ハインリッヒ・ハイネの思い出


ハインリッヒ・ハイネにおける回想録。ハインリッヒ・ハイネは、私をヘーゲル哲学の鼓手と呼んだ。したがって私は、昔からの回想録の第四巻に哲学の黎明を打ち込まなければならないと考えていた。私は、『年鑑』の最初のころに容赦なく批判して、ハイネが長い間我慢してくれたので、その報いは十分に受けているのである。そう、1843年にパリに来たとき、彼の優しさに驚いたのだ。ある晩、パレ・ロワイヤルで、ユダヤ人の若い友人と噴水に沿って歩いていた時のことである。「ヘンリーがロタンダに座っている。」

"老狐の私 "だ!それは、彼の人間らしさだ!"

"批判しても恨まれないと思うなよ"

"彼は何と言った?"

"ちゃんとはりつけになれば、ちゃんと起き上がれる "と言っていました。

"さて、行ってみようか"

ハイネは小柄で、やや太った男性で、独創的で、親しみやすい外見をしていた。小さな絹糸のような目で、疑われないように、まるで待ち伏せしているように。一人はすぐに親しみを覚えた。

"ドイツの様子はどうですか?刑務所はすぐに満杯になるのでしょうか?政府を助けるために、みんな自分の部屋を牢屋にしたいらしい」と切り出した。

私は、「あなたのメッセージは、当分の間、プロイセンだけのものでしょう」と答えました。

"いやいや、それどころか、プロイセン人はすでに国家捕虜に慣れている。しかし、他の者は今、それを狙っているのだ"

「ほら、プロイセンの間諜がいるじゃないか」と、若いユダヤ人が口を挟んだ。

"プロイセンの間諜はいない "と私は口を挟んだ。"プロイセンは金を払わない "とね。

ハイネは「無給の者は最悪だ。先に何かを手に入れようとする」と答えた。

そして、旧知の間柄のように会話が続き、実際、しばらくすると私的なことまで話すようになり、ハイネは、パリではいつでもお金が使える、たとえベフールで食事をするためだけでも、きちんと食事をするために、誰もが自分自身に負っているのだ、と言ったのです。今すぐ200フランが必要なのだ。

第三のユダヤ人は、我々の社会には属さず、それどころか新聞文学の偏愛者のようなものとされ、当然そのように見なされていたが、我々が庭を歩くとき、いつも大した距離もなく一緒に上下に揺れ動いていたのだ。200フランの話を聞くやいなや、ハイネに飛びついて、「貸してくれ」と叫んだ。

ハイネはショックを受けたように一歩下がり、しばらく彼を見つめた後、こう答えました。

私たちは大笑いした。ハイネは「200フランのマイナスでベフールでの食事ができなくなることはないだろう。ほら、ガラス戸が開きましたよ、入ってみましょう。エレウシスの秘儀はここにある。」と言った。

「不確かな者」はあえてついてこず、貴族は一人で食べていた。食事はとても美味しく、ハイネは「膝をついて食べるにふさわしい」と言い、食べ終わると「これで気分がよくなった!」と叫んだ。

「私の枕詞である年鑑がなくなった今、ドイツでは何がその代わりとなるのだろうか?」とテーブル越しに聞いてみた。

私は、シュベーグラーというシュヴァーベン人が、私たちが取り壊したものをすべて復元するために、現在の年鑑を出版したいと言っていることを伝えた。

"それは私も"ということで、期待していた。しかし、現在の年鑑は?手に取った時点ですでにマクラになっている。"

夕食後、読書棚に行った。ハイネは、ある書評で最新のドイツ文学に関するエッセイを目にした。私が「読むに値しない」と言うと、「どこが抜けているか見たかっただけだ!」と言いながら片付けてしまった。

新聞を読んでいると、大きな音で咳払いばかりしている老紳士がうっとうしくなってきた。ハイネは "ヒュッシュ!ヒュッシュ!"と呼んだ。これを憤慨した喉自慢は、近づいてみて、自分の気分を害したことがわかった。ああ!c'était vous, Monsieur!」ハイネは申し訳なさそうに「なんだって!犬ではないって言ったのに!」と言った。(老紳士はお辞儀をして、その説明に納得した。)

ハイネは、バイエルンのルイ王に対する詩をいくつか発表している。そのため、私たちは最初からこの製品を敬遠していた。彼らは王冠をかぶった詩人に乱暴を働いただけでなく、バイエルンとフランスの国境で、主に彼らのために印刷部の大部分を持ち去られたのだ。当時のパリには報道の自由はあったが、流通の自由がなく、ハイネの風刺は全く不可能になってしまった。

私は彼と、彼のような詩について何度か興味深い話をした。彼は、他の「いわゆる」政治的詩人よりも政治的風刺がうまくできるのだから、もっとうまくやるべきだと認めてくれたのだ。彼はその後、本当に「ドイツ冬物語」を出版し、それで十分な財産を築いたのである。私は当然ながら、とても勉強になった。

「"満足 "しているのだから、"批判 "したい?よろしい、ならば光栄にも一冊差し上げよう。」

私は感謝してそれを受け取ったが、詩がとても気に入ったので、贈り物を待つことができず、すぐに書店から本を取り寄せて、非常に好意的なレビューを書き記し、それは私の著作集に掲載されている。

書評を添えた手紙を書き終えて送ろうとした時、ハイネがやって来て、本をテーブルの上に置き、願いを繰り返したのです。

「そんなに待てないし、いい本は買わなければならない。ここを見てください これです!これが書評だ!」と私は答えました。

「託すのだろうか?今、備忘録に書いているんだ。」

手紙はすでに封を切ってあり、彼はそれをあちこちに回した。「ああ、封を切れば全部読めるんだ」と言ったら、喜んで「一緒に大通りに行って、アイスクリームでも食べよう」と言い出したのである。

私たちは、大陸の古都の文化的な通りを歩きながら、大いに楽しみ、明らかにお互いに完全に和解した。

このように、彼は好機を逃さない術を心得ていたのである。私は彼を最も好ましい仲間だと感じ、常に連絡を取り合っていた。

このことは、次のような非常に不思議な出来事にも表れている。

ケーニヒスベルクからヤコビーの友人たちが訪ねてきた。ヤコビは、マキアヴェッリの『レセプト』にもかかわらず、この『フリードリヒ・ウィリアム3世の王室語録』を持ってきたのだ。頑固な祖国の行く末に思いを馳せて盛り上がっているところに、突然ハイネが告げられた。ちょうどいいタイミングだと思い、声をかけました。しかし、彼は私の書斎に残り、緊急に私と二人だけで話がしたいと言ってきた。

私は、彼のこのようなビジネス的なジェスチャーに対して全く準備ができていなかったし、彼が私をどうするつもりなのか知りたかったのだ。

「アルマンマラストと戦いたいから、ちょっと待ってくれ。」

私は、「後出しジャンケンは私の仕事には全く関係ない。」

「あなたはわかってない 戦わなければならないのです。パリを知らないんですね。ナショナルが私について書いていることを見てください。」

ハイネは『ドイツ、冬物語』という詩を発表したが、ハイネは自由党に仕えることはできなかった。ハイネはラメンネを忌まわしいプレートルと呼んだのだ。

「ラメナイスが忌まわしい存在ではないにせよ、プレートルであることは事実だ。 あなたの風刺が我が党に役に立つかどうか、マラーストがどうやって判断する?誰かが彼に何かを信じ込ませているのです。」

「その通りだ、あの呪われたユダヤ人め!」とハイネが叫んだ。

「家族喧嘩ですか?」と聞いてみた。

「私はユダヤ人ではないし、そうであったこともない」とハイネがぴしゃりと言った。彼の家族がどの世代で洗礼を受けたのか、また、彼が本当にユダヤ人だったのか、写真を見て誰もが納得するように、私はもう知らない。しかし、今でも目の前に見えるマントルピースにもたれて、自分はユダヤ人ではない、とかなり真剣に説得しようとしたことが、妙に印象に残っているのである。この点については、ベルネの友人であるシュトラウスが、しっかり説明してくれていた。しかし、『ナショナル』誌の記事は、ベルン派にも責任があり、そのことがハイネを悩ませることになった。彼は何度も決闘の話に戻り、私は彼をセックンディレンしなければならないと言った。

"本当に決闘で身を滅ぼしたいのなら、ポーランド人の将軍を見つけなければならない "と。私は肉弾戦は似合わないし、マラーストとは友好的な間柄だから、交戦相手として反対することはありえない。しかし、私の調停を受け入れ、彼に啓蒙を試みるならば、問題は解決するかもしれません。"

"確かにマラストは誤解しているだけです。" "そうしてくれますか?私はあなたにとても感謝しています。

彼はこのまま帰ってしまい、ケーニヒスベルク家に会いたくなかったので、今また私が彼を招待しました。私が「かわいい女の子が一緒だよ」と言っても、どうにもならない。私がマラーストのところに行くと、彼は非常に怒っていて、30人ほどのフランクフルトのユダヤ人が彼の上を歩き回って、『ナショナル』紙にこのパラグラフを載せるように説得するまで休むことはなかったと言ったのです。ラメンネの話は本当だったのか、ハイネはmauvais sujetではなかったのか。

「とはいえ、「彼は今、ドイツの倦怠感に対する非常に優れた風刺で役に立っている」と私は答えた。私自身、彼らを賞賛し、温かく推薦しています。"

「では、マラーストは言おう、彼は良い詩を作った、反対派は完全に満足している、他にどんな罪があったとしてもだ」と。

これが、ハイネが満足している修正点である。そして、『冬物語』を駄作だと言って通そうとしたのは、本当にベルン人のやり過ぎだった。ハイネは、フランス人の中に友人を作っていた。政治的、宗教的なテーマを機知に富んだ手法で表現したことが、彼らにとって魅力的だったのだ。あるフランス人が彼にこう言った。"Je comprends le rationalisme, mais je ne comprends pas l'athéisme". (合理主義とは友達になれるが、無神論は理解できない)。

「ハイネが答えた。"l'athéisme est le dernier mot du théisme "だ。(彼はわかりやすい。無神論は有神論の最後の言葉である。) 「最後の言葉」には「最後の意志」というアピールがある。

このような明確でありながら曖昧な言い回しは、ハイネにしばしば見られる繊細さである。

脚注編集


 

この著作物は、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、1928年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 
 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。