万葉集/第十九巻

第十九巻


[歌番号]19/4139

[題詞]天平勝寶二年三月一日之暮眺矚春苑桃李花<作>二首

[原文]春苑 紅尓保布 桃花 下<照>道尓 出立D嬬

[訓読]春の園紅にほふ桃の花下照る道に出で立つ娘子

[仮名]はるのその くれなゐにほふ もものはな したでるみちに いでたつをとめ

[左注]なし

[校異]作歌 -> 作 [元][文][紀] / 昭 -> 照 [元][類][紀]

[事項]天平勝宝2年3月1日 年紀 作者:大伴家持 植物 絵画 高岡 富山

[訓異]はるのその[寛],

くれなゐにほふ[寛],

もものはな[寛],

したでるみちに,[寛]したてるみちに,

いでたつをとめ,[寛]いてたてるいも,


[歌番号]19/4140

[題詞](天平勝寶二年三月一日之暮眺矚春苑桃李花<作>二首)

[原文]吾園之 李花可 庭尓落 波太礼能未 遺在可母

[訓読]吾が園の李の花か庭に散るはだれのいまだ残りたるかも

[仮名]わがそのの すもものはなか にはにちる はだれのいまだ のこりたるかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年3月1日 年紀 作者:大伴家持 植物 高岡 富山

[訓異]わがそのの,[寛]わかそのの,

すもものはなか[寛],

にはにちる[寛],

はだれのいまだ,[寛]はたれのいまた,

のこりたるかも[寛],


[歌番号]19/4141

[題詞]見飜翔鴫作歌一首

[原文]春儲而 <物>悲尓 三更而 羽振鳴志藝 誰田尓加須牟

[訓読]春まけてもの悲しきにさ夜更けて羽振き鳴く鴫誰が田にか住む

[仮名]はるまけて ものがなしきに さよふけて はぶきなくしぎ たがたにかすむ

[左注]なし

[校異]<> -> 物 [西(右書)][元][類][紀]

[事項]天平勝宝2年3月1日 年紀 作者:大伴家持 動物 望郷 高岡 富山

[訓異]はるまけて[寛],

ものがなしきに,[寛]ものかなしきに,

さよふけて[寛],

はぶきなくしぎ,[寛]はふりなくしき,

たがたにかすむ,[寛]たかたにかすむ,


[歌番号]19/4142

[題詞]二日攀柳黛思京師歌一首

[原文]春日尓 張流柳乎 取持而 見者京之 大路所<念>

[訓読]春の日に張れる柳を取り持ちて見れば都の大道し思ほゆ

[仮名]はるのひに はれるやなぎを とりもちて みればみやこの おほちしおもほゆ

[左注]思 -> 念 [元][類]

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年3月2日 年紀 作者:大伴家持 望郷 植物 高岡 富山

[訓異]はるのひに[寛],

はれるやなぎを,[寛]はれるやなきを,

とりもちて[寛],

みればみやこの,[寛]みれはみやこの,

おほちしおもほゆ,[寛]おほちおもほゆ,


[歌番号]19/4143

[題詞]攀折堅香子草花歌一首

[原文]物部<乃> 八<十>D嬬等之 挹乱 寺井之於乃 堅香子之花

[訓読]もののふの八十娘子らが汲み乱ふ寺井の上の堅香子の花

[仮名]もののふの やそをとめらが くみまがふ てらゐのうへの かたかごのはな

[左注]なし

[校異]能 -> 乃 [元][類][古] / 十乃 -> 十 [元][古]

[事項]天平勝宝2年3月2日 年紀 作者:大伴家持 植物 高岡 富山 枕詞

[訓異]もののふの[寛],

やそをとめらが,[寛]やそのいもらか,

くみまがふ,[寛]くみまかふ,

てらゐのうへの[寛],

かたかごのはな,[寛]かたかこのはな,


[歌番号]19/4144

[題詞]見歸鴈歌二首

[原文]燕来 時尓成奴等 鴈之鳴者 本郷思都追 雲隠喧

[訓読]燕来る時になりぬと雁がねは国偲ひつつ雲隠り鳴く

[仮名]つばめくる ときになりぬと かりがねは くにしのひつつ くもがくりなく

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年3月2日 年紀 作者:大伴家持 動物 高岡 富山

[訓異]つばめくる,[寛]つはめくる,

ときになりぬと[寛],

かりがねは,[寛]かりかねは,

くにしのひつつ,[寛]ふるさとおもひつつ,

くもがくりなく,[寛]くもかくれなく,


[歌番号]19/4145

[題詞](見歸鴈歌二首)

[原文]春設而 如此歸等母 秋風尓 黄葉山乎 不<超>来有米也 [一云 春去者 歸此鴈]

[訓読]春まけてかく帰るとも秋風にもみたむ山を越え来ざらめや [一云 春されば帰るこの雁]

[仮名]はるまけて かくかへるとも あきかぜに もみたむやまを こえこざらめや [はるされば かへるこのかり]

[左注]なし

[校異]越 -> 超 [元][類][文][紀]

[事項]天平勝宝2年3月2日 年紀 作者:大伴家持 推敲 帰雁 高岡 富山

[訓異]はるまけて[寛],

かくかへるとも[寛],

あきかぜに,[寛]あきかせに,

もみたむやまを,[寛]もみちのやまを,

こえこざらめや,[寛]こえこさらめや,

[はるされば,[寛]はるされは,

かへるこのかり][寛],


[歌番号]19/4146

[題詞]夜裏聞千鳥<喧>歌二首

[原文]夜具多知尓 寐覺而居者 河瀬尋 情<毛>之<努>尓 鳴知等理賀毛

[訓読]夜ぐたちに寝覚めて居れば川瀬尋め心もしのに鳴く千鳥かも

[仮名]よぐたちに ねざめてをれば かはせとめ こころもしのに なくちどりかも

[左注]なし

[校異]鳴 -> 喧 [元][類] / 母 -> 毛 [元][類][文][紀] / 奴 -> 努 [元][類]

[事項]天平勝宝2年3月2日 年紀 作者:大伴家持 動物 懐古 望郷 高岡 富山

[訓異]よぐたちに,[寛]よくたちに,

ねざめてをれば,[寛]ねさめてをれは,

かはせとめ[寛],

こころもしのに,[寛]こころもののに,

なくちどりかも,[寛]なくちとりかも,


[歌番号]19/4147

[題詞](夜裏聞千鳥<喧>歌二首)

[原文]夜降而 鳴河波知登里 宇倍之許曽 昔人母 之<努>比来尓家礼

[訓読]夜くたちて鳴く川千鳥うべしこそ昔の人も偲ひ来にけれ

[仮名]よくたちて なくかはちどり うべしこそ むかしのひとも しのひきにけれ

[左注]なし

[校異]奴 -> 努 [元]

[事項]天平勝宝2年3月2日 年紀 作者:大伴家持 動物 懐古 高岡 富山

[訓異]よくたちて[寛],

なくかはちどり,[寛]なくかはちとり,

うべしこそ,[寛]うへしこそ,

むかしのひとも[寛],

しのひきにけれ[寛],


[歌番号]19/4148

[題詞]聞暁鳴雉歌二首

[原文]椙野尓 左乎騰流雉 灼然 啼尓之毛将哭 己母利豆麻可母

[訓読]杉の野にさ躍る雉いちしろく音にしも泣かむ隠り妻かも

[仮名]すぎののに さをどるきぎし いちしろく ねにしもなかむ こもりづまかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年3月2日 年紀 作者:大伴家持 動物 恋情

[訓異]すぎののに,[寛]すきののに,

さをどるきぎし,[寛]さをとるききす,

いちしろく[寛],

ねにしもなかむ[寛],

こもりづまかも,[寛]こもりつまかも,


[歌番号]19/4149

[題詞](聞暁鳴雉歌二首)

[原文]足引之 八峯之雉 鳴響 朝開之霞 見者可奈之母

[訓読]あしひきの八つ峰の雉鳴き響む朝明の霞見れば悲しも

[仮名]あしひきの やつをのきぎし なきとよむ あさけのかすみ みればかなしも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年3月2日 年紀 作者:大伴家持 動物 叙景 枕詞

[訓異]あしひきの[寛],

やつをのきぎし,[寛]やつをのききす,

なきとよむ[寛],

あさけのかすみ[寛],

みればかなしも,[寛]みれはかなしも,


[歌番号]19/4150

[題詞]遥聞泝江船人之唱歌一首

[原文]朝床尓 聞者遥之 射水河 朝己藝思都追 唱船人

[訓読]朝床に聞けば遥けし射水川朝漕ぎしつつ唄ふ舟人

[仮名]あさとこに きけばはるけし いみづかは あさこぎしつつ うたふふなびと

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年3月2日 年紀 作者:大伴家持 叙景 地名 高岡 富山

[訓異]あさとこに[寛],

きけばはるけし,[寛]きけははるけし,

いみづかは,[寛]いみつかは,

あさこぎしつつ,[寛]あさこきしつつ,

うたふふなびと,[寛]うたふふなひと,


[歌番号]19/4151

[題詞]三日守大伴宿祢家持之舘宴歌三首

[原文]今日之為等 思標之 足引乃 峯上之櫻 如此開尓家里

[訓読]今日のためと思ひて標しあしひきの峰の上の桜かく咲きにけり

[仮名]けふのためと おもひてしめし あしひきの をのへのさくら かくさきにけり

[左注]なし

[校異]思標 [元][類] 標

[事項]天平勝宝2年3月3日 年紀 作者:大伴家持 枕詞 植物 宴席 高岡 富山 上巳

[訓異]けふのためと[寛],

おもひてしめし[寛],

あしひきの[寛],

をのへのさくら[寛],

かくさきにけり[寛],


[歌番号]19/4152

[題詞](三日守大伴宿祢家持之舘宴歌三首)

[原文]奥山之 八峯乃海石榴 都婆良可尓 今日者久良佐祢 大夫之徒

[訓読]奥山の八つ峰の椿つばらかに今日は暮らさね大夫の伴

[仮名]おくやまの やつをのつばき つばらかに けふはくらさね ますらをのとも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年3月3日 年紀 作者:大伴家持 植物 宴席 上巳 序詞 高岡 富山

[訓異]おくやまの[寛],

やつをのつばき,[寛]やつをのつはき,

つばらかに,[寛]つはらかに,

けふはくらさね[寛],

ますらをのとも[寛],


[歌番号]19/4153

[題詞](三日守大伴宿祢家持之舘宴歌三首)

[原文]漢人毛 筏浮而 遊云 今日曽和我勢故 花縵世奈

[訓読]漢人も筏浮かべて遊ぶといふ今日ぞ我が背子花かづらせな

[仮名]からひとも いかだうかべて あそぶといふ けふぞわがせこ はなかづらせな

[左注]なし

[校異]奈 [細] 余

[事項]天平勝宝2年3月3日 年紀 作者:大伴家持 宴席 上巳 曲水宴 植物 富山 高岡

[訓異]からひとも[寛],

いかだうかべて,[寛]ふねをうかへて,

あそぶといふ,[寛]あそふてふ,

けふぞわがせこ,[寛]けふそわかせこ,

はなかづらせな,[寛]はなかつらせよ,


[歌番号]19/4154

[題詞]八日詠白<大>鷹歌一首[并短歌]

[原文]安志比奇<乃> 山坂<超>而 去更 年緒奈我久 科坂在 故志尓之須米婆 大王之 敷座國者 京師乎母 此間毛於夜自等 心尓波 念毛能可良 語左氣 見左久流人眼 乏等 於毛比志繁 曽己由恵尓 情奈具也等 秋附婆 芽子開尓保布 石瀬野尓 馬太伎由吉氐 乎知許知尓 鳥布美立 白塗之 小鈴毛由良尓 安波勢也<理> 布里左氣見都追 伊伎騰保流 許己呂能宇知乎 思延 宇礼之備奈我良 枕附 都麻屋之内尓 鳥座由比 須恵弖曽我飼 真白部乃多可

[訓読]あしひきの 山坂越えて 行きかはる 年の緒長く しなざかる 越にし住めば 大君の 敷きます国は 都をも ここも同じと 心には 思ふものから 語り放け 見放くる人目 乏しみと 思ひし繁し そこゆゑに 心なぐやと 秋づけば 萩咲きにほふ 石瀬野に 馬だき行きて をちこちに 鳥踏み立て 白塗りの 小鈴もゆらに あはせ遣り 振り放け見つつ いきどほる 心のうちを 思ひ延べ 嬉しびながら 枕付く 妻屋のうちに 鳥座結ひ 据えてぞ我が飼ふ 真白斑の鷹

[仮名]あしひきの やまさかこえて ゆきかはる としのをながく しなざかる こしにしすめば おほきみの しきますくには みやこをも ここもおやじと こころには おもふものから かたりさけ みさくるひとめ ともしみと おもひししげし そこゆゑに こころなぐやと あきづけば はぎさきにほふ いはせのに うまだきゆきて をちこちに とりふみたて しらぬりの をすずもゆらに あはせやり ふりさけみつつ いきどほる こころのうちを おもひのべ うれしびながら まくらづく つまやのうちに とぐらゆひ すゑてぞわがかふ ましらふのたか

[左注]なし

[校異]太 -> 大 [元][類] / 能 -> 乃 [元][類] / 越 -> 超 [元][類][紀] / 里 -> 理 [元][類]

[事項]天平勝宝2年3月8日 年紀 作者:大伴家持 枕詞 動物 植物 地名 富山 狩猟 鷹狩り

[訓異]あしひきの[寛],

やまさかこえて[寛],

ゆきかはる,[寛]ゆきかへる,

としのをながく,[寛]としのをなかく,

しなざかる,[寛]しなさかる,

こしにしすめば,[寛]こしにしすめは,

おほきみの[寛],

しきますくには[寛],

みやこをも[寛],

ここもおやじと,[寛]ここもおやしと,

こころには[寛],

おもふものから[寛],

かたりさけ,[寛]ことはさけ,

みさくるひとめ[寛],

ともしみと[寛],

おもひししげし,[寛]おもひししけし,

そこゆゑに[寛],

こころなぐやと,[寛]こころなくやと,

あきづけば,[寛]あきつけは,

はぎさきにほふ,[寛]はきさきにほふ,

いはせのに[寛],

うまだきゆきて,[寛]うまたきゆきて,

をちこちに[寛][寛],

とりふみたて,[寛]とりふみたてて,

しらぬりの[寛],

をすずもゆらに,[寛]こすすもゆらに,

あはせやり[寛],

ふりさけみつつ[寛],

いきどほる,[寛]いきとほる,

こころのうちを[寛],

おもひのべ,[寛]おもひのへ,

うれしびながら,[寛]うれしひなから,

まくらづく,[寛]まくらつく,

つまやのうちに[寛],

とぐらゆひ,[寛]とくらゆひ,

すゑてぞわがかふ,[寛]すゑてそわかふ,

ましらふのたか[寛],


[歌番号]19/4155

[題詞](八日詠白<大>鷹歌一首[并短歌])

[原文]矢形尾乃 麻之路能鷹乎 屋戸尓須恵 可伎奈泥見都追 飼久之余志毛

[訓読]矢形尾の真白の鷹を宿に据ゑ掻き撫で見つつ飼はくしよしも

[仮名]やかたをの ましろのたかを やどにすゑ かきなでみつつ かはくしよしも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年3月8日 年紀 作者:大伴家持 動物 富山 高岡

[訓異]やかたをの[寛],

ましろのたかを[寛],

やどにすゑ,[寛]やとにすゑ,

かきなでみつつ,[寛]かきなてみつつ,

かはくしよしも[寛],


[歌番号]19/4156

[題詞]潜鵜歌一首[并短歌]

[原文]荒玉能 年徃更 春去者 花耳尓保布 安之比奇能 山下響 墜多藝知 流辟田乃 河瀬尓 年魚兒狭走 嶋津鳥 鵜養等母奈倍 可我理左之 奈頭佐比由氣<婆> 吾妹子我 可多見我氐良等 紅之 八塩尓染而 於己勢多流 服之襴毛 等寳利氐濃礼奴

[訓読]あらたまの 年行きかはり 春されば 花のみにほふ あしひきの 山下響み 落ち激ち 流る辟田の 川の瀬に 鮎子さ走る 島つ鳥 鵜養伴なへ 篝さし なづさひ行けば 我妹子が 形見がてらと 紅の 八しほに染めて おこせたる 衣の裾も 通りて濡れぬ

[仮名]あらたまの としゆきかはり はるされば はなのみにほふ あしひきの やましたとよみ おちたぎち ながるさきたの かはのせに あゆこさばしる しまつとり うかひともなへ かがりさし なづさひゆけば わぎもこが かたみがてらと くれなゐの やしほにそめて おこせたる ころものすそも とほりてぬれぬ

[左注]なし

[校異]歌 [西][細] 謌 / 波 -> 婆 [元][類]

[事項]天平勝宝2年3月8日 年紀 作者:大伴家持 動物 地名 能登 富山 鵜飼媿

[訓異]あらたまの[寛],

としゆきかはり,[寛]としゆきかへり,

はるされば,[寛]はるされは,

はなのみにほふ[寛],

あしひきの[寛],

やましたとよみ,[寛]やましたひひき,

おちたぎち,[寛]おちたきち,

ながるさきたの,[寛]なかるさきたの,

かはのせに[寛],

あゆこさばしる,[寛]あゆこさはしり,

しまつとり[寛],

うかひともなへ[寛],

かがりさし,[寛]かかりさし,

なづさひゆけば,[寛]なつさひゆけは,

わぎもこが,[寛]わきもこか,

かたみがてらと,[寛]かたみかてらと,

くれなゐの[寛],

やしほにそめて[寛],

おこせたる[寛],

ころものすそも[寛],

とほりてぬれぬ[寛],


[歌番号]19/4157

[題詞](潜鵜歌一首[并短歌])

[原文]紅<乃> 衣尓保波之 辟田河 絶己等奈久 吾等眷牟

[訓読]紅の衣にほはし辟田川絶ゆることなく我れかへり見む

[仮名]くれなゐの ころもにほはし さきたかは たゆることなく われかへりみむ

[左注]なし

[校異]<> -> 乃 [元][類]

[事項]天平勝宝2年3月8日 年紀 作者:大伴家持 地名 能登 富山 鵜飼媿 土地讃美 動物

[訓異]くれなゐの,[寛]くれない,

ころもにほはし[寛],

さきたかは[寛],

たゆることなく[寛],

われかへりみむ[寛]


[歌番号]19/4158

[題詞](潜鵜歌一首[并短歌])

[原文]毎年尓 鮎之走婆 左伎多河 鵜八頭可頭氣氐 河瀬多頭祢牟

[訓読]年のはに鮎し走らば辟田川鵜八つ潜けて川瀬尋ねむ

[仮名]としのはに あゆしはしらば さきたかは うやつかづけて かはせたづねむ

[左注]なし

[校異]歌 [西][細] 謌

[事項]天平勝宝2年3月8日 年紀 作者:大伴家持 鵜飼媿 地名 能登 富山 鵜飼媿

[訓異]としのはに[寛],

あゆしはしらば,[寛]あゆしはしれは,

さきたかは[寛],

うやつかづけて,[寛]うやつかつきて,

かはせたづねむ,[寛]かはせたつねむ,


[歌番号]19/4159

[題詞]季春三月九日擬出擧之政行於舊江村道上属目物花之詠并興中所作之歌 / 過澁谿埼見巌上樹歌一首 [樹名都萬麻]

[原文]礒上之 都萬麻乎見者 根乎延而 年深有之 神<左>備尓家里

[訓読]礒の上のつままを見れば根を延へて年深からし神さびにけり

[仮名]いそのうへの つままをみれば ねをはへて としふかからし かむさびにけり

[左注]なし

[校異]佐 -> 左 [元][類][古]

[事項]天平勝宝2年3月9日 年紀 作者:大伴家持 植物 土地讃美 氷見 富山 寿歌 出挙 部内巡行

[訓異]いそのうへの[寛],

つままをみれば,[寛]つままをみれは,

ねをはへて[寛],

としふかからし[寛],

かむさびにけり,[寛]かみさひにけり,


[歌番号]19/4160

[題詞]悲世間無常歌一首[并短歌]

[原文]天地之 遠始欲 俗中波 常無毛能等 語續 奈我良倍伎多礼 天原 振左氣見婆 照月毛 盈<ち>之家里 安之比奇能 山之木末毛 春去婆 花開尓保比 秋都氣婆 露霜負而 風交 毛美知落家利 宇都勢美母 如是能未奈良之 紅能 伊呂母宇都呂比 奴婆多麻能 黒髪變 朝之咲 暮加波良比 吹風能 見要奴我其登久 逝水能 登麻良奴其等久 常毛奈久 宇都呂布見者 尓波多豆美 流渧 等騰米可祢都母

[訓読]天地の 遠き初めよ 世間は 常なきものと 語り継ぎ 流らへ来たれ 天の原 振り放け見れば 照る月も 満ち欠けしけり あしひきの 山の木末も 春されば 花咲きにほひ 秋づけば 露霜負ひて 風交り もみち散りけり うつせみも かくのみならし 紅の 色もうつろひ ぬばたまの 黒髪変り 朝の笑み 夕変らひ 吹く風の 見えぬがごとく 行く水の 止まらぬごとく 常もなく うつろふ見れば にはたづみ 流るる涙 留めかねつも

[仮名]あめつちの とほきはじめよ よのなかは つねなきものと かたりつぎ ながらへきたれ あまのはら ふりさけみれば てるつきも みちかけしけり あしひきの やまのこぬれも はるされば はなさきにほひ あきづけば つゆしもおひて かぜまじり もみちちりけり うつせみも かくのみならし くれなゐの いろもうつろひ ぬばたまの くろかみかはり あさのゑみ ゆふへかはらひ ふくかぜの みえぬがごとく ゆくみづの とまらぬごとく つねもなく うつろふみれば にはたづみ ながるるなみた とどめかねつも

[左注]なし

[校異]興 -> ち [西(左貼紙訂正)][文][紀]

[事項]天平勝宝2年3月 年紀 作者:大伴家持 無常 憶良 富山 高岡

[訓異]あめつちの[寛],

とほきはじめよ,[寛]とほきはしめよ,

よのなかは[寛],

つねなきものと[寛],

かたりつぎ,[寛]かたりつき,

ながらへきたれ,[寛]なからへきたれ,

あまのはら[寛],

ふりさけみれば,[寛]ふりさけみれは,

てるつきも[寛],

みちかけしけり[寛],

あしひきの[寛],

やまのこぬれも[寛],

はるされば,[寛]はるされは,

はなさきにほひ[寛],

あきづけば,[寛]あきつけは,

つゆしもおひて[寛],

かぜまじり,[寛]かせましり,

もみちちりけり[寛],

うつせみも[寛],

かくのみならし[寛],

くれなゐの[寛],

いろもうつろひ[寛],

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,

くろかみかはり[寛],

あさのゑみ[寛],

ゆふへかはらひ[寛],

ふくかぜの,[寛]ふくかせの,

みえぬがごとく,[寛]みえぬかことく,

ゆくみづの,[寛]ゆくみつの,

とまらぬごとく,[寛]とまらぬことく,

つねもなく[寛],

うつろふみれば,[寛]うつろふみれは,

にはたづみ,[寛]にはたつみ,

ながるるなみた,[寛]なかるるなみた,

とどめかねつも,[寛]ととめかねつも,


[歌番号]19/4161

[題詞](悲世間無常歌一首[并短歌])

[原文]言等波奴 木尚春開 秋都氣婆 毛美知遅良久波 常乎奈美許曽 [一云 常<无>牟等曽]

[訓読]言とはぬ木すら春咲き秋づけばもみち散らくは常をなみこそ [一云 常なけむとぞ]

[仮名]こととはぬ きすらはるさき あきづけば もみちぢらくは つねをなみこそ [つねなけむとぞ]

[左注]なし

[校異]無 -> 无 [元][類]

[事項]天平勝宝2年3月 年紀 作者:大伴家持 植物 無常 憶良 富山 高岡 推敲

[訓異]こととはぬ[寛],

きすらはるさき[寛],

あきづけば,[寛]あきつけは,

もみちぢらくは,[寛]もみちちらくは,

つねをなみこそ[寛],

[つねなけむとぞ],[寛]つねなけむとそ,


[歌番号]19/4162

[題詞](悲世間無常歌一首[并短歌])

[原文]宇都世美能 常<无>見者 世間尓 情都氣受弖 念日曽於保伎 [一云 嘆日曽於保吉]

[訓読]うつせみの常なき見れば世の中に心つけずて思ふ日ぞ多き [一云 嘆く日ぞ多き]

[仮名]うつせみの つねなきみれば よのなかに こころつけずて おもふひぞおほき [なげくひぞおほき]

[左注]なし

[校異]無 -> 无 [元][類]

[事項]天平勝宝2年3月 年紀 作者:大伴家持 無常 推敲 悲嘆 憶良 富山 高岡

[訓異]うつせみの[寛],

つねなきみれば,[寛]つねなきみれは,

よのなかに[寛],

こころつけずて,[寛]こころつきすて,

おもふひぞおほき,[寛]おもふひそおほき,

[なげくひぞおほき],[寛]なけくひそおほき,


[歌番号]19/4163

[題詞]豫作七夕歌一首

[原文]妹之袖 和礼枕可牟 河湍尓 霧多知和多礼 左欲布氣奴刀尓

[訓読]妹が袖我れ枕かむ川の瀬に霧立ちわたれさ夜更けぬとに

[仮名]いもがそで われまくらかむ かはのせに きりたちわたれ さよふけぬとに

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年3月 年紀 作者:大伴家持 予作 七夕 儲作 富山 高岡

[訓異]いもがそで,[寛]いもかそて,

われまくらかむ,[寛]われまくらせむ,

かはのせに[寛],

きりたちわたれ[寛],

さよふけぬとに[寛],


[歌番号]19/4164

[題詞]慕振勇士之名歌一首[并短歌]

[原文]知智乃實乃 父能美許等 波播蘇葉乃 母能美己等 於保呂可尓 情盡而 念良牟 其子奈礼夜母 大夫夜 <无>奈之久可在 梓弓 須恵布理於許之 投矢毛知 千尋射和多之 劔刀 許思尓等理波伎 安之比奇能 八峯布美越 左之麻久流 情不障 後代乃 可多利都具倍久 名乎多都倍志母

[訓読]ちちの実の 父の命 ははそ葉の 母の命 おほろかに 心尽して 思ふらむ その子なれやも 大夫や 空しくあるべき 梓弓 末振り起し 投矢持ち 千尋射わたし 剣大刀 腰に取り佩き あしひきの 八つ峰踏み越え さしまくる 心障らず 後の世の 語り継ぐべく 名を立つべしも

[仮名]ちちのみの ちちのみこと ははそばの ははのみこと おほろかに こころつくして おもふらむ そのこなれやも ますらをや むなしくあるべき あづさゆみ すゑふりおこし なげやもち ちひろいわたし つるぎたち こしにとりはき あしひきの やつをふみこえ さしまくる こころさやらず のちのよの かたりつぐべく なをたつべしも

[左注](右二首追和山上憶良臣作歌)

[校異]無 -> 无 [元][類]

[事項]天平勝宝2年3月 年紀 作者:大伴家持 憶良 追和 枕詞 植物 儒教 高岡 富山

[訓異]ちちのみの[寛],

ちちのみこと[寛],

ははそばの,[寛]ははそはの,

ははのみこと[寛],

おほろかに[寛],

こころつくして[寛],

おもふらむ[寛],

そのこなれやも[寛],

ますらをや[寛],

むなしくあるべき,[寛]むなしくあるへき,

あづさゆみ,[寛]あつさゆみ,

すゑふりおこし[寛],

なげやもち,[寛]なくやもち,

ちひろいわたし[寛],

つるぎたち,[寛]つるきたち,

こしにとりはき[寛],

あしひきの[寛],

やつをふみこえ[寛],

さしまくる[寛],

こころさやらず,[寛]こころさはらす,

のちのよの[寛],

かたりつぐべく,[寛]かたりつくへく,

なをたつべしも,[寛]なをたつへしも,


[歌番号]19/4165

[題詞](慕振勇士之名歌一首[并短歌])

[原文]大夫者 名乎之立倍之 後代尓 聞継人毛 可多里都具我祢

[訓読]大夫は名をし立つべし後の世に聞き継ぐ人も語り継ぐがね

[仮名]ますらをは なをしたつべし のちのよに ききつぐひとも かたりつぐがね

[左注]右二首追和山上憶良臣作歌

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年3月 年紀 作者:大伴家持 憶良 追和 儒教 高岡 富山

[訓異]ますらをは[寛],

なをしたつべし,[寛]なをしたつへし,

のちのよに[寛],

ききつぐひとも,[寛]ききつくひとも,

かたりつぐがね,[寛]かたりつくかね,


[歌番号]19/4166

[題詞]詠霍公鳥并時花歌一首[并短歌]

[原文]毎時尓 伊夜目都良之久 八千種尓 草木花左伎 喧鳥乃 音毛更布 耳尓聞 眼尓視其等尓 宇知嘆 之奈要宇良夫礼 之努比都追 有争波之尓 許能久礼<能> 四月之立者 欲其母理尓 鳴霍公鳥 従古昔 可多<里>都藝都流 鴬之 宇都之真子可母 菖蒲 花橘乎 D嬬良我 珠貫麻泥尓 赤根刺 晝波之賣良尓 安之比奇乃 八丘飛超 夜干玉<乃> 夜者須我良尓 暁 月尓向而 徃還 喧等余牟礼杼 何如将飽足

[訓読]時ごとに いやめづらしく 八千種に 草木花咲き 鳴く鳥の 声も変らふ 耳に聞き 目に見るごとに うち嘆き 萎えうらぶれ 偲ひつつ 争ふはしに 木の暗の 四月し立てば 夜隠りに 鳴く霍公鳥 いにしへゆ 語り継ぎつる 鴬の 現し真子かも あやめぐさ 花橘を 娘子らが 玉貫くまでに あかねさす 昼はしめらに あしひきの 八つ峰飛び越え ぬばたまの 夜はすがらに 暁の 月に向ひて 行き帰り 鳴き響むれど なにか飽き足らむ

[仮名]ときごとに いやめづらしく やちくさに くさきはなさき なくとりの こゑもかはらふ みみにきき めにみるごとに うちなげき しなえうらぶれ しのひつつ あらそふはしに このくれの うづきしたてば よごもりに なくほととぎす いにしへゆ かたりつぎつる うぐひすの うつしまこかも あやめぐさ はなたちばなを をとめらが たまぬくまでに あかねさす ひるはしめらに あしひきの やつをとびこえ ぬばたまの よるはすがらに あかときの つきにむかひて ゆきがへり なきとよむれど なにかあきだらむ

[左注](右廿日雖未及時依興預作也)

[校異]罷 -> 能 [万葉集略解] / 理 -> 里 [元][類] / 之 -> 乃 [元][類]

[事項]天平勝宝2年3月20日 年紀 作者:大伴家持 動物 依興 予作 預作 植物 高岡 富山

[訓異]ときごとに,[寛]ときことに,

いやめづらしく,[寛]いやめつらしく,

やちくさに[寛],

くさきはなさき[寛],

なくとりの[寛],

こゑもかはらふ[寛],

みみにきき[寛],

めにみるごとに,[寛]めにみることに,

うちなげき,[寛]うちなけき,

しなえうらぶれ,[寛]しなゆうらふれ,

しのひつつ[寛],

あらそふはしに[寛],

このくれの,[寛]このくれやみ,

うづきしたてば,[寛]うつきしたては,

よごもりに,[寛]よこもりに,

なくほととぎす,[寛]なくほとときす,

いにしへゆ,[寛]むかしより,

かたりつぎつる,[寛]かたりつきつる,

うぐひすの,[寛]うくひすの,

うつしまこかも[寛],

あやめぐさ,[寛]あやめくさ,

はなたちばなを,[寛]はなたちはなを,

をとめらが,[寛]をとめらか,

たまぬくまでに,[寛]たまぬくまてに,

あかねさす[寛],

ひるはしめらに[寛],

あしひきの[寛],

やつをとびこえ,[寛]やつをとひこえ,

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,

よるはすがらに,[寛]よるはすからに,

あかときの,[寛]あかつきの,

つきにむかひて[寛],

ゆきがへり,[寛]ゆきかへり,

なきとよむれど,[寛]なきとよむれと,

なにかあきだらむ,[寛]いかかあきたらむ,


[歌番号]19/4167

[題詞](詠霍公鳥并時花歌一首[并短歌])反歌二首

[原文]毎時 弥米頭良之久 咲花乎 折毛不折毛 見良久之余志<母>

[訓読]時ごとにいやめづらしく咲く花を折りも折らずも見らくしよしも

[仮名]ときごとに いやめづらしく さくはなを をりもをらずも みらくしよしも

[左注](右廿日雖未及時依興預作也)

[校異]毛 -> 母 [元][類]

[事項]天平勝宝2年3月20日 年紀 作者:大伴家持 依興 予作 預作 植物 高岡 富山


[訓異]ときごとに,[寛]ときことに,

いやめづらしく,[寛]いやめつらしく,

さくはなを[寛],

をりもをらずも,[寛]をりもをらすも,

みらくしよしも[寛],


[歌番号]19/4168

[題詞](詠霍公鳥并時花歌一首[并短歌](反歌二首))

[原文]毎年尓 来喧毛能由恵 霍公鳥 聞婆之努波久 不相日乎於保美 [毎年謂之等之乃波]

[訓読]毎年に来鳴くものゆゑ霍公鳥聞けば偲はく逢はぬ日を多み [毎年謂之等之乃波]

[仮名]としのはに きなくものゆゑ ほととぎす きけばしのはく あはぬひをおほみ

[左注]右廿日雖未及時依興預作也

[校異]也 [元] 之

[事項]天平勝宝2年3月20日 年紀 作者:大伴家持 依興 予作 預作 動物 高岡 富山

[訓異]としのはに[寛],

きなくものゆゑ[寛],

ほととぎす,[寛]ほとときす,

きけばしのはく,[寛]きけはしのはく,

あはぬひをおほみ[寛],


[歌番号]19/4169

[題詞]為家婦贈在京尊母所誂作歌一首[并短歌]

[原文]霍公鳥 来喧五月尓 咲尓保布 花橘乃 香吉 於夜能御言 朝暮尓 不聞日麻祢久 安麻射可流 夷尓之居者 安之比奇乃 山乃多乎里尓 立雲乎 余曽能未見都追 嘆蘇良 夜須<家>奈久尓 念蘇良 苦伎毛能乎 奈呉乃海部之 潜取云 真珠乃 見我保之御面 多太向 将見時麻泥波 松栢乃 佐賀延伊麻佐祢 尊安我吉美 [御面謂之美於毛和]

[訓読]霍公鳥 来鳴く五月に 咲きにほふ 花橘の かぐはしき 親の御言 朝夕に 聞かぬ日まねく 天離る 鄙にし居れば あしひきの 山のたをりに 立つ雲を よそのみ見つつ 嘆くそら 安けなくに 思ふそら 苦しきものを 奈呉の海人の 潜き取るといふ 白玉の 見が欲し御面 直向ひ 見む時までは 松柏の 栄えいまさね 貴き我が君 [御面謂之美於毛和]

[仮名]ほととぎす きなくさつきに さきにほふ はなたちばなの かぐはしき おやのみこと あさよひに きかぬひまねく あまざかる ひなにしをれば あしひきの やまのたをりに たつくもを よそのみみつつ なげくそら やすけなくに おもふそら くるしきものを なごのあまの かづきとるといふ しらたまの みがほしみおもわ ただむかひ みむときまでは まつかへの さかえいまさね たふときあがきみ

[左注]なし

[校異]家久 -> 家 [元]

[事項]天平勝宝2年3月 年紀 作者:大伴家持 動物 植物 枕詞 贈答 代作 坂上郎女 坂上大嬢 寿歌 恋情 高岡 富山

[訓異]ほととぎす,[寛]ほとときす,

きなくさつきに[寛],

さきにほふ[寛],

はなたちばなの,[寛]はなたちはなの,

かぐはしき,[寛]かをよしみ,

おやのみこと,[寛]おやのみことの,

あさよひに,[寛]あさゆふに,

きかぬひまねく,[寛]きかぬひまなく,

あまざかる,[寛]あまさかる,

ひなにしをれば,[寛]ひなにしをれは,

あしひきの[寛],

やまのたをりに[寛],

たつくもを[寛],

よそのみみつつ[寛],

なげくそら,[寛]なけくそら,

やすけなくに,[寛]やすけくなくに,

おもふそら[寛],

くるしきものを[寛],

なごのあまの,[寛]なこのあまの,

かづきとるといふ,[寛]かつきとるてふ,

しらたまの[寛],

みがほしみおもわ,[寛]みかほしみおもわ,

ただむかひ,[寛]たたむかひ,

みむときまでは,[寛]みむときまては,

まつかへの[寛],

さかえいまさね[寛],

たふときあがきみ,[寛]たうときあかきみ,


[歌番号]19/4170

[題詞](為家婦贈在京尊母所誂作歌一首[并短歌])反歌一首

[原文]白玉之 見我保之君乎 不見久尓 夷尓之乎礼婆 伊家流等毛奈之

[訓読]白玉の見が欲し君を見ず久に鄙にし居れば生けるともなし

[仮名]しらたまの みがほしきみを みずひさに ひなにしをれば いけるともなし

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年3月 年紀 作者:大伴家持 贈答 代作 坂上郎女 坂上大嬢 恋情 高岡 富山

[訓異]しらたまの,[寛]しらたまの,

みがほしきみを,[寛]みかほしきみを,

みずひさに,[寛]みすひさに,

ひなにしをれば,[寛]ひなにしをれは,

いけるともなし[寛],


[歌番号]19/4171

[題詞]廿四日應立夏四月節也 因此廿三日之暮忽思霍公鳥暁喧聲作歌二首

[原文]常人毛 起都追聞曽 霍公鳥 此暁尓 来喧始音

[訓読]常人も起きつつ聞くぞ霍公鳥この暁に来鳴く初声

[仮名]つねひとも おきつつきくぞ ほととぎす このあかときに きなくはつこゑ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年3月23日 年紀 作者:大伴家持 動物 季節 高岡 富山 立夏

[訓異]つねひとも[寛],

おきつつきくぞ,[寛]おきつつきくそ,

ほととぎす,[寛]ほとときす,

このあかときに,[寛]このあかつきに,

きなくはつこゑ[寛],


[歌番号]19/4172

[題詞](廿四日應立夏四月節也 因此廿三日之暮忽思霍公鳥暁喧聲作歌二首)

[原文]霍公鳥 来<喧>響者 草等良牟 花橘乎 屋戸尓波不殖而

[訓読]霍公鳥来鳴き響めば草取らむ花橘を宿には植ゑずて

[仮名]ほととぎす きなきとよめば くさとらむ はなたちばなを やどにはうゑずて

[左注]なし

[校異]鳴 -> 喧 [元][類]

[事項]天平勝宝2年3月23日 年紀 作者:大伴家持 動物 植物 高岡 富山 立夏

[訓異]ほととぎす,[寛]ほとときす,

きなきとよめば,[寛]きなきとよまは,

くさとらむ[寛],

はなたちばなを,[寛]はなたちはなを,

やどにはうゑずて,[寛]やとにはうえすて,


[歌番号]19/4173

[題詞]贈京丹比家歌一首

[原文]妹乎不見 越國敝尓 經年婆 吾情度乃 奈具流日毛無

[訓読]妹を見ず越の国辺に年経れば我が心どのなぐる日もなし

[仮名]いもをみず こしのくにへに としふれば あがこころどの なぐるひもなし

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年3月 年紀 作者:大伴家持 悲嘆 別離 贈答 丹比氏 代作 坂上大嬢 高岡 富山

[訓異]いもをみず,[寛]いもをみす,

こしのくにへに[寛],

としふれば,[寛]としふれは,

あがこころどの,[寛]わかこころとの,

なぐるひもなし,[寛]なくるひもなし,


[歌番号]19/4174

[題詞]追和筑紫<大>宰之時春<苑>梅歌一首

[原文]春裏之 樂終者 梅花 手折乎伎都追 遊尓可有

[訓読]春のうちの楽しき終は梅の花手折り招きつつ遊ぶにあるべし

[仮名]はるのうちの たのしきをへは うめのはな たをりをきつつ あそぶにあるべし

[左注]右一首廿七日依興作之

[校異]太 -> 大 [元][文][紀][矢] / 花 -> 苑 [万葉集略解]

[事項]天平勝宝2年3月27日 年紀 作者:大伴家持 追和 太宰府 梅花宴 宴席 依興 高岡 富山

[訓異]はるのうちの[寛],

たのしきをへは[寛],

うめのはな[寛],

たをりをきつつ,[寛]たおりおきつつ,

あそぶにあるべし,[寛]あそふにかあらむ,


[歌番号]19/4175

[題詞]詠霍公鳥二首

[原文]霍公鳥 今来喧曽<无> 菖蒲 可都良久麻泥尓 加流々日安良米也 [毛能波三箇辞闕之]

[訓読]霍公鳥今来鳴きそむあやめぐさかづらくまでに離るる日あらめや [毛能波三箇辞闕之]

[仮名]ほととぎす いまきなきそむ あやめぐさ かづらくまでに かるるひあらめや

[左注]なし

[校異]無 -> 无 [元][類]

[事項]天平勝宝2年 年紀 作者:大伴家持 動物 植物 高岡 富山 恋情

[訓異]ほととぎす,[寛]ほとときす,

いまきなきそむ[寛],

あやめぐさ,[寛]あやめくさ,

かづらくまでに,[寛]かつらくまてに,

かるるひあらめや[寛],


[歌番号]19/4176

[題詞](詠霍公鳥二首)

[原文]我門従 喧過度 霍公鳥 伊夜奈都可之久 雖聞飽不足 [毛能波氐尓乎六箇辞闕之]

[訓読]我が門ゆ鳴き過ぎ渡る霍公鳥いやなつかしく聞けど飽き足らず [毛能波C尓乎六箇辞闕之]

[仮名]わがかどゆ なきすぎわたる ほととぎす いやなつかしく きけどあきたらず

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝2 年紀 作者:大伴家持 恋情 動物 高岡 富山

[訓異]わがかどゆ,[寛]わかかとゆ,

なきすぎわたる,[寛]なきすきわたる,

ほととぎす,[寛]ほとときす,

いやなつかしく[寛],

きけどあきたらず,[寛]きけとあきたらす,


[歌番号]19/4177

[題詞]四月三日贈越前判官大伴宿祢池主霍公鳥歌不勝感舊之意述懐一首[并短歌]

[原文]和我勢故等 手携而 暁来者 出立向 暮去者 授放見都追 念<暢> 見奈疑之山尓 八峯尓波 霞多奈婢伎 谿敝尓波 海石榴花咲 宇良悲 春之過者 霍公鳥 伊也之伎喧奴 獨耳 聞婆不怜毛 君与吾 隔而戀流 利波山 飛超去而 明立者 松之狭枝尓 暮去者 向月而 菖蒲 玉貫麻泥尓 鳴等余米 安寐不令宿 君乎奈夜麻勢

[訓読]我が背子と 手携はりて 明けくれば 出で立ち向ひ 夕されば 振り放け見つつ 思ひ延べ 見なぎし山に 八つ峰には 霞たなびき 谷辺には 椿花咲き うら悲し 春し過ぐれば 霍公鳥 いやしき鳴きぬ 独りのみ 聞けば寂しも 君と我れと 隔てて恋ふる 砺波山 飛び越え行きて 明け立たば 松のさ枝に 夕さらば 月に向ひて あやめぐさ 玉貫くまでに 鳴き響め 安寐寝しめず 君を悩ませ

[仮名]わがせこと てたづさはりて あけくれば いでたちむかひ ゆふされば ふりさけみつつ おもひのべ みなぎしやまに やつをには かすみたなびき たにへには つばきはなさき うらがなし はるしすぐれば ほととぎす いやしきなきぬ ひとりのみ きけばさぶしも きみとあれと へだててこふる となみやま とびこえゆきて あけたたば まつのさえだに ゆふさらば つきにむかひて あやめぐさ たまぬくまでに なきとよめ やすいねしめず きみをなやませ

[左注]なし

[校異]鴨 -> 暢 [元][類]

[事項]天平勝宝2年4月3日 年紀 作者:大伴家持 贈答 大伴池主 動物 植物 恋情 戯笑 懐旧 高岡 富山

[訓異]わがせこと,[寛]わかせこと,

てたづさはりて,[寛]てたつさはりて,

あけくれば,[寛]あけくれは,

いでたちむかひ,[寛]いてたちむかひ,

ゆふされば,[寛]ゆふされは,

ふりさけみつつ[寛],

おもひのべ,[寛]おもふかも,

みなぎしやまに,[寛]みなきしやまに,

やつをには[寛],

かすみたなびき,[寛]かすみたなひき,

たにへには[寛],

つばきはなさき,[寛]つはきはなさき,

うらがなし,[寛]うらかなし,

はるしすぐれば,[寛]はるしすくれは,

ほととぎす,[寛]ほとときす,

いやしきなきぬ[寛],

ひとりのみ[寛],

きけばさぶしも,[寛]きけはさひしも,

きみとあれと,[寛]きみとわれ,

へだててこふる,[寛]へたててこふる,

となみやま[寛],

とびこえゆきて,[寛]とひこえゆきて,

あけたたば,[寛]あけたては,

まつのさえだに,[寛]まつのさえたに,

ゆふさらば,[寛]ゆふされは,

つきにむかひて[寛],

あやめぐさ,[寛]あやめくさ,

たまぬくまでに,[寛]たまぬくまてに,

なきとよめ[寛],

やすいねしめず,[寛]やすいしなさて,

きみをなやませ[寛],


[歌番号]19/4178

[題詞](四月三日贈越前判官大伴宿祢池主霍公鳥歌不勝感舊之意述懐一首[并短歌])

[原文]吾耳 聞婆不怜毛 霍公鳥 <丹>生之山邊尓 伊去鳴<尓毛>

[訓読]我れのみし聞けば寂しも霍公鳥丹生の山辺にい行き鳴かにも

[仮名]われのみし きけばさぶしも ほととぎす にふのやまへに いゆきなかにも

[左注]なし

[校異]舟 -> 丹 [西(訂正)][元][類][紀] / <> -> 尓毛 [西(左書)][元][類][紀]

[事項]天平勝宝2年4月3日 年紀 作者:大伴家持 動物 恋情 戯笑 大伴池主 贈答 懐旧 高岡 富山

[訓異]われのみし,[寛]ひとりのみ,

きけばさぶしも,[寛]きけはさひしも,

ほととぎす,[寛]ほとときす,

にふのやまへに[寛],

いゆきなかにも,[寛]いゆきなくにも,


[歌番号]19/4179

[題詞](四月三日贈越前判官大伴宿祢池主霍公鳥歌不勝感舊之意述懐一首[并短歌])

[原文]霍公鳥 夜喧乎為管 <和>我世兒乎 安宿勿令寐 由米情在

[訓読]霍公鳥夜鳴きをしつつ我が背子を安寐な寝しめゆめ心あれ

[仮名]ほととぎす よなきをしつつ わがせこを やすいなねしめ ゆめこころあれ

[左注]なし

[校異]<> -> 和 [元][類]

[事項]天平勝宝2年4月3日 年紀 作者:大伴家持 戯笑 大伴池主 贈答 恋情 懐旧 高岡 富山

[訓異]ほととぎす,[寛]ほとときす,

よなきをしつつ[寛],

わがせこを,[寛]わかせこを,

やすいなねしめ,[寛]やすいしなすて,

ゆめこころあれ[寛],


[歌番号]19/4180

[題詞]不飽感霍公鳥之情述懐作歌一首[并短歌]

[原文]春過而 夏来向者 足桧木乃 山呼等余米 左夜中尓 鳴霍公鳥 始音乎 聞婆奈都可之 菖蒲 花橘乎 貫交 可頭良久麻<泥>尓 里響 喧渡礼騰母 尚之努波由

[訓読]春過ぎて 夏来向へば あしひきの 山呼び響め さ夜中に 鳴く霍公鳥 初声を 聞けばなつかし あやめぐさ 花橘を 貫き交へ かづらくまでに 里響め 鳴き渡れども なほし偲はゆ

[仮名]はるすぎて なつきむかへば あしひきの やまよびとよめ さよなかに なくほととぎす はつこゑを きけばなつかし あやめぐさ はなたちばなを ぬきまじへ かづらくまでに さととよめ なきわたれども なほししのはゆ

[左注]なし

[校異]面 -> 泥 [元][類]

[事項]天平勝宝2年4月 年紀 作者:大伴家持 動物 懐旧 恋情 植物 高岡 富山

[訓異]はるすぎて,[寛]はるすきて,

なつきむかへば,[寛]なつきむかへは,

あしひきの[寛],

やまよびとよめ,[寛]やまよひとよめ,

さよなかに[寛],

なくほととぎす,[寛]なくほとときす,

はつこゑを[寛],

きけばなつかし,[寛]きけはなつかし,

あやめぐさ,[寛]あやめくさ,

はなたちばなを,[寛]はなたちはなを,

ぬきまじへ,[寛]ぬきましへ,

かづらくまでに,[寛]かつらぬくまてに,

さととよめ,[寛]さととよみ,

なきわたれども,[寛]なきわたれとも,

なほししのはゆ[寛],


[歌番号]19/4181

[題詞](不飽感霍公鳥之情述懐作歌一首[并短歌])反歌三首

[原文]左夜深而 暁月尓 影所見而 鳴霍公鳥 聞者夏借

[訓読]さ夜更けて暁月に影見えて鳴く霍公鳥聞けばなつかし

[仮名]さよふけて あかときつきに かげみえて なくほととぎす きけばなつかし

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年4月 年紀 作者:大伴家持 動物 懐旧 恋情 高岡 富山

[訓異]さよふけて[寛],

あかときつきに,[寛]あかつきつきに,

かげみえて,[寛]かけみえて,

なくほととぎす,[寛]なくほとときす,

きけばなつかし,[寛]きけはなつかし,


[歌番号]19/4182

[題詞]((不飽感霍公鳥之情述懐作歌一首[并短歌])反歌三首)

[原文]霍公鳥 雖聞不足 網取尓 獲而奈都氣奈 可礼受鳴金

[訓読]霍公鳥聞けども飽かず網捕りに捕りてなつけな離れず鳴くがね

[仮名]ほととぎす きけどもあかず あみとりに とりてなつけな かれずなくがね

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年4月 年紀 作者:大伴家持 動物 高岡 富山

[訓異]ほととぎす,[寛]ほとときす,

きけどもあかず,[寛]きけともあかぬ,

あみとりに[寛],

とりてなつけな[寛],

かれずなくがね,[寛]かれすなくかね,


[歌番号]19/4183

[題詞]((不飽感霍公鳥之情述懐作歌一首[并短歌])反歌三首)

[原文]霍公鳥 飼通良婆 今年經而 来向夏<波> 麻豆将喧乎

[訓読]霍公鳥飼ひ通せらば今年経て来向ふ夏はまづ鳴きなむを

[仮名]ほととぎす かひとほせらば ことしへて きむかふなつは まづなきなむを

[左注]なし

[校異]婆 -> 波 [元][類][文]

[事項]天平勝宝2年4月 年紀 作者:大伴家持 動物 高岡 富山

[訓異]ほととぎす,[寛]ほとときす,

かひとほせらば,[寛]かひとほせらは,

ことしへて[寛],

きむかふなつは,[寛]いまこむなつは,

まづなきなむを,[寛]まつなきなむを,


[歌番号]19/4184

[題詞]従京師贈来歌一首

[原文]山吹乃 花執持而 都礼毛奈久 可礼尓之妹乎 之努比都流可毛

[訓読]山吹の花取り持ちてつれもなく離れにし妹を偲ひつるかも

[仮名]やまぶきの はなとりもちて つれもなく かれにしいもを しのひつるかも

[左注]右四月五日従留女之女郎所送也

[校異]女之 [類] 京

[事項]天平勝宝2年4月5日 年紀 作者:留女女郎 家持妹 大伴家持 贈答 坂上大嬢 恋情 富山 高岡

[訓異]やまぶきの,[寛]やまふきの,

はなとりもちて[寛],

つれもなく[寛],

かれにしいもを[寛],

しのひつるかも[寛],


[歌番号]19/4185

[題詞]詠山振花歌一首[并短歌]

[原文]宇都世美波 戀乎繁美登 春麻氣氐 念繁波 引攀而 折毛不折毛 毎見 情奈疑牟等 繁山之 谿敝尓生流 山振乎 屋戸尓引殖而 朝露尓 仁保敝流花乎 毎見 念者不止 戀志繁母

[訓読]うつせみは 恋を繁みと 春まけて 思ひ繁けば 引き攀ぢて 折りも折らずも 見るごとに 心なぎむと 茂山の 谷辺に生ふる 山吹を 宿に引き植ゑて 朝露に にほへる花を 見るごとに 思ひはやまず 恋し繁しも

[仮名]うつせみは こひをしげみと はるまけて おもひしげけば ひきよぢて をりもをらずも みるごとに こころなぎむと しげやまの たにへにおふる やまぶきを やどにひきうゑて あさつゆに にほへるはなを みるごとに おもひはやまず こひししげしも

[左注]なし

[校異]殖 [元][類][細] 植

[事項]天平勝宝2年4月5日 年紀 作者:大伴家持 植物 恋情 高岡 富山

[訓異]うつせみは[寛],

こひをしげみと,[寛]こひをしけみと,

はるまけて[寛],

おもひしげけば,[寛]おもひしけれは,

ひきよぢて,[寛]ひきよちて,

をりもをらずも,[寛]をりもをらすも,

みるごとに,[寛]みることに,

こころなぎむと,[寛]こころなきむと,

しげやまの,[寛]しけやまの,

たにへにおふる[寛],

やまぶきを,[寛]やまふきを,

やどにひきうゑて,[寛]やとにひきうゑて,

あさつゆに[寛],

にほへるはなを[寛],

みるごとに,[寛]みることに,

おもひはやまず,[寛]おもひはやまて,

こひししげしも,[寛]こひししけしも,


[歌番号]19/4186

[題詞](詠山振花歌一首[并短歌])

[原文]山吹乎 屋戸尓殖弖波 見其等尓 念者不止 戀己曽益礼

[訓読]山吹を宿に植ゑては見るごとに思ひはやまず恋こそまされ

[仮名]やまぶきを やどにうゑては みるごとに おもひはやまず こひこそまされ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年4月5日 年紀 作者:大伴家持 植物 恋情 高岡 富山

[訓異]やまぶきを,[寛]やまふきを,

やどにうゑては,[寛]やとにうゑては,

みるごとに,[寛]みることに,

おもひはやまず,[寛]おもひはやます,

こひこそまされ[寛],


[歌番号]19/4187

[題詞]六日遊覧布勢水海作歌一首[并短歌]

[原文]念度知 大夫能 許<乃>久礼<能> 繁思乎 見明良米 情也良牟等 布勢乃海尓 小船都良奈米 真可伊可氣 伊許藝米具礼婆 乎布能浦尓 霞多奈妣伎 垂姫尓 藤浪咲而 濱浄久 白波左和伎 及々尓 戀波末佐礼杼 今日耳 飽足米夜母 如是己曽 祢年<乃>波尓 春花之 繁盛尓 秋葉能 黄色時尓 安里我欲比 見都追思努波米 此布勢能海乎

[訓読]思ふどち ますらをのこの 木の暗の 繁き思ひを 見明らめ 心遣らむと 布勢の海に 小舟つら並め ま櫂掛け い漕ぎ廻れば 乎布の浦に 霞たなびき 垂姫に 藤波咲て 浜清く 白波騒き しくしくに 恋はまされど 今日のみに 飽き足らめやも かくしこそ いや年のはに 春花の 茂き盛りに 秋の葉の もみたむ時に あり通ひ 見つつ偲はめ この布勢の海を

[仮名]おもふどち ますらをのこの このくれの しげきおもひを みあきらめ こころやらむと ふせのうみに をぶねつらなめ まかいかけ いこぎめぐれば をふのうらに かすみたなびき たるひめに ふぢなみさきて はまきよく しらなみさわき しくしくに こひはまされど けふのみに あきだらめやも かくしこそ いやとしのはに はるはなの しげきさかりに あきのはの もみたむときに ありがよひ みつつしのはめ このふせのうみを

[左注]なし

[校異]能 -> 乃 [元][類] / <> -> 能 [万葉考] / 能 -> 乃 [元][類]

[事項]天平勝宝2年4月6日 年紀 作者:大伴家持 地名 氷見 富山 遊覧 国見表現 植物 土地讃美

[訓異]おもふどち,[寛]おもふとち,

ますらをのこの[寛],

このくれの,[寛]このくれに,

しげきおもひを,[寛]しけきおもひを,

みあきらめ[寛],

こころやらむと[寛],

ふせのうみに[寛],

をぶねつらなめ,[寛]をふねつらなめ,

まかいかけ[寛],

いこぎめぐれば,[寛]いこきめくれは,

をふのうらに[寛],

かすみたなびき,[寛]かすみたなひき,

たるひめに[寛],

ふぢなみさきて,[寛]ふちなみさきて,

はまきよく[寛],

しらなみさわき[寛],

しくしくに[寛],

こひはまされど,[寛]こひはまされと,

けふのみに[寛],

あきだらめやも,[寛]あきたらめやも,

かくしこそ[寛],

いやとしのはに[寛],

はるはなの[寛],

しげきさかりに,[寛]しけきさかりに,

あきのはの[寛],

もみたむときに,[寛]もみつるときに,

ありがよひ,[寛]ありかよひ,

みつつしのはめ[寛],

このふせのうみを[寛],


[歌番号]19/4188

[題詞](六日遊覧布勢水海作歌一首[并短歌])

[原文]藤奈美能 花盛尓 如此許曽 浦己藝廻都追 年尓之努波米

[訓読]藤波の花の盛りにかくしこそ浦漕ぎ廻つつ年に偲はめ

[仮名]ふぢなみの はなのさかりに かくしこそ うらこぎみつつ としにしのはめ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年4月6日 年紀 作者:大伴家持 氷見 富山 遊覧 土地讃美 植物

[訓異]ふぢなみの,[寛]ふちなみの,

はなのさかりに[寛],

かくしこそ[寛],

うらこぎみつつ,[寛]うらこきへつつ,

としにしのはめ[寛],


[歌番号]19/4189

[題詞]贈水烏越前判官大伴宿祢池主歌一首[并短歌]

[原文]天離 夷等之在者 彼所此間毛 同許己呂曽 離家 等之乃經去者 宇都勢美波 物念之氣思 曽許由恵尓 情奈具左尓 霍公鳥 喧始音乎 橘 珠尓安倍貫 可頭良伎氐 遊波之母 麻須良乎々 等毛奈倍立而 叔羅河 奈頭左比泝 平瀬尓波 左泥刺渡 早湍尓 水烏乎潜都追 月尓日尓 之可志安蘇婆祢 波之伎和我勢故

[訓読]天離る 鄙としあれば そこここも 同じ心ぞ 家離り 年の経ゆけば うつせみは 物思ひ繁し そこゆゑに 心なぐさに 霍公鳥 鳴く初声を 橘の 玉にあへ貫き かづらきて 遊ばむはしも 大夫を 伴なへ立てて 叔羅川 なづさひ上り 平瀬には 小網さし渡し 早き瀬に 鵜を潜けつつ 月に日に しかし遊ばね 愛しき我が背子

[仮名]あまざかる ひなとしあれば そこここも おやじこころぞ いへざかり としのへゆけば うつせみは ものもひしげし そこゆゑに こころなぐさに ほととぎす なくはつこゑを たちばなの たまにあへぬき かづらきて あそばむはしも ますらをを ともなへたてて しくらがは なづさひのぼり ひらせには さでさしわたし はやきせに うをかづけつつ つきにひに しかしあそばね はしきわがせこ

[左注](右九日附使贈之)

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年4月9日 年紀 作者:大伴家持 動物 贈答 大伴池主 恋情 地名 高岡 富山 福井 武生

[訓異]あまざかる,[寛]あまさかる,

ひなとしあれば,[寛]ひなとしあれは,

そこここも[寛],

おやじこころぞ,[寛]おなしこころそ,

いへざかり,[寛]いへさかり,

としのへゆけば,[寛]としのへゆけは,

うつせみは[寛],

ものもひしげし,[寛]ものおもひしけし,

そこゆゑに[寛],

こころなぐさに,[寛]こころなくさに,

ほととぎす,[寛]ほとときす,

なくはつこゑを[寛],

たちばなの,[寛]たちはなの,

たまにあへぬき[寛],

かづらきて,[寛]かつらきて,

あそばむはしも,[寛]たはるれはしも,

ますらをを[寛],

ともなへたてて,[寛]とももなへたてて,

しくらがは,[寛]しくらかは,

なづさひのぼり,[寛]なつさひのほり,

ひらせには[寛],

さでさしわたし,[寛]さてさしわたし,

はやきせに,[寛]はやせには,

うをかづけつつ,[寛]うをしつめつつ,

つきにひに[寛],

しかしあそばね,[寛]しかしあそはね,

はしきわがせこ,[寛]はしきわかせこ,


[歌番号]19/4190

[題詞](贈水烏越前判官大伴宿祢池主歌一首[并短歌])

[原文]叔羅河 湍乎尋都追 和我勢故波 宇可波多々佐祢 情奈具左尓

[訓読]叔羅川瀬を尋ねつつ我が背子は鵜川立たさね心なぐさに

[仮名]しくらがは せをたづねつつ わがせこは うかはたたさね こころなぐさに

[左注](右九日附使贈之)

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年4月9日 年紀 作者:大伴家持 贈答 大伴池主 地名 福井 武生 高岡 富山

[訓異]しくらがは,[寛]しくらかは,

せをたづねつつ,[寛]せをたつねつつ,

わがせこは,[寛]わかせこは,

うかはたたさね[寛],

こころなぐさに,[寛]こころなくさに,


[歌番号]19/4191

[題詞](贈水烏越前判官大伴宿祢池主歌一首[并短歌])

[原文]鵜河立 取左牟安由能 之我波多波 吾等尓可伎<无>氣 念之念婆

[訓読]鵜川立ち取らさむ鮎のしがはたは我れにかき向け思ひし思はば

[仮名]うかはたち とらさむあゆの しがはたは われにかきむけ おもひしおもはば

[左注]右九日附使贈之

[校異]無 -> 无 [元][類]

[事項]天平勝宝2年4月9日 年紀 作者:大伴家持 贈答 大伴池主 戯笑 高岡 富山

[訓異]うかはたち[寛],

とらさむあゆの[寛],

しがはたは,[寛]しかはたは,

われにかきむけ[寛],

おもひしおもはば,[寛]おもひしおもはは,


[歌番号]19/4192

[題詞]詠霍公鳥并藤花一首[并短歌]

[原文]桃花 紅色尓 々保比多流 面輪<乃>宇知尓 青柳乃 細眉根乎 咲麻我理 朝影見都追 D嬬良我 手尓取持有 真鏡 盖上山尓 許能久礼乃 繁谿邊乎 呼等<余米> 旦飛渡 暮月夜 可蘇氣伎野邊 遥々尓 喧霍公鳥 立久久等 羽觸尓知良須 藤浪乃 花奈都可之美 引攀而 袖尓古伎礼都 染婆染等母

[訓読]桃の花 紅色に にほひたる 面輪のうちに 青柳の 細き眉根を 笑み曲がり 朝影見つつ 娘子らが 手に取り持てる まそ鏡 二上山に 木の暗の 茂き谷辺を 呼び響め 朝飛び渡り 夕月夜 かそけき野辺に はろはろに 鳴く霍公鳥 立ち潜くと 羽触れに散らす 藤波の 花なつかしみ 引き攀ぢて 袖に扱入れつ 染まば染むとも

[仮名]もものはな くれなゐいろに にほひたる おもわのうちに あをやぎの ほそきまよねを ゑみまがり あさかげみつつ をとめらが てにとりもてる まそかがみ ふたがみやまに このくれの しげきたにへを よびとよめ あさとびわたり ゆふづくよ かそけきのへに はろはろに なくほととぎす たちくくと はぶれにちらす ふぢなみの はななつかしみ ひきよぢて そでにこきれつ しまばしむとも

[左注](同九日作之)

[校異]能 -> 乃 [元][類] / 米尓 -> 余米 [代匠記精撰本]

[事項]天平勝宝2年4月9日 年紀 作者:大伴家持 高岡 富山 動物 植物

[訓異]もものはな[寛],

くれなゐいろに[寛],

にほひたる[寛],

おもわのうちに[寛],

あをやぎの,[寛]あをやきの,

ほそきまよねを,[寛]ほそきまゆねを,

ゑみまがり,[寛]ゑみまかり,

あさかげみつつ,[寛]あさかけみつつ,

をとめらが,[寛]をとめらか,

てにとりもてる,[寛]てにとりもたる,

まそかがみ,[寛]まそかかみ,

ふたがみやまに,[寛]ふたかみやまに,

このくれの[寛],

しげきたにへを,[寛]しけきたにへを,

よびとよめ,[寛]めすらめに,

あさとびわたり,[寛]あさとひわたり,

ゆふづくよ,[寛]ゆふつきよ,

かそけきのへに[寛],

はろはろに,[寛]はるはるに,

なくほととぎす,[寛]なくほとときす,

たちくくと[寛],

はぶれにちらす,[寛]はふれにちらす,

ふぢなみの,[寛]ふちなみの,

はななつかしみ[寛],

ひきよぢて,[寛]ひきよちて,

そでにこきれつ,[寛]そてにこきれつ,

しまばしむとも,[寛]そまはそむとも,


[歌番号]19/4193

[題詞](詠霍公鳥并藤花一首[并短歌])

[原文]霍公鳥 鳴羽觸尓毛 落尓家利 盛過良志 藤奈美能花 [一云 落奴倍美 袖尓古伎納都 藤浪乃花也]

[訓読]霍公鳥鳴く羽触れにも散りにけり盛り過ぐらし藤波の花 [一云 散りぬべみ袖に扱入れつ藤波の花]

[仮名]ほととぎす なくはぶれにも ちりにけり さかりすぐらし ふぢなみのはな [ちりぬべみ そでにこきれつ ふぢなみのはな]

[左注]同九日作之

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年4月9日 年紀 作者:大伴家持 動物 植物 高岡 富山 推敲

[訓異]ほととぎす,[寛]ほとときす,

なくはぶれにも,[寛]なくはふれにも,

ちりにけり[寛],

さかりすぐらし,[寛]さかりすくらし,

ふぢなみのはな,[寛]ふちなみのはな,

[ちりぬべみ,[寛]ちりぬへみ,

そでにこきれつ,[寛]そてにこきれつ,

ふぢなみのはな],[寛]ふちなみのはな,


[歌番号]19/4194

[題詞]更怨霍公鳥哢晩歌三首

[原文]霍公鳥 喧渡奴等 告礼騰毛 吾聞都我受 花波須疑都追

[訓読]霍公鳥鳴き渡りぬと告ぐれども我れ聞き継がず花は過ぎつつ

[仮名]ほととぎす なきわたりぬと つぐれども われききつがず はなはすぎつつ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年4月 年紀 作者:大伴家持 動物 恋情 怨恨 高岡 富山

[訓異]ほととぎす,[寛]ほとときす,

なきわたりぬと[寛],

つぐれども,[寛]つくれとも,

われききつがず,[寛]われききつかす,

はなはすぎつつ,[寛]はなはすきつつ,


[歌番号]19/4195

[題詞](更怨霍公鳥哢晩歌三首)

[原文]吾幾許 斯<努>波久不知尓 霍公鳥 伊頭敝能山乎 鳴可将超

[訓読]我がここだ偲はく知らに霍公鳥いづへの山を鳴きか越ゆらむ

[仮名]わがここだ しのはくしらに ほととぎす いづへのやまを なきかこゆらむ

[左注]なし

[校異]奴 -> 努 [元][類]

[事項]天平勝宝2年4月 年紀 作者:大伴家持 動物 怨恨 高岡 富山

[訓異]わがここだ,[寛]わかここた,

しのはくしらに[寛],

ほととぎす,[寛]ほとときす,

いづへのやまを,[寛]いつへのやまを,

なきかこゆらむ,[寛]なきかゆこらむ,


[歌番号]19/4196

[題詞](更怨霍公鳥哢晩歌三首)

[原文]月立之 日欲里乎伎都追 敲自努比 麻泥騰伎奈可奴 霍公鳥可母

[訓読]月立ちし日より招きつつうち偲ひ待てど来鳴かぬ霍公鳥かも

[仮名]つきたちし ひよりをきつつ うちしのひ まてどきなかぬ ほととぎすかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年4月 年紀 作者:大伴家持 動物 怨恨 高岡 富山

[訓異]つきたちし[寛],

ひよりをきつつ[寛],

うちしのひ[寛],

まてどきなかぬ,[寛]まてときなかぬ,

ほととぎすかも,[寛]ほとときすかも,


[歌番号]19/4197

[題詞]贈京人歌二首

[原文]妹尓似 草等見之欲里 吾標之 野邊之山吹 誰可手乎里之

[訓読]妹に似る草と見しより我が標し野辺の山吹誰れか手折りし

[仮名]いもににる くさとみしより わがしめし のへのやまぶき たれかたをりし

[左注](右為贈留女之女郎所誂家婦作也 [女郎者即大伴家持之妹])

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年4月 年紀 作者:大伴家持 植物 留女女郎 家持妹 坂上大嬢 代作 高岡 富山

[訓異]いもににる[寛],

くさとみしより[寛],

わがしめし,[寛]わかしめし,

のへのやまぶき,[寛]のへのやまふき,

たれかたをりし[寛],


[歌番号]19/4198

[題詞](贈京人歌二首)

[原文]都礼母奈久 可礼尓之毛能登 人者雖云 不相日麻祢美 念曽吾為流

[訓読]つれもなく離れにしものと人は言へど逢はぬ日まねみ思ひぞ我がする

[仮名]つれもなく かれにしものと ひとはいへど あはぬひまねみ おもひぞわがする

[左注]右為贈留女之女郎所誂家婦作也 [女郎者即大伴家持之妹]

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年4月 年紀 作者:大伴家持 留女女郎 家持妹 坂上大嬢 代作 恋情 悲別 高岡 富山

[訓異]つれもなく[寛],

かれにしものと[寛],

ひとはいへど,[寛]ひとはいへと,

あはぬひまねみ[寛],

おもひぞわがする,[寛]おもひそわかする,


[歌番号]19/4199

[題詞]十二日遊覧布勢水海船泊於多<I>灣望<見>藤花各述懐作歌四首

[原文]藤奈美<乃> 影成海之 底清美 之都久石乎毛 珠等曽吾見流

[訓読]藤波の影なす海の底清み沈く石をも玉とぞ我が見る

[仮名]ふぢなみの かげなすうみの そこきよみ しづくいしをも たまとぞわがみる

[左注]守大伴宿祢家持

[校異]祐 -> I [元][文][紀][温] / 月 -> 見 [西(訂正右書)][元][文][紀] / 能 -> 乃 [元][類]

[事項]天平勝宝2年4月12日 年紀 作者:大伴家持 遊覧 氷見 富山 植物 土地讃美

[訓異]ふぢなみの,[寛]ふちなみの,

かげなすうみの,[寛]かけなるうみの,

そこきよみ[寛],

しづくいしをも,[寛]しつくいしをも,

たまとぞわがみる,[寛]たまとそわかみる,


[歌番号]19/4200

[題詞](十二日遊覧布勢水海船泊於多<I>灣望<見>藤花各述懐作歌四首)

[原文]多I乃浦能 底左倍尓保布 藤奈美乎 加射之氐将去 不見人之為

[訓読]多胡の浦の底さへにほふ藤波をかざして行かむ見ぬ人のため

[仮名]たこのうらの そこさへにほふ ふぢなみを かざしてゆかむ みぬひとのため

[左注]次官内蔵忌寸縄麻呂

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年4月12日 年紀 作者:内蔵縄麻呂 遊覧 氷見 富山 植物 地名

[訓異]たこのうらの[寛],

そこさへにほふ[寛],

ふぢなみを,[寛]ふちなみを,

かざしてゆかむ,[寛]かさしてゆかむ,

みぬひとのため[寛],


[歌番号]19/4201

[題詞](十二日遊覧布勢水海船泊於多<I>灣望<見>藤花各述懐作歌四首)

[原文]伊佐左可尓 念而来之乎 多I乃浦尓 開流藤見而 一夜可經

[訓読]いささかに思ひて来しを多胡の浦に咲ける藤見て一夜経ぬべし

[仮名]いささかに おもひてこしを たこのうらに さけるふぢみて ひとよへぬべし

[左注]判官久米朝臣廣縄

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年4月12日 年紀 作者:久米広縄 地名 氷見 富山 遊覧 土地讃美

[訓異]いささかに[寛],

おもひてこしを[寛],

たこのうらに[寛],

さけるふぢみて,[寛]さけるふちみて,

ひとよへぬべし,[寛]ひとよへぬへし,


[歌番号]19/4202

[題詞](十二日遊覧布勢水海船泊於多<I>灣望<見>藤花各述懐作歌四首)

[原文]藤奈美乎 借廬尓造 灣廻為流 人等波不知尓 海部等可見良牟

[訓読]藤波を仮廬に作り浦廻する人とは知らに海人とか見らむ

[仮名]ふぢなみを かりいほにつくり うらみする ひととはしらに あまとかみらむ

[左注]久米朝臣継麻呂

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年4月12日 年紀 作者:久米継麻呂 植物 遊覧 氷見 富山

[訓異]ふぢなみを,[寛]ふちなみを,

かりいほにつくり,[寛]かりほにつくり,

うらみする,[寛]あさりする,

ひととはしらに[寛],

あまとかみらむ[寛],


[歌番号]19/4203

[題詞]恨霍公鳥不喧歌一首

[原文]家尓去而 奈尓乎将語 安之比奇能 山霍公鳥 一音毛奈家

[訓読]家に行きて何を語らむあしひきの山霍公鳥一声も鳴け

[仮名]いへにゆきて なにをかたらむ あしひきの やまほととぎす ひとこゑもなけ

[左注]判官久米朝臣廣縄

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年4月12日 年紀 作者:久米広縄 動物 枕詞 氷見 富山 牫侄げ 遊覧

[訓異]いへにゆきて[寛],

なにをかたらむ[寛],

あしひきの[寛],

やまほととぎす,[寛]やまほとときす,

ひとこゑもなけ[寛],


[歌番号]19/4204

[題詞]見攀折保寶葉歌二首

[原文]吾勢故我 捧而持流 保寶我之婆 安多可毛似加 青盖

[訓読]我が背子が捧げて持てるほほがしはあたかも似るか青き蓋

[仮名]わがせこが ささげてもてる ほほがしは あたかもにるか あをききぬがさ

[左注]講師僧恵行

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年4月12日 年紀 作者:恵行 植物 氷見 富山 遊覧

[訓異]わがせこが,[寛]わかせこか,

ささげてもてる,[寛]ささけてもたる,

ほほがしは,[寛]ほほかしは,

あたかもにるか[寛],

あをききぬがさ,[寛]あをききぬかさ,


[歌番号]19/4205

[題詞](見攀折保寶葉歌二首)

[原文]皇神祖之 遠御代三世波 射布折 酒飲等伊布曽 此保寶我之波

[訓読]皇祖の遠御代御代はい重き折り酒飲みきといふぞこのほほがしは

[仮名]すめろきの とほみよみよは いしきをり きのみきといふぞ このほほがしは

[左注]守大伴宿祢家持

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年4月12日 年紀 作者:大伴家持 植物 遊覧 氷見 富山

[訓異]すめろきの[寛],

とほみよみよは,[寛]とほきみよみよは,

いしきをり,[寛]いひきをり,

きのみきといふぞ,[寛]さけのむといふそ,

このほほがしは,[寛]このほほかしは,


[歌番号]19/4206

[題詞]還時濱上仰見月光歌一首

[原文]之夫多尓乎 指而吾行 此濱尓 月夜安伎氐牟 馬之末時停息

[訓読]渋谿をさして我が行くこの浜に月夜飽きてむ馬しまし止め

[仮名]しぶたにを さしてわがゆく このはまに つくよあきてむ うましましとめ

[左注]守大伴宿祢家持

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年4月12日 年紀 作者:大伴家持 地名 氷見 富山 道行翮 遊覧

[訓異]しぶたにを,[寛]しふたにを,

さしてわがゆく,[寛]さしてわかゆく,

このはまに[寛],

つくよあきてむ,[寛]つきよあきてむ,

うましましとめ,[寛]うましましとめよ,


[歌番号]19/4207

[題詞]廿二日贈判官久米朝臣廣縄霍公鳥怨恨歌一首[并短歌]

[原文]此間尓之氐 曽我比尓所見 和我勢故我 垣都能谿尓 安氣左礼婆 榛之狭枝尓 暮左礼婆 藤之繁美尓 遥々尓 鳴霍公鳥 吾屋戸能 殖木橘 花尓知流 時乎麻<太>之美 伎奈加奈久 曽許波不怨 之可礼杼毛 谷可多頭伎氐 家居有 君之聞都々 追氣奈久毛宇之

[訓読]ここにして そがひに見ゆる 我が背子が 垣内の谷に 明けされば 榛のさ枝に 夕されば 藤の繁みに はろはろに 鳴く霍公鳥 我が宿の 植木橘 花に散る 時をまだしみ 来鳴かなく そこは恨みず しかれども 谷片付きて 家居れる 君が聞きつつ 告げなくも憂し

[仮名]ここにして そがひにみゆる わがせこが かきつのたにに あけされば はりのさえだに ゆふされば ふぢのしげみに はろはろに なくほととぎす わがやどの うゑきたちばな はなにちる ときをまだしみ きなかなく そこはうらみず しかれども たにかたづきて いへをれる きみがききつつ つげなくもうし

[左注]なし

[校異]短歌 [西] 短哥 / 多 -> 太 [類]

[事項]天平勝宝2年4月22日 年紀 作者:大伴家持 贈答 動物 植物 久米広縄 恋情

[訓異]ここにして[寛],

そがひにみゆる,[寛]そかひにみゆる,

わがせこが,[寛]わかせこか,

かきつのたにに[寛],

あけされば,[寛]あけされは,

はりのさえだに,[寛]ならのさえたに,

ゆふされば,[寛]ゆふされは,

ふぢのしげみに,[寛]ふちのしけみに,

はろはろに,[寛]よりよりに,

なくほととぎす,[寛]なくほとときす,

わがやどの,[寛]わかやとの,

うゑきたちばな,[寛]うえきたちはな,

はなにちる[寛],

ときをまだしみ,[寛]ときをまたしみ,

きなかなく[寛],

そこはうらみず,[寛]そこはうらみす,

しかれども,[寛]しかれとも,

たにかたづきて,[寛]たにかたつきて,

いへをれる,[寛]いへゐせる,

きみがききつつ,[寛]きみかききつつ,

つげなくもうし,[寛]つけなくもうし,


[歌番号]19/4208

[題詞](廿二日贈判官久米朝臣廣縄霍公鳥怨恨歌一首[并短歌])反歌一首

[原文]吾幾許 麻氐騰来不鳴 霍公鳥 比等里聞都追 不告君可母

[訓読]我がここだ待てど来鳴かぬ霍公鳥ひとり聞きつつ告げぬ君かも

[仮名]わがここだ まてどきなかぬ ほととぎす ひとりききつつ つげぬきみかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年4月22日 年紀 作者:大伴家持 贈答 動物 久米広縄 怨恨 恋情

[訓異]わがここだ,[寛]わかここた,

まてどきなかぬ,[寛]まてときなかぬ,

ほととぎす,[寛]ほとときす,

ひとりききつつ[寛],

つげぬきみかも,[寛]つかぬきみかも,


[歌番号]19/4209

[題詞]詠霍公鳥歌一首[并短歌]

[原文]多尓知可久 伊敝波乎礼騰母 許太加久氐 佐刀波安礼騰母 保登等藝須 伊麻太伎奈加受 奈久許恵乎 伎可麻久保理登 安志多尓波 可度尓伊氐多知 由布敝尓波 多尓乎美和多之 古布礼騰毛 比等己恵太尓母 伊麻太伎己要受

[訓読]谷近く 家は居れども 木高くて 里はあれども 霍公鳥 いまだ来鳴かず 鳴く声を 聞かまく欲りと 朝には 門に出で立ち 夕には 谷を見渡し 恋ふれども 一声だにも いまだ聞こえず

[仮名]たにちかく いへはをれども こだかくて さとはあれども ほととぎす いまだきなかず なくこゑを きかまくほりと あしたには かどにいでたち ゆふへには たにをみわたし こふれども ひとこゑだにも いまだきこえず

[左注](右廿三日<掾>久米朝臣廣縄和)

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年4月23日 年紀 作者:久米広縄 和歌 大伴家持 贈答 動物

[訓異]たにちかく[寛],

いへはをれども,[寛]いへはをれとも,

こだかくて,[寛]こたかくて,

さとはあれども,[寛]さとはあれとも,

ほととぎす,[寛]ほとときす,

いまだきなかず,[寛]いまたきなかす,

なくこゑを[寛],

きかまくほりと[寛],

あしたには[寛],

かどにいでたち,[寛]かとにいてたち,

ゆふへには[寛],

たにをみわたし[寛],

こふれども,[寛]こふれとも,

ひとこゑだにも,[寛]ひとこゑたにも,

いまだきこえず,[寛]いまたきこえす,


[歌番号]19/4210

[題詞](詠霍公鳥歌一首[并短歌])

[原文]敷治奈美乃 志氣里波須疑奴 安志比紀乃 夜麻保登等藝須 奈騰可伎奈賀奴

[訓読]藤波の茂りは過ぎぬあしひきの山霍公鳥などか来鳴かぬ

[仮名]ふぢなみの しげりはすぎぬ あしひきの やまほととぎす などかきなかぬ

[左注]右廿三日<掾>久米朝臣廣縄和

[校異]様 -> 掾 [西(訂正右書)][元][文][紀]

[事項]天平勝宝2年4月23日 年紀 作者:久米広縄 贈答 和歌 大伴家持 枕詞 動物 植物

[訓異]ふぢなみの,[寛]ふちなみの,

しげりはすぎぬ,[寛]しけりはすきぬ,

あしひきの[寛],

やまほととぎす,[寛]やまほとときす,

などかきなかぬ,[寛]なとかきなかぬ,


[歌番号]19/4211

[題詞]追同處女墓歌一首[并短歌]

[原文]古尓 有家流和射乃 久須婆之伎 事跡言継 知努乎登古 宇奈比<壮>子乃 宇都勢美能 名乎競争<登> 玉剋 壽毛須底弖 相争尓 嬬問為家留 D嬬等之 聞者悲左 春花乃 尓太要盛而 秋葉之 尓保比尓照有 惜 身之壮尚 大夫之 語勞美 父母尓 啓別而 離家 海邊尓出立 朝暮尓 満来潮之 八隔浪尓 靡珠藻乃 節間毛 惜命乎 露霜之 過麻之尓家礼 奥墓乎 此間定而 後代之 聞継人毛 伊也遠尓 思努比尓勢餘等 黄楊小櫛 之賀左志家良之 生而靡有

[訓読]古に ありけるわざの くすばしき 事と言ひ継ぐ 智渟壮士 菟原壮士の うつせみの 名を争ふと たまきはる 命も捨てて 争ひに 妻問ひしける 処女らが 聞けば悲しさ 春花の にほえ栄えて 秋の葉の にほひに照れる 惜しき 身の盛りすら 大夫の 言いたはしみ 父母に 申し別れて 家離り 海辺に出で立ち 朝夕に 満ち来る潮の 八重波に 靡く玉藻の 節の間も 惜しき命を 露霜の 過ぎましにけれ 奥城を ここと定めて 後の世の 聞き継ぐ人も いや遠に 偲ひにせよと 黄楊小櫛 しか刺しけらし 生ひて靡けり

[仮名]いにしへに ありけるわざの くすばしき ことといひつぐ ちぬをとこ うなひをとこの うつせみの なをあらそふと たまきはる いのちもすてて あらそひに つまどひしける をとめらが きけばかなしさ はるはなの にほえさかえて あきのはの にほひにてれる あたらしき みのさかりすら ますらをの こといたはしみ ちちははに まをしわかれて いへざかり うみへにいでたち あさよひに みちくるしほの やへなみに なびくたまもの ふしのまも をしきいのちを つゆしもの すぎましにけれ おくつきを こことさだめて のちのよの ききつぐひとも いやとほに しのひにせよと つげをぐし しかさしけらし おひてなびけり

[左注](右五月六日依興大伴宿祢家持作之)

[校異]牡 -> 壮 [元][類][文][紀] / 等 -> 登 [元][類][文][紀]

[事項]天平勝宝2年5月6日 年紀 作者:大伴家持 追同 田辺福麻呂 高橋虫麻呂 依興 物語 兎原娘子 高岡 富山 兵庫 神戸

[訓異]いにしへに[寛],

ありけるわざの,[寛]ありけるわさの,

くすばしき,[寛]くすはしき,

ことといひつぐ,[寛]ことといひつき,

ちぬをとこ[寛],

うなひをとこの,[寛]うなひたけをの,

うつせみの[寛],

なをあらそふと[寛],

たまきはる[寛],

いのちもすてて[寛],

あらそひに,[寛]あらそふに,

つまどひしける,[寛]つまとひしける,

をとめらが,[寛]をとめらか,

きけばかなしさ,[寛]きけはかなしさ,

はるはなの[寛],

にほえさかえて[寛],

あきのはの[寛],

にほひにてれる[寛],

あたらしき,[寛]をしきみの,

みのさかりすら,[寛]みのさかりなる,

ますらをの[寛],

こといたはしみ[寛],

ちちははに[寛],

まをしわかれて,[寛]まうしわかれて,

いへざかり,[寛]いへさかり,

うみへにいでたち,[寛]へたにいてたち,

あさよひに,[寛]あさゆふに,

みちくるしほの[寛],

やへなみに[寛],

なびくたまもの,[寛]なひくたまもの,

ふしのまも,[寛]つかのまも,

をしきいのちを[寛],

つゆしもの[寛],

すぎましにけれ,[寛]すきましにける,

おくつきを[寛],

こことさだめて,[寛]ここまさためて,

のちのよの[寛],

ききつぐひとも,[寛]ききつくひとも,

いやとほに[寛],

しのひにせよと[寛],

つげをぐし,[寛]つけをくし,

しかさしけらし,[寛]しかさしならし,

おひてなびけり,[寛]おひてなひけり,


[歌番号]19/4212

[題詞](追同處女墓歌一首[并短歌])

[原文]乎等女等之 後<乃>表跡 黄楊小櫛 生更生而 靡家良思母

[訓読]娘子らが後の標と黄楊小櫛生ひ変り生ひて靡きけらしも

[仮名]をとめらが のちのしるしと つげをぐし おひかはりおひて なびきけらしも

[左注]右五月六日依興大伴宿祢家持作之

[校異]能 -> 乃 [元][類][古]

[事項]天平勝宝2年5月6日 年紀 作者:大伴家持 植物 物語 追同 田辺福麻呂 高橋虫麻呂 依興 兎原娘子 物語

[訓異]をとめらが,[寛]をとめらか,

のちのしるしと[寛],

つげをぐし,[寛]つけをくし,

おひかはりおひて[寛],

なびきけらしも,[寛]なひきけらしも,


[歌番号]19/4213

[題詞]なし

[原文]安由乎疾 奈呉<乃>浦廻尓 与須流浪 伊夜千重之伎尓 戀<度>可母

[訓読]東風をいたみ奈呉の浦廻に寄する波いや千重しきに恋ひわたるかも

[仮名]あゆをいたみ なごのうらみに よするなみ いやちへしきに こひわたるかも

[左注]右一首贈京丹比家

[校異]能 -> 乃 [元][類][古] / 渡 -> 度 [元][類]

[事項]天平勝宝2年5月 年紀 作者:大伴家持 地名 高岡 富山 序詞 望郷 贈答 丹比家

[訓異]あゆをいたみ[寛],

なごのうらみに,[寛]なこのうらわに,

よするなみ[寛],

いやちへしきに[寛],

こひわたるかも[寛],


[歌番号]19/4214

[題詞]挽歌一首[并短歌]

[原文]天地之 初時従 宇都曽美能 八十伴男者 大王尓 麻都呂布物跡 定有 官尓之在者 天皇之 命恐 夷放 國乎治等 足日木 山河阻 風雲尓 言者雖通 正不遇 日之累者 思戀 氣衝居尓 玉桙之 道来人之 傳言尓 吾尓語良久 波之伎餘之 君者比来 宇良佐備弖 嘆息伊麻須 世間之 猒家口都良家苦 開花毛 時尓宇都呂布 宇都勢美毛 <无>常阿里家利 足千根之 御母之命 何如可毛 時之波将有乎 真鏡 見礼杼母不飽 珠緒之 惜盛尓 立霧之 失去如久 置露之 消去之如 玉藻成 靡許伊臥 逝水之 留不得常 枉言哉 人之云都流 逆言乎 人之告都流 梓<弓> <弦>爪夜音之 遠音尓毛 聞者悲弥 庭多豆水 流涕 留可祢都母

[訓読]天地の 初めの時ゆ うつそみの 八十伴の男は 大君に まつろふものと 定まれる 官にしあれば 大君の 命畏み 鄙離る 国を治むと あしひきの 山川へだて 風雲に 言は通へど 直に逢はず 日の重なれば 思ひ恋ひ 息づき居るに 玉桙の 道来る人の 伝て言に 我れに語らく はしきよし 君はこのころ うらさびて 嘆かひいます 世間の 憂けく辛けく 咲く花も 時にうつろふ うつせみも 常なくありけり たらちねの 御母の命 何しかも 時しはあらむを まそ鏡 見れども飽かず 玉の緒の 惜しき盛りに 立つ霧の 失せぬるごとく 置く露の 消ぬるがごとく 玉藻なす 靡き臥い伏し 行く水の 留めかねつと たはことか 人の言ひつる およづれか 人の告げつる 梓弓 爪引く夜音の 遠音にも 聞けば悲しみ にはたづみ 流るる涙 留めかねつも

[仮名]あめつちの はじめのときゆ うつそみの やそとものをは おほきみに まつろふものと さだまれる つかさにしあれば おほきみの みことかしこみ ひなざかる くにををさむと あしひきの やまかはへだて かぜくもに ことはかよへど ただにあはず ひのかさなれば おもひこひ いきづきをるに たまほこの みちくるひとの つてことに われにかたらく はしきよし きみはこのころ うらさびて なげかひいます よのなかの うけくつらけく さくはなも ときにうつろふ うつせみも つねなくありけり たらちねの みははのみこと なにしかも ときしはあらむを まそかがみ みれどもあかず たまのをの をしきさかりに たつきりの うせぬるごとく おくつゆの けぬるがごとく たまもなす なびきこいふし ゆくみづの とどめかねつと たはことか ひとのいひつる およづれか ひとのつげつる あづさゆみ つまびくよおとの とほおとにも きけばかなしみ にはたづみ ながるるなみた とどめかねつも

[左注](右大伴宿祢家持弔聟南右大臣家藤原二郎之喪慈母患也 五月廿七日)

[校異]無 -> 无 [元][類] / 弧 -> 弓弦 [西(訂正頭書)]

[事項]天平勝宝2年5月27日 年紀 作者:大伴家持 挽歌 枕詞 悲別 哀悼 藤原久須麻呂母 贈答 高岡 富山

[訓異]あめつちの[寛],

はじめのときゆ,[寛]はしめのときに,

うつそみの[寛],

やそとものをは[寛],

おほきみに[寛],

まつろふものと[寛],

さだまれる,[寛]さためたる,

つかさにしあれば,[寛]つかさにしあれは,

おほきみの,[寛]すめろきの,

みことかしこみ[寛],

ひなざかる,[寛]ひなさかる,

くにををさむと,[寛]くにをおさむと,

あしひきの[寛],

やまかはへだて,[寛]やまかはへたて,

かぜくもに,[寛]かせくもに,

ことはかよへど,[寛]ことはかよへと,

ただにあはず,[寛]たたにあはす,

ひのかさなれば,[寛]ひのかさなれは,

おもひこひ[寛],

いきづきをるに,[寛]いきつきをるに,

たまほこの[寛],

みちくるひとの,[寛]みちゆきひとの,

つてことに[寛],

われにかたらく[寛],

はしきよし[寛],

きみはこのころ[寛],

うらさびて,[寛]うらさひて,

なげかひいます,[寛]なけきそいます,

よのなかの[寛],

うけくつらけく[寛],

さくはなも[寛],

ときにうつろふ[寛],

うつせみも[寛],

つねなくありけり[寛],

たらちねの[寛],

みははのみこと,[寛]おものみことの,

なにしかも[寛],

ときしはあらむを[寛],

まそかがみ,[寛]まそかかみ,

みれどもあかず,[寛]みれともあかす,

たまのをの[寛],

をしきさかりに[寛],

たつきりの[寛],

うせぬるごとく,[寛]うせゆくことく,

おくつゆの[寛],

けぬるがごとく,[寛]きえゆくかこと,

たまもなす[寛],

なびきこいふし,[寛]なひきこいふし,

ゆくみづの,[寛]ゆくみつの,

とどめかねつと,[寛]ととめもえすと,

たはことか,[寛]まかことや,

ひとのいひつる[寛],

およづれか,[寛]さかことを,

ひとのつげつる,[寛]ひとのつけつる,

あづさゆみ,[寛]あつさゆみ,

つまびくよおとの,[寛]つまよるおとの,

とほおとにも[寛],

きけばかなしみ,[寛]きけはかなしみ,

にはたづみ,[寛]にはたつみ,

ながるるなみた,[寛]なかるるなみた,

とどめかねつも,[寛]ととめかねつも,


[歌番号]19/4215

[題詞](挽歌一首[并短歌])反歌二首

[原文]遠音毛 君之痛念跡 聞都礼婆 哭耳所泣 相念吾者

[訓読]遠音にも君が嘆くと聞きつれば哭のみし泣かゆ相思ふ我れは

[仮名]とほとにも きみがなげくと ききつれば ねのみしなかゆ あひおもふわれは

[左注](右大伴宿祢家持弔聟南右大臣家藤原二郎之喪慈母患也 五月廿七日)

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年5月27日 年紀 作者:大伴家持 挽歌 悲別 哀悼 藤原久須麻呂母 贈答 高岡 富山

[訓異]とほとにも,[寛]とほおとにも,

きみがなげくと,[寛]きみかなけくと,

ききつれば,[寛]ききつれは,

ねのみしなかゆ,[寛]ねにのみとかる,

あひおもふわれは[寛],


[歌番号]19/4216

[題詞]((挽歌一首[并短歌])反歌二首)

[原文]世間之 <无>常事者 知良牟乎 情盡莫 大夫尓之氐

[訓読]世間の常なきことは知るらむを心尽くすな大夫にして

[仮名]よのなかの つねなきことは しるらむを こころつくすな ますらをにして

[左注]右大伴宿祢家持弔聟南右大臣家藤原二郎之喪慈母患也 五月廿七日

[校異]無 -> 无 [元][類]

[事項]天平勝宝2年5月27日 年紀 作者:大伴家持 挽歌 悲別 哀悼 藤原久須麻呂母 贈答 高岡 富山

[訓異]よのなかの[寛],

つねなきことは[寛],

しるらむを[寛],

こころつくすな[寛],

ますらをにして[寛],


[歌番号]19/4217

[題詞]霖雨へ日作歌一首

[原文]宇能花乎 令腐霖雨之 始水<邇> 縁木積成 将因兒毛我母

[訓読]卯の花を腐す長雨の始水に寄る木屑なす寄らむ子もがも

[仮名]うのはなを くたすながめの みづはなに よるこつみなす よらむこもがも

[左注](右二首五月)

[校異]逝 -> 邇 [代匠記初稿本]

[事項]天平勝宝2年5月 年紀 作者:大伴家持 植物 序詞 恋情 鬱屈 高岡 富山

[訓異]うのはなを[寛],

くたすながめの,[寛]くたすなかめの,

みづはなに,[寛]みつはなに,

よるこつみなす,[寛]よるこつみなし,

よらむこもがも,[寛]よらむこもかも,


[歌番号]19/4218

[題詞]見漁夫火光歌一首

[原文]鮪衝等 海人之燭有 伊射里火之 保尓可将出 吾之下念乎

[訓読]鮪突くと海人の灯せる漁り火の秀にか出ださむ我が下思ひを

[仮名]しびつくと あまのともせる いざりひの ほにかいださむ わがしたもひを

[左注]右二首五月

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年5月 年紀 作者:大伴家持 恋情 序詞 高岡 富山

[訓異]しびつくと,[寛]しひつくと,

あまのともせる[寛],

いざりひの,[寛]いさりひの,

ほにかいださむ,[寛]ほにかいてなむ,

わがしたもひを,[寛]わかしたおもひを,


[歌番号]19/4219

[題詞]なし

[原文]吾屋戸之 芽子開尓家理 秋風之 将吹乎待者 伊等遠弥可母

[訓読]我が宿の萩咲きにけり秋風の吹かむを待たばいと遠みかも

[仮名]わがやどの はぎさきにけり あきかぜの ふかむをまたば いととほみかも

[左注]右一首六月十五日見芽子早花作之

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年6月15日 年紀 作者:大伴家持 植物 高岡 富山

[訓異]わがやどの,[寛]わかやとの,

はぎさきにけり,[寛]はきさきにけり,

あきかぜの,[寛]あきかせの,

ふかむをまたば,[寛]ふかむをまたは,

いととほみかも[寛],


[歌番号]19/4220

[題詞]従京師来贈歌一首[并短歌]

[原文]和多都民能 可味能美許等乃 美久之宜尓 多久波比於伎氐 伊都久等布 多麻尓末佐里氐 於毛敝里之 安我故尓波安礼騰 宇都世美乃 与能許等和利等 麻須良乎能 比伎能麻尓麻仁 之奈謝可流 古之地乎左之氐 波布都多能 和可礼尓之欲理 於吉都奈美 等乎牟麻欲妣伎 於保夫祢能 由久良々々々耳 於毛可宜尓 毛得奈民延都々 可久古非婆 意伊豆久安我未 氣太志安倍牟可母

[訓読]海神の 神の命の み櫛笥に 貯ひ置きて 斎くとふ 玉にまさりて 思へりし 我が子にはあれど うつせみの 世の理と 大夫の 引きのまにまに しなざかる 越道をさして 延ふ蔦の 別れにしより 沖つ波 とをむ眉引き 大船の ゆくらゆくらに 面影に もとな見えつつ かく恋ひば 老いづく我が身 けだし堪へむかも

[仮名]わたつみの かみのみことの みくしげに たくはひおきて いつくとふ たまにまさりて おもへりし あがこにはあれど うつせみの よのことわりと ますらをの ひきのまにまに しなざかる こしぢをさして はふつたの わかれにしより おきつなみ とをむまよびき おほぶねの ゆくらゆくらに おもかげに もとなみえつつ かくこひば おいづくあがみ けだしあへむかも

[左注](右二首大伴氏坂上郎女賜女子大嬢也)

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年 年紀 作者:坂上郎女 贈答 坂上大嬢 枕詞 恋情

[訓異]わたつみの[寛],

かみのみことの[寛],

みくしげに,[寛]みくしけに,

たくはひおきて[寛],

いつくとふ[寛],

たまにまさりて[寛],

おもへりし[寛],

あがこにはあれど,[寛]あかこにはあれと,

うつせみの[寛],

よのことわりと[寛],

ますらをの[寛],

ひきのまにまに[寛],

しなざかる,[寛]しなさかる,

こしぢをさして,[寛]こしちをさして,

はふつたの[寛],

わかれにしより[寛],

おきつなみ[寛],

とをむまよびき,[寛]とをむまよひき,

おほぶねの,[寛]おほふねの,

ゆくらゆくらに[寛],

おもかげに,[寛]おもかけに,

もとなみえつつ[寛],

かくこひば,[寛]かくこひは,

おいづくあがみ,[寛]おいつくあかみ,

けだしあへむかも,[寛]けたしあへむかも,


[歌番号]19/4221

[題詞](従京師来贈歌一首[并短歌])反歌一首

[原文]可久婆可里 古<非>之久志安良婆 末蘇可我美 弥奴比等吉奈久 安良麻之母能乎

[訓読]かくばかり恋しくしあらばまそ鏡見ぬ日時なくあらましものを

[仮名]かくばかり こひしくしあらば まそかがみ みぬひときなく あらましものを

[左注]右二首大伴氏坂上郎女賜女子大嬢也

[校異]悲 -> 非 [元][類][紀]

[事項]天平勝宝2年 年紀 作者:坂上郎女 贈答 坂上大嬢 枕詞 恋情

[訓異]かくばかり,[寛]かくはかり,

こひしくしあらば,[寛]こひしくしあらは,

まそかがみ,[寛]まそかかみ,

みぬひときなく[寛],

あらましものを[寛],


[歌番号]19/4222

[題詞]九月三日宴歌二首

[原文]許能之具礼 伊多久奈布里曽 和藝毛故尓 美勢牟我多米尓 母美知等里氐牟

[訓読]このしぐれいたくな降りそ我妹子に見せむがために黄葉取りてむ

[仮名]このしぐれ いたくなふりそ わぎもこに みせむがために もみちとりてむ

[左注]右一首<掾>久米朝臣廣縄作之

[校異]様 -> 掾 [西(訂正右書)][元][文][紀]

[事項]天平勝宝2年9月3日 年紀 作者:久米広縄 宴席 高岡 富山

[訓異]このしぐれ,[寛]このしくれ,

いたくなふりそ[寛],

わぎもこに,[寛]わきもこに,

みせむがために,[寛]みせむかために,

もみちとりてむ[寛],


[歌番号]19/4223

[題詞](九月三日宴歌二首)

[原文]安乎尓与之 奈良比等美牟登 和我世故我 之米家牟毛美知 都知尓於知米也毛

[訓読]あをによし奈良人見むと我が背子が標けむ黄葉地に落ちめやも

[仮名]あをによし ならひとみむと わがせこが しめけむもみち つちにおちめやも

[左注]右一首守大伴宿祢家持作之

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年9月3日 年紀 作者:大伴家持 枕詞 高岡 富山

[訓異]あをによし[寛],

ならひとみむと[寛],

わがせこが,[寛]わかせこか,

しめけむもみち[寛],

つちにおちめやも[寛],


[歌番号]19/4224

[題詞]なし

[原文]朝霧之 多奈引田為尓 鳴鴈乎 留得哉 吾屋戸能波義

[訓読]朝霧のたなびく田居に鳴く雁を留め得むかも我が宿の萩

[仮名]あさぎりの たなびくたゐに なくかりを とどめえむかも わがやどのはぎ

[左注]右一首歌者幸於芳野宮之時藤原皇后御作 但年月未審詳 十月五日河邊朝臣東人傳誦云尓

[校異]后 [西(右書)] 后宮

[事項]天平勝宝2年10月5日 年紀 作者:光明皇后 伝承 誦詠 河辺東人 吉野 動物 植物 古歌 高岡 富山

[訓異]あさぎりの,[寛]あさきりの,

たなびくたゐに,[寛]たなひくたゐに,

なくかりを[寛],

とどめえむかも,[寛]ととめえてむや,

わがやどのはぎ,[寛]わかやとのはき,


[歌番号]19/4225

[題詞]なし

[原文]足日木之 山黄葉尓 四頭久相而 将落山道乎 公之超麻久

[訓読]あしひきの山の黄葉にしづくあひて散らむ山道を君が越えまく

[仮名]あしひきの やまのもみちに しづくあひて ちらむやまぢを きみがこえまく

[左注]右一首同月十六日餞之朝集使少目秦伊美吉石竹時守大伴宿祢家持作之

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年10月16日 年紀 作者:大伴家持 枕詞 植物 餞別 旅立ち 出発 秦石竹 高岡 富山

[訓異]あしひきの[寛],

やまのもみちに[寛],

しづくあひて,[寛]しつくあひて,

ちらむやまぢを,[寛]ちらむやまちを,

きみがこえまく,[寛]きみかこえまく,


[歌番号]19/4226

[題詞]雪日作歌一首

[原文]此雪之 消遺時尓 去来歸奈 山橘之 實光毛将見

[訓読]この雪の消残る時にいざ行かな山橘の実の照るも見む

[仮名]このゆきの けのこるときに いざゆかな やまたちばなの みのてるもみむ

[左注]右一首十二月大伴宿祢家持作之

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年12月 年紀 作者:大伴家持 植物 高岡 富山

[訓異]このゆきの[寛],

けのこるときに[寛],

いざゆかな,[寛]いさゆかな,

やまたちばなの,[寛]やまたちはなの,

みのてるもみむ[寛],


[歌番号]19/4227

[題詞]なし

[原文]大殿之 此廻之 雪莫踏祢 數毛 不零雪曽 山耳尓 零之雪曽 由米縁勿 人哉莫履祢 雪者

[訓読]大殿の この廻りの 雪な踏みそね しばしばも 降らぬ雪ぞ 山のみに 降りし雪ぞ ゆめ寄るな 人やな踏みそね 雪は

[仮名]おほとのの このもとほりの ゆきなふみそね しばしばも ふらぬゆきぞ やまのみに ふりしゆきぞ ゆめよるな ひとやなふみそね ゆきは

[左注](右二首歌者三形沙弥承贈左大臣藤原北卿之語作誦之也 聞之傳者笠朝臣子君 復後傳讀者越中國<掾>久米朝臣廣縄是也)

[校異]なし

[事項]天平勝宝2年 年紀 作者:三形沙弥 藤原房前 笠子君 久米広縄 伝誦 予祝 寿歌 宮廷 高岡 富山 古歌

[訓異]おほとのの[寛],

このもとほりの[寛],

ゆきなふみそね[寛],

しばしばも,[寛]しはしはも,

ふらぬゆきぞ,[寛]ふらさるゆきそ,

やまのみに[寛],

ふりしゆきぞ,[寛]ふらししゆきそ,

ゆめよるな[寛],

ひとやなふみそね[寛],

ゆきは[寛],


[歌番号]19/4228

[題詞]反歌一首

[原文]有都々毛 御見多麻波牟曽 大殿乃 此母等保里能 雪奈布美曽祢

[訓読]ありつつも見したまはむぞ大殿のこの廻りの雪な踏みそね

[仮名]ありつつも めしたまはむぞ おほとのの このもとほりの ゆきなふみそね

[左注]右二首歌者三形沙弥承贈左大臣藤原北卿之語作誦之也 聞之傳者笠朝臣子君 復後傳讀者越中國<掾>久米朝臣廣縄是也

[校異]作 [元] 依 / 様 -> 掾 [元][文][紀]

[事項]天平勝宝2年 年紀 作者:三形沙弥 藤原房前 笠子君 久米広縄 伝誦 予祝 寿歌 宮廷 高岡 富山 古歌

[訓異]ありつつも[寛],

めしたまはむぞ,[寛]めしたまはむそ,

おほとのの[寛],

このもとほりの[寛],

ゆきなふみそね[寛],


[歌番号]19/4229

[題詞]天平勝寶三年

[原文]新 年之初者 弥年尓 雪踏平之 常如此尓毛我

[訓読]新しき年の初めはいや年に雪踏み平し常かくにもが

[仮名]あらたしき としのはじめは いやとしに ゆきふみならし つねかくにもが

[左注]右一首歌者 正月二日守舘集宴 於時零雪殊多積有四尺焉 即主人大伴宿祢家持作此歌也

[校異]我 [元] 義

[事項]天平勝宝3年1月2日 年紀 作者:大伴家持 寿歌 予祝 宴席 高岡 富山

[訓異]あらたしき[寛],

としのはじめは,[寛]としのはしめは,

いやとしに[寛],

ゆきふみならし[寛],

つねかくにもが,[寛]つねかくにもか,


[歌番号]19/4230

[題詞]なし

[原文]落雪乎 腰尓奈都美弖 参来之 印毛有香 年之初尓

[訓読]降る雪を腰になづみて参ゐて来し験もあるか年の初めに

[仮名]ふるゆきを こしになづみて まゐてこし しるしもあるか としのはじめに

[左注]右一首三日會集介内蔵忌寸縄麻呂之舘宴樂時大伴宿祢家持作之

[校異]なし

[事項]天平勝宝3年1月3日 年紀 作者:大伴家持 寿歌 予祝 宴席 内蔵縄麻呂 高岡 富山

[訓異]ふるゆきを[寛],

こしになづみて,[寛]こしになつみて,

まゐてこし,[寛]まゐりこし,

しるしもあるか[寛],

としのはじめに,[寛]としのはしめに,


[歌番号]19/4231

[題詞]于時積雪彫成重巌之起奇巧綵發草樹之花 属此<掾>久米朝臣廣縄作歌一首

[原文]奈泥之故波 秋咲物乎 君宅之 雪巌尓 左家理家流可母

[訓読]なでしこは秋咲くものを君が家の雪の巌に咲けりけるかも

[仮名]なでしこは あきさくものを きみがいへの ゆきのいはほに さけりけるかも

[左注]なし

[校異]様 -> 掾 [元][文][紀]

[事項]天平勝宝3年1月3日 年紀 作者:久米広縄 植物 宴席 見立賸 内蔵縄麻呂 高岡 富山

[訓異]なでしこは,[寛]なてしこは,

あきさくものを[寛],

きみがいへの,[寛]きみかいへの,

ゆきのいはほに,[寛]ゆきはいはほに,

さけりけるかも[寛],


[歌番号]19/4232

[題詞]遊行女婦蒲生娘子歌一首

[原文]雪嶋 巌尓殖有 奈泥之故波 千世尓開奴可 君之挿頭尓

[訓読]雪の嶋巌に植ゑたるなでしこは千代に咲かぬか君がかざしに

[仮名]ゆきのしま いはほにうゑたる なでしこは ちよにさかぬか きみがかざしに

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝3年1月3日 年紀 作者:遊行女婦蒲生 宴席 寿歌 植物 見立賸 内蔵縄麻呂 高岡 富山

[訓異]ゆきのしま,[寛]ゆきしまの,

いはほにうゑたる,[寛]いはほにおふる,

なでしこは,[寛]なてしこは,

ちよにさかぬか,[寛]ちよにさきぬか,

きみがかざしに,[寛]きみかかさしに,


[歌番号]19/4233

[題詞]于是諸人酒酣更深鶏鳴 因此主人内蔵伊美吉縄麻呂作歌一首

[原文]打羽振 鶏者鳴等母 如此許 零敷雪尓 君伊麻左米也母

[訓読]うち羽振き鶏は鳴くともかくばかり降り敷く雪に君いまさめやも

[仮名]うちはぶき とりはなくとも かくばかり ふりしくゆきに きみいまさめやも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝3年1月3日 年紀 作者:内蔵縄麻呂 動物 宴席 挨拶 引翮留姤 後朝 高岡 富山

[訓異]うちはぶき,[寛]うちはふり,

とりはなくとも[寛],

かくばかり,[寛]かくはかり,

ふりしくゆきに[寛],

きみいまさめやも[寛],


[歌番号]19/4234

[題詞]守大伴宿祢家持和歌一首

[原文]鳴鶏者 弥及鳴杼 落雪之 千重尓積許曽 吾等立可氐祢

[訓読]鳴く鶏はいやしき鳴けど降る雪の千重に積めこそ我が立ちかてね

[仮名]なくとりは いやしきなけど ふるゆきの ちへにつめこそ わがたちかてね

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝3年1月3日 年紀 作者:大伴家持 宴席 内蔵縄麻呂 高岡 富山

[訓異]なくとりは[寛],

いやしきなけど,[寛]いやしきなけと,

ふるゆきの[寛],

ちへにつめこそ,[寛]ちへにつむこそ,

わがたちかてね[寛],


[歌番号]19/4235

[題詞]太政大臣藤原家之縣犬養命婦奉天皇歌一首

[原文]天雲乎 富呂尓布美安太之 鳴神毛 今日尓益而 可之古家米也母

[訓読]天雲をほろに踏みあだし鳴る神も今日にまさりて畏けめやも

[仮名]あまくもを ほろにふみあだし なるかみも けふにまさりて かしこけめやも

[左注]右一首傳誦<掾>久米朝臣廣縄也

[校異]様 -> 掾 [元][文][紀]

[事項]天平勝宝3年1月3日 年紀 作者:縣犬養三千代 古歌 伝誦 久米広縄 聖武天皇 高岡 富山

[訓異]あまくもを[寛],

ほろにふみあだし,[寛]ほろにふみあたし,

なるかみも[寛],

けふにまさりて[寛],

かしこけめやも[寛],


[歌番号]19/4236

[題詞]悲傷死妻歌一首[并短歌] [作主未詳]

[原文]天地之 神者<无>可礼也 愛 吾妻離流 光神 鳴波多D嬬 携手 共将有等 念之尓 情違奴 将言為便 将作為便不知尓 木綿手次 肩尓取<挂> 倭<文>幣乎 手尓取持氐 勿令離等 和礼波雖祷 巻而寐之 妹之手本者 雲尓多奈妣久

[訓読]天地の 神はなかれや 愛しき 我が妻離る 光る神 鳴りはた娘子 携はり ともにあらむと 思ひしに 心違ひぬ 言はむすべ 為むすべ知らに 木綿たすき 肩に取り懸け 倭文幣を 手に取り持ちて な放けそと 我れは祈れど 枕きて寝し 妹が手本は 雲にたなびく

[仮名]あめつちの かみはなかれや うつくしき わがつまさかる ひかるかみ なりはたをとめ たづさはり ともにあらむと おもひしに こころたがひぬ いはむすべ せむすべしらに ゆふたすき かたにとりかけ しつぬさを てにとりもちて なさけそと われはいのれど まきてねし いもがたもとは くもにたなびく

[左注](右二首傳誦遊行女婦蒲生是也)

[校異]無 -> 无 [元][類] / 掛 -> 挂 [元][類][文][紀] / 父 -> 文 [元][類]

[事項]天平勝宝3年1月3日 年紀 挽歌 悲別 亡妻挽歌 伝誦 古歌 遊行女婦蒲生 宴席 高岡 富山

[訓異]あめつちの[寛],

かみはなかれや[寛],

うつくしき[寛],

わがつまさかる,[寛]わかつまはなる,

ひかるかみ[寛],

なりはたをとめ,[寛]なるはたをとめ,

たづさはり,[寛]たつさひて,

ともにあらむと[寛],

おもひしに[寛],

こころたがひぬ,[寛]こころたかひぬ,

いはむすべ,[寛]いはむすへ,

せむすべしらに,[寛]せむすへしらに,

ゆふたすき[寛],

かたにとりかけ[寛],

しつぬさを[寛],

てにとりもちて[寛],

なさけそと[寛],

われはいのれど,[寛]われはいのれと,

まきてねし[寛],

いもがたもとは,[寛]いもかたもとは,

くもにたなびく,[寛]くもにたなひく,


[歌番号]19/4237

[題詞](悲傷死妻歌一首[并短歌] [作主未詳])反歌一首

[原文]寤尓等 念氐之可毛 夢耳尓 手本巻<寐>等 見者須便奈之

[訓読]うつつにと思ひてしかも夢のみに手本巻き寝と見ればすべなし

[仮名]うつつにと おもひてしかも いめのみに たもとまきぬと みればすべなし

[左注]右二首傳誦遊行女婦蒲生是也

[校異]寤 -> 寐 [元][文][古]

[事項]天平勝宝3年1月3日 年紀 挽歌 悲別 亡妻挽歌 伝誦 古歌 遊行女婦蒲生 宴席 高岡 富山

[訓異]うつつにと,[寛]うつつにも,

おもひてしかも[寛],

いめのみに,[寛]ゆめのみに,

たもとまきぬと[寛],

みればすべなし,[寛]みれはすへなし,


[歌番号]19/4238

[題詞]二月二日會集于守舘宴作歌一首

[原文]君之徃 若久尓有婆 梅柳 誰与共可 吾縵可牟

[訓読]君が行きもし久にあらば梅柳誰れとともにか我がかづらかむ

[仮名]きみがゆき もしひさにあらば うめやなぎ たれとともにか わがかづらかむ

[左注]右判官久米朝臣廣縄以正税帳應入京師 仍守大伴宿祢家持作此歌也 但越中風土梅花柳絮三月初咲耳

[校異]なし

[事項]天平勝宝3年2月2日 年紀 作者:大伴家持 宴席 植物 餞別 旅立ち 出発 久米広縄 高岡 富山

[訓異]きみがゆき,[寛]きみかゆき,

もしひさにあらば,[寛]もしひさにあらは,

うめやなぎ,[寛]うめやなき,

たれとともにか[寛],

わがかづらかむ,[寛]わかかつらせむ,


[歌番号]19/4239

[題詞]詠霍公鳥歌一首

[原文]二上之 峯於乃繁尓 許毛<里>尓之 <彼>霍公鳥 待<騰>来奈賀受

[訓読]二上の峰の上の茂に隠りにしその霍公鳥待てど来鳴かず

[仮名]ふたがみの をのうへのしげに こもりにし そのほととぎす まてどきなかず

[左注]右四月十六日大伴宿祢家持作之

[校異]<> -> 里 [万葉集略解] / 波 -> 彼 [元] / 騰末 -> 騰 [元][類]

[事項]天平勝宝3年4月16日 年紀 作者:大伴家持 動物 怨恨 地名 高岡 富山

[訓異]ふたがみの,[寛]ふたかみの,

をのうへのしげに,[寛]をのへのししに,

こもりにし,[寛]こもにしは,

そのほととぎす,[寛]ほとときすまてと,

まてどきなかず,[寛]いまたきなかす,


[歌番号]19/4240

[題詞]春日祭神之日藤原太后御作歌一首 / 即賜入唐大使藤原朝臣清河 参議従四位下遣唐使

[原文]大船尓 真梶繁貫 此吾子乎 韓國邊遣 伊波敝神多智

[訓読]大船に真楫しじ貫きこの我子を唐国へ遣る斎へ神たち

[仮名]おほぶねに まかぢしじぬき このあこを からくにへやる いはへかみたち

[左注](右件歌者傳誦之人越中大目高安倉人種麻呂是也 但年月次者随聞之時載於此焉)

[校異]なし

[事項]天平5年 年紀 作者:光明皇后 藤原清河 遣唐使 伝誦 古歌 春日野 高安種麻呂 出発 神祭り 餞別 羈旅 天平勝宝3年 高岡 富山

[訓異]おほぶねに,[寛]おほふねに,

まかぢしじぬき,[寛]まかちししぬき,

このあこを[寛],

からくにへやる[寛],

いはへかみたち[寛],


[歌番号]19/4241

[題詞]大使藤原朝臣清河歌一首

[原文]春日野尓 伊都久三諸乃 梅花 榮而在待 還来麻泥

[訓読]春日野に斎く三諸の梅の花栄えてあり待て帰りくるまで

[仮名]かすがのに いつくみもろの うめのはな さかえてありまて かへりくるまで

[左注](右件歌者傳誦之人越中大目高安倉人種麻呂是也 但年月次者随聞之時載於此焉)

[校異]なし

[事項]天平5年 年紀 作者:藤原清河 遣唐使 餞別 出発 神祭り 羈旅 春日野 伝誦 高安種麻呂 天平勝宝3年 高岡 富山

[訓異]かすがのに,[寛]かすかのに,

いつくみもろの[寛],

うめのはな[寛],

さかえてありまて,[寛]さきてありまて,

かへりくるまで,[寛]かへりくるまて,


[歌番号]19/4242

[題詞]大納言藤原家餞之入唐使等宴日歌一首 [即主人卿作之]

[原文]天雲乃 去還奈牟 毛能由恵尓 念曽吾為流 別悲美

[訓読]天雲の行き帰りなむものゆゑに思ひぞ我がする別れ悲しみ

[仮名]あまくもの ゆきかへりなむ ものゆゑに おもひぞわがする わかれかなしみ

[左注](右件歌者傳誦之人越中大目高安倉人種麻呂是也 但年月次者随聞之時載於此焉)

[校異]なし

[事項]天平5年 年紀 作者:藤原仲麻呂 宴席 餞別 出発 羈旅 遣唐使 悲別 伝誦 高安種麻呂 高岡 富山 天平勝宝3年

[訓異]あまくもの[寛],

ゆきかへりなむ[寛],

ものゆゑに[寛],

おもひぞわがする,[寛]おもひそわかする,

わかれかなしみ[寛],


[歌番号]19/4243

[題詞]民部少輔多治<比>真人土作歌一首

[原文]住吉尓 伊都久祝之 神言等 行得毛来等毛 舶波早家<无>

[訓読]住吉に斎く祝が神言と行くとも来とも船は早けむ

[仮名]すみのえに いつくはふりが かむごとと ゆくともくとも ふねははやけむ

[左注](右件歌者傳誦之人越中大目高安倉人種麻呂是也 但年月次者随聞之時載於此焉)

[校異]<> -> 比 [代匠記精撰本] / 無 -> 无 [元][類]

[事項]天平5年 年紀 作者:丹比土作 伝誦 遣唐使 高安種麻呂 餞別 宴席 高岡 富山 天平勝宝3年

[訓異]すみのえに[寛],

いつくはふりが,[寛]いつくはふりか,

かむごとと,[寛]かみことと,

ゆくともくとも[寛],

ふねははやけむ[寛],


[歌番号]19/4244

[題詞]大使藤原朝臣清河歌一首

[原文]荒玉之 年緒長 吾念有 兒等尓可戀 月近附奴

[訓読]あらたまの年の緒長く我が思へる子らに恋ふべき月近づきぬ

[仮名]あらたまの としのをながく あがもへる こらにこふべき つきちかづきぬ

[左注](右件歌者傳誦之人越中大目高安倉人種麻呂是也 但年月次者随聞之時載於此焉)

[校異]なし

[事項]天平5年 年紀 作者:藤原清河 遣唐使 餞別 宴席 出発 羈旅 枕詞 悲別 恋情 伝誦 高安種麻呂 高岡 富山 天平勝宝3年

[訓異]あらたまの[寛],

としのをながく,[寛]としのをなかく,

あがもへる,[寛]わかおもへる,

こらにこふべき,[寛]こらにこふへき,

つきちかづきぬ,[寛]つきちかつきぬ,


[歌番号]19/4245

[題詞]天平五年贈入唐使歌一首[并短歌] [作主未詳]

[原文]虚見都 山跡乃國 青<丹>与之 平城京師由 忍照 難波尓久太里 住吉乃 三津尓<舶>能利 直渡 日入國尓 所遣 和我勢能君乎 懸麻久乃 由々志恐伎 墨吉乃 吾大御神 舶乃倍尓 宇之波伎座 船騰毛尓 御立座而 佐之与良牟 礒乃埼々 許藝波底牟 泊々尓 荒風 浪尓安波世受 平久 率而可敝理麻世 毛等能國家尓

[訓読]そらみつ 大和の国 あをによし 奈良の都ゆ おしてる 難波に下り 住吉の 御津に船乗り 直渡り 日の入る国に 任けらゆる 我が背の君を かけまくの ゆゆし畏き 住吉の 我が大御神 船の舳に 領きいまし 船艫に み立たしまして さし寄らむ 礒の崎々 漕ぎ泊てむ 泊り泊りに 荒き風 波にあはせず 平けく 率て帰りませ もとの朝廷に

[仮名]そらみつ やまとのくに あをによし ならのみやこゆ おしてる なにはにくだり すみのえの みつにふなのり ただわたり ひのいるくにに まけらゆる わがせのきみを かけまくの ゆゆしかしこき すみのえの わがおほみかみ ふなのへに うしはきいまし ふなともに みたたしまして さしよらむ いそのさきざき こぎはてむ とまりとまりに あらきかぜ なみにあはせず たひらけく ゐてかへりませ もとのみかどに

[左注](右件歌者傳誦之人越中大目高安倉人種麻呂是也 但年月次者随聞之時載於此焉)

[校異]舟 -> 丹 [西(訂正)][元][文][紀] / 船 -> 舶 [元][文][紀]

[事項]天平5年 年紀 遣唐使 枕詞 地名 大阪 儀礼歌 道行翮 祈願 餞別 出発 羈旅 伝誦 高安種麻呂 天平勝宝3年

[訓異]そらみつ[寛],

やまとのくに[寛],

あをによし[寛],

ならのみやこゆ[寛],

おしてる[寛],

なにはにくだり,[寛]なにはにくたり,

すみのえの[寛],

みつにふなのり[寛],

ただわたり,[寛]たたわたり,

ひのいるくにに[寛],

まけらゆる,[寛]つかはされ,

わがせのきみを,[寛]わかせのきみを,

かけまくの[寛],

ゆゆしかしこき[寛],

すみのえの[寛],

わがおほみかみ,[寛]わかおほみかみ,

ふなのへに[寛],

うしはきいまし[寛],

ふなともに[寛],

みたたしまして,[寛]みたていまして,

さしよらむ[寛],

いそのさきざき,[寛]いそのさきさき,

こぎはてむ,[寛]こきはてむ,

とまりとまりに[寛],

あらきかぜ,[寛]あらきかせ,

なみにあはせず,[寛]なみにあはせす,

たひらけく[寛],

ゐてかへりませ[寛],

もとのみかどに,[寛]もとのみかとに,


[歌番号]19/4246

[題詞](天平五年贈入唐使歌一首[并短歌] [作主未詳])反歌一首

[原文]奥浪 邊波莫越 君之舶 許藝可敝里来而 津尓泊麻泥

[訓読]沖つ波辺波な越しそ君が船漕ぎ帰り来て津に泊つるまで

[仮名]おきつなみ へなみなこしそ きみがふね こぎかへりきて つにはつるまで

[左注](右件歌者傳誦之人越中大目高安倉人種麻呂是也 但年月次者随聞之時載於此焉)

[校異]様 -> 掾 [元][文][紀]

[事項]天平5年 年紀 遣唐使 餞別 出発 羈旅 伝誦 高安種麻呂 天平勝宝3年 高岡 富山

[訓異]おきつなみ[寛],

へなみなこしそ[寛],

きみがふね,[寛]きみかふね,

こぎかへりきて[寛],

つにはつるまで,[寛]つにはつるまて,


[歌番号]19/4247

[題詞]阿倍朝臣老人遣唐時奉母悲別歌一首

[原文]天雲能 曽伎敝能伎波美 吾念有 伎美尓将別 日近成奴

[訓読]天雲のそきへの極み我が思へる君に別れむ日近くなりぬ

[仮名]あまくもの そきへのきはみ あがもへる きみにわかれむ ひちかくなりぬ

[左注]右件歌者傳誦之人越中大目高安倉人種麻呂是也 但年月次者随聞之時載於此焉

[校異]なし

[事項]天平5年 年紀 作者:阿倍老人母 遣唐使 餞別 出発 羈旅 悲別 高安種麻呂 天平勝宝3年 伝誦 高岡 富山

[訓異]あまくもの[寛],

そきへのきはみ[寛],

あがもへる,[寛]わかおもへる,

きみにわかれむ[寛],

ひちかくなりぬ,[寛]ひはちかつきぬ,


[歌番号]19/4248

[題詞]以七月十七日遷任少納言 仍作悲別之歌贈貽朝集使<掾>久米朝臣廣縄之館二首 /既満六載之期忽値遷替之運 於是別舊之悽心中欝結 拭渧之袖何以能旱 因作悲歌二首式遺莫忘之志 其詞曰

[原文]荒玉乃 年緒長久 相見氐之 彼心引 将忘也毛

[訓読]あらたまの年の緒長く相見てしその心引き忘らえめやも

[仮名]あらたまの としのをながく あひみてし そのこころひき わすらえめやも

[左注](右八月四日贈之)

[校異]なし

[事項]天平勝宝3年8月4日 年紀 作者:大伴家持 宴席 餞別 悲別 羈旅 出発 久米広縄 高岡 富山 枕詞

[訓異]あらたまの[寛],

としのをながく,[寛]としのをなかく,

あひみてし[寛],

そのこころひき,[寛]かのこころひき,

わすらえめやも,[寛]わすられぬやも,


[歌番号]19/4249

[題詞](以七月十七日遷任少納言 仍作悲別之歌贈貽朝集使<掾>久米朝臣廣縄之館二首 /既満六載之期忽値遷替之運 於是別舊之悽心中欝結 拭渧之袖何以能旱 因作悲歌二首式遺莫忘之志 其詞曰)

[原文]伊波世野尓 秋芽子之努藝 馬並 始鷹猟太尓 不為哉将別

[訓読]石瀬野に秋萩しのぎ馬並めて初鷹猟だにせずや別れむ

[仮名]いはせのに あきはぎしのぎ うまなめて はつとがりだに せずやわかれむ

[左注]右八月四日贈之

[校異]なし

[事項]天平勝宝3年8月4日 年紀 作者:大伴家持 地名 富山 鷹狩り 宴席 餞別 悲別 出発 久米広縄 高岡 富山

[訓異]いはせのに[寛],

あきはぎしのぎ,[寛]あきはきしのき,

うまなめて,[寛]むまなめて,

はつとがりだに,[寛]はつとかりたに,

せずやわかれむ,[寛]せてやわかれむ,


[歌番号]19/4250

[題詞]便附大帳使取八月五日應入京師 因此以四日設國厨之饌於介内蔵伊美吉縄麻呂舘餞之 于時大伴宿祢家持作歌一首

[原文]之奈謝可流 越尓五箇年 住々而 立別麻久 惜初夜可<毛>

[訓読]しなざかる越に五年住み住みて立ち別れまく惜しき宵かも

[仮名]しなざかる こしにいつとせ すみすみて たちわかれまく をしきよひかも

[左注]なし

[校異]作歌 [元] 作 / 母 -> 毛 [元][類][文]

[事項]天平勝宝3年8月5日 年紀 作者:大伴家持 枕詞 餞別 悲別 宴席 内蔵縄麻呂 出発 羈旅 高岡 富山

[訓異]しなざかる,[寛]しなさかる,

こしにいつとせ[寛],

すみすみて[寛],

たちわかれまく[寛],

をしきよひかも[寛],


[歌番号]19/4251

[題詞]五日平旦上道 仍國司次官已下諸僚皆共視送 於時射水郡大領安努君廣嶋 門前之林中預設<餞饌>之宴 于<此>大帳使大伴宿祢家持和内蔵伊美吉縄麻呂捧盞之歌一首

[原文]玉桙之 道尓出立 徃吾者 公之事跡乎 負而之将去

[訓読]玉桙の道に出で立ち行く我れは君が事跡を負ひてし行かむ

[仮名]たまほこの みちにいでたち ゆくわれは きみがこととを おひてしゆかむ

[左注]なし

[校異]饌餞 -> 餞饌 [元][類] / 時 -> 此 [元][類]

[事項]天平勝宝3年8月5日 年紀 作者:大伴家持 餞別 出発 羈旅 悲別 枕詞 内蔵縄麻呂 高岡 富山

[訓異]たまほこの[寛],

みちにいでたち,[寛]みちにへいてたち,

ゆくわれは[寛],

きみがこととを,[寛]きみかこととを,

おひてしゆかむ[寛],


[歌番号]19/4252

[題詞]正税帳使掾久米朝臣廣縄事畢退任 適遇於越前國掾大伴宿祢池主之舘 仍共飲樂也 于時久米朝臣廣縄矚芽子花作歌一首

[原文]君之家尓 殖有芽子之 始花乎 折而挿頭奈 客別度知

[訓読]君が家に植ゑたる萩の初花を折りてかざさな旅別るどち

[仮名]きみがいへに うゑたるはぎの はつはなを をりてかざさな たびわかるどち

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝3年8月5日 年紀 作者:久米広縄 大伴池主 大伴家持 福井 武生 羈旅 植物 悲別

[訓異]きみがいへに,[寛]きみかいへに,

うゑたるはぎの,[寛]うゑたるはきの,

はつはなを[寛],

をりてかざさな,[寛]をりてかささな,

たびわかるどち,[寛]たひわかるとち,


[歌番号]19/4253

[題詞]大伴宿祢家持和歌一首

[原文]立而居而 待登待可祢 伊泥氐来之 君尓於是相 挿頭都流波疑

[訓読]立ちて居て待てど待ちかね出でて来し君にここに逢ひかざしつる萩

[仮名]たちてゐて まてどまちかね いでてこし きみにここにあひ かざしつるはぎ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝3年8月5日 年紀 作者:大伴家持 植物 大伴池主 久米広縄 福井 武生 羈旅 悲別 離別

[訓異]たちてゐて[寛],

まてどまちかね,[寛]まてとまちかね,

いでてこし,[寛]いててこし,

きみにここにあひ[寛],

かざしつるはぎ,[寛]かさしつるはき,


[歌番号]19/4254

[題詞]向京路上依興預作侍宴應詔歌一首[并短歌]

[原文]蜻嶋 山跡國乎 天雲尓 磐船浮 等母尓倍尓 真可伊繁貫 伊許藝都追 國看之勢志氐 安母里麻之 掃平 千代累 弥嗣継尓 所知来流 天之日継等 神奈我良 吾皇乃 天下 治賜者 物乃布能 八十友之雄乎 撫賜 等登能倍賜 食國毛 四方之人乎母 安<夫>左波受 ヌ賜者 従古昔 無利之瑞 多婢<末>祢久 申多麻比奴 手拱而 事無御代等 天地 日月等登聞仁 万世尓 記續牟曽 八隅知之 吾大皇 秋花 之我色々尓 見賜 明米多麻比 酒見附 榮流今日之 安夜尓貴左

[訓読]蜻蛉島 大和の国を 天雲に 磐舟浮べ 艫に舳に 真櫂しじ貫き い漕ぎつつ 国見しせして 天降りまし 払ひ平げ 千代重ね いや継ぎ継ぎに 知らし来る 天の日継と 神ながら 我が大君の 天の下 治めたまへば もののふの 八十伴の男を 撫でたまひ 整へたまひ 食す国も 四方の人をも あぶさはず 恵みたまへば いにしへゆ なかりし瑞 度まねく 申したまひぬ 手抱きて 事なき御代と 天地 日月とともに 万代に 記し継がむぞ やすみしし 我が大君 秋の花 しが色々に 見したまひ 明らめたまひ 酒みづき 栄ゆる今日の あやに貴さ

[仮名]あきづしま やまとのくにを あまくもに いはふねうかべ ともにへに まかいしじぬき いこぎつつ くにみしせして あもりまし はらひたひらげ ちよかさね いやつぎつぎに しらしくる あまのひつぎと かむながら わがおほきみの あめのした をさめたまへば もののふの やそとものをを なでたまひ ととのへたまひ をすくにも よものひとをも あぶさはず めぐみたまへば いにしへゆ なかりししるし たびまねく まをしたまひぬ たむだきて ことなきみよと あめつち ひつきとともに よろづよに しるしつがむぞ やすみしし わがおほきみ あきのはな しがいろいろに めしたまひ あきらめたまひ さかみづき さかゆるけふの あやにたふとさ

[左注]なし

[校異]之 [元] 乃 / 毛 [紀][細] 之 / 天 -> 夫 [万葉集略解] / 未 -> 末 [代匠記精撰本] / 等 [元] 尓

[事項]天平勝宝3年8月5日 年紀 作者:大伴家持 依興 予作 儀礼歌 応詔 宴席 枕詞 架空 羈旅 寿歌

[訓異]あきづしま,[寛]あきつしま,

やまとのくにを[寛],

あまくもに[寛],

いはふねうかべ,[寛]いはふねうけて,

ともにへに[寛],

まかいしじぬき,[寛]まかいししぬき,

いこぎつつ,[寛]いこきつつ,

くにみしせして[寛],

あもりまし[寛],

はらひたひらげ,[寛]はらひたひらけ,

ちよかさね[寛],

いやつぎつぎに,[寛]いやつきつきに,

しらしくる[寛],

あまのひつぎと,[寛]あまのひつきと,

かむながら,[寛]かみなから,

わがおほきみの,[寛]わかおほきみの,

あめのした,[寛]あまのした,

をさめたまへば,[寛]おさめたまへは,

もののふの[寛],

やそとものをを[寛],

なでたまひ,[寛]なてたまひ,

ととのへたまひ[寛],

をすくにも,[寛]をしくにの,

よものひとをも[寛],

あぶさはず,[寛]あてさはす,

めぐみたまへば,[寛]めくみたまへは,

いにしへゆ,[寛]むかしより,

なかりししるし,[寛]なかりしみつも,

たびまねく,[寛]たひまねく,

まをしたまひぬ,[寛]まうしたまひぬ,

たむだきて,[寛]こまめきて,

ことなきみよと[寛],

あめつち,[寛]あめつちの,

ひつきとともに[寛],

よろづよに,[寛]よろつよに,

しるしつがむぞ,[寛]しるしつかむそ,

やすみしし[寛],

わがおほきみ,[寛]わかおほきみは,

あきのはな,[寛]あきはなの,

しがいろいろに,[寛]しかいろいろに,

めしたまひ,[寛]みえたまひ,

あきらめたまひ[寛],

さかみづき,[寛]さかみつき,

さかゆるけふの[寛],

あやにたふとさ[寛],


[歌番号]19/4255

[題詞](向京路上依興預作侍宴應詔歌一首[并短歌])反歌一首

[原文]秋時花 種尓有等 色別尓 見之明良牟流 今日之貴左

[訓読]秋の花種にあれど色ごとに見し明らむる今日の貴さ

[仮名]あきのはな くさぐさにあれど いろごとに めしあきらむる けふのたふとさ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝3年8月5日 年紀 作者:大伴家持 依興 予作 応詔 儀礼歌 宴席 架空 植物 寿歌 羈旅

[訓異]あきのはな[寛],

くさぐさにあれど,[寛]くさくさにあれと,

いろごとに,[寛]いろことに,

めしあきらむる,[寛]みしあきらむる,

けふのたふとさ[寛],


[歌番号]19/4256

[題詞]為壽左大臣橘卿預作歌一首

[原文]古昔尓 君之三代經 仕家利 吾大主波 七世申祢

[訓読]いにしへに君が三代経て仕へけり我が大主は七代申さね

[仮名]いにしへに きみがみよへて つかへけり あがおほぬしは ななよまをさね

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝3年8月5日 年紀 作者:大伴家持 予作 橘諸兄 寿歌

[訓異]いにしへに[寛],

きみがみよへて,[寛]きみかみよへて,

つかへけり[寛],

あがおほぬしは,[寛]わかおほきみは,

ななよまをさね,[寛]ななよまうさね,


[歌番号]19/4257

[題詞]十月廿二日於左大辨紀飯麻呂朝臣家宴歌三首

[原文]手束弓 手尓取持而 朝猟尓 君者立<之>奴 多奈久良能野尓

[訓読]手束弓手に取り持ちて朝狩りに君は立たしぬ棚倉の野に

[仮名]たつかゆみ てにとりもちて あさがりに きみはたたしぬ たなくらののに

[左注]右一首治部卿船王傳誦之 久邇京都時歌 [未詳作<主>也]

[校異]去 -> 之 [元][類] / 至 -> 主 [元][文][紀]

[事項]天平勝宝3年10月22日 年紀 宴席 古歌 伝誦 船王 狩猟 大君 久邇京 天平13年

[訓異]たつかゆみ[寛],

てにとりもちて[寛],

あさがりに,[寛]あさかりに,

きみはたたしぬ,[寛]きみはたちいぬ,

たなくらののに[寛],


[歌番号]19/4258

[題詞](十月廿二日於左大辨紀飯麻呂朝臣家宴歌三首)

[原文]明日香河 々戸乎清美 後居而 戀者京 弥遠曽伎奴

[訓読]明日香川川門を清み後れ居て恋ふれば都いや遠そきぬ

[仮名]あすかがは かはとをきよみ おくれゐて こふればみやこ いやとほそきぬ

[左注]右一首左中辨中臣朝臣清麻呂傳誦 古京時歌也

[校異]なし

[事項]天平勝宝3年10月22日 年紀 地名 明日香 奈良 中臣清麻呂 伝誦 古歌 恋情 宴席


[訓異]あすかがは,[寛]あすかかは,

かはとをきよみ[寛],

おくれゐて[寛],

こふればみやこ,[寛]こふれはみやこ,

いやとほそきぬ[寛],


[歌番号]19/4259

[題詞](十月廿二日於左大辨紀飯麻呂朝臣家宴歌三首)

[原文]十月 之具礼能常可 吾世古河 屋戸乃黄葉 可落所見

[訓読]十月時雨の常か我が背子が宿の黄葉散りぬべく見ゆ

[仮名]かむなづき しぐれのつねか わがせこが やどのもみちば ちりぬべくみゆ

[左注]右一首少納言大伴宿祢家持當時矚梨黄葉作此歌也

[校異]なし

[事項]天平勝宝3年10月22日 年紀 作者:大伴家持 植物 属目 宴席

[訓異]かむなづき,[寛]かみなつき,

しぐれのつねか,[寛]しくれのつねか,

わがせこが,[寛]わかせこか,

やどのもみちば,[寛]やとのもみちは,

ちりぬべくみゆ,[寛]ちりぬへくみゆ,


[歌番号]19/4260

[題詞]壬申年之乱平定以後歌二首

[原文]皇者 神尓之座者 赤駒之 腹婆布田為乎 京師跡奈之都

[訓読]大君は神にしませば赤駒の腹這ふ田居を都と成しつ

[仮名]おほきみは かみにしませば あかごまの はらばふたゐを みやことなしつ

[左注]右一首大将軍贈右大臣大伴卿作 (右件二首天平勝寶四年二月二日聞之 即載於茲也)

[校異]なし

[事項]天平勝宝4年2月2日 年紀 作者:大伴御行 古歌 伝誦 天武朝 大君讃美

[訓異]おほきみは[寛],

かみにしませば,[寛]かみにしませは,

あかごまの,[寛]あかこまの,

はらばふたゐを,[寛]はらはふたゐを,

みやことなしつ[寛],


[歌番号]19/4261

[題詞](壬申年之乱平定以後歌二首)

[原文]大王者 神尓之座者 水鳥乃 須太久水奴麻乎 皇都常成通 [作者<未>詳]

[訓読]大君は神にしませば水鳥のすだく水沼を都と成しつ [作者<未>詳]

[仮名]おほきみは かみにしませば みづとりの すだくみぬまを みやことなしつ

[左注]右件二首天平勝寶四年二月二日聞之 即載於茲也

[校異]不 -> 未 [元][類][文]

[事項]天平勝宝4年2月2日 年紀 伝誦 古歌 天武朝 大君讃美

[訓異]おほきみは[寛],

かみにしませば,[寛]かみにしませは,

みづとりの,[寛]みつとりの,

すだくみぬまを,[寛]すたくみぬまを,

みやことなしつ[寛],


[歌番号]19/4262

[題詞]閏三月於衛門督大伴古慈悲宿祢家餞之入唐副使同胡麻呂宿祢等歌二首

[原文]韓國尓 由伎多良波之氐 可敝里許牟 麻須良多家乎尓 美伎多弖麻都流

[訓読]唐国に行き足らはして帰り来むますら健男に御酒奉る

[仮名]からくにに ゆきたらはして かへりこむ ますらたけをに みきたてまつる

[左注]右一首多治比真人鷹主壽副使大伴胡麻呂宿祢也 (右件歌傳誦大伴宿祢村上同清継等是也)

[校異]なし

[事項]天平勝宝4年閏3月 年紀 作者:丹比鷹主 遣唐使 大伴古麻呂 出発 餞別 宴席 羈旅 大伴古慈悲 伝誦 古歌 大伴村上 寿歌

[訓異]からくにに[寛],

ゆきたらはして[寛],

かへりこむ[寛],

ますらたけをに[寛],

みきたてまつる[寛],


[歌番号]19/4263

[題詞](閏三月於衛門督大伴古慈悲宿祢家餞之入唐副使同胡麻呂宿祢等歌二首)

[原文]梳毛見自 屋中毛波可自 久左麻久良 多婢由久伎美乎 伊波布等毛比氐 [作<者>未詳]

[訓読]櫛も見じ屋内も掃かじ草枕旅行く君を斎ふと思ひて

[仮名]くしもみじ やぬちもはかじ くさまくら たびゆくきみを いはふともひて [作<者>未詳]

[左注]右件歌傳誦大伴宿祢村上同清継等是也

[校異]主 -> 者 [元][類]

[事項]天平勝宝4年閏3月 年紀 古歌 伝誦 遣唐使 大伴古慈悲 大伴古麻呂 大伴村上 枕詞 出発 餞別 羈旅 悲別 神祭り 寿歌

[訓異]くしもみじ,[寛]くしもみし,

やぬちもはかじ,[寛]やなかもはかし,

くさまくら[寛],

たびゆくきみを,[寛]たひゆくきみを,

いはふともひて[寛],


[歌番号]19/4264

[題詞]勅従四位上高麗朝臣福信遣於難波賜酒肴入唐使藤原朝臣清河等御歌一首[并短歌]

[原文]虚見都 山跡乃國波 水上波 地徃如久 船上波 床座如 大神乃 鎮在國曽 四舶 々能倍奈良倍 平安 早渡来而 還事 奏日尓 相飲酒曽 <斯>豊御酒者

[訓読]そらみつ 大和の国は 水の上は 地行くごとく 船の上は 床に居るごと 大神の 斎へる国ぞ 四つの船 船の舳並べ 平けく 早渡り来て 返り言 奏さむ日に 相飲まむ酒ぞ この豊御酒は

[仮名]そらみつ やまとのくには みづのうへは つちゆくごとく ふねのうへは とこにをるごと おほかみの いはへるくにぞ よつのふね ふなのへならべ たひらけく はやわたりきて かへりこと まをさむひに あひのまむきぞ このとよみきは

[左注](右發遣 勅使并賜酒樂宴之日月未得詳審也)

[校異]船 [元] 舶 / 期 -> 斯 [元][細]

[事項]天平勝宝4年閏3月 年紀 作者:孝謙天皇 古歌 伝誦 藤原清河 遣唐使 高麗福信 餞別 出発 羈旅 枕詞

[訓異]そらみつ[寛],

やまとのくには[寛],

みづのうへは,[寛]みつのうへは,

つちゆくごとく,[寛]つちゆくことく,

ふねのうへは[寛],

とこにをるごと,[寛]とこにますこと,

おほかみの[寛],

いはへるくにぞ,[寛]しつむるくにそ,

よつのふね[寛],

ふなのへならべ,[寛]ふなのへならへ,

たひらけく[寛],

はやわたりきて[寛],

かへりこと[寛],

まをさむひに,[寛]まうさむひに,

あひのまむきぞ,[寛]あひのまむさけそ,

このとよみきは[寛],


[歌番号]19/4265

[題詞](勅従四位上高麗朝臣福信遣於難波賜酒肴入唐使藤原朝臣清河等御歌一首[并短歌])反歌一首

[原文]四舶 早還来等 白香著 朕裳裙尓 鎮而将待

[訓読]四つの船早帰り来としらか付け我が裳の裾に斎ひて待たむ

[仮名]よつのふね はやかへりこと しらかつけ わがものすそに いはひてまたむ

[左注]右發遣 勅使并賜酒樂宴之日月未得詳審也

[校異]なし

[事項]天平勝宝4年閏3月 年紀 作者:孝謙天皇 古歌 伝誦 藤原清河 遣唐使 高麗福信 餞別 出発 羈旅 寿歌 神祭り

[訓異]よつのふね[寛],

はやかへりこと[寛],

しらかつけ,[寛]しらかつき,

わがものすそに,[寛]わかものこしに,

いはひてまたむ,[寛]してつつまたむ,


[歌番号]19/4266

[題詞]為應詔儲作歌一首[并短歌]

[原文]安之比奇能 八峯能宇倍能 都我能木能 伊也継々尓 松根能 絶事奈久 青丹余志 奈良能京師尓 万代尓 國所知等 安美知之 吾大皇乃 神奈我良 於母保之賣志弖 豊宴 見為今日者 毛能乃布能 八十伴雄能 嶋山尓 安可流橘 宇受尓指 紐解放而 千年保伎 <保>吉等餘毛之 恵良々々尓 仕奉乎 見之貴者

[訓読]あしひきの 八つ峰の上の 栂の木の いや継ぎ継ぎに 松が根の 絶ゆることなく あをによし 奈良の都に 万代に 国知らさむと やすみしし 我が大君の 神ながら 思ほしめして 豊の宴 見す今日の日は もののふの 八十伴の男の 島山に 赤る橘 うずに刺し 紐解き放けて 千年寿き 寿き響もし ゑらゑらに 仕へまつるを 見るが貴さ

[仮名]あしひきの やつをのうへの つがのきの いやつぎつぎに まつがねの たゆることなく あをによし ならのみやこに よろづよに くにしらさむと やすみしし わがおほきみの かむながら おもほしめして とよのあかり めすけふのひは もののふの やそとものをの しまやまに あかるたちばな うずにさし ひもときさけて ちとせほき ほきとよもし ゑらゑらに つかへまつるを みるがたふとさ

[左注](右二首大伴宿祢家持作之)

[校異]保伎 -> 保 [元]

[事項]天平勝宝4年 年紀 作者:大伴家持 儲作 予作 応詔 儀礼歌 枕詞 地名 大君讃美 寿歌

[訓異]あしひきの[寛],

やつをのうへの[寛],

つがのきの,[寛]とかのきの,

いやつぎつぎに,[寛]いやつきつきに,

まつがねの,[寛]まつかねの,

たゆることなく[寛],

あをによし[寛],

ならのみやこに[寛],

よろづよに,[寛]よろつよに,

くにしらさむと,[寛]くにしらしむと,

やすみしし[寛],

わがおほきみの,[寛]わかおほきみの,

かむながら,[寛]かみなから,

おもほしめして[寛],

とよのあかり[寛],

めすけふのひは,[寛]みせますけふは,

もののふの[寛],

やそとものをの[寛],

しまやまに[寛],

あかるたちばな,[寛]あかるたちはな,

うずにさし,[寛]うすにさし,

ひもときさけて[寛],

ちとせほき[寛],

ほきとよもし,[寛]ほききとよもし,

ゑらゑらに[寛],

つかへまつるを[寛],

みるがたふとさ,[寛]みるかたふとさ,


[歌番号]19/4267

[題詞](為應詔儲作歌一首[并短歌])反歌一首

[原文]須賣呂伎能 御代万代尓 如是許曽 見為安伎良目<米> 立年之葉尓

[訓読]天皇の御代万代にかくしこそ見し明きらめめ立つ年の端に

[仮名]すめろきの みよよろづよに かくしこそ めしあきらめめ たつとしのはに

[左注]右二首大伴宿祢家持作之

[校異]<> -> 米 [西(右書)][類][古][紀]

[事項]天平勝宝4年 年紀 作者:大伴家持 儲作 予作 応詔 儀礼歌 大君讃美 寿歌

[訓異]すめろきの[寛],

みよよろづよに,[寛]みよよろつよに,

かくしこそ[寛],

めしあきらめめ,[寛]みせあきらめめ,

たつとしのはに[寛],


[歌番号]19/4268

[題詞]天皇太后共幸於大納言藤原家之日黄葉澤蘭一株拔取令持内侍佐々貴山君遣賜大納言藤原卿并陪従大夫等御歌一首 命婦誦曰

[原文]此里者 継而霜哉置 夏野尓 吾見之草波 毛美知多里家利

[訓読]この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見し草はもみちたりけり

[仮名]このさとは つぎてしもやおく なつののに わがみしくさは もみちたりけり

[左注]なし

[校異]太 [類] 大

[事項]天平勝宝4年 年紀 作者:孝謙天皇 佐々貴山君 誦詠 行幸 光明皇后 藤原仲麻呂 植物 贈答

[訓異]このさとは[寛],

つぎてしもやおく,[寛]つきてしもやをく,

なつののに[寛],

わがみしくさは,[寛]わかみしくさは,

もみちたりけり[寛],


[歌番号]19/4269

[題詞]十一月八日在於左大臣橘朝臣宅肆宴歌四首

[原文]余曽能未尓 見者有之乎 今日見者 年尓不忘 所念可母

[訓読]よそのみに見ればありしを今日見ては年に忘れず思ほえむかも

[仮名]よそのみに みればありしを けふみては としにわすれず おもほえむかも

[左注]右一首太上天皇御歌

[校異]なし

[事項]天平勝宝4年11月8日 年紀 作者:聖武天皇 橘諸兄 肆宴 宴席 主人讃美

[訓異]よそのみに[寛],

みればありしを,[寛]みれはありしを,

けふみては,[寛]けふみれは,

としにわすれず,[寛]としにわすれす,

おもほえむかも,[寛]おもほゆるかも,


[歌番号]19/4270

[題詞](十一月八日在於左大臣橘朝臣宅肆宴歌四首)

[原文]牟具良波布 伊也之伎屋戸母 大皇之 座牟等知者 玉之可麻思乎

[訓読]葎延ふ賎しき宿も大君の座さむと知らば玉敷かましを

[仮名]むぐらはふ いやしきやども おほきみの まさむとしらば たましかましを

[左注]右一首左大臣橘卿

[校異]なし

[事項]天平勝宝4年11月8日 年紀 作者:橘諸兄 聖武天皇 宴席 肆宴 挨拶 植物

[訓異]むぐらはふ,[寛]むくらはふ,

いやしきやども,[寛]いやしきやとも,

おほきみの[寛],

まさむとしらば,[寛]まさむとしらは,

たましかましを[寛],


[歌番号]19/4271

[題詞](十一月八日在於左大臣橘朝臣宅肆宴歌四首)

[原文]松影乃 清濱邊尓 玉敷者 君伎麻佐牟可 清濱邊尓

[訓読]松蔭の清き浜辺に玉敷かば君来まさむか清き浜辺に

[仮名]まつかげの きよきはまへに たましかば きみきまさむか きよきはまへに

[左注]右一首右大辨藤原八束朝臣

[校異]なし

[事項]天平勝宝4年11月8日 年紀 作者:藤原八束 宴席 肆宴 聖武天皇 見立賸 橘諸兄

[訓異]まつかげの,[寛]まつかけの,

きよきはまへに[寛],

たましかば,[寛]たましかは,

きみきまさむか[寛],

きよきはまへに[寛],


[歌番号]19/4272

[題詞](十一月八日在於左大臣橘朝臣宅肆宴歌四首)

[原文]天地尓 足之照而 吾大皇 之伎座婆可母 樂伎小里

[訓読]天地に足らはし照りて我が大君敷きませばかも楽しき小里

[仮名]あめつちに たらはしてりて わがおほきみ しきませばかも たのしきをさと

[左注]右一首少納言大伴宿祢家持 [未奏]

[校異]なし

[事項]天平勝宝4年11月8日 年紀 作者:大伴家持 未奏 橘諸兄 宴席 肆宴 大君讃美

[訓異]あめつちに[寛],

たらはしてりて,[寛]たらしてらして,

わがおほきみ,[寛]わかきみの,

しきませばかも,[寛]きいまさはかも,

たのしきをさと,[寛]うれしみきをり,


[歌番号]19/4273

[題詞]廿五日新甞會肆宴應詔歌六首

[原文]天地与 相左可延牟等 大宮乎 都可倍麻都礼婆 貴久宇礼之伎

[訓読]天地と相栄えむと大宮を仕へまつれば貴く嬉しき

[仮名]あめつちと あひさかえむと おほみやを つかへまつれば たふとくうれしき

[左注]右一首大納言巨勢朝臣

[校異]なし

[事項]天平勝宝4年11月25日 年紀 作者:巨勢奈弖麻呂 肆宴 宴席 応詔 大君讃美 寿歌 新嘗祭

[訓異]あめつちと[寛],

あひさかえむと[寛],

おほみやを[寛],

つかへまつれば,[寛]つかへまつれは,

たふとくうれしき,[寛]たうとくうれしき,


[歌番号]19/4274

[題詞](廿五日新甞會肆宴應詔歌六首)

[原文]天尓波母 五百都綱波布 万代尓 國所知牟等 五百都々奈波布[似古歌而未詳]

[訓読]天にはも五百つ綱延ふ万代に国知らさむと五百つ綱延ふ[似古歌而未詳]

[仮名]あめにはも いほつつなはふ よろづよに くにしらさむと いほつつなはふ

[左注]右一首式部卿石川年足朝臣

[校異]なし

[事項]天平勝宝4年11月25日 年紀 作者:石川年足 肆宴 宴席 応詔 大君讃美 寿歌 新嘗祭

[訓異]あめにはも[寛],

いほつつなはふ[寛],

よろづよに,[寛]よろつよに,

くにしらさむと,[寛]くにしらしむと,

いほつつなはふ[寛],


[歌番号]19/4275

[題詞](廿五日新甞會肆宴應詔歌六首)

[原文]天地与 久万弖尓 万代尓 都可倍麻都良牟 黒酒白酒乎

[訓読]天地と久しきまでに万代に仕へまつらむ黒酒白酒を

[仮名]あめつちと ひさしきまでに よろづよに つかへまつらむ くろきしろきを

[左注]右一首従三位文屋<智><努>真人

[校異]知 -> 智 [元][文][紀][細] / 奴麿 -> 努 [元][古]

[事項]天平勝宝4年11月25日 年紀 作者:文屋真人 肆宴 宴席 応詔 大君讃美 寿歌 新嘗祭

[訓異]あめつちと[寛],

ひさしきまでに,[寛]ひさしきまてに,

よろづよに,[寛]よろつよに,

つかへまつらむ[寛],

くろきしろきを[寛],


[歌番号]19/4276

[題詞](廿五日新甞會肆宴應詔歌六首)

[原文]嶋山尓 照在橘 宇受尓左之 仕奉者 卿大夫等

[訓読]島山に照れる橘うずに刺し仕へまつるは卿大夫たち

[仮名]しまやまに てれるたちばな うずにさし つかへまつるは まへつきみたち

[左注]右一首右大辨藤原八束朝臣

[校異]なし

[事項]天平勝宝4年11月25日 年紀 作者:藤原八束 肆宴 宴席 応詔 大君讃美 寿歌 新嘗祭 植物

[訓異]しまやまに[寛],

てれるたちばな,[寛]てれるたちはな,

うずにさし,[寛]うすにさし,

つかへまつるは[寛],

まへつきみたち,[寛]まうちきみたち,


[歌番号]19/4277

[題詞](廿五日新甞會肆宴應詔歌六首)

[原文]袖垂而 伊射吾苑尓 鴬乃 木傳令落 梅花見尓

[訓読]袖垂れていざ我が園に鴬の木伝ひ散らす梅の花見に

[仮名]そでたれて いざわがそのに うぐひすの こづたひちらす うめのはなみに

[左注]右一首大和國守藤原永<手>朝臣

[校異]平 -> 手 [西(訂正右書)][元][文][紀]

[事項]天平勝宝4年11月25日 年紀 作者:藤原永手 肆宴 宴席 応詔 大君讃美 寿歌 新嘗祭 動物 植物

[訓異]そでたれて,[寛]そてたれて,

いざわがそのに,[寛]いさわかそのに,

うぐひすの,[寛]うくひすの,

こづたひちらす,[寛]こつたひちらす,

うめのはなみに[寛],


[歌番号]19/4278

[題詞](廿五日新甞會肆宴應詔歌六首)

[原文]足日木乃 夜麻之多日影 可豆良家流 宇倍尓也左良尓 梅乎之<努>波牟

[訓読]あしひきの山下ひかげかづらける上にやさらに梅をしのはむ

[仮名]あしひきの やましたひかげ かづらける うへにやさらに うめをしのはむ

[左注]右一首少納言大伴宿祢家持

[校異]奴 -> 努 [元][類]

[事項]天平勝宝4年11月25日 年紀 作者:大伴家持 肆宴 宴席 応詔 大君讃美 寿歌 新嘗祭 植物

[訓異]あしひきの[寛],

やましたひかげ,[寛]やましたひかけ,

かづらける,[寛]かつらける,

うへにやさらに[寛],

うめをしのはむ[寛],


[歌番号]19/4279

[題詞]廿七日林王宅餞之但馬按察使橘奈良麻呂朝臣宴歌三首

[原文]能登河乃 後者相牟 之麻之久母 別等伊倍婆 可奈之久母在香

[訓読]能登川の後には逢はむしましくも別るといへば悲しくもあるか

[仮名]のとがはの のちにはあはむ しましくも わかるといへば かなしくもあるか

[左注]右一首治部卿船王

[校異]なし

[事項]天平勝宝4年11月27日 年紀 作者:船王 宴席 橘奈良麻呂 餞別 悲別 出発 羈旅 序詞 地名 奈良

[訓異]のとがはの,[寛]のとかはの,

のちにはあはむ[寛],

しましくも[寛],

わかるといへば,[寛]わかれといへは,

かなしくもあるか[寛],


[歌番号]19/4280

[題詞](廿七日林王宅餞之但馬按察使橘奈良麻呂朝臣宴歌三首)

[原文]立別 君我伊麻左婆 之奇嶋能 人者和礼自久 伊波比弖麻多牟

[訓読]立ち別れ君がいまさば磯城島の人は我れじく斎ひて待たむ

[仮名]たちわかれ きみがいまさば しきしまの ひとはわれじく いはひてまたむ

[左注]右一首右京少進大伴宿祢黒麻呂

[校異]なし

[事項]天平勝宝4年11月27日 年紀 作者:大伴黒麻呂 宴席 橘奈良麻呂 餞別 悲別 出発 羈旅 寿歌

[訓異]たちわかれ[寛],

きみがいまさば,[寛]きみかいまさは,

しきしまの[寛],

ひとはわれじく,[寛]ひとはわれしく,

いはひてまたむ[寛],


[歌番号]19/4281

[題詞](廿七日林王宅餞之但馬按察使橘奈良麻呂朝臣宴歌三首)

[原文]白雪能 布里之久山乎 越由加牟 君乎曽母等奈 伊吉能乎尓念,伊伎能乎尓須流

[訓読]白雪の降り敷く山を越え行かむ君をぞもとな息の緒に思ふ,息の緒にする

[仮名]しらゆきの ふりしくやまを こえゆかむ きみをぞもとな いきのをにおもふ いきのをにする

[左注]左大臣換尾云 伊伎能乎尓須流 然猶喩曰 如前誦之也 / 右一首少納言大伴宿祢家持

[校異]なし

[事項]天平勝宝4年11月27日 年紀 作者:大伴家持 宴席 橘奈良麻呂 餞別 悲別 出発 羈旅 橘諸兄 推敲 添削

[訓異]しらゆきの[寛],

ふりしくやまを[寛],

こえゆかむ[寛],

きみをぞもとな,[寛]きみをそもとな,

いきのをにおもふ[寛],

いきのをにする[寛],


[歌番号]19/4282

[題詞]五年正月四日於治部少輔石上朝臣宅嗣家宴歌三首

[原文]辞繁 不相問尓 梅花 雪尓之乎礼氐 宇都呂波牟可母

[訓読]言繁み相問はなくに梅の花雪にしをれてうつろはむかも

[仮名]ことしげみ あひとはなくに うめのはな ゆきにしをれて うつろはむかも

[左注]右一首主人石上朝臣宅嗣

[校異]なし

[事項]天平勝宝5年1月4日 年紀 作者:石上宅嗣 宴席 植物 見立賸 恋愛 譬喩

[訓異]ことしげみ,[寛]ことしけし,

あひとはなくに,[寛]あひとはさるに,

うめのはな[寛],

ゆきにしをれて[寛],

うつろはむかも[寛],


[歌番号]19/4283

[題詞](五年正月四日於治部少輔石上朝臣宅嗣家宴歌三首)

[原文]梅花 開有之中尓 布敷賣流波 戀哉許母礼留 雪乎待等可

[訓読]梅の花咲けるが中にふふめるは恋か隠れる雪を待つとか

[仮名]うめのはな さけるがなかに ふふめるは こひかこもれる ゆきをまつとか

[左注]右一首中務大輔茨田王

[校異]なし

[事項]天平勝宝5年1月4日 年紀 作者:茨田王 宴席 植物 恋愛 見立賸 譬喩 石上宅嗣

[訓異]うめのはな[寛],

さけるがなかに,[寛]さけるかなかに,

ふふめるは[寛],

こひかこもれる,[寛]こひやこもれる,

ゆきをまつとか[寛],


[歌番号]19/4284

[題詞](五年正月四日於治部少輔石上朝臣宅嗣家宴歌三首)

[原文]新 年始尓 思共 伊牟礼氐乎礼婆 宇礼之久母安流可

[訓読]新しき年の初めに思ふどちい群れて居れば嬉しくもあるか

[仮名]あらたしき としのはじめに おもふどち いむれてをれば うれしくもあるか

[左注]右一首大膳大夫道祖王

[校異]なし

[事項]天平勝宝5年1月4日 年紀 作者:道祖王 宴席 石上宅嗣

[訓異]あらたしき[寛],

としのはじめに,[寛]としのはしめに,

おもふどち,[寛]おもふとち,

いむれてをれば,[寛]いむれてをれは,

うれしくもあるか[寛],


[歌番号]19/4285

[題詞]十一日大雪落積尺有二寸 因述拙懐<歌>三首

[原文]大宮能 内尓毛外尓母 米都良之久 布礼留大雪 莫踏祢乎之

[訓読]大宮の内にも外にもめづらしく降れる大雪な踏みそね惜し

[仮名]おほみやの うちにもとにも めづらしく ふれるおほゆき なふみそねをし

[左注]なし

[校異]<> -> 歌 [元][細]

[事項]天平勝宝5年1月11日 年紀 作者:大伴家持 宮廷 寿歌

[訓異]おほみやの[寛],

うちにもとにも,[寛]うちにもともも,

めづらしく,[寛]めつらしく,

ふれるおほゆき[寛],

なふみそねをし[寛],


[歌番号]19/4286

[題詞](十一日大雪落積尺有二寸 因述拙懐<歌>三首)

[原文]御苑布能 竹林尓 鴬波 之波奈吉尓之乎 雪波布利都々

[訓読]御園生の竹の林に鴬はしば鳴きにしを雪は降りつつ

[仮名]みそのふの たけのはやしに うぐひすは しばなきにしを ゆきはふりつつ

[左注]なし

[校異]波 [元] 伎

[事項]天平勝宝5年1月11日 年紀 作者:大伴家持 動物 叙景

[訓異]みそのふの[寛],

たけのはやしに[寛],

うぐひすは,[寛]うくひすは,

しばなきにしを,[寛]しはなきにしを,

ゆきはふりつつ[寛],


[歌番号]19/4287

[題詞](十一日大雪落積尺有二寸 因述拙懐<歌>三首)

[原文]鴬能 鳴之可伎都尓 <々>保敝理之 梅此雪尓 宇都呂布良牟可

[訓読]鴬の鳴きし垣内ににほへりし梅この雪にうつろふらむか

[仮名]うぐひすの なきしかきつに にほへりし うめこのゆきに うつろふらむか

[左注]なし

[校異]尓 -> 々 [元][類][紀]

[事項]天平勝宝5年1月11日 年紀 作者:大伴家持 動物 植物

[訓異]うぐひすの,[寛]うくひすの,

なきしかきつに[寛],

にほへりし[寛],

うめこのゆきに[寛],

うつろふらむか[寛],


[歌番号]19/4288

[題詞]十二日侍於内裏聞千鳥喧作歌一首

[原文]河渚尓母 雪波布礼々之 <宮>裏 智杼利鳴良之 為牟等己呂奈美

[訓読]川洲にも雪は降れれし宮の内に千鳥鳴くらし居む所なみ

[仮名]かはすにも ゆきはふれれし みやのうちに ちどりなくらし ゐむところなみ

[左注]なし

[校異]宮乃 -> 宮 [元][類]

[事項]天平勝宝5年1月12日 年紀 作者:大伴家持 宮廷 動物

[訓異]かはすにも[寛],

ゆきはふれれし[寛],

みやのうちに[寛],

ちどりなくらし,[寛]ちとりなくらし,

ゐむところなみ,[寛]すむところなみ,


[歌番号]19/4289

[題詞]二月十九日於左大臣橘家宴見攀折柳條歌一首

[原文]青柳乃 保都枝与治等理 可豆良久波 君之屋戸尓之 千年保久等曽

[訓読]青柳の上枝攀ぢ取りかづらくは君が宿にし千年寿くとぞ

[仮名]あをやぎの ほつえよぢとり かづらくは きみがやどにし ちとせほくとぞ

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝5年2月19日 年紀 作者:大伴家持 宴席 橘諸兄 植物 寿歌

[訓異]あをやぎの,[寛]あをやきの,

ほつえよぢとり,[寛]ほつえよちとり,

かづらくは,[寛]かつらくは,

きみがやどにし,[寛]きみかやとにし,

ちとせほくとぞ,[寛]ちとせほくとそ,


[歌番号]19/4290

[題詞]廿三日依興作歌二首

[原文]春野尓 霞多奈i伎 宇良悲 許能暮影尓 鴬奈久母

[訓読]春の野に霞たなびきうら悲しこの夕影に鴬鳴くも

[仮名]はるののに かすみたなびき うらがなし このゆふかげに うぐひすなくも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝5年2月23日 年紀 作者:大伴家持 動物 春愁 叙景 依興 悲嘆

[訓異]はるののに[寛],

かすみたなびき,[寛]かすみたなひき,

うらがなし,[寛]うらかなし,

このゆふかげに,[寛]このゆふかけに,

うぐひすなくも,[寛]うくひすなくも,


[歌番号]19/4291

[題詞](廿三日依興作歌二首)

[原文]和我屋度能 伊佐左村竹 布久風能 於等能可蘇氣伎 許能由布敝可母

[訓読]我が宿のい笹群竹吹く風の音のかそけきこの夕かも

[仮名]わがやどの いささむらたけ ふくかぜの おとのかそけき このゆふへかも

[左注]なし

[校異]なし

[事項]天平勝宝5年2月23日 年紀 作者:大伴家持 依興 植物

[訓異]わがやどの,[寛]わかやとの,

いささむらたけ[寛],

ふくかぜの,[寛]ふくかせの,

おとのかそけき[寛],

このゆふへかも[寛],


[歌番号]19/4292

[題詞]廿五日作歌一首

[原文]宇良々々尓 照流春日尓 比婆理安我里 情悲毛 比<登>里志於母倍婆

[訓読]うらうらに照れる春日にひばり上がり心悲しも独し思へば

[仮名]うらうらに てれるはるひに ひばりあがり こころかなしも ひとりしおもへば

[左注]春日遅々鶬鶊正啼 悽惆之意非歌難撥耳 仍作此歌式展締緒 但此巻中不稱 作者名字徒録年月所處縁起者 皆大伴宿祢家持裁作歌詞也

[校異]等 -> 登 [元][類][文][紀]

[事項]天平勝宝5年2月25日 年紀 作者:大伴家持 悲嘆 春愁 動物 孤独

[訓異]うらうらに[寛],

てれるはるひに[寛],

ひばりあがり,[寛]ひはりあかり,

こころかなしも[寛],

ひとりしおもへば,[寛]ひとりしおもへは,