プトレマイオスによって記述された古代インド


前書き編集

プトレマイオスの「地理学論」は、その続編である天文学の有名な著作と同様に、出版から近代の夜明けまでの約100年間、この著作が扱う主題に関する世界の意見を支配する運命にあった。 この論文は、地理学というよりもむしろ地図製作のために書かれたに違いない。著者の目的は、地表を描写することよりも、地図を構成するための原則を打ち立て、適切な位置に地図を作成するために場所の緯度と経度を決定することであった。しかし、天文観測が不完全であったために、地表の距離の測定と組み合わせて、地表の位置を決定したのであるが、ごく少数の例外を除いて、すべて不正確であった。もちろん、近代の発見がその重大で多様な誤りを明るみに出すと同時に、この著作はかつての権威の多くを失った。しかし、プトレマイオス時代の地理学の多くの点を解明するために、折に触れて出版されてきた多くの学術的な論考から判断すれば、このことが原因で、古文書としての高い関心と価値が失われることはなかったのである。この表には、古典的な文献のどこにも出てこないような名前が驚くほどたくさん書かれており、これはおそらく、インドを訪れた旅行者や商人の報告からではなく、インドの資料から直接入手したものであろう。これらの名前に目を通すと、意図されたはずの先住民の名前と最もかけ離れた類似性を持つものがいかに少ないかに気づかざるを得ない。しかし、哲学者たちは、プトレマイオスによって大きく損なわれた名前の原型を隠す偽装を突き止めるために粘り強く努力し、多くの満足のいく同定を確立し、また確率的に有利と思われる他の同定を行うことに成功した。前書き V 本書の主な目的は、この調査部門において現在までに達成された成果を簡潔に示すことである。例えば、まだ自国語に翻訳されていない外国の出版物や、国内外の東洋文学に関心を持つ様々な学会のジャーナルや論文など、容易に入手できない様々な情報源から編集されたものである。したがって、私はあえて、準備に多くの時間と労力を要した私の著作が、一般文学への有益な貢献として、また研究者の参考資料として、認識され受け入れられることを希望するものである。私は今、この題材を扱うにあたって辿った方法を示し、私が主に依拠した権威を明示することに進む。この章では、プトレマイオスの地理学の問題を扱う際の一般的な手順を示すと同時に、ガンジス川の向こう側と内側のインド沿岸の配置に関する彼の見解を伝えている。その主な目的は、第一に、プトレマイオスのインド表で名付けられた各場所がどのように特定されたかを、確認された限りにおいて示すこと、第二に、各名の由来または語源を、可能な限り追跡すること、第三に、言及した重要地点の古代史における最も顕著な事実を非常に簡潔に指摘すること、である。私は原則として、情報の出典を引用してきたが、ここではヴィヴィアン・ド・サン=マルタン女史とユール大佐の見解をおおむね採用したことを述べておきたい。これらの著者は、プトレマイオス時代のインド地理学の大部分を調査し、その結論はほとんど一致している。また、"Saint-Martin "の著作には、次のようなものがある:mude sur la Geographie Grecque et Latine de Vlnde, et eii jparticulier sur Vlnde de Ftolemee^ dans s rapports avec la Geographie Sanshrite j Memoire Analytique sur la Carte de VAsie Centralral et de Vlnde ; ettiide sur la Geographie et les popula-titives du Nord-Ouest de Vlnde. d'apres les hymnes vediq_ues. このように、ユール大佐は、主に参照した地図の注で、また、マルコ・ポーロ版の注や、彼の筆による他の著作でも、時折その見解を示している。私のノートには、膨大な博識のあるラッセン教授のIndisclie Alter tlimmlcundeが頻繁に参照されていることがわかる。残念ながら、プトレマイオスのインドを全面的に検証した部分は、彼の著作の中で最も満足度の低い部分である。彼の同定システムは誤った原理に基づいており、その結果導かれた結論の多くは、受け入れることができないものである。とはいえ、ユール氏が言うように、彼の著作は「インドの古代グログラフを研究するための貴重な資料の宝庫」である。インドの特定地域のプトレマイオス朝地理を解明するために、私は次のような著作を大いに参考にした-ウィルソンの『アリアナJntiqtm』、カニンガム将軍の『古代インドの地理』第1巻。(コールドウェル司教の『ブラビダ文法入門』は、半島南部の地名を特定する上で貴重な書物です。J. M. J. M. Campbellが編集した『ボンベイ・ガゼット』、『Asiatic Researches』、『Journal of the Boyal Asiatic Society and of the kindred Societies in India』、『Journal of the Boyal Geographical Society』、Smith's Dictionary of Cla^si^ cal Geographyにおけるインドとインドの地に関する記事、Viii PreMCBi Vauxによるほとんどすべての記事、『The Junior』。インド古文書』の記事,Ersch と Gruber の百科事典の Ben* fej*s Indien,the Abbe Halma's Traits de Geo*^ graphie de Claude PtoUmee, Paris, 1828; Bunbury の History of Ancient Geography における Marinus と Ptolemy の地理体系の章, Prianlx の Indian Travels of ApoU lonius of Tyana^ など.また,"Sir H. Rawlinson "の中央アジアに関する論文は,様々な出版物に掲載されています。しかし、残念ながら、インドの地理を含む章を含めるまでには至っていない。この機会に、Indian Antiquaryの故編集者であるバージェス博士の入念な校正と、貴重な提案に謝意を表したい。私は、この著作の範囲を当初考えていた範囲より広げることが望ましいと考え、中国、中央アジア、およびインドに隣接するすべての地方が記述されている地理学の章をこの著作に含めました。読者はこのようにして、アジア全体のプトレマイオス地理学に接することになる。ただし、近縁性と交流の頻度から西洋の国々によく知られていた国々だけは例外である。短い付録には、いくつかの追加的な注釈が記載されています。本書は、インドに関連する古典作家の著作の注釈付き翻訳シリーズの第4巻をなすものである。ストラボの『インド地理学』、アリアンとグルチウスによるマケドニア人のインド侵略に関する記述を含むもう1巻でシリーズが完結する予定である。3, Abbotsford Pabk, Edinburgh, Juncy 1885.