよしをなみ

[左注]なし

[校異]<> -> 相 [西(右書)][元][類][紀]

[事項]紐 恋情 序詞

[訓異]むらさきの[寛],

わがしたひもの,[寛]わかしたひもの,

いろにいでず,[寛]いろにいてす,

こひかもやせむ[寛],

あふよしをなみ[寛],


[歌番号]12/2977

[題詞](寄物陳思)

[原文]何故可 不思将有 紐緒之 心尓入而 戀布物乎

[訓読]何ゆゑか思はずあらむ紐の緒の心に入りて恋しきものを

[仮名]なにゆゑか おもはずあらむ ひものをの こころにいりて こほしきものを

[左注]なし

[校異]なし

[事項]紐 枕詞 恋情

[訓異]なにゆゑか,[寛]なにゆへか,

おもはずあらむ,[寛]おもはすあらむ,

ひものをの[寛],

こころにいりて[寛],

こほしきものを,[寛]こひしきものを,


[歌番号]12/2978

[題詞](寄物陳思)

[原文]真十鏡 見座吾背子 吾形見 将持辰尓 将不相哉

[訓読]まそ鏡見ませ我が背子我が形見待てらむ時に逢はざらめやも

[仮名]まそかがみ みませわがせこ わがかたみ まてらむときに あはざらめやも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 恋情 女歌 鏡

[訓異]まそかがみ,[寛]まそかかみ,

みませわがせこ,[寛]みませわかせこ

わがかたみ,[寛]わかかたみ,

まてらむときに,[寛]もたらむときに,

あはざらめやも,[寛]あはすあらめや,


[歌番号]12/2979

[題詞](寄物陳思)

[原文]真十鏡 直目尓君乎 見者許増 命對 吾戀止目

[訓読]まそ鏡直目に君を見てばこそ命に向ふ我が恋やまめ

[仮名]まそかがみ ただめにきみを みてばこそ いのちにむかふ あがこひやまめ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]鏡 女歌 恋情 枕詞

[訓異]まそかがみ,[寛]まそかかみ,

ただめにきみを,[寛]たためにきみを,

みてばこそ,[寛]みてはこそ,

いのちにむかふ[寛],

あがこひやまめ,[寛]わかこひやまめ,


[歌番号]12/2980

[題詞](寄物陳思)

[原文]犬馬鏡 見不飽妹尓 不相而 月之經去者 生友名師

[訓読]まそ鏡見飽かぬ妹に逢はずして月の経ゆけば生けりともなし

[仮名]まそかがみ みあかぬいもに あはずして つきのへゆけば いけりともなし

[左注]なし

[校異]なし

[事項]鏡 枕詞 恋情

[訓異]まそかがみ,[寛]まそかかみ,

みあかぬいもに[寛],

あはずして,[寛]あはすして,

つきのへゆけば,[寛]つきのへゆけは,

いけりともなし[寛],


[歌番号]12/2981

[題詞](寄物陳思)

[原文]祝部等之 齋三諸乃 犬馬鏡 懸而偲 相人毎

[訓読]祝部らが斎くみもろのまそ鏡懸けて偲ひつ逢ふ人ごとに

[仮名]はふりらが いつくみもろの まそかがみ かけてしのひつ あふひとごとに

[左注]なし

[校異]なし

[事項]鏡 序詞 恋情

[訓異]はふりらが,[寛]はふりらか,

いつくみもろの,[寛]いはふみむろの,

まそかがみ,[寛]まそかかみ,

かけてしのひつ,[寛]かけてそしのふ,

あふひとごとに,[寛]あふひとことに,


[歌番号]12/2982

[題詞](寄物陳思)

[原文]針者有杼 妹之無者 将著哉跡 吾乎令煩 絶紐之緒

[訓読]針はあれど妹しなければ付けめやと我れを悩まし絶ゆる紐の緒

[仮名]はりはあれど いもしなければ つけめやと われをなやまし たゆるひものを

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋愛 針 紐

[訓異]はりはあれど,[寛]はりはあれと,

いもしなければ,[寛]いもしなけれは,

つけめやと,[寛]つけぬやと,

われをなやまし[寛],

たゆるひものを[寛],


[歌番号]12/2983

[題詞](寄物陳思)

[原文]高麗劔 己之景迹故 外耳 見乍哉君乎 戀渡奈牟

[訓読]高麗剣我が心から外のみに見つつや君を恋ひわたりなむ

[仮名]こまつるぎ わがこころから よそのみに みつつやきみを こひわたりなむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 女歌 剣 恋情

[訓異]こまつるぎ,[寛]こまつるき,

わがこころから,[寛]さかかけゆへに,

よそのみに,[寛]よそにのみ,

みつつやきみを[寛],

こひわたりなむ[寛],


[歌番号]12/2984

[題詞](寄物陳思)

[原文]劔大刀 名之惜毛 吾者無 比来之間 戀之繁尓

[訓読]剣大刀名の惜しけくも我れはなしこのころの間の恋の繁きに

[仮名]つるぎたち なのをしけくも われはなし このころのまの こひのしげきに

[左注]なし

[校異]なし

[事項]剣 枕詞 恋情 人目 尫柜蹋

[訓異]つるぎたち,[寛]つるきたち,

なのをしけくも[寛],

われはなし[寛],

このころのまの[寛],

こひのしげきに,[寛]こひのしけきに,


[歌番号]12/2985

[題詞](寄物陳思)

[原文]梓弓 末者師不知 雖然 真坂者<君>尓 縁西物乎

[訓読]梓弓末はし知らずしかれどもまさかは君に寄りにしものを

[仮名]あづさゆみ すゑはししらず しかれども まさかはきみに よりにしものを

[左注]一本歌曰 梓弓 末乃多頭吉波 雖不知 心者君尓 因之物乎

[校異]吾 -> 君 [類][紀][細]

[事項]枕詞 弓 枕詞 恋情

[訓異]あづさゆみ,[寛]あつさゆみ,

すゑはししらず,[寛]すゑはししらす,

しかれども,[寛]しかれとも,

まさかはきみに[寛],

よりにしものを[寛],


[歌番号]12/2985S

[題詞](寄物陳思)一本歌曰

[原文]梓弓 末乃多頭吉波 雖不知 心者君尓 因之物乎

[訓読]梓弓末のたづきは知らねども心は君に寄りにしものを

[仮名]あづさゆみ すゑのたづきは しらねども こころはきみに よりにしものを

[左注]なし

[校異]なし

[事項]弓 枕詞 女歌 恋情 異伝

[訓異]あづさゆみ,[寛]あつさゆみ,

すゑのたづきは,[寛]すゑのたつきは,

しらねども,[寛]しらねとも,

こころはきみに[寛],

よりにしものを[寛],


[歌番号]12/2986

[題詞](寄物陳思)

[原文]梓弓 引見<緩>見 思見而 既心齒 因尓思物乎

[訓読]梓弓引きみ緩へみ思ひみてすでに心は寄りにしものを

[仮名]あづさゆみ ひきみゆるへみ おもひみて すでにこころは よりにしものを

[左注]なし

[校異]縦 -> 緩 [西(貼紙)]

[事項]弓 枕詞 恋情

[訓異]あづさゆみ,[寛]あつさゆみ,

ひきみゆるへみ[寛],

おもひみて[寛],

すでにこころは,[寛]すてにこころは,

よりにしものを[寛],


[歌番号]12/2987

[題詞](寄物陳思)

[原文]梓弓 引而不<緩> 大夫哉 戀云物乎 忍不得牟

[訓読]梓弓引きて緩へぬ大夫や恋といふものを忍びかねてむ

[仮名]あづさゆみ ひきてゆるへぬ ますらをや こひといふものを しのびかねてむ

[左注]なし

[校異]縦 -> 緩 [西(貼紙)][元][類]

[事項]弓 恋情 枕詞

[訓異]あづさゆみ,[寛]あつさゆみ,

ひきてゆるへぬ,[寛]ひきてゆるへす,

ますらをや[寛],

こひといふものを,[寛]こひてふものを,

しのびかねてむ,[寛]しのひかねてむ,


[歌番号]12/2988

[題詞](寄物陳思)

[原文]梓弓 末中一伏三起 不通有之 君者會奴 嗟羽将息

[訓読]梓弓末の中ごろ淀めりし君には逢ひぬ嘆きはやめむ

[仮名]あづさゆみ すゑのなかごろ よどめりし きみにはあひぬ なげきはやめむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 恋情 弓

[訓異]あづさゆみ,[寛]あつさゆみ,

すゑのなかごろ,[寛]すゑなかためて,

よどめりし,[寛]ゆかさりし,

きみにはあひぬ[寛],

なげきはやめむ,[寛]なけきはやめむ,


[歌番号]12/2989

[題詞](寄物陳思)

[原文]今更 何壮鹿将念 梓弓 引見縦見 縁西鬼乎

[訓読]今さらに何をか思はむ梓弓引きみ緩へみ寄りにしものを

[仮名]いまさらに なにをかおもはむ あづさゆみ ひきみゆるへみ よりにしものを

[左注]なし

[校異]縦 [元][類](塙) 弛

[事項]弓 枕詞 恋情

[訓異]いまさらに[寛],

なにをかおもはむ[寛],

あづさゆみ,[寛]あつさゆみ,

ひきみゆるへみ[寛],

よりにしものを[寛],


[歌番号]12/2990

[題詞](寄物陳思)

[原文]D嬬等之 <續>麻之多<田>有 打麻<懸> 續時無<三> 戀度鴨

[訓読]娘子らが績み麻のたたり打ち麻懸けうむ時なしに恋ひわたるかも

[仮名]をとめらが うみをのたたり うちそかけ うむときなしに こひわたるかも

[左注]なし

[校異]漬 -> 續 [西(訂正右書)][元][類][古][紀] / 患 -> 田 [元][類][古][紀] / <> -> 懸 [西(補筆訂正)][元][類][古][紀] / 三 -> 二 [類][古][紀]

[事項]序詞 麻 恋情

[訓異]をとめらが,[寛]をとめらか,

うみをのたたり[寛],

うちそかけ,[寛]うちをかけ,

うむときなしに[寛],

こひわたるかも[寛],


[歌番号]12/2991

[題詞](寄物陳思)

[原文]垂乳根之 母我養蚕乃 眉隠 馬聲蜂音石花蜘ろ荒鹿 異母二不相而

[訓読]たらちねの母が飼ふ蚕の繭隠りいぶせくもあるか妹に逢はずして

[仮名]たらちねの ははがかふこの まよごもり いぶせくもあるか いもにあはずして

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 繭 恋情 戯書

[訓異]たらちねの[寛],

ははがかふこの,[寛]ははかかふこの,

まよごもり,[寛]まゆこもり,

いぶせくもあるか,[寛]いふせくもあるか,

いもにあはずして,[寛]いもにあはすて,


[歌番号]12/2992

[題詞](寄物陳思)

[原文]玉手次 不懸者辛苦 懸垂者 續手見巻之 欲寸君可毛

[訓読]玉たすき懸けねば苦し懸けたれば継ぎて見まくの欲しき君かも

[仮名]たまたすき かけねばくるし かけたれば つぎてみまくの ほしききみかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 襷 枕詞

[訓異]たまたすき[寛],

かけねばくるし,[寛]かけねはくるし,

かけたれば,[寛]かけたれは,

つぎてみまくの,[寛]つきてみまくの,

ほしききみかも[寛],


[歌番号]12/2993

[題詞](寄物陳思)

[原文]紫 綵色之蘰 花八香尓 今日見人尓 後将戀鴨

[訓読]紫のまだらのかづら花やかに今日見し人に後恋ひむかも

[仮名]むらさきの まだらのかづら はなやかに けふみしひとに のちこひむかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 序詞

[訓異]むらさきの[寛],

まだらのかづら,[寛]いろのかつらの,

はなやかに[寛],

けふみしひとに,[寛]けふみるひとに,

のちこひむかも[寛],


[歌番号]12/2994

[題詞](寄物陳思)

[原文]玉蘰 不懸時無 戀<友> 何如妹尓 相時毛名寸

[訓読]玉葛懸けぬ時なく恋ふれども何しか妹に逢ふ時もなき

[仮名]たまかづら かけぬときなく こふれども なにしかいもに あふときもなき

[左注]なし

[校異]支 -> 友 [元][類][紀][細]

[事項]枕詞 恋情

[訓異]たまかづら,[寛]たまかつら,

かけぬときなく[寛],

こふれども,[寛]こふれとも,

なにしかいもに,[寛]なにそもいもに,

あふときもなき[寛],


[歌番号]12/2995

[題詞](寄物陳思)

[原文]相因之 出来左右者 疊薦 重編數 夢西将見

[訓読]逢ふよしの出でくるまでは畳薦隔て編む数夢にし見えむ

[仮名]あふよしの いでくるまでは たたみこも へだてあむかず いめにしみえむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]比喩 植物 恋情

[訓異]あふよしの[寛],

いでくるまでは,[寛]いてくるまては,

たたみこも[寛],

へだてあむかず,[寛]かさねあむかす,

いめにしみえむ,[寛]ゆめにしみえむ,


[歌番号]12/2996

[題詞](寄物陳思)

[原文]白香付 木綿者花物 事社者 何時之真枝毛 常不所忘

[訓読]しらかつく木綿は花もの言こそばいつのまえだも常忘らえね

[仮名]しらかつく ゆふははなもの ことこそば いつのまえだも つねわすらえね

[左注]なし

[校異]枝 [万葉考](塙)(楓) 坂

[事項]植物 枕詞 怨恨

[訓異]しらかつく[寛],

ゆふははなもの,[寛]ゆふははなかも,

ことこそば,[寛]ことこそは,

いつのまえだも,[寛]いつのさねきも,

つねわすらえね,[寛]つねわすられね,


[歌番号]12/2997

[題詞](寄物陳思)

[原文]石上 振之高橋 高々尓 妹之将待 夜曽深去家留

[訓読]石上布留の高橋高々に妹が待つらむ夜ぞ更けにける

[仮名]いそのかみ ふるのたかはし たかたかに いもがまつらむ よぞふけにける

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 序詞 地名 天理 奈良県 恋愛

[訓異]いそのかみ[寛],

ふるのたかはし[寛],

たかたかに[寛],

いもがまつらむ,[寛]いもかまつらむ,

よぞふけにける,[寛]よそふけにける,


[歌番号]12/2998

[題詞](寄物陳思)

[原文]湊入之 葦別小船 障多 今来吾乎 不通跡念莫

[訓読]港入りの葦別け小舟障り多み今来む我れを淀むと思ふな

[仮名]みなといりの あしわけをぶね さはりおほみ いまこむわれを よどむとおもふな

[左注]或本歌曰 湊入尓 蘆別小船 障多 君尓不相而 年曽經来

[校異]なし

[事項]序詞 恋情 植物

[訓異]みなといりの[寛],

あしわけをぶね,[寛]あしわけをふね,

さはりおほみ[寛],

いまこむわれを,[寛]いまくるわれを,

よどむとおもふな,[寛]こすとおもふな,


[歌番号]12/2998S

[題詞](寄物陳思)或本歌曰

[原文]湊入尓 蘆別小船 障多 君尓不相而 年曽經来

[訓読]港入りに葦別け小舟障り多み君に逢はずて年ぞ経にける

[仮名]みなといりに あしわけをぶね さはりおほみ きみにあはずて としぞへにける

[左注]なし

[校異]なし

[事項]異伝 植物 恋情 女歌

[訓異]みなといりに[寛],

あしわけをぶね,[寛]あしわけをふね,

さはりおほみ[寛],

きみにあはずて,[寛]きみにあはすて,

としぞへにける,[寛]としそへにける,


[歌番号]12/2999

[題詞](寄物陳思)

[原文]水乎多 上尓種蒔 比要乎多 擇擢之業曽 吾獨宿

[訓読]水を多み上田に種蒔き稗を多み選らえし業ぞ我がひとり寝る

[仮名]みづをおほみ あげにたねまき ひえをおほみ えらえしわざぞ わがひとりぬる

[左注]なし

[校異]なし

[事項]植物 比喩 怨恨

[訓異]みづをおほみ,[寛]みつをおほみ,

あげにたねまき,[寛]あけにたねまき,

ひえをおほみ[寛],

えらえしわざぞ,[寛]えられしゆへり,

わがひとりぬる,[寛]わかひとりぬる,


[歌番号]12/3000

[題詞](寄物陳思)

[原文]霊合者 相宿物乎 小山田之 鹿猪田禁如 母之守為裳 [一云 母之守之師]

[訓読]魂合へば相寝るものを小山田の鹿猪田守るごと母し守らすも [一云 母が守らしし]

[仮名]たまあへば あひぬるものを をやまだの ししだもるごと ははしもらすも [ははがもらしし]

[左注]なし

[校異]なし

[事項]異伝 動物 障害 恋愛

[訓異]たまあへば,[寛]たまあへは,

あひぬるものを[寛],

をやまだの,[寛]をやまたの,

ししだもるごと,[寛]ししたもること,

ははしもらすも[寛],

[ははがもらしし],[寛]ははかもらしし,


[歌番号]12/3001

[題詞](寄物陳思)

[原文]春日野尓 照有暮日之 外耳 君乎相見而 今曽悔寸

[訓読]春日野に照れる夕日の外のみに君を相見て今ぞ悔しき

[仮名]かすがのに てれるゆふひの よそのみに きみをあひみて いまぞくやしき

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 奈良 序詞 後悔 恋愛

[訓異]かすがのに,[寛]かすかのに,

てれるゆふひの[寛],

よそのみに,[寛]よそにのみ,

きみをあひみて[寛],

いまぞくやしき,[寛]いまそくやしき,


[歌番号]12/3002

[題詞](寄物陳思)

[原文]足日木乃 従山出流 月待登 人尓波言而 妹待吾乎

[訓読]あしひきの山より出づる月待つと人には言ひて妹待つ我れを

[仮名]あしひきの やまよりいづる つきまつと ひとにはいひて いもまつわれを

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 恋愛

[訓異]あしひきの[寛],

やまよりいづる,[寛]やまよりいつる,

つきまつと[寛],

ひとにはいひて[寛],

いもまつわれを[寛],


[歌番号]12/3003

[題詞](寄物陳思)

[原文]夕月夜 五更闇之 不明 見之人故 戀渡鴨

[訓読]夕月夜暁闇のおほほしく見し人ゆゑに恋ひわたるかも

[仮名]ゆふづくよ あかときやみの おほほしく みしひとゆゑに こひわたるかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]序詞 恋情

[訓異]ゆふづくよ,[寛]ゆふつくよ,

あかときやみの,[寛]あかつきやみの,

おほほしく,[寛]ほのかにも,

みしひとゆゑに,[寛]みしひとゆへに,

こひわたるかも[寛],


[歌番号]12/3004

[題詞](寄物陳思)

[原文]久堅之 天水虚尓 照<月>之 将失日社 吾戀止目

[訓読]久方の天つみ空に照る月の失せなむ日こそ我が恋止まめ

[仮名]ひさかたの あまつみそらに てるつきの うせなむひこそ あがこひやまめ

[左注]なし

[校異]日 -> 月 [西(右書)][元][類]

[事項]枕詞 恋情

[訓異]ひさかたの[寛],

あまつみそらに[寛],

てるつきの,[寛]てれるひの,

うせなむひこそ[寛],

あがこひやまめ,[寛]わかこひやまめ,


[歌番号]12/3005

[題詞](寄物陳思)

[原文]十五日 出之月乃 高々尓 君乎座而 何物乎加将念

[訓読]十五日に出でにし月の高々に君をいませて何をか思はむ

[仮名]もちのひに いでにしつきの たかたかに きみをいませて なにをかおもはむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]序詞 恋情

[訓異]もちのひに[寛],

いでにしつきの,[寛]いてにしつきの,

たかたかに[寛],

きみをいませて[寛],

なにをかおもはむ[寛],


[歌番号]12/3006

[題詞](寄物陳思)

[原文]月夜好 門尓出立 足占為而 徃時禁八 妹二不相有

[訓読]月夜よみ門に出で立ち足占して行く時さへや妹に逢はずあらむ

[仮名]つくよよみ かどにいでたち あしうらして ゆくときさへや いもにあはずあらむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 不安 占媿

[訓異]つくよよみ,[寛]つきよよみ,

かどにいでたち,[寛]かとにいてたち,

あしうらして[寛],

ゆくときさへや[寛],

いもにあはずあらむ,[寛]いもにあはさらむ,


[歌番号]12/3007

[題詞](寄物陳思)

[原文]野干玉 夜渡月之 清者 吉見而申尾 君之光儀乎

[訓読]ぬばたまの夜渡る月のさやけくはよく見てましを君が姿を

[仮名]ぬばたまの よわたるつきの さやけくは よくみてましを きみがすがたを

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 恋情 後朝 女歌

[訓異]ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,

よわたるつきの[寛],

さやけくは[寛],

よくみてましを[寛],

きみがすがたを,[寛]きみかすかたを,


[歌番号]12/3008

[題詞](寄物陳思)

[原文]足引之 山<呼>木高三 暮月乎 何時君乎 待之苦沙

[訓読]あしひきの山を木高み夕月をいつかと君を待つが苦しさ

[仮名]あしひきの やまをこだかみ ゆふつきを いつかときみを まつがくるしさ

[左注]なし

[校異]乎 -> 呼 [元][細][矢][京]

[事項]枕詞 恋情 序詞 女歌

[訓異]あしひきの[寛],

やまをこだかみ,[寛]やまをこたかみ,

ゆふつきを[寛],

いつかときみを[寛],

まつがくるしさ,[寛]まつかくるしさ,


[歌番号]12/3009

[題詞](寄物陳思)

[原文]橡之 衣解洗 又打山 古人尓者 猶不如家利

[訓読]橡の衣解き洗ひ真土山本つ人にはなほしかずけり

[仮名]つるはみの きぬときあらひ まつちやま もとつひとには なほしかずけり

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 植物 地名 和歌山 序詞 恋愛

[訓異]つるはみの[寛],

きぬときあらひ[寛],

まつちやま[寛],

もとつひとには[寛],

なほしかずけり,[寛]なほしかすけり,


[歌番号]12/3010

[題詞](寄物陳思)

[原文]佐保川之 川浪不立 静雲 君二副而 明日兼欲得

[訓読]佐保川の川波立たず静けくも君にたぐひて明日さへもがも

[仮名]さほがはの かはなみたたず しづけくも きみにたぐひて あすさへもがも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 奈良 序詞 女歌 恋愛

[訓異]さほがはの,[寛]さほかはの,

かはなみたたず,[寛]かはなみたたす,

しづけくも,[寛]しつけくも,

きみにたぐひて,[寛]きみにたくひて,

あすさへもがも,[寛]あすさへもかも,


[歌番号]12/3011

[題詞](寄物陳思)

[原文]吾妹兒尓 衣借香之 宜寸川 因毛有額 妹之目乎将見

[訓読]我妹子に衣春日の宜寸川よしもあらぬか妹が目を見む

[仮名]わぎもこに ころもかすがの よしきがは よしもあらぬか いもがめをみむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 奈良 序詞 恋情

[訓異]わぎもこに,[寛]わきもこに,

ころもかすがの,[寛]ころもかすかの,

よしきがは,[寛]よしきかは,

よしもあらぬか[寛],

いもがめをみむ,[寛]いもかめをみむ,


[歌番号]12/3012

[題詞](寄物陳思)

[原文]登能雲入 雨零川之 左射礼浪 間無毛君者 所念鴨

[訓読]との曇り雨布留川のさざれ波間なくも君は思ほゆるかも

[仮名]とのぐもり あめふるかはの さざれなみ まなくもきみは おもほゆるかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]序詞 恋情

[訓異]とのぐもり,[寛]とのくもり,

あめふるかはの[寛],

さざれなみ,[寛]さされなみ,

まなくもきみは[寛],

おもほゆるかも[寛],


[歌番号]12/3013

[題詞](寄物陳思)

[原文]吾妹兒哉 安乎忘為莫 石上 袖振川之 将絶跡念倍也

[訓読]我妹子や我を忘らすな石上袖布留川の絶えむと思へや

[仮名]わぎもこや あをわすらすな いそのかみ そでふるかはの たえむとおもへや

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 天理 奈良 序詞 恋情

[訓異]わぎもこや,[寛]わきもこや,

あをわすらすな[寛],

いそのかみ[寛],

そでふるかはの,[寛]そてふるかはの,

たえむとおもへや[寛],


[歌番号]12/3014

[題詞](寄物陳思)

[原文]神山之 山下響 逝水之 水尾不絶者 後毛吾妻

[訓読]三輪山の山下響み行く水の水脈し絶えずは後も我が妻

[仮名]みわやまの やましたとよみ ゆくみづの みをしたえずは のちもわがつま

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 桜井 奈良 序詞 恋愛

[訓異]みわやまの,[寛]かみやまの,

やましたとよみ[寛],

ゆくみづの,[寛]ゆくみつの,

みをしたえずは,[寛]みをしたえすは,

のちもわがつま,[寛]のちもわかつま,


[歌番号]12/3015

[題詞](寄物陳思)

[原文]如神 所聞瀧之 白浪乃 面知君之 不所見比日

[訓読]神のごと聞こゆる瀧の白波の面知る君が見えぬこのころ

[仮名]かみのごと きこゆるたきの しらなみの おもしるきみが みえぬこのころ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]序詞 女歌 恋愛

[訓異]かみのごと,[寛]かみのこと,

きこゆるたきの[寛],

しらなみの[寛],

おもしるきみが,[寛]おもしるきみか,

みえぬこのころ[寛],


[歌番号]12/3016

[題詞](寄物陳思)

[原文]山川之 瀧尓益流 戀為登曽 人知尓来 無間念者

[訓読]山川の瀧にまされる恋すとぞ人知りにける間なくし思へば

[仮名]やまがはの たきにまされる こひすとぞ ひとしりにける まなくしおもへば

[左注]なし

[校異]なし

[事項]人目 尫柜蹋 恋情


[訓異]やまがはの,[寛]やまかはの,

たきにまされる[寛],

こひすとぞ,[寛]こひすとそ,

ひとしりにける[寛],

まなくしおもへば,[寛]まなくおもへは,


[歌番号]12/3017

[題詞](寄物陳思)

[原文]足桧木之 山川水之 音不出 人之子姤 戀渡青頭鶏

[訓読]あしひきの山川水の音に出でず人の子ゆゑに恋ひわたるかも

[仮名]あしひきの やまがはみづの おとにいでず ひとのこゆゑに こひわたるかも

[左注]なし

[校異]桧木 [元][類][古](塙) 桧

[事項]枕詞 尫柜蹋 序詞 恋情

[訓異]あしひきの[寛],

やまがはみづの,[寛]やまかはみつの,

おとにいでず,[寛]おとにいてす,

ひとのこゆゑに,[寛]ひとのこゆへに,

こひわたるかも[寛],


[歌番号]12/3018

[題詞](寄物陳思)

[原文]高湍尓有 能登瀬乃川之 後将合 妹者吾者 今尓不有十万

[訓読]高湍なる能登瀬の川の後も逢はむ妹には我れは今にあらずとも

[仮名]たかせなる のとせのかはの のちもあはむ いもにはわれは いまにあらずとも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 奈良 近江 滋賀県 序詞 恋情

[訓異]たかせなる,[寛]たかせくる,

のとせのかはの[寛],

のちもあはむ,[寛]のちにあはむ,

いもにはわれは[寛],

いまにあらずとも,[寛]いまにあらすとも,


[歌番号]12/3019

[題詞](寄物陳思)

[原文]浣衣 取替河之 <河>余杼能 不通牟心 思兼都母

[訓読]洗ひ衣取替川の川淀の淀まむ心思ひかねつも

[仮名]あらひきぬ とりかひがはの かはよどの よどまむこころ おもひかねつも

[左注]なし

[校異]川 -> 河 [元][古][紀]

[事項]地名 摂津 大阪 奈良 序詞 恋愛

[訓異]あらひきぬ[寛],

とりかひがはの,[寛]とりかへかはの,

かはよどの,[寛]かはよとの,

よどまむこころ,[寛]たえさらむこころ,

おもひかねつも[寛],


[歌番号]12/3020

[題詞](寄物陳思)

[原文]斑鳩之 因可<乃>池之 宜毛 君乎不言者 念衣吾為流

[訓読]斑鳩の因可の池のよろしくも君を言はねば思ひぞ我がする

[仮名]いかるがの よるかのいけの よろしくも きみをいはねば おもひぞわがする

[左注]なし

[校異]及 -> 乃 [元][類][古][紀]

[事項]地名 奈良 序詞 尫柜蹋 恋愛

[訓異]いかるがの,[寛]いかるかの,

よるかのいけの[寛],

よろしくも[寛],

きみをいはねば,[寛]きみをいはねは,

おもひぞわがする,[寛]おもひそわかする,


[歌番号]12/3021

[題詞](寄物陳思)

[原文]絶沼之 下従者将戀 市白久 人之可知 歎為米也母

[訓読]隠り沼の下ゆは恋ひむいちしろく人の知るべく嘆きせめやも

[仮名]こもりぬの したゆはこひむ いちしろく ひとのしるべく なげきせめやも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 尫柜蹋 人目 恋情

[訓異]こもりぬの[寛],

したゆはこひむ,[寛]したにはこひは,

いちしろく[寛],

ひとのしるべく,[寛]ひとのしるへく,

なげきせめやも,[寛]なけきせめやも,


[歌番号]12/3022

[題詞](寄物陳思)

[原文]去方無三 隠有小沼乃 下思尓 吾曽物念 頃者之間

[訓読]ゆくへなみ隠れる小沼の下思に我れぞ物思ふこのころの間

[仮名]ゆくへなみ こもれるをぬの したもひに われぞものもふ このころのあひだ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]序詞 恋情

[訓異]ゆくへなみ[寛],

こもれるをぬの,[寛]こもれるいけの,

したもひに,[寛]したおもひに,

われぞものもふ,[寛]われそものおもふ,

このころのあひだ,[寛]このころのまは,


[歌番号]12/3023

[題詞](寄物陳思)

[原文]隠沼乃 下従戀餘 白浪之 灼然出 人之可知

[訓読]隠り沼の下ゆ恋ひあまり白波のいちしろく出でぬ人の知るべく

[仮名]こもりぬの したゆこひあまり しらなみの いちしろくいでぬ ひとのしるべく

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 恋情 尫柜蹋 人目

[訓異]こもりぬの[寛],

したゆこひあまり,[寛]したにこひあまり,

しらなみの[寛],

いちしろくいでぬ,[寛]いちしろくいてぬ,

ひとのしるべく,[寛]ひとのしるへく,


[歌番号]12/3024

[題詞](寄物陳思)

[原文]妹目乎 見巻欲江之 小浪 敷而戀乍 有跡告乞

[訓読]妹が目を見まく堀江のさざれ波しきて恋ひつつありと告げこそ

[仮名]いもがめを みまくほりえの さざれなみ しきてこひつつ ありとつげこそ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 大阪 掛詞 序詞 恋情

[訓異]いもがめを,[寛]いもかめを,

みまくほりえの[寛],

さざれなみ,[寛]ささらなみ,

しきてこひつつ[寛],

ありとつげこそ,[寛]ありとつけこそ,


[歌番号]12/3025

[題詞](寄物陳思)

[原文]石走 垂水之水能 早敷八師 君尓戀良久 吾情柄

[訓読]石走る垂水の水のはしきやし君に恋ふらく我が心から

[仮名]いはばしる たるみのみづの はしきやし きみにこふらく わがこころから

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 序詞 恋情

[訓異]いはばしる,[寛]いしはしる,

たるみのみづの,[寛]たるみのみつの,

はしきやし[寛],

きみにこふらく[寛],

わがこころから,[寛]わかこころから,


[歌番号]12/3026

[題詞](寄物陳思)

[原文]君者不来 吾者故無 立浪之 敷和備思 如此而不来跡也

[訓読]君は来ず我れは故なみ立つ波のしくしくわびしかくて来じとや

[仮名]きみはこず われはゆゑなみ たつなみの しくしくわびし かくてこじとや

[左注]なし

[校異]なし

[事項]序詞 恋情 女歌 不安 怨恨

[訓異]きみはこず,[寛]きみはこす,

われはゆゑなみ,[寛]われはゆへなみ,

たつなみの[寛],

しくしくわびし,[寛]しはしはわひし,

かくてこじとや,[寛]かくてこしとや,


[歌番号]12/3027

[題詞](寄物陳思)

[原文]淡海之海 邊多波人知 奥浪 君乎置者 知人毛無

[訓読]近江の海辺は人知る沖つ波君をおきては知る人もなし

[仮名]あふみのうみ へたはひとしる おきつなみ きみをおきては しるひともなし

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 滋賀県 比喩 恋情

[訓異]あふみのうみ[寛],

へたはひとしる[寛],

おきつなみ[寛],

きみをおきては[寛],

しるひともなし[寛],


[歌番号]12/3028

[題詞](寄物陳思)

[原文]大海之 底乎深目而 結<義>之 妹心者 疑毛無

[訓読]大海の底を深めて結びてし妹が心はうたがひもなし

[仮名]おほうみの そこをふかめて むすびてし いもがこころは うたがひもなし

[左注]なし

[校異]美 -> 義 [西(貼紙)][元][類][紀][細]

[事項]掛詞 恋愛

[訓異]おほうみの[寛],

そこをふかめて[寛],

むすびてし,[寛]むすひてし,

いもがこころは,[寛]いもかこころは,

うたがひもなし,[寛]うたかひもなし,


[歌番号]12/3029

[題詞](寄物陳思)

[原文]貞能汭尓 依流白浪 無間 思乎如何 妹尓難相

[訓読]佐太の浦に寄する白波間なく思ふを何か妹に逢ひかたき

[仮名]さだのうらに よするしらなみ あひだなく おもふをなにか いもにあひかたき

[左注]なし

[校異]汭 [元][細] 納

[事項]地名 序詞 恋情

[訓異]さだのうらに,[寛]さたのうらに,

よするしらなみ[寛],

あひだなく,[寛]あひたなく,

おもふをなにか,[寛]おもふをなにそ,

いもにあひかたき[寛],


[歌番号]12/3030

[題詞](寄物陳思)

[原文]念出而 為便無時者 天雲之 奥香裳不知 戀乍曽居

[訓読]思ひ出でてすべなき時は天雲の奥処も知らず恋ひつつぞ居る

[仮名]おもひいでて すべなきときは あまくもの おくかもしらず こひつつぞをる

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 序詞

[訓異]おもひいでて,[寛]おもひてて,

すべなきときは,[寛]すへなきときは,

あまくもの[寛],

おくかもしらず,[寛]おくかもしらす,

こひつつぞをる,[寛]こひつつそをる,


[歌番号]12/3031

[題詞](寄物陳思)

[原文]天雲乃 絶多比安 心<有>者 吾乎莫憑 待者苦毛

[訓読]天雲のたゆたひやすき心あらば我れをな頼めそ待たば苦しも

[仮名]あまくもの たゆたひやすき こころあらば われをなたのめそ またばくるしも

[左注]なし

[校異]<> -> 有 [西(挿入)][元][類][紀]

[事項]枕詞 恋情

[訓異]あまくもの[寛],

たゆたひやすき[寛],

こころあらば,[寛]こころあらは,

われをなたのめそ,[寛]われをたのむな,

またばくるしも,[寛]まてはくるしも,


[歌番号]12/3032

[題詞](寄物陳思)

[原文]君之當 見乍母将居 伊駒山 雲莫蒙 雨者雖零

[訓読]君があたり見つつも居らむ生駒山雲なたなびき雨は降るとも

[仮名]きみがあたり みつつもをらむ いこまやま くもなたなびき あめはふるとも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 奈良 恋情

[訓異]きみがあたり,[寛]きみかあたり,

みつつもをらむ[寛],

いこまやま[寛],

くもなたなびき,[寛]くもなかくしそ,

あめはふるとも[寛],


[歌番号]12/3033

[題詞](寄物陳思)

[原文]中々二 如何知兼 吾山尓 焼流火氣能 外見申尾

[訓読]なかなかに何か知りけむ我が山に燃ゆる煙の外に見ましを

[仮名]なかなかに なにかしりけむ わがやまに もゆるけぶりの よそにみましを

[左注]なし

[校異]なし

[事項]序詞 後悔 恋情 怨恨

[訓異]なかなかに[寛],

なにかしりけむ,[寛]なににしりけむ,

わがやまに,[寛]わかやまに,

もゆるけぶりの,[寛]もゆるけふりの,

よそにみましを[寛],


[歌番号]12/3034

[題詞](寄物陳思)

[原文]吾妹兒尓 戀為便名鴈 る乎熱 旦戸開者 所見霧可聞

[訓読]我妹子に恋ひすべながり胸を熱み朝戸開くれば見ゆる霧かも

[仮名]わぎもこに こひすべながり むねをあつみ あさとあくれば みゆるきりかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]わぎもこに,[寛]わきもこに,

こひすべながり,[寛]こひすへなかり,

むねをあつみ,[寛]むねをやき,

あさとあくれば,[寛]あさとあくれは,

みゆるきりかも[寛],


[歌番号]12/3035

[題詞](寄物陳思)

[原文]暁之 朝霧隠 反羽二 如何戀乃 色<丹>出尓家留

[訓読]暁の朝霧隠りかへらばに何しか恋の色に出でにける

[仮名]あかときの あさぎりごもり かへらばに なにしかこひの いろにいでにける

[左注]なし

[校異]舟 -> 丹 [西(訂正)][元][類][紀]

[事項]恋情

[訓異]あかときの,[寛]あかつきの,

あさぎりごもり,[寛]あさきりこもり,

かへらばに,[寛]かへるさに,

なにしかこひの,[寛]いかてかこひの,

いろにいでにける,[寛]いろにいてにける,


[歌番号]12/3036

[題詞](寄物陳思)

[原文]思出 時者為便無 佐保山尓 立雨霧乃 應消所念

[訓読]思ひ出づる時はすべなみ佐保山に立つ雨霧の消ぬべく思ほゆ

[仮名]おもひいづる ときはすべなみ さほやまに たつあまぎりの けぬべくおもほゆ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 奈良 序詞 恋情

[訓異]おもひいづる,[寛]おもひいつる,

ときはすべなみ,[寛]ときはすへなみ,

さほやまに[寛],

たつあまぎりの,[寛]たつあまきりの,

けぬべくおもほゆ,[寛]けぬへくおもほゆ,


[歌番号]12/3037

[題詞](寄物陳思)

[原文]hit

[訓読]殺目山行き返り道の朝霞ほのかにだにや妹に逢はざらむ

[仮名]きりめやま ゆきかへりぢの あさがすみ ほのかにだにや いもにあはざらむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 和歌山 序詞 恋情

[訓異]きりめやま[寛],

ゆきかへりぢの,[寛]ゆきはふみちの,

あさがすみ,[寛]あさかすみ,

ほのかにだにや,[寛]ほのかにたにや,

いもにあはざらむ,[寛]いもにあはさらむ,


[歌番号]12/3038

[題詞](寄物陳思)

[原文]如此将戀 物等知者 夕置而 旦者消流 露有申尾

[訓読]かく恋ひむものと知りせば夕置きて朝は消ぬる露ならましを

[仮名]かくこひむ ものとしりせば ゆふへおきて あしたはけぬる つゆならましを

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]かくこひむ[寛],

ものとしりせば,[寛]ものとしりせは,

ゆふへおきて[寛],

あしたはけぬる,[寛]あしたはきゆる,

つゆならましを[寛],


[歌番号]12/3039

[題詞](寄物陳思)

[原文]暮置而 旦者消流 白露之 可消戀毛 吾者為鴨

[訓読]夕置きて朝は消ぬる白露の消ぬべき恋も我れはするかも

[仮名]ゆふへおきて あしたはけぬる しらつゆの けぬべきこひも あれはするかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]ゆふへおきて[寛],

あしたはけぬる,[寛]あしたはきゆる,

しらつゆの[寛],

けぬべきこひも,[寛]けぬへきこひも,

あれはするかも,[寛]われはするかも,


[歌番号]12/3040

[題詞](寄物陳思)

[原文]後遂尓 <妹>将相跡 旦露之 命者生有 戀者雖繁

[訓読]後つひに妹は逢はむと朝露の命は生けり恋は繁けど

[仮名]のちつひに いもはあはむと あさつゆの いのちはいけり こひはしげけど

[左注]なし

[校異]妹尓 -> 妹 [元][紀][細]

[事項]恋情

[訓異]のちつひに,[寛]のちつゐに,

いもはあはむと,[寛]いもにあはむと,

あさつゆの[寛],

いのちはいけり[寛],

こひはしげけど,[寛]こひはしけれと,


[歌番号]12/3041

[題詞](寄物陳思)

[原文]朝旦 草上白 置露乃 消者共跡 云師君者毛

[訓読]朝な朝な草の上白く置く露の消なばともにと言ひし君はも

[仮名]あさなさな くさのうへしろく おくつゆの けなばともにと いひしきみはも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]序詞 女歌 挽歌発想 恋情

[訓異]あさなさな[寛],

くさのうへしろく[寛],

おくつゆの[寛],

けなばともにと,[寛]きえはともにと,

いひしきみはも[寛],


[歌番号]12/3042

[題詞](寄物陳思)

[原文]朝日指 春日能小野尓 置露乃 可消吾身 惜雲無

[訓読]朝日さす春日の小野に置く露の消ぬべき我が身惜しけくもなし

[仮名]あさひさす かすがのをのに おくつゆの けぬべきあがみ をしけくもなし

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 奈良 序詞 女歌 恋情

[訓異]あさひさす[寛],

かすがのをのに,[寛]かすかのをのに,

おくつゆの[寛],

けぬべきあがみ,[寛]けぬへきわかみ,

をしけくもなし[寛],


[歌番号]12/3043

[題詞](寄物陳思)

[原文]露霜乃 消安我身 雖老 又若反 君乎思将待

[訓読]露霜の消やすき我が身老いぬともまたをちかへり君をし待たむ

[仮名]つゆしもの けやすきあがみ おいぬとも またをちかへり きみをしまたむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]女歌 恋情 枕詞

[訓異]つゆしもの[寛],

けやすきあがみ,[寛]けやすきわかみ,

おいぬとも,[寛]おひぬとも,

またをちかへり,[寛]またわかかへり,

きみをしまたむ[寛],


[歌番号]12/3044

[題詞](寄物陳思)

[原文]待君<常> 庭耳居者 打靡 吾黒髪尓 <霜>曽置尓家留

[訓読]君待つと庭のみ居ればうち靡く我が黒髪に霜ぞ置きにける

[仮名]きみまつと にはのみをれば うちなびく わがくろかみに しもぞおきにける

[左注]或本歌尾句云 白細之 吾衣手尓 露曽置尓家留

[校異]常常 -> 常 [西(訂正)][元][類][紀] / 耳 [万葉集古義](楓) 西 / 云 [元] 曰

[事項]異伝 女歌 恋情

[訓異]きみまつと[寛],

にはのみをれば,[寛]にはにしをれは,

うちなびく,[寛]うちなひき,

わがくろかみに,[寛]わかくろかみに,

しもぞおきにける,[寛]しもそおきにける,


[歌番号]12/3044S

[題詞](寄物陳思)或本歌尾句云

[原文]白細之 吾衣手尓 露曽置尓家留

[訓読]白栲の我が衣手に露ぞ置きにける

[仮名]しろたへの わがころもでに つゆぞおきにける

[左注]なし

[校異]なし

[事項]異伝 女歌 恋情

[訓異]しろたへの[寛],

わがころもでに,[寛]わかころもてに,

つゆぞおきにける,[寛]つゆそおきにける,


[歌番号]12/3045

[題詞](寄物陳思)

[原文]朝<霜>乃 可消耳也 時無二 思将度 氣之緒尓為而

[訓読]朝霜の消ぬべくのみや時なしに思ひわたらむ息の緒にして

[仮名]あさしもの けぬべくのみや ときなしに おもひわたらむ いきのをにして

[左注]なし

[校異]露 -> 霜 [西(訂正貼紙][元][類][紀]

[事項]枕詞 恋情

[訓異]あさしもの[寛],

けぬべくのみや,[寛]けぬへくのみや,

ときなしに[寛],

おもひわたらむ[寛],

いきのをにして[寛],


[歌番号]12/3046

[題詞](寄物陳思)

[原文]左佐浪之 波越安蹔仁 落小雨 間文置而 吾不念國

[訓読]楽浪の波越すあざに降る小雨間も置きて我が思はなくに

[仮名]ささなみの なみこすあざに ふるこさめ あひだもおきて わがおもはなくに

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 地名 滋賀県 序詞

[訓異]ささなみの[寛],

なみこすあざに,[寛]なみこすあさに,

ふるこさめ[寛],

あひだもおきて,[寛]あひたもおきて,

わがおもはなくに,[寛]わかおもはなくに,


[歌番号]12/3047

[題詞](寄物陳思)

[原文]神左備而 巌尓生 松根之 君心者 忘不得毛

[訓読]神さびて巌に生ふる松が根の君が心は忘れかねつも

[仮名]かむさびて いはほにおふる まつがねの きみがこころは わすれかねつも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 植物 女歌

[訓異]かむさびて,[寛]かみさひて,

いはほにおふる[寛],

まつがねの,[寛]まつかねの,

きみがこころは,[寛]きみかこころは,

わすれかねつも[寛],


[歌番号]12/3048

[題詞](寄物陳思)

[原文]御猟為 鴈羽之小野之 <櫟柴之> 奈礼波不益 戀社益

[訓読]み狩りする雁羽の小野の櫟柴のなれはまさらず恋こそまされ

[仮名]みかりする かりはのをのの ならしばの なれはまさらず こひこそまされ

[左注]なし

[校異]柏 -> 櫟柴之 [紀][細][温][矢]

[事項]地名 植物 序詞 恋情

[訓異]みかりする[寛],

かりはのをのの[寛],

ならしばの,[寛]ならしはの,

なれはまさらず,[寛]なれはまさらて,

こひこそまされ[寛],


[歌番号]12/3049

[題詞](寄物陳思)

[原文]櫻麻之 麻原<乃>下草 早生者 妹之下紐 下解有申尾

[訓読]桜麻の麻生の下草早く生ひば妹が下紐解かずあらましを

[仮名]さくらをの をふのしたくさ はやくおひば いもがしたびも とかずあらましを

[左注]なし

[校異]<> -> 乃 [元][類][紀]

[事項]序詞 恋情 植物

[訓異]さくらをの,[寛]さくらあさの,

をふのしたくさ[寛],

はやくおひば,[寛]はやくおきは,

いもがしたびも,[寛]いもかしたひも,

とかずあらましを,[寛]とけさらましを,


[歌番号]12/3050

[題詞](寄物陳思)

[原文]春日野尓 淺茅標結 断米也登 吾念人者 弥遠長尓

[訓読]春日野に浅茅標結ひ絶えめやと我が思ふ人はいや遠長に

[仮名]かすがのに あさぢしめゆひ たえめやと わがおもふひとは いやとほながに

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 奈良 植物 恋情 永遠

[訓異]かすがのに,[寛]かすかのに,

あさぢしめゆひ,[寛]あさちしめゆひ,

たえめやと[寛],

わがおもふひとは,[寛]わかおもふひとは,

いやとほながに,[寛]いやとほなかに,


[歌番号]12/3051

[題詞](寄物陳思)

[原文]足桧木之 山菅根之 懃 吾波曽戀流 君之光儀乎

[訓読]あしひきの山菅の根のねもころに我れはぞ恋ふる君が姿を

[仮名]あしひきの やますがのねの ねもころに あれはぞこふる きみがすがたを

[左注]或本歌曰 吾念人乎 将見因毛我母

[校異]桧木 [元][類][紀] 桧

[事項]異伝 枕詞 植物 序詞 恋情

[訓異]あしひきの[寛],

やますがのねの,[寛]やますかのねの,

ねもころに[寛],

あれはぞこふる,[寛]われはそこふる,

きみがすがたを,[寛]きみかすかたを,


[歌番号]12/3051S

[題詞](寄物陳思)或本歌曰

[原文]吾念人乎 将見因毛我母

[訓読]我が思ふ人を見むよしもがも

[仮名]わがおもふひとを みむよしもがも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]異伝 恋情

[訓異]わがおもふひとを,[寛]わかおもふひとを,

みむよしもがも,[寛]みむよしもかも,


[歌番号]12/3052

[題詞](寄物陳思)

[原文]垣津旗 開澤生 菅根之 絶跡也君之 不所見頃者

[訓読]かきつはた佐紀沢に生ふる菅の根の絶ゆとや君が見えぬこのころ

[仮名]かきつはた さきさはにおふる すがのねの たゆとやきみが みえぬこのころ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]植物 枕詞 奈良 恋情 不安

[訓異]かきつはた[寛],

さきさはにおふる,[寛]さくさはにおふる,

すがのねの,[寛]すかのねの,

たゆとやきみが,[寛]たゆとやきみか,

みえぬこのころ[寛],


[歌番号]12/3053

[題詞](寄物陳思)

[原文]足桧木乃 山菅根之 懃 不止念者 於妹将相可聞

[訓読]あしひきの山菅の根のねもころにやまず思はば妹に逢はむかも

[仮名]あしひきの やますがのねの ねもころに やまずおもはば いもにあはむかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]植物 枕詞 恋情 序詞

[訓異]あしひきの[寛],

やますがのねの,[寛]やますかのねの,

ねもころに[寛],

やまずおもはば,[寛]やますおもはは,

いもにあはむかも[寛],


[歌番号]12/3054

[題詞](寄物陳思)

[原文]相不念 有物乎鴨 菅根乃 懃懇 吾念有良武

[訓読]相思はずあるものをかも菅の根のねもころごろに我が思へるらむ

[仮名]あひおもはず あるものをかも すがのねの ねもころごろに わがもへるらむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]植物 枕詞 恋情 怨恨

[訓異]あひおもはず,[寛]あひおもはす,

あるものをかも[寛],

すがのねの,[寛]すかのねの,

ねもころごろに,[寛]ねもころころに,

わがもへるらむ,[寛]わかおもへらむ,


[歌番号]12/3055

[題詞](寄物陳思)

[原文]山菅之 不止而公乎 念可母 吾心神之 頃者名寸

[訓読]山菅のやまずて君を思へかも我が心どのこの頃はなき

[仮名]やますげの やまずてきみを おもへかも あがこころどの このころはなき

[左注]なし

[校異]なし

[事項]植物 枕詞 恋情

[訓異]やますげの,[寛]やますけの,

やまずてきみを,[寛]やますてきみを,

おもへかも[寛],

あがこころどの,[寛]わかたましひの,

このころはなき[寛],


[歌番号]12/3056

[題詞](寄物陳思)

[原文]妹門 去過不得而 草結 風吹解勿 又将顧 [一云 直相麻<弖>尓]

[訓読]妹が門行き過ぎかねて草結ぶ風吹き解くなまたかへり見む [一云 直に逢ふまでに]

[仮名]いもがかど ゆきすぎかねて くさむすぶ かぜふきとくな またかへりみむ [ただにあふまでに]

[左注]なし

[校異]土 -> 弖 [古][紀][細]

[事項]異伝 恋情

[訓異]いもがかど,[寛]いもかかと,

ゆきすぎかねて,[寛]ゆきすきかねて,

くさむすぶ,[寛]くさむすふ,

かぜふきとくな,[寛]かせふきとくな,

またかへりみむ[寛],

[ただにあふまでに],[寛]たたにあふまてに,


[歌番号]12/3057

[題詞](寄物陳思)

[原文]淺茅原 茅生丹足踏 意具美 吾念兒等之 家當見津 [一云 妹之家當見津]

[訓読]浅茅原茅生に足踏み心ぐみ我が思ふ子らが家のあたり見つ [一云 妹が家のあたり見つ]

[仮名]あさぢはら ちふにあしふみ こころぐみ あがもふこらが いへのあたりみつ [いもが いへのあたりみつ]

[左注]なし

[校異]なし

[事項]異伝 恋情

[訓異]あさぢはら,[寛]あさちはら,

ちふにあしふみ[寛],

こころぐみ,[寛]こころくみ,

あがもふこらが,[寛]わかおもふこらか,

いへのあたりみつ[寛],

[いもが,[寛]いもか,

いへのあたりみつ][寛],


[歌番号]12/3058

[題詞](寄物陳思)

[原文]内日刺 宮庭有跡 鴨頭草之 移情 吾思名國

[訓読]うちひさす宮にはあれど月草のうつろふ心我が思はなくに

[仮名]うちひさす みやにはあれど つきくさの うつろふこころ わがおもはなくに

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 植物 恋愛

[訓異]うちひさす[寛],

みやにはあれど,[寛]みやにはあれと,

つきくさの[寛],

うつろふこころ,[寛]うつしこころは,

わがおもはなくに,[寛]わかおもはなくに,


[歌番号]12/3059

[題詞](寄物陳思)

[原文]百尓千尓 人者雖言 月草之 移情 吾将持八方

[訓読]百に千に人は言ふとも月草のうつろふ心我れ持ためやも

[仮名]ももにちに ひとはいふとも つきくさの うつろふこころ われもためやも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]植物 尫柜蹋 恋愛

[訓異]ももにちに[寛],

ひとはいふとも[寛],

つきくさの[寛],

うつろふこころ,[寛]うつしこころは,

われもためやも[寛],


[歌番号]12/3060

[題詞](寄物陳思)

[原文]萱草 吾紐尓著 時常無 念度者 生跡文奈思

[訓読]忘れ草我が紐に付く時となく思ひわたれば生けりともなし

[仮名]わすれくさ わがひもにつく ときとなく おもひわたれば いけりともなし

[左注]なし

[校異]なし

[事項]植物 恋情

[訓異]わすれくさ[寛],

わがひもにつく,[寛]わかひもにつく,

ときとなく[寛],

おもひわたれば,[寛]おもひわたれは,

いけりともなし[寛],


[歌番号]12/3061

[題詞](寄物陳思)

[原文]五更之 目不酔草跡 此乎谷 見乍座而 吾止偲為

[訓読]暁の目覚まし草とこれをだに見つついまして我れと偲はせ

[仮名]あかときの めさましくさと これをだに みつついまして われをしのはせ

[左注]なし

[校異]止 (塙)(楓) 少

[事項]女歌 形見 恋愛

[訓異]あかときの,[寛]あかつきの,

めさましくさと[寛],

これをだに,[寛]これをたに,

みつついまして[寛],

われをしのはせ,[寛]われししのはせ,


[歌番号]12/3062

[題詞](寄物陳思)

[原文]萱草 垣毛繁森 雖殖有 鬼之志許草 猶戀尓家利

[訓読]忘れ草垣もしみみに植ゑたれど醜の醜草なほ恋ひにけり

[仮名]わすれくさ かきもしみみに うゑたれど しこのしこくさ なほこひにけり

[左注]なし

[校異]なし

[事項]植物 恋情

[訓異]わすれくさ[寛],

かきもしみみに[寛],

うゑたれど,[寛]うゑたれと,

しこのしこくさ,[寛]おにのしこくさ,

なほこひにけり[寛],


[歌番号]12/3063

[題詞](寄物陳思)

[原文]淺茅原 小野尓標結 空言毛 将相跡令聞 戀之名種尓

[訓読]浅茅原小野に標結ふ空言も逢はむと聞こせ恋のなぐさに

[仮名]あさぢはら をのにしめゆふ むなことも あはむときこせ こひのなぐさに

[左注]或本歌曰 将来知志 君矣志将待 又見柿本朝臣人麻呂歌集 然落<句小>異耳

[校異]勺少 -> 句小 [元][類]

[事項]恋情 異伝 柿本人麻呂歌集

[訓異]あさぢはら,[寛]あさちふの,

をのにしめゆふ[寛],

むなことも,[寛]そらことも,

あはむときこせ,[寛]あはむときかせ,

こひのなぐさに,[寛]こひのなくさに,


[歌番号]12/3063S

[題詞](寄物陳思)或本歌曰

[原文]将来知志 君矣志将待

[訓読]来むと知らせし君をし待たむ

[仮名]こむとしらせし きみをしまたむ

[左注]又見柿本朝臣人麻呂歌集 然落<句小>異耳

[校異]なし

[事項]異伝 恋情

[訓異]こむとしらせし[寛],

きみをしまたむ[寛],


[歌番号]12/3064

[題詞](寄物陳思)

[原文]<人皆>之 笠尓縫云 有間菅 在而後尓毛 相等曽念

[訓読]人皆の笠に縫ふといふ有間菅ありて後にも逢はむとぞ思ふ

[仮名]ひとみなの かさにぬふといふ ありますげ ありてのちにも あはむとぞおもふ

[左注]なし

[校異]皆人 -> 人皆 [元][紀][温][矢]

[事項]植物 序詞 恋情

[訓異]ひとみなの[寛],

かさにぬふといふ,[寛]かさにぬふてふ,

ありますげ,[寛]ありますけ,

ありてのちにも[寛],

あはむとぞおもふ,[寛]あはむとそおもふ,


[歌番号]12/3065

[題詞](寄物陳思)

[原文]三吉野之 蜻乃小野尓 苅草之 念乱而 宿夜四曽多

[訓読]み吉野の秋津の小野に刈る草の思ひ乱れて寝る夜しぞ多き

[仮名]みよしのの あきづのをのに かるかやの おもひみだれて ぬるよしぞおほき

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 吉野 奈良 植物 序詞 恋情

[訓異]みよしのの[寛],

あきづのをのに,[寛]あきつのをのに,

かるかやの[寛],

おもひみだれて,[寛]おもひみたれて,

ぬるよしぞおほき,[寛]ぬるよしそおほき,


[歌番号]12/3066

[題詞](寄物陳思)

[原文]妹待跡 三笠乃山之 山菅之 不止八将戀 命不死者

[訓読]妹待つと御笠の山の山菅の止まずや恋ひむ命死なずは

[仮名]いもまつと みかさのやまの やますげの やまずやこひむ いのちしなずは

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 奈良 植物 序詞 恋情

[訓異]いもまつと[寛],

みかさのやまの[寛],

やますげの,[寛]やますけの,

やまずやこひむ,[寛]やますやこひむ,

いのちしなずは,[寛]いのちしなすは,


[歌番号]12/3067

[題詞](寄物陳思)

[原文]谷迫 峯邊延有 玉葛 令蔓之<有>者 年二不来友 [一云 石葛 令蔓之有者]

[訓読]谷狭み嶺辺に延へる玉葛延へてしあらば年に来ずとも [一云 岩つなの延へてしあらば]

[仮名]たにせまみ みねへにはへる たまかづら はへてしあらば としにこずとも [いはつなの はへてしあらば]

[左注]なし

[校異]<> -> 有 [元][類][紀]

[事項]異伝 植物 序詞 恋情

[訓異]たにせまみ,[寛]たにせはみ,

みねへにはへる[寛],

たまかづら,[寛]たまかつら,

はへてしあらば,[寛]はへてしあらは,

としにこずとも,[寛]としにこすとも,

[いはつなの,[寛]いはつたの,

はへてしあらば],[寛]はへてしあらは,


[歌番号]12/3068

[題詞](寄物陳思)

[原文]水茎之 岡乃田葛葉緒 吹變 面知兒等之 不見比鴨

[訓読]水茎の岡の葛葉を吹きかへし面知る子らが見えぬころかも

[仮名]みづくきの をかのくずはを ふきかへし おもしるこらが みえぬころかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]植物 恋情 序詞

[訓異]みづくきの,[寛]みつくきの,

をかのくずはを,[寛]をかのくすはを,

ふきかへし[寛],

おもしるこらが,[寛]おもしるこらか,

みえぬころかも[寛],


[歌番号]12/3069

[題詞](寄物陳思)

[原文]赤駒之 射去羽計 真田葛原 何傳言 直将吉

[訓読]赤駒のい行きはばかる真葛原何の伝て言直にしよけむ

[仮名]あかごまの いゆきはばかる まくずはら なにのつてこと ただにしよけむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]動物 植物 序詞 恋情 女歌

[訓異]あかごまの,[寛]あかこまの,

いゆきはばかる,[寛]いゆきははかり,

まくずはら,[寛]まくすはら,

なにのつてこと[寛],

ただにしよけむ,[寛]たたにしよけむ,


[歌番号]12/3070

[題詞](寄物陳思)

[原文]木綿疊 田上山之 狭名葛 在去之毛 <今>不有十万

[訓読]木綿畳田上山のさな葛ありさりてしも今ならずとも

[仮名]ゆふたたみ たなかみやまの さなかづら ありさりてしも いまならずとも

[左注]なし

[校異]令 -> 今 [童蒙抄]

[事項]地名 滋賀県 枕詞 植物 序詞 恋情

[訓異]ゆふたたみ[寛],

たなかみやまの[寛],

さなかづら,[寛]さなかつら,

ありさりてしも[寛],

いまならずとも,[寛]あらしめすとも,


[歌番号]12/3071

[題詞](寄物陳思)

[原文]<丹>波道之 大江乃山之 真玉葛 絶牟乃心 我不思

[訓読]丹波道の大江の山のさな葛絶えむの心我が思はなくに

[仮名]たにはぢの おほえのやまの さなかづら たえむのこころ わがおもはなくに

[左注]なし

[校異]舟 -> 丹 [西(訂正)][元][類][紀]

[事項]地名 京都 植物 序詞 恋情

[訓異]たにはぢの,[寛]たにはちの,

おほえのやまの[寛],

さなかづら,[寛]さなかつら,

たえむのこころ[寛],

わがおもはなくに,[寛]われはおもはす,


[歌番号]12/3072

[題詞](寄物陳思)

[原文]大埼之 有礒乃渡 延久受乃 徃方無哉 戀度南

[訓読]大崎の荒礒の渡り延ふ葛のゆくへもなくや恋ひわたりなむ

[仮名]おほさきの ありそのわたり はふくずの ゆくへもなくや こひわたりなむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 和歌山 植物 序詞 恋情

[訓異]おほさきの[寛],

ありそのわたり[寛],

はふくずの,[寛]はふくすの,

ゆくへもなくや[寛],

こひわたりなむ[寛],


[歌番号]12/3073

[題詞](寄物陳思)

[原文]木綿褁 [一云 疊] 白月山之 佐奈葛 後毛必 将相等曽念 [或本歌曰 将絶跡妹乎 吾念莫久尓]

[訓読]木綿包み [一云 畳] 白月山のさな葛後もかならず逢はむとぞ思ふ [或本歌曰 絶えむと妹を我が思はなくに]

[仮名]ゆふづつみ[たたみ] しらつきやまの さなかづら のちもかならず あはむとぞおもふ [たえむといもを わがおもはなくに]

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 地名 植物 序詞 恋情

[訓異]ゆふづつみ[たたみ],[寛]ゆふつつみ[]

しらつきやまの[寛],

さなかづら,[寛]さなかつら,

のちもかならず,[寛]のちもかならす,

あはむとぞおもふ,[寛]あはむとそおもふ,

[たえむといもを[寛],

わがおもはなくに],[寛]わかおもはなくに,


[歌番号]12/3074

[題詞](寄物陳思)

[原文]唐棣花色之 移安 情有者 年乎曽寸經 事者不絶而

[訓読]はねず色のうつろひやすき心あれば年をぞ来経る言は絶えずて

[仮名]はねずいろの うつろひやすき こころあれば としをぞきふる ことはたえずて

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 恋情

[訓異]はねずいろの,[寛]はねすいろの,

うつろひやすき[寛],

こころあれば,[寛]こころあれは,

としをぞきふる,[寛]としをそきふる,

ことはたえずて,[寛]ことはたえすて,


[歌番号]12/3075

[題詞](寄物陳思)

[原文]如此為而曽 人之死云 藤浪乃 直一目耳 見之人故尓

[訓読]かくしてぞ人は死ぬといふ藤波のただ一目のみ見し人ゆゑに

[仮名]かくしてぞ ひとはしぬといふ ふぢなみの ただひとめのみ みしひとゆゑに

[左注]なし

[校異]なし

[事項]植物 恋情

[訓異]かくしてぞ,[寛]かくしてそ,

ひとはしぬといふ,[寛]ひとのしぬてふ,

ふぢなみの,[寛]ふちなみの,

ただひとめのみ,[寛]たたひとめのみ,

みしひとゆゑに,[寛]みしひとゆへに,


[歌番号]12/3076

[題詞](寄物陳思)

[原文]住吉之 敷津之浦乃 名告藻之 名者告而之乎 不相毛恠

[訓読]住吉の敷津の浦のなのりその名は告りてしを逢はなくも怪し

[仮名]すみのえの しきつのうらの なのりその なはのりてしを あはなくもあやし

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 大阪 植物 序詞 恋情

[訓異]すみのえの[寛],

しきつのうらの[寛],

なのりその,[寛]なのりそか,

なはのりてしを[寛],

あはなくもあやし,[寛]あはぬもあやし,


[歌番号]12/3077

[題詞](寄物陳思)

[原文]三佐呉集 荒礒尓生流 勿謂藻乃 吉名者不<告> 父母者知鞆

[訓読]みさご居る荒礒に生ふるなのりそのよし名は告らじ親は知るとも

[仮名]みさごゐる ありそにおふる なのりその よしなはのらじ おやはしるとも

[左注]なし

[校異]吉 -> 告 [類][紀] / 鞆 [元][類](塙)(楓) 等毛

[事項]動物 植物 序詞 恋情 人目

[訓異]みさごゐる,[寛]みさこゐる,

ありそにおふる,[寛]あらいそにおふる,

なのりその[寛],

よしなはのらじ,[寛]よしなはのらし,

おやはしるとも[寛],


[歌番号]12/3078

[題詞](寄物陳思)

[原文]浪之共 靡玉藻乃 片念尓 吾念人之 言乃繁家口

[訓読]波の共靡く玉藻の片思に我が思ふ人の言の繁けく

[仮名]なみのむた なびくたまもの かたもひに わがおもふひとの ことのしげけく

[左注]なし

[校異]なし

[事項]植物 序詞 恋情

[訓異]なみのむた[寛],

なびくたまもの,[寛]なひくたまもの,

かたもひに,[寛]かたおもひに,

わがおもふひとの,[寛]わかおもふひとの,

ことのしげけく,[寛]ことのしけけく,


[歌番号]12/3079

[題詞](寄物陳思)

[原文]海若之 奥津玉藻乃 靡将寐 早来座君 待者苦毛

[訓読]わたつみの沖つ玉藻の靡き寝む早来ませ君待たば苦しも

[仮名]わたつみの おきつたまもの なびきねむ はやきませきみ またばくるしも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]植物 序詞 恋情 女歌

[訓異]わたつみの[寛],

おきつたまもの[寛],

なびきねむ,[寛]なひきねむ,

はやきませきみ[寛],

またばくるしも,[寛]まてはくるしも,


[歌番号]12/3080

[題詞](寄物陳思)

[原文]海若之 奥尓生有 縄<乗>乃 名者曽不告 戀者雖死

[訓読]わたつみの沖に生ひたる縄海苔の名はかつて告らじ恋ひは死ぬとも

[仮名]わたつみの おきにおひたる なはのりの なはかつてのらじ こひはしねとも

[左注]なし

[校異]垂 -> 乗 [西(朱筆訂正)][元][類][紀]

[事項]植物 序詞 恋情

[訓異]わたつみの[寛],

おきにおひたる[寛],

なはのりの[寛],

なはかつてのらじ,[寛]なはそものらし,

こひはしねとも,[寛]こひはしぬとも,


[歌番号]12/3081

[題詞](寄物陳思)

[原文]玉緒乎 片緒尓搓而 緒乎弱弥 乱時尓 不戀有目八方

[訓読]玉の緒を片緒に縒りて緒を弱み乱るる時に恋ひずあらめやも

[仮名]たまのをを かたをによりて ををよわみ みだるるときに こひずあらめやも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]序詞 恋情

[訓異]たまのをを[寛],

かたをによりて,[寛]かたをによりし,

ををよわみ,[寛]ををよはみ,

みだるるときに,[寛]みたるるときに,

こひずあらめやも,[寛]こひさらめやも,


[歌番号]12/3082

[題詞](寄物陳思)

[原文]君尓不相 久成宿 玉緒之 長命之 惜雲無

[訓読]君に逢はず久しくなりぬ玉の緒の長き命の惜しけくもなし

[仮名]きみにあはず ひさしくなりぬ たまのをの ながきいのちの をしけくもなし

[左注]なし

[校異]なし

[事項]女歌 枕詞 恋情

[訓異]きみにあはず,[寛]きみにあはて,

ひさしくなりぬ[寛],

たまのをの[寛],

ながきいのちの,[寛]なかきいのちの,

をしけくもなし[寛],


[歌番号]12/3083

[題詞](寄物陳思)

[原文]戀事 益今者 玉緒之 絶而乱而 可死所念

[訓読]恋ふることまされる今は玉の緒の絶えて乱れて死ぬべく思ほゆ

[仮名]こふること まされるいまは たまのをの たえてみだれて しぬべくおもほゆ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 恋情

[訓異]こふること[寛],

まされるいまは,[寛]まされはいまは,

たまのをの[寛],

たえてみだれて,[寛]たえてみたれて,

しぬべくおもほゆ,[寛]しぬへくおもほゆ,


[歌番号]12/3084

[題詞](寄物陳思)

[原文]海處女 潜取云 忘貝 代二毛不忘 妹之容儀者

[訓読]海人娘子潜き採るといふ忘れ貝世にも忘れじ妹が姿は

[仮名]あまをとめ かづきとるといふ わすれがひ よにもわすれじ いもがすがたは

[左注]なし

[校異]なし

[事項]序詞 恋情

[訓異]あまをとめ[寛],

かづきとるといふ,[寛]かつきとるてふ,

わすれがひ,[寛]わすれかひ,

よにもわすれじ,[寛]よにもわすれし,

いもがすがたは,[寛]いもかすかたは,


[歌番号]12/3085

[題詞](寄物陳思)

[原文]朝影尓 吾身者成奴 玉蜻 髣髴所見而 徃之兒故尓

[訓読]朝影に我が身はなりぬ玉かぎるほのかに見えて去にし子ゆゑに

[仮名]あさかげに あがみはなりぬ たまかぎる ほのかにみえて いにしこゆゑに

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 恋情

[訓異]あさかげに,[寛]あさかけに,

あがみはなりぬ,[寛]わかみはなりぬ,

たまかぎる,[寛]かけろふの,

ほのかにみえて[寛],

いにしこゆゑに,[寛]いにしこゆへに,


[歌番号]12/3086

[題詞](寄物陳思)

[原文]中々二 人跡不在者 桑子尓毛 成益物乎 玉之緒<許>

[訓読]なかなかに人とあらずは桑子にもならましものを玉の緒ばかり

[仮名]なかなかに ひととあらずは くはこにも ならましものを たまのをばかり

[左注]なし

[校異]計 -> 許 [元][類][紀]

[事項]恋情

[訓異]なかなかに[寛],

ひととあらずは,[寛]ひととあらすは,

くはこにも[寛],

ならましものを[寛],

たまのをばかり,[寛]たまのをはかり,


[歌番号]12/3087

[題詞](寄物陳思)

[原文]真菅吉 宗我乃河原尓 鳴千鳥 間無吾背子 吾戀者

[訓読]ま菅よし宗我の川原に鳴く千鳥間なし我が背子我が恋ふらくは

[仮名]ますげよし そがのかはらに なくちどり まなしわがせこ あがこふらくは

[左注]なし

[校異]なし

[事項]動物 枕詞 植物 地名 奈良 恋情 序詞

[訓異]ますげよし,[寛]ますけよき,

そがのかはらに,[寛]そかのかはらに,

なくちどり,[寛]なくちとり,

まなしわがせこ,[寛]まなしわかせこ,

あがこふらくは,[寛]わかこふらくは,


[歌番号]12/3088

[題詞](寄物陳思)

[原文]戀衣 著<楢>乃山尓 鳴鳥之 間無<時無> 吾戀良苦者

[訓読]恋衣着奈良の山に鳴く鳥の間なく時なし我が恋ふらくは

[仮名]こひごろも きならのやまに なくとりの まなくときなし あがこふらくは

[左注]なし

[校異]猶 -> 楢 [西(訂正)][紀][温][矢] / 無時 -> 時無 [元][紀][温]

[事項]奈良 掛詞 序詞 恋情

[訓異]こひごろも,[寛]こひころも,

きならのやまに[寛],

なくとりの[寛],

まなくときなし[寛],

あがこふらくは,[寛]わかこふらくは,


[歌番号]12/3089

[題詞](寄物陳思)

[原文]遠津人 猟道之池尓 住鳥之 立毛居毛 君乎之曽念

[訓読]遠つ人狩道の池に住む鳥の立ちても居ても君をしぞ思ふ

[仮名]とほつひと かりぢのいけに すむとりの たちてもゐても きみをしぞおもふ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 地名 榛原 奈良 序詞 恋情

[訓異]とほつひと[寛],

かりぢのいけに,[寛]かりちのいけに,

すむとりの[寛],

たちてもゐても[寛],

きみをしぞおもふ,[寛]きみをしそおもふ,


[歌番号]12/3090

[題詞](寄物陳思)

[原文]葦邊徃 鴨之羽音之 聲耳 聞管本名 戀度鴨

[訓読]葦辺行く鴨の羽音の音のみに聞きつつもとな恋ひわたるかも

[仮名]あしへゆく かものはおとの おとのみに ききつつもとな こひわたるかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]動物 植物 序詞 尫柜蹋 恋情

[訓異]あしへゆく[寛],

かものはおとの[寛],

おとのみに,[寛]おとにのみ,

ききつつもとな[寛],

こひわたるかも[寛],


[歌番号]12/3091

[題詞](寄物陳思)

[原文]鴨尚毛 己之妻共 求食為而 所遺間尓 戀云物乎

[訓読]鴨すらもおのが妻どちあさりして後るる間に恋ふといふものを

[仮名]かもすらも おのがつまどち あさりして おくるるあひだに こふといふものを

[左注]なし

[校異]なし

[事項]動物 恋情

[訓異]かもすらも[寛],

おのがつまどち,[寛]おのかつまとち,

あさりして[寛],

おくるるあひだに,[寛]おくるるほとに,

こふといふものを[寛],


[歌番号]12/3092

[題詞](寄物陳思)

[原文]白檀 斐太乃細江之 菅鳥乃 妹尓戀哉 寐宿金鶴

[訓読]白真弓斐太の細江の菅鳥の妹に恋ふれか寐を寝かねつる

[仮名]しらまゆみ ひだのほそえの すがどりの いもにこふれか いをねかねつる

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 地名 動物 恋情 序詞

[訓異]しらまゆみ[寛],

ひだのほそえの,[寛]ひたのほそえの,

すがどりの,[寛]すかとりの,

いもにこふれか,[寛]いもにこふれや,

いをねかねつる[寛],


[歌番号]12/3093

[題詞](寄物陳思)

[原文]小竹之上尓 来居而鳴<鳥> 目乎安見 人妻姤尓 吾戀二来

[訓読]小竹の上に来居て鳴く鳥目を安み人妻ゆゑに我れ恋ひにけり

[仮名]しののうへに きゐてなくとり めをやすみ ひとづまゆゑに あれこひにけり

[左注]なし

[校異]<> -> 鳥 [西(左書)][元][類][紀]

[事項]植物 序詞 恋情

[訓異]しののうへに,[寛]ささのうへに,

きゐてなくとり[寛],

めをやすみ[寛],

ひとづまゆゑに,[寛]ひとつまゆゑに,

あれこひにけり,[寛]われこひにけり,


[歌番号]12/3094

[題詞](寄物陳思)

[原文]物念常 不宿起有 旦開者 和備弖鳴成 鶏左倍

[訓読]物思ふと寐ねず起きたる朝明にはわびて鳴くなり庭つ鳥さへ

[仮名]ものもふと いねずおきたる あさけには わびてなくなり にはつとりさへ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]動物 恋情

[訓異]ものもふと,[寛]ものおもふと,

いねずおきたる,[寛]いねすおきたる,

あさけには[寛],

わびてなくなり,[寛]わひてなくなり,

にはつとりさへ,[寛]かけのとりさへ,


[歌番号]12/3095

[題詞](寄物陳思)

[原文]朝烏 早勿鳴 吾背子之 旦開之容儀 見者悲毛

[訓読]朝烏早くな鳴きそ我が背子が朝明の姿見れば悲しも

[仮名]あさがらす はやくななきそ わがせこが あさけのすがた みればかなしも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]動物 女歌 後朝

[訓異]あさがらす,[寛]あさからす,

はやくななきそ[寛],

わがせこが,[寛]わかせこか,

あさけのすがた,[寛]あさけのすかた,

みればかなしも,[寛]みれはかなしも,


[歌番号]12/3096

[題詞](寄物陳思)

[原文]柜ゐ越尓 麦咋駒乃 雖詈 猶戀久 思不勝焉

[訓読]馬柵越しに麦食む駒の罵らゆれど猶し恋しく思ひかねつも

[仮名]ませごしに むぎはむこまの のらゆれど なほしこひしく おもひかねつも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]動物 序詞 恋情

[訓異]ませごしに,[寛]ませこしに,

むぎはむこまの,[寛]むきはむこまの,

のらゆれど,[寛]のらるれと,

なほしこひしく,[寛]なほもこひしく,

おもひかねつも,[寛]おもひかてぬを,


[歌番号]12/3097

[題詞](寄物陳思)

[原文]左桧隈 <桧隈>河尓 駐馬 馬尓水令飲 吾外将見

[訓読]さ桧隈桧隈川に馬留め馬に水飼へ我れ外に見む

[仮名]さひのくま ひのくまかはに うまとどめ うまにみづかへ われよそにみむ

[左注]なし

[校異]々々 -> 桧隈 [元][類][紀]

[事項]地名 明日香 奈良 動物 恋情 歌垣

[訓異]さひのくま[寛],

ひのくまかはに[寛],

うまとどめ,[寛]うまとめて,

うまにみづかへ,[寛]うまにみつかへ,

われよそにみむ[寛],


[歌番号]12/3098

[題詞](寄物陳思)

[原文]於能礼故 所詈而居者 ゑ馬之 面高夫駄尓 乗而應来哉

[訓読]おのれゆゑ罵らえて居れば青馬の面高夫駄に乗りて来べしや

[仮名]おのれゆゑ のらえてをれば あをうまの おもたかぶだに のりてくべしや

[左注]右一首 平群文屋朝臣益人傳云 昔<多>紀皇女竊嫁高安王被嘖之時 御作<此>歌 但高安王左降任<之>伊与國守也

[校異]聞 -> 多 [吉永登説] / <> -> 此 [元][類][紀] / <> -> 之 [西(右書)][元][紀][温]

[事項]動物 怨恨 伝承 歌語り 紀皇女 高安王 平群文屋益人

[訓異]おのれゆゑ,[寛]おのれゆへ,

のらえてをれば,[寛]のられてをれは,

あをうまの,[寛]あしけうまの,

おもたかぶだに,[寛]おもたかふたに,

のりてくべしや,[寛]のりてくへしや,


[歌番号]12/3099

[題詞](寄物陳思)

[原文]紫草乎 草跡別々 伏鹿之 野者殊異為而 心者同

[訓読]紫草を草と別く別く伏す鹿の野は異にして心は同じ

[仮名]むらさきを くさとわくわく ふすしかの のはことにして こころはおやじ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]植物 動物 恋情

[訓異]むらさきを[寛],

くさとわくわく,[寛]くさとわけわけ,

ふすしかの[寛],

のはことにして[寛],

こころはおやじ,[寛]こころはおなし,


[歌番号]12/3100

[題詞](寄物陳思)

[原文]不想乎 想常云者 真鳥住 卯名手乃<社>之 神<思>将御知

[訓読]思はぬを思ふと言はば真鳥住む雲梯の杜の神し知らさむ

[仮名]おもはぬを おもふといはば まとりすむ うなてのもりの かみししらさむ

[左注]なし

[校異]杜 -> 社 [元][類][温] / 忌 -> 思 [元][古][紀]

[事項]怨恨 皮肉 恋愛 動物 地名 橿原市 奈良

[訓異]おもはぬを[寛],

おもふといはば,[寛]おもふといはは,

まとりすむ[寛],

うなてのもりの[寛],

かみししらさむ,[寛]かみししるらむ,


[歌番号]12/3101

[題詞]問答歌

[原文]紫者 灰指物曽 海石榴市之 八十街尓 相兒哉誰

[訓読]紫は灰さすものぞ海石榴市の八十の街に逢へる子や誰れ

[仮名]むらさきは はひさすものぞ つばいちの やそのちまたに あへるこやたれ

[左注](右二首)

[校異]なし

[事項]地名 奈良 桜井 歌垣 染色 問媿遄醎 求婚

[訓異]むらさきは[寛],

はひさすものぞ,[寛]はひさすものそ,

つばいちの,[寛]つはいちの,

やそのちまたに[寛],

あへるこやたれ[寛],


[歌番号]12/3102

[題詞](問答歌)

[原文]足千根乃 母之召名乎 雖白 路行人乎 孰跡知而可

[訓読]たらちねの母が呼ぶ名を申さめど道行く人を誰れと知りてか

[仮名]たらちねの ははがよぶなを まをさめど みちゆくひとを たれとしりてか

[左注]右二首

[校異]なし

[事項]歌垣 枕詞 求婚拒否

[訓異]たらちねの[寛],

ははがよぶなを,[寛]ははのめすなを,

まをさめど,[寛]まうさめと,

みちゆくひとを,[寛]みちゆきひとを,

たれとしりてか[寛],


[歌番号]12/3103

[題詞](問答歌)

[原文]不相 然将有 玉<梓>之 使乎谷毛 待八金<手>六

[訓読]逢はなくはしかもありなむ玉梓の使をだにも待ちやかねてむ

[仮名]あはなくは しかもありなむ たまづさの つかひをだにも まちやかねてむ

[左注](右二首)

[校異]桙 -> 梓 [元][紀][細] / 手 [西(上書訂正)][元][古][紀]

[事項]女歌 恋情 枕詞

[訓異]あはなくは,[寛]あはさらむ,

しかもありなむ,[寛]しかはありとも,

たまづさの,[寛]たまつさの,

つかひをだにも,[寛]つかひをたにも,

まちやかねてむ[寛],


[歌番号]12/3104

[題詞](問答歌)

[原文]将相者 千遍雖念 蟻通 人眼乎多 戀乍衣居

[訓読]逢はむとは千度思へどあり通ふ人目を多み恋つつぞ居る

[仮名]あはむとは ちたびおもへど ありがよふ ひとめをおほみ こひつつぞをる

[左注]右二首

[校異]なし

[事項]人目 恋情 尫柜蹋


[訓異]あはむとは[寛],

ちたびおもへど,[寛]ちへにおもへと,

ありがよふ,[寛]ありかよふ,

ひとめをおほみ[寛],

こひつつぞをる,[寛]こひつつそをる,


[歌番号]12/3105

[題詞](問答歌)

[原文]人目太 直不相而 盖雲 吾戀死者 誰名将有裳

[訓読]人目多み直に逢はずてけだしくも我が恋ひ死なば誰が名ならむも

[仮名]ひとめおほみ ただにあはずて けだしくも あがこひしなば たがなならむも

[左注](右二首)

[校異]なし

[事項]人目 尫柜蹋 恋情

[訓異]ひとめおほみ[寛],

ただにあはずて,[寛]たたにあはすて,

けだしくも,[寛]けたしくも,

あがこひしなば,[寛]わかこひしなは,

たがなならむも,[寛]たかなかあらむも,


[歌番号]12/3106

[題詞](問答歌)

[原文]相見 欲為者 従君毛 吾曽益而 伊布可思美為也

[訓読]相見まく欲しきがためは君よりも我れぞまさりていふかしみする

[仮名]あひみまく ほしきがためは きみよりも われぞまさりて いふかしみする

[左注]右二首

[校異]なし

[事項]女歌 恋情

[訓異]あひみまく[寛],

ほしきがためは,[寛]ほしみしすれは,

きみよりも[寛],

われぞまさりて,[寛]われそまさりて,

いふかしみする[寛],


[歌番号]12/3107

[題詞](問答歌)

[原文]空蝉之 人目乎繁 不相而 年之經者 生跡毛奈思

[訓読]うつせみの人目を繁み逢はずして年の経ぬれば生けりともなし

[仮名]うつせみの ひとめをしげみ あはずして としのへぬれば いけりともなし

[左注](右二首)

[校異]なし

[事項]人目 尫柜蹋 恋情

[訓異]うつせみの[寛],

ひとめをしげみ,[寛]ひとめをしけみ,

あはずして,[寛]あはすして,

としのへぬれば,[寛]としのへぬれは,

いけりともなし[寛],


[歌番号]12/3108

[題詞](問答歌)

[原文]空蝉之 人目繁者 夜干玉之 夜夢乎 次而所見欲

[訓読]うつせみの人目繁くはぬばたまの夜の夢にを継ぎて見えこそ

[仮名]うつせみの ひとめしげくは ぬばたまの よるのいめにを つぎてみえこそ

[左注]右二首

[校異]なし

[事項]枕詞 人目 尫柜蹋 恋情

[訓異]うつせみの[寛],

ひとめしげくは,[寛]ひとめしけくは,

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,

よるのいめにを,[寛]よるのゆめにを,

つぎてみえこそ,[寛]つきてみまなし,


[歌番号]12/3109

[題詞](問答歌)

[原文]慇懃 憶吾妹乎 人言之 繁尓因而 不通比日可聞

[訓読]ねもころに思ふ我妹を人言の繁きによりて淀むころかも

[仮名]ねもころに おもふわぎもを ひとごとの しげきによりて よどむころかも

[左注](右二首)

[校異]なし

[事項]人目 尫柜蹋 恋情

[訓異]ねもころに[寛],

おもふわぎもを,[寛]おもふわきもを,

ひとごとの,[寛]ひとことの,

しげきによりて,[寛]しけきによりて,

よどむころかも,[寛]あはぬころかも,


[歌番号]12/3110

[題詞](問答歌)

[原文]人言之 繁思有者 君毛吾毛 将絶常云而 相之物鴨

[訓読]人言の繁くしあらば君も我れも絶えむと言ひて逢ひしものかも

[仮名]ひとごとの しげくしあらば きみもあれも たえむといひて あひしものかも

[左注]右二首

[校異]なし

[事項]人目 尫柜蹋 恋情

[訓異]ひとごとの,[寛]ひとことの,

しげくしあらば,[寛]しけくしあれは,

きみもあれも,[寛]きみもわれも,

たえむといひて[寛],

あひしものかも[寛],


[歌番号]12/3111

[題詞](問答歌)

[原文]為便毛無 片戀乎為登 比日尓 吾可死者 夢所見哉

[訓読]すべもなき片恋をすとこの頃に我が死ぬべきは夢に見えきや

[仮名]すべもなき かたこひをすと このころに わがしぬべきは いめにみえきや

[左注](右二首)

[校異]なし

[事項]恋情 女歌

[訓異]すべもなき,[寛]すへもなく,

かたこひをすと[寛],

このころに[寛],

わがしぬべきは,[寛]わかしぬへきは,

いめにみえきや,[寛]ゆめにみえきや,


[歌番号]12/3112

[題詞](問答歌)

[原文]夢見而 衣乎取服 装束間尓 妹之使曽 先尓来

[訓読]夢に見て衣を取り着装ふ間に妹が使ぞ先立ちにける

[仮名]いめにみて ころもをとりき よそふまに いもがつかひぞ さきだちにける

[左注]右二首

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]いめにみて,[寛]ゆめにみて,

ころもをとりき[寛],

よそふまに[寛],

いもがつかひぞ,[寛]いもかつかひそ,

さきだちにける,[寛]さきたちにける,


[歌番号]12/3113

[題詞](問答歌)

[原文]在有而 後毛将相登 言耳乎 堅要管 相者無尓

[訓読]ありありて後も逢はむと言のみを堅く言ひつつ逢ふとはなしに

[仮名]ありありて のちもあはむと ことのみを かたくいひつつ あふとはなしに

[左注](右二首)

[校異]なし

[事項]怨恨 恋情

[訓異]ありありて[寛],

のちもあはむと[寛],

ことのみを,[寛]いふのみを,

かたくいひつつ,[寛]かたみにしつつ,

あふとはなしに[寛],


[歌番号]12/3114

[題詞](問答歌)

[原文]極而 吾毛相登 思友 人之言社 繁君尓有

[訓読]きはまりて我れも逢はむと思へども人の言こそ繁き君にあれ

[仮名]きはまりて われもあはむと おもへども ひとのことこそ しげききみにあれ

[左注]右二首

[校異]なし

[事項]恋情 尫柜蹋 女歌

[訓異]きはまりて[寛],

われもあはむと[寛],

おもへども,[寛]おもへとも,

ひとのことこそ[寛],

しげききみにあれ,[寛]しけききみにあれ,


[歌番号]12/3115

[題詞](問答歌)

[原文]氣緒尓 言氣築之 妹尚乎 人妻有跡 聞者悲毛

[訓読]息の緒に我が息づきし妹すらを人妻なりと聞けば悲しも

[仮名]いきのをに わがいきづきし いもすらを ひとづまなりと きけばかなしも

[左注](右二首)

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]いきのをに[寛],

わがいきづきし,[寛]わかいきつきし,

いもすらを[寛],

ひとづまなりと,[寛]ひとつまありと,

きけばかなしも,[寛]きけはかなしも,


[歌番号]12/3116

[題詞](問答歌)

[原文]我故尓 痛勿和備曽 後遂 不相登要之 言毛不有尓

[訓読]我がゆゑにいたくなわびそ後つひに逢はじと言ひしこともあらなくに

[仮名]わがゆゑに いたくなわびそ のちつひに あはじといひし こともあらなくに

[左注]右二首

[校異]なし

[事項]恋愛 慰姤 女歌

[訓異]わがゆゑに,[寛]われゆへに,

いたくなわびそ,[寛]いたくなわひそ,

のちつひに,[寛]のちつゐに,

あはじといひし,[寛]あはしといひし,

こともあらなくに[寛],


[歌番号]12/3117

[題詞](問答歌)

[原文]門立而 戸毛閇而有乎 何處従鹿 妹之入来而 夢所見鶴

[訓読]門立てて戸も閉したるをいづくゆか妹が入り来て夢に見えつる

[仮名]かどたてて ともさしてあるを いづくゆか いもがいりきて いめにみえつる

[左注](右二首)

[校異]なし

[事項]恋情

[訓異]かどたてて,[寛]かとたてて,

ともさしてあるを,[寛]ともとちてあるを,

いづくゆか,[寛]いつくゆか,

いもがいりきて,[寛]いもかいりきて,

いめにみえつる,[寛]ゆめにみえつる,


[歌番号]12/3118

[題詞](問答歌)

[原文]門立而 戸者雖闔 盗人之 穿穴従 入而所見牟

[訓読]門立てて戸は閉したれど盗人の穿れる穴より入りて見えけむ

[仮名]かどたてて とはさしたれど ぬすびとの ほれるあなより いりてみえけむ

[左注]右二首

[校異]なし

[事項]恋情 女歌

[訓異]かどたてて,[寛]かとたてて,

とはさしたれど,[寛]とはさしたれと,

ぬすびとの,[寛]ぬすひとの,

ほれるあなより,[寛]ゑれるあなより,

いりてみえけむ[寛],


[歌番号]12/3119

[題詞](問答歌)

[原文]従明日者 戀乍将<去> 今夕弾 速初夜従 綏解我妹

[訓読]明日よりは恋ひつつ行かむ今夜だに早く宵より紐解け我妹

[仮名]あすよりは こひつつゆかむ こよひだに はやくよひより ひもとけわぎも

[左注](右二首)

[校異]在 -> 去 [元]

[事項]恋情

[訓異]あすよりは[寛],

こひつつゆかむ,[寛]こひつつあらむ,

こよひだに,[寛]こよひたに,

はやくよひより,[寛]はやくよひより,

ひもとけわぎも,[寛]ひもとけわきも,


[歌番号]12/3120

[題詞](問答歌)

[原文]今更 将寐哉我背子 荒田<夜>之 全夜毛不落 夢所見欲

[訓読]今さらに寝めや我が背子新夜の一夜もおちず夢に見えこそ

[仮名]いまさらに ねめやわがせこ あらたよの ひとよもおちず いめにみえこそ

[左注]右二首

[校異]寐 -> 夜 [元]

[事項]恋情 女歌

[訓異]いまさらに[寛],

ねめやわがせこ,[寛]ねむやわかせこ,

あらたよの,[寛]あらたまの,

ひとよもおちず,[寛]またよもおちす,

いめにみえこそ,[寛]ゆめにみまほし,


[歌番号]12/3121

[題詞](問答歌)

[原文]吾<勢>子之 使乎待跡 笠不著 出乍曽見之 雨零尓

[訓読]我が背子が使を待つと笠も着ず出でつつぞ見し雨の降らくに

[仮名]わがせこが つかひをまつと かさもきず いでつつぞみし あめのふらくに

[左注](右二首)

[校異]背 -> 勢 [元][紀][細]

[事項]女歌 恋情

[訓異]わがせこが,[寛]わかせこか,

つかひをまつと[寛],

かさもきず,[寛]かさもきて,

いでつつぞみし,[寛]いてつつそみし,

あめのふらくに[寛],


[歌番号]12/3122

[題詞](問答歌)

[原文]無心 雨尓毛有鹿 人目守 乏妹尓 今日谷相<乎>

[訓読]心なき雨にもあるか人目守り乏しき妹に今日だに逢はむを

[仮名]こころなき あめにもあるか ひとめもり ともしきいもに けふだにあはむを

[左注]右二首

[校異]牟 -> 乎 [元][紀][温]

[事項]人目 尫柜蹋 恋情

[訓異]こころなき[寛],

あめにもあるか[寛],

ひとめもり,[寛]ひとめもる,

ともしきいもに[寛],

けふだにあはむを,[寛]けふたにあはむを,


[歌番号]12/3123

[題詞](問答歌)

[原文]直獨 宿杼宿不得而 白細 袖乎笠尓著 沾乍曽来

[訓読]ただひとり寝れど寝かねて白栲の袖を笠に着濡れつつぞ来し

[仮名]ただひとり ぬれどねかねて しろたへの そでをかさにき ぬれつつぞこし

[左注](右二首)

[校異]なし

[事項]枕詞 恋情 難渋

[訓異]ただひとり,[寛]たたひとり,

ぬれどねかねて,[寛]ぬれとねかねて,

しろたへの[寛],

そでをかさにき,[寛]そてをかさにき,

ぬれつつぞこし,[寛]ぬれつつそくる,


[歌番号]12/3124

[題詞](問答歌)

[原文]雨毛零 夜毛更深利 今更 君将行哉 紐解設<名>

[訓読]雨も降り夜も更けにけり今さらに君去なめやも紐解き設けな

[仮名]あめもふり よもふけにけり いまさらに きみいなめやも ひもときまけな

[左注]右二首

[校異]名 [西(上書訂正)][元][類][紀]

[事項]女歌 恋情

[訓異]あめもふり,[寛]あめもふる,

よもふけにけり[寛],

いまさらに[寛],

きみいなめやも,[寛]きみはゆかめや,

ひもときまけな[寛],


[歌番号]12/3125

[題詞](問答歌)

[原文]久堅乃 雨零日乎 我門尓 蓑笠不蒙而 来有人哉誰

[訓読]ひさかたの雨の降る日を我が門に蓑笠着ずて来る人や誰れ

[仮名]ひさかたの あめのふるひを わがかどに みのかさきずて けるひとやたれ

[左注](右二首)

[校異]なし

[事項]枕詞 恋愛 女歌

[訓異]ひさかたの[寛],

あめのふるひを[寛],

わがかどに,[寛]わかかとに,

みのかさきずて,[寛]みのかさきすて,

けるひとやたれ,[寛]くるひとやたれ,


[歌番号]12/3126

[題詞](問答歌)

[原文]纒向之 病足乃山尓 雲居乍 雨者雖零 所<沾>乍<焉>来

[訓読]巻向の穴師の山に雲居つつ雨は降れども濡れつつぞ来し

[仮名]まきむくの あなしのやまに くもゐつつ あめはふれども ぬれつつぞこし

[左注]右二首

[校異]沽 -> 沾 [細][京] / 為 -> 焉 [元][類][紀][温]

[事項]地名 桜井 奈良 難渋 恋愛

[訓異]まきむくの,[寛]まきもくの,

あなしのやまに[寛],

くもゐつつ[寛],

あめはふれども,[寛]あめはふれとも,

ぬれつつぞこし,[寛]ぬれつつそくる,


[歌番号]12/3127

[題詞]羇旅發思

[原文]度會 大川邊 若歴木 吾久在者 妹戀鴨

[訓読]度会の大川の辺の若久木我が久ならば妹恋ひむかも

[仮名]わたらひの おほかはのへの わかひさぎ わがひさならば いもこひむかも

[左注](右四首柿本朝臣人麻呂歌集出)

[校異]なし

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 地名 三重県 伊勢 植物 序詞 恋愛 羈旅

[訓異]わたらひの[寛],

おほかはのへの[寛],

わかひさぎ,[寛]わかくぬき,

わがひさならば,[寛]われひさにあらは,

いもこひむかも[寛],


[歌番号]12/3128

[題詞](羇旅發思)

[原文]吾妹子 夢見来 倭路 度瀬別 手向吾為

[訓読]我妹子を夢に見え来と大和道の渡り瀬ごとに手向けぞ我がする

[仮名]わぎもこを いめにみえこと やまとぢの わたりぜごとに たむけぞわがする

[左注](右四首柿本朝臣人麻呂歌集出)

[校異]なし

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 奈良 恋情 羈旅

[訓異]わぎもこを,[寛]わきもこを,

いめにみえこと,[寛]ゆめにみえこと,

やまとぢの,[寛]やまとちの,

わたりぜごとに,[寛]わたるせことに,

たむけぞわがする,[寛]たむけわれする,


[歌番号]12/3129

[題詞](羇旅發思)

[原文]櫻花 開哉散 <及>見 誰此 所見散行

[訓読]桜花咲きかも散ると見るまでに誰れかもここに見えて散り行く

[仮名]さくらばな さきかもちると みるまでに たれかもここに みえてちりゆく

[左注](右四首柿本朝臣人麻呂歌集出)

[校異]乃 -> 及 [元][紀][細]

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 植物 恋情 羈旅

[訓異]さくらばな,[寛]さくらはな,

さきかもちると,[寛]さきてやちると,

みるまでに,[寛]みるまてに,

たれかもここに,[寛]たれかここにて,

みえてちりゆく,[寛]ちりゆくをみむ,


[歌番号]12/3130

[題詞](羇旅發思)

[原文]豊洲 聞濱松 心<哀> 何妹 相云始

[訓読]豊国の企救の浜松ねもころに何しか妹に相言ひそめけむ

[仮名]とよくにの きくのはままつ ねもころに なにしかいもに あひいひそめけむ

[左注]右四首柿本朝臣人麻呂歌集出

[校異]裳 -> 哀 [元][類]

[事項]作者:柿本人麻呂歌集 略体 福岡 北九州市 地名 序詞 恋情 羈旅

[訓異]とよくにの[寛],

きくのはままつ[寛],

ねもころに,[寛]こころにも,

なにしかいもに,[寛]なにとていもか,

あひいひそめけむ,[寛]あひしそめけむ,


[歌番号]12/3131

[題詞](羇旅發思)

[原文]月易而 君乎婆見登 念鴨 日毛不易為而 戀之重

[訓読]月変へて君をば見むと思へかも日も変へずして恋の繁けむ

[仮名]つきかへて きみをばみむと おもへかも ひもかへずして こひのしげけむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 羈旅

[訓異]つきかへて[寛],

きみをばみむと,[寛]きみをはみむと,

おもへかも,[寛]おもかも,

ひもかへずして,[寛]ひもかへすして,

こひのしげけむ,[寛]こひのしけけき,


[歌番号]12/3132

[題詞](羇旅發思)

[原文]莫去跡 變毛来哉常 顧尓 雖徃不歸 道之長手矣

[訓読]な行きそと帰りも来やとかへり見に行けど帰らず道の長手を

[仮名]なゆきそと かへりもくやと かへりみに ゆけどかへらず みちのながてを

[左注]なし

[校異]歸 [元] 満

[事項]恋情 羈旅

[訓異]なゆきそと[寛],

かへりもくやと[寛],

かへりみに[寛],

ゆけどかへらず,[寛]ゆけとかへらす,

みちのながてを,[寛]みちのなかてを,


[歌番号]12/3133

[題詞](羇旅發思)

[原文]去家而 妹乎念出 灼然 人之應知 <歎>将為鴨

[訓読]旅にして妹を思ひ出でいちしろく人の知るべく嘆きせむかも

[仮名]たびにして いもをおもひいで いちしろく ひとのしるべく なげきせむかも

[左注]なし

[校異]欲 -> 歎 [西(訂正右書)][元][紀][温]

[事項]羈旅 恋情 望郷

[訓異]たびにして,[寛]たひにして,

いもをおもひいで,[寛]いもをおもひいて,

いちしろく[寛],

ひとのしるべく,[寛]ひとのしるへく,

なげきせむかも,[寛]なけきせむかも,


[歌番号]12/3134

[題詞](羇旅發思)

[原文]里離 遠有莫國 草枕 旅登之思者 尚戀来

[訓読]里離り遠くあらなくに草枕旅とし思へばなほ恋ひにけり

[仮名]さとさかり とほくあらなくに くさまくら たびとしおもへば なほこひにけり

[左注]なし

[校異]なし

[事項]羈旅 恋情 望郷

[訓異]さとさかり,[寛]さとはなれ,

とほくあらなくに,[寛]とほからなくに,

くさまくら[寛],

たびとしおもへば,[寛]たひとしおもへは,

なほこひにけり,[寛]なをこひにけり,


[歌番号]12/3135

[題詞](羇旅發思)

[原文]近有者 名耳毛聞而 名種目津 今夜従戀乃 益々南

[訓読]近くあれば名のみも聞きて慰めつ今夜ゆ恋のいやまさりなむ

[仮名]ちかくあれば なのみもききて なぐさめつ こよひゆこひの いやまさりなむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]羈旅 恋情 望郷 尫柜蹋

[訓異]ちかくあれば,[寛]ちかけれは,

なのみもききて[寛],

なぐさめつ,[寛]なくさめつ,

こよひゆこひの,[寛]こよひそこひの,

いやまさりなむ[寛],


[歌番号]12/3136

[題詞](羇旅發思)

[原文]客在而 戀者辛苦 何時毛 京行而 君之目乎将見

[訓読]旅にありて恋ふれば苦しいつしかも都に行きて君が目を見む

[仮名]たびにありて こふればくるし いつしかも みやこにゆきて きみがめをみむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]羈旅 恋情 望郷

[訓異]たびにありて,[寛]たひにありて,

こふればくるし,[寛]こふれはくるし,

いつしかも[寛],

みやこにゆきて[寛],

きみがめをみむ,[寛]きみかめをみむ,


[歌番号]12/3137

[題詞](羇旅發思)

[原文]遠有者 光儀者不所見 如常 妹之咲者 面影為而

[訓読]遠くあれば姿は見えず常のごと妹が笑まひは面影にして

[仮名]とほくあれば すがたはみえず つねのごと いもがゑまひは おもかげにして

[左注]なし

[校異]なし

[事項]羈旅 望郷 恋情

[訓異]とほくあれば,[寛]とほなれは,

すがたはみえず,[寛]すかたはみえす,

つねのごと,[寛]つねのこと,

いもがゑまひは,[寛]いもかゑまひは,

おもかげにして,[寛]おもかけにして,


[歌番号]12/3138

[題詞](羇旅發思)

[原文]年毛不歴 反来甞跡 朝影尓 将待妹之 面影所見

[訓読]年も経ず帰り来なむと朝影に待つらむ妹し面影に見ゆ

[仮名]としもへず かへりこなむと あさかげに まつらむいもし おもかげにみゆ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]羈旅 恋情 望郷

[訓異]としもへず,[寛]としもへす,

かへりこなむと,[寛]かへりきなめと,

あさかげに,[寛]あさかけに,

まつらむいもし,[寛]まつらむいもか,

おもかげにみゆ,[寛]おもかけにみけむ,


[歌番号]12/3139

[題詞](羇旅發思)

[原文]玉桙之 道尓出立 別来之 日従于念 忘時無

[訓読]玉桙の道に出で立ち別れ来し日より思ふに忘る時なし

[仮名]たまほこの みちにいでたち わかれこし ひよりおもふに わするときなし

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 羈旅 恋情 望郷

[訓異]たまほこの[寛],

みちにいでたち,[寛]みちにいてたち,

わかれこし[寛],

ひよりおもふに[寛],

わするときなし,[寛]わするるときなし,


[歌番号]12/3140

[題詞](羇旅發思)

[原文]波之寸八師 志賀在戀尓毛 有之鴨 君所遺而 戀敷念者

[訓読]はしきやししかある恋にもありしかも君に後れて恋しき思へば

[仮名]はしきやし しかあるこひに ありしかも きみにおくれて こほしきおもへば

[左注]なし

[校異]なし

[事項]羈旅 望郷 恋情 女歌 遊行女婦

[訓異]はしきやし[寛],

しかあるこひに,[寛]しかあるこひにも,

ありしかも[寛],

きみにおくれて[寛],

こほしきおもへば,[寛]こひしきおもへは,


[歌番号]12/3141

[題詞](羇旅發思)

[原文]草枕 客之悲 有苗尓 妹乎相見而 後将戀可聞

[訓読]草枕旅の悲しくあるなへに妹を相見て後恋ひむかも

[仮名]くさまくら たびのかなしく あるなへに いもをあひみて のちこひむかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]羈旅 枕詞 恋情 遊行女婦

[訓異]くさまくら[寛],

たびのかなしく,[寛]たひのかなしく,

あるなへに[寛],

いもをあひみて[寛],

のちこひむかも[寛],


[歌番号]12/3142

[題詞](羇旅發思)

[原文]國遠 直不相 夢谷 吾尓所見社 相日左右二

[訓読]国遠み直には逢はず夢にだに我れに見えこそ逢はむ日までに

[仮名]くにとほみ ただにはあはず いめにだに われにみえこそ あはむひまでに

[左注]なし

[校異]なし

[事項]羈旅 望郷 恋情

[訓異]くにとほみ[寛],

ただにはあはず,[寛]たたにはあはす,

いめにだに,[寛]ゆめにたに,

われにみえこそ[寛],

あはむひまでに,[寛]あはむひまてに,


[歌番号]12/3143

[題詞](羇旅發思)

[原文]如是将戀 物跡知者 吾妹兒尓 言問麻思乎 今之悔毛

[訓読]かく恋ひむものと知りせば我妹子に言問はましを今し悔しも

[仮名]かくこひむ ものとしりせば わぎもこに こととはましを いましくやしも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 羈旅 望郷

[訓異]かくこひむ[寛],

ものとしりせば,[寛]ものとしりせは,

わぎもこに,[寛]わきもこに,

こととはましを[寛],

いましくやしも[寛],


[歌番号]12/3144

[題詞](羇旅發思)

[原文]客夜之 久成者 左丹頬合 紐開不離 戀流比日

[訓読]旅の夜の久しくなればさ丹つらふ紐解き放けず恋ふるこのころ

[仮名]たびのよの ひさしくなれば さにつらふ ひもときさけず こふるこのころ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]羈旅 枕詞 恋情 望郷

[訓異]たびのよの,[寛]たひのよの,

ひさしくなれば,[寛]ひさしくなれは,

さにつらふ[寛],

ひもときさけず,[寛]ひもときさけす,

こふるこのころ[寛],


[歌番号]12/3145

[題詞](羇旅發思)

[原文]吾妹兒之 阿<乎>偲良志 草枕 旅之丸寐尓 下紐解

[訓読]我妹子し我を偲ふらし草枕旅のまろ寝に下紐解けぬ

[仮名]わぎもこし あをしのふらし くさまくら たびのまろねに したびもとけぬ

[左注]なし

[校異]手 -> 乎 [西(訂正右書)][元][類][紀]

[事項]枕詞 恋情 望郷 羈旅

[訓異]わぎもこし,[寛]わきもこか,

あをしのふらし[寛],

くさまくら[寛],

たびのまろねに,[寛]たひのまろねに,

したびもとけぬ,[寛]したひもとけぬ,


[歌番号]12/3146

[題詞](羇旅發思)

[原文]草枕 旅之衣 紐解 所念鴨 此年比者

[訓読]草枕旅の衣の紐解けて思ほゆるかもこの年ころは

[仮名]くさまくら たびのころもの ひもとけて おもほゆるかも このとしころは

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 恋情 望郷 羈旅

[訓異]くさまくら[寛],

たびのころもの,[寛]たひのころもの,

ひもとけて[寛],

おもほゆるかも[寛],

このとしころは,[寛]このとしこひは,


[歌番号]12/3147

[題詞](羇旅發思)

[原文]草枕 客之紐解 家之妹志 吾乎待不得而 歎良霜

[訓読]草枕旅の紐解く家の妹し我を待ちかねて嘆かふらしも

[仮名]くさまくら たびのひもとく いへのいもし わをまちかねて なげかふらしも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]羈旅 枕詞 望郷 恋情

[訓異]くさまくら[寛],

たびのひもとく,[寛]たひのひもとく,

いへのいもし[寛],

わをまちかねて[寛],

なげかふらしも,[寛]なけきすらしも,


[歌番号]12/3148

[題詞](羇旅發思)

[原文]玉釼 巻寝志妹乎 月毛不經 置而八将越 此山岫

[訓読]玉釧まき寝し妹を月も経ず置きてや越えむこの山の崎

[仮名]たまくしろ まきねしいもを つきもへず おきてやこえむ このやまのさき

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 羈旅 恋情 望郷 臨場表現

[訓異]たまくしろ,[寛]たまつるき,

まきねしいもを[寛],

つきもへず,[寛]よもつかす,

おきてやこえむ[寛],

このやまのさき,[寛]このやまのくき,


[歌番号]12/3149

[題詞](羇旅發思)

[原文]梓弓 末者不知杼 愛美 君尓副而 山道越来奴

[訓読]梓弓末は知らねど愛しみ君にたぐひて山道越え来ぬ

[仮名]あづさゆみ すゑはしらねど うるはしみ きみにたぐひて やまぢこえきぬ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 羈旅 女歌 遊行女婦

[訓異]あづさゆみ,[寛]あつさゆみ,

すゑはしらねど,[寛]すゑはしらねと,

うるはしみ,[寛]うつくしみ,

きみにたぐひて,[寛]きみにたくひて,

やまぢこえきぬ,[寛]やまちこえきぬ,


[歌番号]12/3150

[題詞](羇旅發思)

[原文]霞立 春長日乎 奥香無 不知山道乎 戀乍可将来

[訓読]霞立つ春の長日を奥処なく知らぬ山道を恋ひつつか来む

[仮名]かすみたつ はるのながひを おくかなく しらぬやまぢを こひつつかこむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]羈旅 恋情

[訓異]かすみたつ[寛],

はるのながひを,[寛]はるのなかひを,

おくかなく[寛],

しらぬやまぢを,[寛]しらぬやまちを,

こひつつかこむ[寛],


[歌番号]12/3151

[題詞](羇旅發思)

[原文]外耳 君乎相見而 木綿牒 手向乃山乎 明日香越将去

[訓読]外のみに君を相見て木綿畳手向けの山を明日か越え去なむ

[仮名]よそのみに きみをあひみて ゆふたたみ たむけのやまを あすかこえいなむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 羈旅 遊行女婦 恋情

[訓異]よそのみに,[寛]よそにのみ,

きみをあひみて[寛],

ゆふたたみ[寛],

たむけのやまを[寛],

あすかこえいなむ,[寛]あすかこえなむ,


[歌番号]12/3152

[題詞](羇旅發思)

[原文]玉勝間 安倍嶋山之 暮露尓 旅宿得為也 長此夜乎

[訓読]玉かつま安倍島山の夕露に旅寝えせめや長きこの夜を

[仮名]たまかつま あへしまやまの ゆふつゆに たびねえせめや ながきこのよを

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 地名 孤独 羈旅

[訓異]たまかつま[寛],

あへしまやまの[寛],

ゆふつゆに[寛],

たびねえせめや,[寛]たひねはえすや,

ながきこのよを,[寛]なかきこのよを,


[歌番号]12/3153

[題詞](羇旅發思)

[原文]三雪零 越乃大山 行過而 何日可 我里乎将見

[訓読]み雪降る越の大山行き過ぎていづれの日にか我が里を見む

[仮名]みゆきふる こしのおほやま ゆきすぎて いづれのひにか わがさとをみむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 北陸 石川 富山 恋情 望郷 羈旅

[訓異]みゆきふる[寛],

こしのおほやま[寛],

ゆきすぎて,[寛]ゆきすきて,

いづれのひにか,[寛]いつれのひにか,

わがさとをみむ,[寛]わかさとをみむ,


[歌番号]12/3154

[題詞](羇旅發思)

[原文]乞吾駒 早去欲 亦打山 将待妹乎 去而速見牟

[訓読]いで我が駒早く行きこそ真土山待つらむ妹を行きて早見む

[仮名]いであがこま はやくゆきこそ まつちやま まつらむいもを ゆきてはやみむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 和歌山 望郷 羈旅 恋情

[訓異]いであがこま,[寛]いてあかこま,

はやくゆきこそ,[寛]はやくゆかむよ,

まつちやま[寛],

まつらむいもを[寛],

ゆきてはやみむ[寛],


[歌番号]12/3155

[題詞](羇旅發思)

[原文]悪木山 木<末>悉 明日従者 靡有社 妹之當将見

[訓読]悪木山木末ことごと明日よりは靡きてありこそ妹があたり見む

[仮名]あしきやま こぬれことごと あすよりは なびきてありこそ いもがあたりみむ

[左注]なし

[校異]未 -> 末 [元][類][古][紀]

[事項]地名 福岡県 恋情 望郷 羈旅

[訓異]あしきやま[寛],

こぬれことごと,[寛]こすゑこそりて,

あすよりは[寛],

なびきてありこそ,[寛]なひきたるこそ,

いもがあたりみむ,[寛]いもかあたりみむ,


[歌番号]12/3156

[題詞](羇旅發思)

[原文]鈴鹿河 八十瀬渡而 誰故加 夜越尓将越 妻毛不在君

[訓読]鈴鹿川八十瀬渡りて誰がゆゑか夜越えに越えむ妻もあらなくに

[仮名]すずかがは やそせわたりて たがゆゑか よごえにこえむ つまもあらなくに

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 三重県 羈旅 恋愛

[訓異]すずかがは,[寛]すすかかは,

やそせわたりて[寛],

たがゆゑか,[寛]たれゆへか,

よごえにこえむ,[寛]よこゑにこえむ,

つまもあらなくに[寛],


[歌番号]12/3157

[題詞](羇旅發思)

[原文]吾妹兒尓 又毛相海之 安河 安寐毛不宿尓 戀度鴨

[訓読]我妹子にまたも近江の安の川安寐も寝ずに恋ひわたるかも

[仮名]わぎもこに またもあふみの やすのかは やすいもねずに こひわたるかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 滋賀 序詞 恋情 望郷

[訓異]わぎもこに,[寛]わきもこに,

またもあふみの[寛],

やすのかは,[寛]やすかはの,

やすいもねずに,[寛]やすいもねすに,

こひわたるかも[寛],


[歌番号]12/3158

[題詞](羇旅發思)

[原文]客尓有而 物乎曽念 白浪乃 邊毛奥毛 依者無尓

[訓読]旅にありてものをぞ思ふ白波の辺にも沖にも寄るとはなしに

[仮名]たびにありて ものをぞおもふ しらなみの へにもおきにも よるとはなしに

[左注]なし

[校異]なし

[事項]羈旅 遊行女婦 鬱屈 恋情

[訓異]たびにありて,[寛]たひにありて,

ものをぞおもふ,[寛]ものをそおもふ,

しらなみの[寛],

へにもおきにも[寛],

よるとはなしに[寛],


[歌番号]12/3159

[題詞](羇旅發思)

[原文]<湖>轉尓 満来塩能 弥益二 戀者雖剰 不所忘鴨

[訓読]港廻に満ち来る潮のいや増しに恋はまされど忘らえぬかも

[仮名]みなとみに みちくるしほの いやましに こひはまされど わすらえぬかも

[左注]なし

[校異]潮 ->湖 [元][古][紀]

[事項]羈旅 遊行女婦 序詞 恋情

[訓異]みなとみに,[寛]みなとわに,

みちくるしほの[寛],

いやましに[寛],

こひはまされど,[寛]こひはまされと,

わすらえぬかも,[寛]わすられぬかも,


[歌番号]12/3160

[題詞](羇旅發思)

[原文]奥浪 邊浪之来依 貞浦乃 此左太過而 後将戀鴨

[訓読]沖つ波辺波の来寄る佐太の浦のこのさだ過ぎて後恋ひむかも

[仮名]おきつなみ へなみのきよる さだのうらの このさだすぎて のちこひむかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 序詞 遊行女婦 恋情 羈旅

[訓異]おきつなみ[寛],

へなみのきよる[寛],

さだのうらの,[寛]さたのうらの,

このさだすぎて,[寛]このさたすきて,

のちこひむかも[寛],


[歌番号]12/3161

[題詞](羇旅發思)

[原文]在千方 在名草目而 行目友 家有妹伊 将欝悒

[訓読]在千潟あり慰めて行かめども家なる妹いいふかしみせむ

[仮名]ありちがた ありなぐさめて ゆかめども いへなるいもい いふかしみせむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 枕詞 羈旅 遊行女婦

[訓異]ありちがた,[寛]ありちかた,

ありなぐさめて,[寛]ありなくさめて,

ゆかめども,[寛]ゆかめとも,

いへなるいもい,[寛]いへなるいもや,

いふかしみせむ[寛],


[歌番号]12/3162

[題詞](羇旅發思)

[原文]水咫衝石 心盡而 念鴨 此間毛本名 夢西所見

[訓読]みをつくし心尽して思へかもここにももとな夢にし見ゆる

[仮名]みをつくし こころつくして おもへかも ここにももとな いめにしみゆる

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 羈旅 恋情 望郷

[訓異]みをつくし[寛],

こころつくして[寛],

おもへかも,[寛]おもかも,

ここにももとな,[寛]このまももとな,

いめにしみゆる,[寛]ゆめにしみゆる,


[歌番号]12/3163

[題詞](羇旅發思)

[原文]吾妹兒尓 觸者無二 荒礒廻尓 吾衣手者 所<沾>可母

[訓読]我妹子に触るとはなしに荒礒廻に我が衣手は濡れにけるかも

[仮名]わぎもこに ふるとはなしに ありそみに わがころもでは ぬれにけるかも

[左注]なし

[校異]沽 -> 沾 [京]

[事項]羈旅 恋情 望郷

[訓異]わぎもこに,[寛]わきもこに,

ふるとはなしに[寛],

ありそみに,[寛]あらそわに,

わがころもでは,[寛]わかころもては,

ぬれにけるかも[寛],


[歌番号]12/3164

[題詞](羇旅發思)

[原文]室之浦之 湍戸之埼有 鳴嶋之 礒越浪尓 所<沾>可聞

[訓読]室の浦の瀬戸の崎なる鳴島の磯越す波に濡れにけるかも

[仮名]むろのうらの せとのさきなる なきしまの いそこすなみに ぬれにけるかも

[左注]なし

[校異]沽 -> 沾 [京]

[事項]地名 室津 兵庫県 御津町 金ヶ崎 君島 望郷 恋情 掛詞 羈旅

[訓異]むろのうらの[寛],

せとのさきなる[寛],

なきしまの[寛],

いそこすなみに[寛],

ぬれにけるかも[寛],



[歌番号]12/3165

[題詞](羇旅發思)

[原文]霍公鳥 飛幡之浦尓 敷浪乃 屡君乎 将見因毛鴨

[訓読]霍公鳥飛幡の浦にしく波のしくしく君を見むよしもがも

[仮名]ほととぎす とばたのうらに しくなみの しくしくきみを みむよしもがも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]動物 枕詞 地名 福岡県 北九州市 戸畑 序詞 恋情 望郷 羈旅

[訓異]ほととぎす,[寛]ほとときす,

とばたのうらに,[寛]とはたのうらに,

しくなみの,[寛]しきなみの,

しくしくきみを,[寛]しはしはきみを,

みむよしもがも,[寛]みむよしもかも,


[歌番号]12/3166

[題詞](羇旅發思)

[原文]吾妹兒乎 外耳哉将見 越懈乃 子難<懈>乃 嶋楢名君

[訓読]我妹子を外のみや見む越の海の子難の海の島ならなくに

[仮名]わぎもこを よそのみやみむ こしのうみの こがたのうみの しまならなくに

[左注]なし

[校異]懈 [西(上書訂正)][元][紀][温]

[事項]地名 北陸 石川 富山 恋情 羈旅 遊行女婦

[訓異]わぎもこを,[寛]わきもこを,

よそのみやみむ[寛],

こしのうみの,[寛]おちのうみの,

こがたのうみの,[寛]こかたのうみの,

しまならなくに[寛],


[歌番号]12/3167

[題詞](羇旅發思)

[原文]浪間従 雲位尓所見 粟嶋之 不相物故 吾尓所依兒等

[訓読]波の間ゆ雲居に見ゆる粟島の逢はぬものゆゑ我に寄そる子ら

[仮名]なみのまゆ くもゐにみゆる あはしまの あはぬものゆゑ わによそるこら

[左注]なし

[校異]なし

[事項]羈旅 地名 序詞 尫柜蹋 恋愛

[訓異]なみのまゆ,[寛]なみまより,

くもゐにみゆる[寛],

あはしまの[寛],

あはぬものゆゑ,[寛]あはぬものゆへ,

わによそるこら,[寛]われによるこら,


[歌番号]12/3168

[題詞](羇旅發思)

[原文]衣袖之 真若之浦之 愛子地 間無時無 吾戀钁

[訓読]衣手の真若の浦の真砂地間なく時なし我が恋ふらくは

[仮名]ころもでの まわかのうらの まなごつち まなくときなし あがこふらくは

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 地名 和歌嬥浦 和歌山 序詞 恋情 望郷 羈旅

[訓異]ころもでの,[寛]ころもての,

まわかのうらの[寛],

まなごつち,[寛]まなこちの,

まなくときなし,[寛]まなしときなし,

あがこふらくは,[寛]わかこふらくは,


[歌番号]12/3169

[題詞](羇旅發思)

[原文]能登海尓 釣為海部之 射去火之 光尓伊徃 月待香光

[訓読]能登の海に釣する海人の漁り火の光りにいませ月待ちがてり

[仮名]のとのうみに つりするあまの いざりひの ひかりにいませ つきまちがてり

[左注]なし

[校異]なし

[事項]羈旅 地名 能登 石川 遊行女婦 誘媿歌

[訓異]のとのうみに[寛],

つりするあまの[寛],

いざりひの[寛],

ひかりにいませ[寛],

つきまちがてり,[寛]つきまちかてら,


[歌番号]12/3170

[題詞](羇旅發思)

[原文]思香乃白水郎乃 <釣>為燭有 射去火之 髣髴妹乎 将見因毛欲得

[訓読]志賀の海人の釣りし燭せる漁り火のほのかに妹を見むよしもがも

[仮名]しかのあまの つりしともせる いざりひの ほのかにいもを みむよしもがも

[左注]なし

[校異]鉤 -> 釣 [元][紀][温][京]

[事項]地名 福岡 序詞 恋情 望郷 羈旅

[訓異]しかのあまの[寛],

つりしともせる,[寛]つりにともせる,

いざりひの,[寛]いさりひの,

ほのかにいもを[寛],

みむよしもがも,[寛]みるよしもかな,


[歌番号]12/3171

[題詞](羇旅發思)

[原文]難波方 水手出船之 遥々 別来礼杼 忘金津毛

[訓読]難波潟漕ぎ出る舟のはろはろに別れ来ぬれど忘れかねつも

[仮名]なにはがた こぎづるふねの はろはろに わかれきぬれど わすれかねつも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]羈旅 大阪 序詞 恋情 望郷

[訓異]なにはがた,[寛]なにはかた,

こぎづるふねの,[寛]こきいつるふねの,

はろはろに,[寛]はるはると,

わかれきぬれど,[寛]わかれてくれと,

わすれかねつも[寛],


[歌番号]12/3172

[題詞](羇旅發思)

[原文]浦廻榜 <熊>野舟附 目頬志久 懸不思 月毛日毛無

[訓読]浦廻漕ぐ熊野舟つきめづらしく懸けて思はぬ月も日もなし

[仮名]うらみこぐ くまのぶねつき めづらしく かけておもはぬ つきもひもなし

[左注]なし

[校異]能 -> 熊 [代匠記初校本]

[事項]序詞 羈旅 恋情 望郷

[訓異]うらみこぐ,[寛]うらわこく,

くまのぶねつき,[寛]よしのふなつき,

めづらしく,[寛][寛]めつらしく,

かけておもはぬ[寛],

つきもひもなし[寛],


[歌番号]12/3173

[題詞](羇旅發思)

[原文]松浦舟 乱穿江之 水尾早 楫取間無 所念鴨

[訓読]松浦舟騒く堀江の水脈早み楫取る間なく思ほゆるかも

[仮名]まつらぶね さわくほりえの みをはやみ かぢとるまなく おもほゆるかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 大阪 羈旅 望郷 序詞 恋情

[訓異]まつらぶね,[寛]まつらふね,

さわくほりえの,[寛]みたれほりえの,

みをはやみ[寛],

かぢとるまなく,[寛]かちとるまなく,

おもほゆるかも[寛],


[歌番号]12/3174

[題詞](羇旅發思)

[原文]射去為 海部之楫音 湯<按>干 妹心 乗来鴨

[訓読]漁りする海人の楫音ゆくらかに妹は心に乗りにけるかも

[仮名]いざりする あまのかぢおと ゆくらかに いもはこころに のりにけるかも

[左注]なし

[校異]鞍 -> 按 [元][類]

[事項]序詞 恋情 羈旅 遊行女婦

[訓異]いざりする,[寛]いさりする,

あまのかぢおと,[寛]あまのかちおと,

ゆくらかに[寛],

いもはこころに,[寛]いもかこころに,

のりにけるかも[寛],


[歌番号]12/3175

[題詞](羇旅發思)

[原文]若乃浦尓 袖左倍<沾>而 忘貝 拾杼妹者 不所忘尓

[訓読]和歌の浦に袖さへ濡れて忘れ貝拾へど妹は忘らえなくに

[仮名]わかのうらに そでさへぬれて わすれがひ ひりへどいもは わすらえなくに

[左注][或本歌末句云 忘可祢都母]

[校異]若乃 [元][類](塙)(楓) 若 / 沽 -> 沾 [京]

[事項]地名 和歌山 異伝 恋情 望郷

[訓異]わかのうらに[寛],

そでさへぬれて,[寛]そてさへぬれて,

わすれがひ,[寛]わすれかひ,

ひりへどいもは,[寛]ひろへといもは,

わすらえなくに,[寛]わすられなくに,


[歌番号]12/3175S

[題詞](羇旅發思)[或本歌末句云]

[原文][忘可祢都母]

[訓読][忘れかねつも]

[仮名][わすれかねつも]

[左注]なし

[校異]なし

[事項]異伝 羈旅 恋情 望郷

[訓異][わすれかねつも][寛],


[歌番号]12/3176

[題詞](羇旅發思)

[原文]草枕 羈西居者 苅薦之 擾妹尓 不戀日者無

[訓読]草枕旅にし居れば刈り薦の乱れて妹に恋ひぬ日はなし

[仮名]くさまくら たびにしをれば かりこもの みだれていもに こひぬひはなし

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 羈旅 恋情 望郷

[訓異]くさまくら[寛],

たびにしをれば,[寛]たひにしふれは,

かりこもの[寛],

みだれていもに,[寛]みたれていもに,

こひぬひはなし[寛],


[歌番号]12/3177

[題詞](羇旅發思)

[原文]然海部之 礒尓苅干 名告藻之 名者告手師乎 如何相難寸

[訓読]志賀の海人の礒に刈り干すなのりその名は告りてしを何か逢ひかたき

[仮名]しかのあまの いそにかりほす なのりその なはのりてしを なにかあひかたき

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 福岡 植物 序詞 女歌 羈旅 遊行女婦

[訓異]しかのあまの[寛],

いそにかりほす[寛],

なのりその,[寛]なのりそか,

なはのりてしを,[寛]なはつけてしを,

なにかあひかたき,[寛]なそあひかたき,


[歌番号]12/3178

[題詞](羇旅發思)

[原文]國遠見 念勿和備曽 風之共 雲之行如 言者将通

[訓読]国遠み思ひなわびそ風の共雲の行くごと言は通はむ

[仮名]くにとほみ おもひなわびそ かぜのむた くものゆくごと ことはかよはむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]羈旅 女歌 旅立ち 恋情

[訓異]くにとほみ[寛],

おもひなわびそ,[寛]おもひなわひそ,

かぜのむた,[寛]かせのむた,

くものゆくごと,[寛]くものゆくこと,

ことはかよはむ,[寛]われはかよはむ,


[歌番号]12/3179

[題詞](羇旅發思)

[原文]留西 人乎念尓 蜒野 居白雲 止時無

[訓読]留まりにし人を思ふに秋津野に居る白雲のやむ時もなし

[仮名]とまりにし ひとをおもふに あきづのに ゐるしらくもの やむときもなし

[左注]なし

[校異]なし

[事項]序詞 地名 和歌山 吉野 奈良 恋情 望郷

[訓異]とまりにし[寛],

ひとをおもふに[寛],

あきづのに,[寛]あきつのに,

ゐるしらくもの[寛],

やむときもなし[寛],


[歌番号]12/3180

[題詞]悲別歌

[原文]浦毛無 去之君故 朝旦 本名焉戀 相跡者無杼

[訓読]うらもなく去にし君ゆゑ朝な朝なもとなぞ恋ふる逢ふとはなけど

[仮名]うらもなく いにしきみゆゑ あさなさな もとなぞこふる あふとはなけど

[左注]なし

[校異]なし

[事項]恋情 後朝 旅立ち 女歌 別悞

[訓異]うらもなく[寛],

いにしきみゆゑ[寛],

あさなさな[寛],

もとなぞこふる,[寛]もとなそこふる,

あふとはなけど,[寛]あふとはなしと,


[歌番号]12/3181

[題詞](悲別歌)

[原文]白細之 君之下紐 吾<左>倍尓 今日結而名 将相日之為

[訓読]白栲の君が下紐我れさへに今日結びてな逢はむ日のため

[仮名]しろたへの きみがしたびも われさへに けふむすびてな あはむひのため

[左注]なし

[校異]佐 -> 左 [元][類]

[事項]枕詞 女歌 恋情 別悞

[訓異]しろたへの[寛],

きみがしたびも,[寛]きみかしたひも,

われさへに[寛],

けふむすびてな,[寛]けふむすひてな,

あはむひのため[寛],


[歌番号]12/3182

[題詞](悲別歌)

[原文]白妙之 袖之別者 雖<惜> 思乱而 赦鶴鴨

[訓読]白栲の袖の別れは惜しけども思ひ乱れて許しつるかも

[仮名]しろたへの そでのわかれは をしけども おもひみだれて ゆるしつるかも

[左注]なし

[校異]借 -> 惜 [元][類][紀]

[事項]枕詞 別悞 恋情

[訓異]しろたへの[寛],

そでのわかれは,[寛]そてのわかれは,

をしけども,[寛]おしけれと,

おもひみだれて,[寛]おもひみたれて,

ゆるしつるかも[寛],


[歌番号]12/3183

[題詞](悲別歌)

[原文]京師邊 君者去之乎 孰解可 言紐緒乃 結手懈毛

[訓読]都辺に君は去にしを誰が解けか我が紐の緒の結ふ手たゆきも

[仮名]みやこへに きみはいにしを たがとけか わがひものをの ゆふてたゆきも

[左注]なし

[校異]紐 [元][古] 紐乃

[事項]女歌 遊行女婦 羈旅 恋情

[訓異]みやこへに[寛],

きみはいにしを[寛],

たがとけか,[寛]たれとけか,

わがひものをの,[寛]わかひものをの,

ゆふてたゆきも,[寛]むすひてとけも,


[歌番号]12/3184

[題詞](悲別歌)

[原文]草枕 <客>去君乎 人目多 袖不振為而 安萬田悔毛

[訓読]草枕旅行く君を人目多み袖振らずしてあまた悔しも

[仮名]くさまくら たびゆくきみを ひとめおほみ そでふらずして あまたくやしも

[左注]なし

[校異]谷 -> 客 [元][類][紀]

[事項]枕詞 羈旅 人目 尫柜蹋 別悞 後悔 恋情

[訓異]くさまくら[寛],

たびゆくきみを,[寛]たひゆくきみを,

ひとめおほみ[寛],

そでふらずして,[寛]そてふらすして,

あまたくやしも[寛],


[歌番号]12/3185

[題詞](悲別歌)

[原文]白銅鏡 手二取持而 見常不足 君尓所贈而 生跡文無

[訓読]まそ鏡手に取り持ちて見れど飽かぬ君に後れて生けりともなし

[仮名]まそかがみ てにとりもちて みれどあかぬ きみにおくれて いけりともなし

[左注]なし

[校異]なし

[事項]序詞 恋情 別悞

[訓異]まそかがみ,[寛]まそかかみ,

てにとりもちて[寛],

みれどあかぬ,[寛]みれとあかぬ,

きみにおくれて[寛],

いけりともなし[寛],


[歌番号]12/3186

[題詞](悲別歌)

[原文]陰夜之 田時毛不知 山越而 徃座君者 何時将待

[訓読]曇り夜のたどきも知らぬ山越えています君をばいつとか待たむ

[仮名]くもりよの たどきもしらぬ やまこえて いますきみをば いつとかまたむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]女歌 羈旅 恋情

[訓異]くもりよの[寛],

たどきもしらぬ,[寛]たときもしらす,

やまこえて[寛],

いますきみをば,[寛]いますきみをは,

いつとかまたむ,[寛]いつしかまたむ,


[歌番号]12/3187

[題詞](悲別歌)

[原文]<立>名付 青垣山之 隔者 數君乎 言不<問>可聞

[訓読]たたなづく青垣山の隔なりなばしばしば君を言問はじかも

[仮名]たたなづく あをかきやまの へなりなば しばしばきみを こととはじかも

[左注]なし

[校異]田立 -> 立 [西(訂正貼紙][元][紀][温] / 同 -> 問 [元][類][紀]

[事項]別離 恋情

[訓異]たたなづく,[寛]たたなつく,

あをかきやまの[寛],

へなりなば,[寛]へたつれは,

しばしばきみを,[寛]しはしはきみを,

こととはじかも,[寛]こととはぬかも,


[歌番号]12/3188

[題詞](悲別歌)

[原文]朝霞 蒙山乎 越而去者 吾波将戀奈 至于相日

[訓読]朝霞たなびく山を越えて去なば我れは恋ひむな逢はむ日までに

[仮名]あさがすみ たなびくやまを こえていなば あれはこひむな あはむひまでに

[左注]なし

[校異]なし

[事項]別離 恋情 女歌

[訓異]あさがすみ,[寛]あさかすみ,

たなびくやまを,[寛]たなひくやまを,

こえていなば,[寛]こえていなは,

あれはこひむな,[寛]われはこひむな,

あはむひまでに,[寛]あはむひまてに,


[歌番号]12/3189

[題詞](悲別歌)

[原文]足桧乃 山者百重 雖隠 妹者不忘 直相左右二 [一云 雖隠 君乎思苦 止時毛無]

[訓読]あしひきの山は百重に隠すとも妹は忘れじ直に逢ふまでに [一云 隠せども君を思はくやむ時もなし]

[仮名]あしひきの やまはももへに かくすとも いもはわすれじ ただにあふまでに [かくせども きみをおもはく やむときもなし]

[左注]なし

[校異]なし

[事項]異伝 枕詞 恋情 羈旅 女歌

[訓異]あしひきの[寛],

やまはももへに[寛],

かくすとも[寛],

いもはわすれじ,[寛]ともはわすれし,

ただにあふまでに,[寛]たたにあふまてに,

[かくせども,[寛]かくせとも,

きみをおもはく[寛],

やむときもなし][寛],


[歌番号]12/3190

[題詞](悲別歌)

[原文]雲居<有> 海山超而 伊徃名者 吾者将戀名 後者相宿友

[訓読]雲居なる海山越えてい行きなば我れは恋ひむな後は逢ひぬとも

[仮名]くもゐなる うみやまこえて いゆきなば あれはこひむな のちはあひぬとも

[左注]なし

[校異]者 -> 有 [元][類][紀]

[事項]恋情 別離 羈旅

[訓異]くもゐなる[寛],

うみやまこえて[寛],

いゆきなば,[寛]いゆきなは,

あれはこひむな,[寛]われはこひむな,

のちはあひぬとも[寛],


[歌番号]12/3191

[題詞](悲別歌)

[原文]不欲恵八<師> 不戀登為杼 木綿間山 越去之公之 所念良國

[訓読]よしゑやし恋ひじとすれど木綿間山越えにし君が思ほゆらくに

[仮名]よしゑやし こひじとすれど ゆふまやま こえにしきみが おもほゆらくに

[左注]なし

[校異]跡 -> 師 [元][紀]

[事項]地名 別離 羈旅 恋情

[訓異]よしゑやし[寛],

こひじとすれど,[寛]こひしとすれと,

ゆふまやま[寛],

こえにしきみが,[寛]こえにしきみか,

おもほゆらくに[寛],


[歌番号]12/3192

[題詞](悲別歌)

[原文]草蔭之 荒藺之埼乃 笠嶋乎 見乍可君之 山道超良無 [一云 三坂越良牟]

[訓読]草蔭の荒藺の崎の笠島を見つつか君が山道越ゆらむ [一云 み坂越ゆらむ]

[仮名]くさかげの あらゐのさきの かさしまを みつつかきみが やまぢこゆらむ [みさかこゆらむ]

[左注]なし

[校異]なし

[事項]枕詞 地名 羈旅 恋情 女歌

[訓異]くさかげの,[寛]くさかけの,

あらゐのさきの[寛],

かさしまを[寛],

みつつかきみが,[寛]みつつかきみか,

やまぢこゆらむ,[寛]やまちこゆらむ,

[みさかこゆらむ][寛],


[歌番号]12/3193

[題詞](悲別歌)

[原文]玉勝間 嶋熊山之 夕晩 獨可君之 山道将越 [一云 暮霧尓 長戀為乍 寐不勝可母]

[訓読]玉かつま島熊山の夕暮れにひとりか君が山道越ゆらむ [一云 夕霧に長恋しつつ寐ねかてぬかも]

[仮名]たまかつま しまくまやまの ゆふぐれに ひとりかきみが やまぢこゆらむ [ゆふぎりに ながこひしつつ いねかてぬかも]

[左注]なし

[校異]なし

[事項]異伝 地名 羈旅 女歌 恋情

[訓異]たまかつま[寛],

しまくまやまの[寛],

ゆふぐれに,[寛]ゆふくれに,

ひとりかきみが,[寛]ひとりかきみか,

やまぢこゆらむ,[寛]やまちこゆらむ,

[ゆふぎりに,[寛]ゆふきりに,

ながこひしつつ,[寛]なかこひしつつ,

いねかてぬかも][寛],


[歌番号]12/3194

[題詞](悲別歌)

[原文]氣緒尓 吾念君者 鶏鳴 東方重坂乎 今日可越覧

[訓読]息の緒に我が思ふ君は鶏が鳴く東の坂を今日か越ゆらむ

[仮名]いきのをに あがおもふきみは とりがなく あづまのさかを けふかこゆらむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 枕詞 羈旅 女歌 恋情


[訓異]いきのをに[寛],

あがおもふきみは,[寛]わかおもふきみは,

とりがなく,[寛]とりかかく,

あづまのさかを,[寛]あつまのさかを,

けふかこゆらむ,[寛]いふかこえらむ,


[歌番号]12/3195

[題詞](悲別歌)

[原文]磐城山 直越来益 礒埼 許奴美乃濱尓 吾立将待

[訓読]磐城山直越え来ませ礒崎の許奴美の浜に我れ立ち待たむ

[仮名]いはきやま ただこえきませ いそさきの こぬみのはまに われたちまたむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 静岡県 女歌 恋情 羈旅

[訓異]いはきやま[寛],

ただこえきませ,[寛]たたこえきませ,

いそさきの[寛],

こぬみのはまに[寛],

われたちまたむ[寛],


[歌番号]12/3196

[題詞](悲別歌)

[原文]春日野之 淺茅之原尓 後居而 時其友無 吾戀良苦者

[訓読]春日野の浅茅が原に遅れ居て時ぞともなし我が恋ふらくは

[仮名]かすがのの あさぢがはらに おくれゐて ときぞともなし あがこふらくは

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 奈良 恋情 女歌 歌垣

[訓異]かすがのの,[寛]かすかのの,

あさぢがはらに,[寛]あさちかはらに,

おくれゐて[寛],

ときぞともなし,[寛]ときそともなし,

あがこふらくは,[寛]わかこふらくは,


[歌番号]12/3197

[題詞](悲別歌)

[原文]住吉乃 崖尓向有 淡路嶋 A怜登君乎 不言日者无

[訓読]住吉の岸に向へる淡路島あはれと君を言はぬ日はなし

[仮名]すみのえの きしにむかへる あはぢしま あはれときみを いはぬひはなし

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 大阪 序詞 兵庫 淡路 恋愛 羈旅

[訓異]すみのえの[寛],

きしにむかへる[寛],

あはぢしま,[寛]あはちしま,

あはれときみを[寛],

いはぬひはなし[寛],


[歌番号]12/3198

[題詞](悲別歌)

[原文]明日従者 将行乃河之 出去者 留吾者 戀乍也将有

[訓読]明日よりはいなむの川の出でて去なば留まれる我れは恋ひつつやあらむ

[仮名]あすよりは いなむのかはの いでていなば とまれるあれは こひつつやあらむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 加古川 兵庫 序詞 女歌 不安 恋情 羈旅

[訓異]あすよりは[寛],

いなむのかはの,[寛]いなみのかはの,

いでていなば,[寛]いてていなは,

とまれるあれは,[寛]とまれるわれは,

こひつつやあらむ[寛],


[歌番号]12/3199

[題詞](悲別歌)

[原文]海之底 奥者恐 礒廻従 <水>手運徃為 月者雖經過

[訓読]海の底沖は畏し礒廻より漕ぎ廻みいませ月は経ぬとも

[仮名]わたのそこ おきはかしこし いそみより こぎたみいませ つきはへぬとも

[左注]なし

[校異]水水 -> 水 [元][類][紀]

[事項]羈旅 女歌 不安

[訓異]わたのそこ[寛],

おきはかしこし,[寛]おきはおそろし,

いそみより,[寛]いそわより,

こぎたみいませ,[寛]こきたみいませ,

つきはへぬとも[寛],


[歌番号]12/3200

[題詞](悲別歌)

[原文]飼飯乃浦尓 依流白浪 敷布二 妹之容儀者 所念香毛

[訓読]飼飯の浦に寄する白波しくしくに妹が姿は思ほゆるかも

[仮名]けひのうらに よするしらなみ しくしくに いもがすがたは おもほゆるかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 淡路 兵庫 序詞 恋情 望郷 羈旅

[訓異]けひのうらに[寛],

よするしらなみ[寛],

しくしくに[寛],

いもがすがたは,[寛]いもかすかたは,

おもほゆるかも[寛],


[歌番号]12/3201

[題詞](悲別歌)

[原文]時風 吹飯乃濱尓 出居乍 贖命者 妹之為社

[訓読]時つ風吹飯の浜に出で居つつ贖ふ命は妹がためこそ

[仮名]ときつかぜ ふけひのはまに いでゐつつ あかふいのちは いもがためこそ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 枕詞 大阪 岬町深日 恋情 望郷 手向醎 羈旅

[訓異]ときつかぜ,[寛]ときつかせ,

ふけひのはまに[寛],

いでゐつつ,[寛]いてゐつつ,

あかふいのちは[寛],

いもがためこそ,[寛]いもかためこそ,


[歌番号]12/3202

[題詞](悲別歌)

[原文]柔田津尓 舟乗<将>為跡 聞之苗 如何毛君之 所見不来将<有>

[訓読]熟田津に舟乗りせむと聞きしなへ何ぞも君が見え来ずあるらむ

[仮名]にきたつに ふなのりせむと ききしなへ なにぞもきみが みえこずあるらむ

[左注]なし

[校異]時 -> 将 [西(朱筆左書][紀][細][温] / 者 -> 有 [元][類][紀]

[事項]地名 松山 愛媛県 女歌

[訓異]にきたつに[寛],

ふなのりせむと[寛],

ききしなへ,[寛]ききしなへに,

なにぞもきみが,[寛]なにかもきみか,

みえこずあるらむ,[寛]みえこさるさむ,


[歌番号]12/3203

[題詞](悲別歌)

[原文]三沙呉居 渚尓居舟之 榜出去者 裏戀監 後者會宿友

[訓読]みさご居る洲に居る舟の漕ぎ出なばうら恋しけむ後は逢ひぬとも

[仮名]みさごゐる すにゐるふねの こぎでなば うらごほしけむ のちはあひぬとも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]動物 別離 出発 遊行女婦 羈旅

[訓異]みさごゐる,[寛]みさこゐる

すにゐるふねの,[寛]すにをるふねの,

こぎでなば,[寛]こきいてなは,

うらごほしけむ,[寛]うらこひしけむ,

のちはあひぬとも[寛],


[歌番号]12/3204

[題詞](悲別歌)

[原文]玉葛 無<恙>行核 山菅乃 思乱而 戀乍将待

[訓読]玉葛幸くいまさね山菅の思ひ乱れて恋ひつつ待たむ

[仮名]たまかづら さきくいまさね やますげの おもひみだれて こひつつまたむ

[左注]なし

[校異]怠 -> 恙 [元]

[事項]枕詞 植物 恋情 女歌

[訓異]たまかづら,[寛]たまかつら,

さきくいまさね,[寛]たえすゆかさね,

やますげの,[寛]やますけの,

おもひみだれて,[寛]おもひみたれて,

こひつつまたむ[寛],


[歌番号]12/3205

[題詞](悲別歌)

[原文]後居而 戀乍不有者 田籠之浦乃 海部有申尾 珠藻苅々

[訓読]後れ居て恋ひつつあらずは田子の浦の海人ならましを玉藻刈る刈る

[仮名]おくれゐて こひつつあらずは たごのうらの あまならましを たまもかるかる

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 静岡 遊行女婦 女歌 羈旅 恋情

[訓異]おくれゐて[寛],

こひつつあらずは,[寛]こひつつあらすは,

たごのうらの,[寛]たこのうらの,

あまならましを[寛],

たまもかるかる[寛],


[歌番号]12/3206

[題詞](悲別歌)

[原文]筑紫道之 荒礒乃玉藻 苅鴨 君久 待不来

[訓読]筑紫道の荒礒の玉藻刈るとかも君が久しく待てど来まさぬ

[仮名]つくしぢの ありそのたまも かるとかも きみがひさしく まてどきまさぬ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]植物 女歌 羈旅

[訓異]つくしぢの,[寛]つくしちの,

ありそのたまも,[寛]あらいそのたまも,

かるとかも,[寛]かりにかも,

きみがひさしく,[寛]きみかひさしく,

まてどきまさぬ,[寛]まてとこさらむ,

[左注]



[歌番号]12/3207

[題詞](悲別歌)

[原文]荒玉乃 年緒永 照月 不猒君八 明日別南

[訓読]あらたまの年の緒長く照る月の飽かざる君や明日別れなむ

[仮名]あらたまの としのをながく てるつきの あかざるきみや あすわかれなむ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]序詞 枕詞 女歌 別離 遊行女婦 羈旅

[訓異]あらたまの[寛],

としのをながく,[寛]としのをなかく,

てるつきの[寛],

あかざるきみや,[寛]あかれぬきみや,

あすわかれなむ[寛],


[歌番号]12/3208

[題詞](悲別歌)

[原文]久将在 君念尓 久堅乃 清月夜毛 闇夜耳見

[訓読]久にあらむ君を思ふにひさかたの清き月夜も闇の夜に見ゆ

[仮名]ひさにあらむ きみをおもふに ひさかたの きよきつくよも やみのよにみゆ

[左注]なし

[校異]耳 (塙) 所

[事項]枕詞 旅立ち 女歌 不安 恋情

[訓異]ひさにあらむ[寛],

きみをおもふに[寛],

ひさかたの[寛],

きよきつくよも,[寛]きよきつきよも,

やみのよにみゆ,[寛]やみにのみみゆ,


[歌番号]12/3209

[題詞](悲別歌)

[原文]春日在 三笠乃山尓 居雲乎 出見毎 君乎之曽念

[訓読]春日なる御笠の山に居る雲を出で見るごとに君をしぞ思ふ

[仮名]かすがなる みかさのやまに ゐるくもを いでみるごとに きみをしぞおもふ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]地名 奈良 恋情 羈旅 女歌

[訓異]かすがなる,[寛]かすかなる,

みかさのやまに[寛],

ゐるくもを[寛],

いでみるごとに,[寛]いてみることに,

きみをしぞおもふ,[寛]きみをしそおもふ,


[歌番号]12/3210

[題詞](悲別歌)

[原文]足桧木乃 片山雉 立徃牟 君尓後而 打四鶏目八方

[訓読]あしひきの片山雉立ち行かむ君に後れてうつしけめやも

[仮名]あしひきの かたやまきぎし たちゆかむ きみにおくれて うつしけめやも

[左注]なし

[校異]桧木 [元][類] 桧

[事項]枕詞 動物 序詞 旅立ち 羈旅 恋情 女歌

[訓異]あしひきの[寛],

かたやまきぎし,[寛]かたやまききす,

たちゆかむ[寛],

きみにおくれて[寛],

うつしけめやも,[寛]うしけめやも,


[歌番号]12/3211

[題詞]問答<歌>

[原文]玉緒乃 <徙>心哉 八十梶懸 水手出牟船尓 後而将居

[訓読]玉の緒の現し心や八十楫懸け漕ぎ出む船に後れて居らむ

[仮名]たまのをの うつしこころや やそかかけ こぎでむふねに おくれてをらむ

[左注](右二首)

[校異]<> -> 歌 [元][紀] / 徒 -> 徙 [矢]

[事項]枕詞 出発 羈旅 女歌 恋情

[訓異]たまのをの[寛],

うつしこころや[寛],

やそかかけ[寛],

こぎでむふねに,[寛]こきいてむふねに,

おくれてをらむ[寛],


[歌番号]12/3212

[題詞](問答歌)

[原文]八十梶懸 嶋隠去者 吾妹兒之 留登将振 袖不所見可聞

[訓読]八十楫懸け島隠りなば我妹子が留まれと振らむ袖見えじかも

[仮名]やそかかけ しまがくりなば わぎもこが とまれとふらむ そでみえじかも

[左注]右二首

[校異]なし

[事項]羈旅 船出 袖振り 羈旅 出発 恋情

[訓異]やそかかけ,[寛]やそかかく,

しまがくりなば,[寛]しまかくれなは,

わぎもこが,[寛]わきもこか,

とまれとふらむ[寛],

そでみえじかも,[寛]そてみえしかも,


[歌番号]12/3213

[題詞](問答歌)

[原文]十月 鍾礼乃雨丹 <沾>乍哉 君之行疑 宿可借疑

[訓読]十月しぐれの雨に濡れつつか君が行くらむ宿か借るらむ

[仮名]かむなづき しぐれのあめに ぬれつつか きみがゆくらむ やどかかるらむ

[左注](右二首)

[校異]沽 -> 沾 [矢][京]

[事項]羈旅 女歌 恋情

[訓異]かむなづき,[寛]かみなつき,

しぐれのあめに,[寛]しくれのあめに,

ぬれつつか,[寛]ぬれつつや,

きみがゆくらむ,[寛]きみかゆくらむ,

やどかかるらむ,[寛]やとかかるらむ,


[歌番号]12/3214

[題詞](問答歌)

[原文]十月 <雨>間毛不置 零尓西者 誰里<之> 宿可借益

[訓読]十月雨間も置かず降りにせばいづれの里の宿か借らまし

[仮名]かむなづき あままもおかず ふりにせば いづれのさとの やどかからまし

[左注]右二首

[校異]々 -> 雨 [元][紀][温] / 之間 -> 之 [元][類]

[事項]羈旅

[訓異]かむなづき,[寛]かみなつき,

あままもおかず,[寛]あままもおかす,

ふりにせば,[寛]ふりにせは,

いづれのさとの,[寛]たかさとのまに,

やどかからまし,[寛]やとかからまし,


[歌番号]12/3215

[題詞](問答歌)

[原文]白妙乃 袖之別乎 難見為而 荒津之濱 屋取為鴨

[訓読]白栲の袖の別れを難みして荒津の浜に宿りするかも

[仮名]しろたへの そでのわかれを かたみして あらつのはまに やどりするかも

[左注](右二首)

[校異]なし

[事項]地名 福岡 出発 惜別 羈旅 恋情

[訓異]しろたへの[寛],

そでのわかれを,[寛]そてのわかれを,

かたみして[寛],

あらつのはまに[寛],

やどりするかも,[寛]やとりするかも,


[歌番号]12/3216

[題詞](問答歌)

[原文]草枕 羈行君乎 荒津左右 送来 <飽>不足社

[訓読]草枕旅行く君を荒津まで送りぞ来ぬる飽き足らねこそ

[仮名]くさまくら たびゆくきみを あらつまで おくりぞきぬる あきだらねこそ

[左注]右二首

[校異]飽 [西(上書訂正)][元][類][紀]

[事項]地名 福岡 枕詞 送別 恋情 惜別 女歌 遊行女婦

[訓異]くさまくら[寛],

たびゆくきみを,[寛]たひゆくきみを,

あらつまで,[寛]あらつまて,

おくりぞきぬる,[寛]おくりくるとも,

あきだらねこそ,[寛]あきたらすこそ,


[歌番号]12/3217

[題詞](問答歌)

[原文]荒津海 吾幣奉 将齋 早<還>座 面變不為

[訓読]荒津の海我れ幣奉り斎ひてむ早帰りませ面変りせず

[仮名]あらつのうみ われぬさまつり いはひてむ はやかへりませ おもがはりせず

[左注](右二首)

[校異]速 -> 還 [西(訂正右書)][元][類][紀]

[事項]地名 福岡 手向醎 出発 遊行女婦 送別 羈旅 恋情

[訓異]あらつのうみ[寛],

われぬさまつり[寛],

いはひてむ[寛],

はやかへりませ[寛],

おもがはりせず,[寛]おもかはりせて,


[歌番号]12/3218

[題詞](問答歌)

[原文]<旦>々 筑紫乃方乎 出見乍 哭耳吾泣 痛毛為便無三

[訓読]朝な朝な筑紫の方を出で見つつ音のみぞ我が泣くいたもすべなみ

[仮名]あさなさな つくしのかたを いでみつつ ねのみぞあがなく いたもすべなみ

[左注]右二首

[校異]且 -> 旦 [元][類][紀][矢]

[事項]羈旅 恋情 地名 福岡 九州

[訓異]あさなさな[寛],

つくしのかたを[寛],

いでみつつ,[寛]いてみつつ,

ねのみぞあがなく,[寛]ねのみわれなく,

いたもすべなみ,[寛]いともすへなみ,


[歌番号]12/3219

[題詞](問答歌)

[原文]豊國乃 聞之長濱 去晩 日之昏去者 妹食序念

[訓読]豊国の企救の長浜行き暮らし日の暮れゆけば妹をしぞ思ふ

[仮名]とよくにの きくのながはま ゆきくらし ひのくれゆけば いもをしぞおもふ

[左注](右二首)

[校異]なし

[事項]地名 福岡 北九州市 恋情 望郷 羈旅

[訓異]とよくにの[寛],

きくのながはま,[寛]きくのなかはま,

ゆきくらし[寛],

ひのくれゆけば,[寛]ひのくれゆけは,

いもをしぞおもふ,[寛]いもをしそおもふ,


[歌番号]12/3220

[題詞](問答歌)

[原文]豊國能 聞乃高濱 高々二 君待夜等者 左夜深来

[訓読]豊国の企救の高浜高々に君待つ夜らはさ夜更けにけり

[仮名]とよくにの きくのたかはま たかたかに きみまつよらは さよふけにけり

[左注]右二首

[校異]なし

[事項]地名 福岡 北九州市 序詞 遊行女婦 羈旅

[訓異]とよくにの[寛],

きくのたかはま[寛],

たかたかに[寛],

きみまつよらは[寛],

さよふけにけり[寛],