サイエンティフィック・アメリカン/機械と労働者


最近、ホームステッド法案が下院で審議されていたとき、オハイオ州のライタ氏がこの法案に賛成する演説を行ったが、この演説は、我々の同世代の人々の間では、非常に優れたものであると評されている。我々は、彼の努力を賞賛している人々とは、明らかに見解が異なる。誤った統計に基づいた議論は、たとえそれがもっともらしく見えたとしても、流砂の上に建てられた家のようなもので、信頼性がなく危険なものだ。我々は、ライタ氏がこの法案のために築いた修辞的な構造をこのように考えている。その目的に反対するのではなく、それを推進するために提出された馬鹿げた議論に反対なのである。これらの議論は、機械が労働者階級に極めて有害であり、その拡大が、比較的自立した快適な生活から、貧困と苦痛に転落させたという誤った考えに基づいている。この論者は次のように述べている。「過去50年の間に、蒸気動力と省力化機械は産業に大きな革命をもたらし、機械産業の大きな部門において手作業をほとんど不要にした。イギリス諸島では、機械動力によって行われる仕事は、8億人の労働に匹敵するとブローム卿は計算した。機械動力は、この国を地球上で最も裕福で強力な国にした一方で、土壌を独占して、国民の大部分をひどい不幸に陥れた」。

しかし、この段落の最後の部分は、少なくとも信頼に足るものではない。機械は、イギリス諸島の人々の集団を不幸に陥れるどころか、彼らの生活水準を向上させ、改善したのである。労働者階級を忌まわしい不幸に陥れるのではなく、「獣につながれ、土に縛られている」状態から、文明人の地位に引き上げ、連邦における大きな力としたのである。上記のような教義を教える人は、イギリスの歴史に深く無知なのだ。機械に対して主張される不満は、月に向かって文句を言うふくろうのようなものだ。ワット、アークライト、その他の機械の発明者たちは、ベーコンの知恵やニュートンの発見のすべてよりも、イギリスの人々のために多くのことを行った。しかし、ライタ氏によれば、蒸気機関、紡績機械、力織機、印刷機は、労働者階級にとっては恵みではなく呪いであったというのである。上記のような感情は、この自由で賢明な共和国の市民ではなく、エクアドルの森林の住人から期待されるかもしれない。しかし、彼はイギリスでの機械に対する非難にとどまらず、その非難をわが国にも持ち帰っている。機械が工業階級の繁栄に及ぼす影響は、ヨーロッパと同様、この国でも感じられ始めている。蒸気機関が人間の筋肉の代わりに富を生産するようになるまで、この国では失業は知られていなかった。しかし、今はどうだろう。製造業が停止するたびに、労働者は職を失い、広範な不幸が続く。

議会の内外で発せられた声明で、これほど信頼に足らないものはない。機械、特に蒸気機関が、わが国に失業をもたらしたと、はっきりと述べられている。機械が労働生産物を見事に増大させたこと、機械は人間の食物を食べたり衣服を着たりしないことを思い起こすと、機械が失業を引き起こしたとするのは、考え得る最も愚かな発想の1つであるように思われる。歯と爪以上の道具はすべて機械であるため、上記の抜粋は、一部の議会代表者の論理と知性に対する輝かしい賛辞となる。アダムが掘削し、イブがスパンした古き良き時代を取り戻し、失業を防ぐためには、人間の筋肉に戻り、製造業を停止し、すべての蒸気機関を海に投げ捨てなければならないのである。以上のようなことから導き出される結論は、いかなるアメリカ市民にとっても信用に足るものとは到底言えない。

脚注編集

 

この作品は1928年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。