オリンピア


三音節と七つの貧しい文字からなる名前に集約される主題を扱うことを-極めて不用心にも-引き受けたことで、私は自分自身に困難な仕事を課したことになる。

このことに気づいていない方も多いのではないだろうか。彼らは私に、古代のスポーツ技術の概要や、ドイツ考古学学派の輝かしい努力によって発掘された芸術的財宝の簡単な列挙、あるいは100年前にモレア遠征隊に同行したフランス使節団が行った初歩的な発掘調査の思い出などを期待しているに違いない。遺跡のふもとで合流するアルフェウス川とクラデオス川が堆積させたシルトは、自然の激動と人間の蛮行の仕事を完成させたのだ。あれだけの栄光、あれだけの情熱、あれだけのエネルギーが注ぎ込まれた場所には、もはや何の痕跡もないのだ。

そして、未来のソルボンヌ大学では、オリンピズムの授業が行われるかもしれないのだ。オリンピズムがあり、それ故に教義があるからです。私がこの新語を普通の言葉に加えた時、私を嫌った人たち-多くの人たち-には腹が立つが、必要なことだった。このような哲学・哲学・宗教の教義には、それを想起させ、指定する名称が必要である。

彼らは、祝典の話や逸話、この2.5千年の上空を飛ぶ飛行士のような物語を期待していたのである。オリンピアの記念碑や遺跡を彩る彫刻や建築の素晴らしさについては他の人に任せ、コンクールの詳細については、これまで出版されてきた多くの文献を参照していただくとして、そのどれもが完全に正確でも間違いでもないだろう。このような説明は、どんなによくても、このような場所の壁の中に閉じ込めておくことはできない。アルフェウスの向こう側で、朝日がなだらかな丘を黄金色に染め上げ、その足元の緑の草原を照らし始める時間に、私と一緒に外に出て、クロニオン山の森の斜面に座ってみないか、と誘う。

私はこの光景を、33年ぶりに2度味わった。1894年11月のある朝、私はこの神聖な場所で、1500年間中断されていたオリンピックを5ヶ月前に宣言させることによって、自分に課せられた使命の重大さを認識し、その道のりに待ち受けるあらゆる危険を予見しました。1927年4月のある朝、私はそこで、ギリシャとフランスの国旗が公教育大臣の手の下に落ち、成功を証明するために建てられたきらびやかな大理石を覆う時を、ある種の敬虔な思いで待っていたのだ。そして、式典でギリシャ政府代表の賛辞に応えなければならなかったとき、私が最初に考えたのは、人生において、運命が罠を仕掛けたために努力にもかかわらず成功しなかった人々に敬意を表することだった。彼らの悩ましい行列の喚起は、内なる謙虚さと我々がメリットと呼ぶものの無さを教えてくれる...。

クロニオン山に登るこの美しい松林(格調高いペンテリク山の優美でほとんどミニチュアのようなもの)から、選手や巡礼者、大使館や商品、あらゆる交通や野心、あらゆる食欲、あらゆる栄光が、複雑かつ明確だった文明の長い並木道を再現することができます。また、神殿へのアプローチ、ペロンとコロネード、そして神殿を囲む多くの建物(元票室、オラトリオ、供え物や犠牲の場所など)を復元することができます。この人々の間では、特にこの時代には、肯定的な哲学的概念に基づかない宗教を想像することは困難である。 そこで、その根拠を探ってみよう。そして、もし本当に運動主義の宗教があり、その祭壇は後に、何度か、多かれ少なかれ不恰好に、多かれ少なかれ耐久性をもって掲げられたとしたら、なぜそれがギリシャで定義されたのか、この点でのギリシャの理想が今でも他の人類に合っているかどうかを教えを乞う。この問いに答えることによって、オリンピアは歴史上の素晴らしい偶然であるか、あるいは人類の進歩の強力な基盤の一つであるかのどちらかになる。代替案は、ご覧の通り、検討に値する。

古代の競技者と、現在の我々が、きれいで、しなやかで、優雅で、しかし限りなく深みのない名前で呼ぶスポーツマンとは、いったい何だったのだろう。1913年、ローザンヌ大学で開催された第1回スポーツ心理学会議で、ローザンヌ大学のミリョウ教授が述べた定義を紹介しよう。「スポーツとは、遊びからヒロイズムに至る筋肉活動の一形態であり、すべての中間段階を満たすことができる」。これは、言ってみれば、哲学的な定義です。ここでは、あまり雄弁でなく、より技術的なものを紹介します。スポーツとは、進歩への欲求に支えられた、自発的かつ習慣的な筋肉運動のことであり、それは危険と隣り合わせのものである」。つまり、主体性、忍耐力、激しさ、完璧さの追求、起こりうる危険の無視という5つの観念です。この5つの概念は、本質的かつ基本的なものである。

我々の偉大な先人たちがもし今夜ここにいたとしても、この定義に間違いを見いだすとは思えない。今読んだ文章の中身は変わらないが、よりヘレニズム的な形にはなるのだろう。しかし、その中に浄化や聖化といった宗教的な考え方が表現されていない、あるいは示唆されていないことに、彼らは驚くだろう。

この考えは、彼らにとっては非常に大きなものであった。紀元10世紀、オリンピアには、リュクルグスとエリスの王イフィトスが競技中の「神聖なる休戦」を定めた協定文が円盤に刻まれたまま残っていた。ヘレン人同士の武力紛争や戦闘はすべて中止されることになった。中立を宣言したオリンピアの領土は不可侵であった。

競技に参加する者は純粋な人種でなければならず、いかなる犯罪、不敬、冒涜も犯していないことが条件であった。候補者として「受理」されると、10ヶ月の訓練期間の後、エリスの体育館で30日間過ごした後、オリンピアの体育館に移動しなければならない。これらの民族的、道徳的、社会的、技術的保証はすべて、明確に定義された宗教的装置で囲まれていた。

ピンダルは「神々は競技の友である」と言い、この言葉を最も体育的な意味で使っている。イリアス』に描かれた社会は、すでに強いスポーツ性と宗教的なスポーツ性を持っているように見えるからだ。このように、鍛え上げられたバランスのとれた肉体を持つ神々を称えるために、若いヘレニズムの人々は何世紀にもわたって、集中的な筋肉運動によってその肉体を鍛え上げることを奨励されたのである。

ここで、ヘレニズム社会が築かれた深い岩盤に触れることになる。ヘレニズムとは、何よりも、現在の生活と平衡状態にある人類の崇拝である。そして、間違えてはならないのは、これはすべての民族、すべての時代のメンタリティーにおける大きな新しさであるということだ。他のどこでも、カルトはより良い人生への願望、墓の向こうの報酬と幸福の考え、神を怒らせた者への罰の恐怖に基づいている。しかし、ここでは現在の存在こそが幸福なのである。墓の向こうには、奪われた悔しさだけが残り、生きる力が削がれてしまうのである。だから、あの世の囚人、花や美しい光から遠く離れた流浪の身の「地と星空の子」たちには、「死者の慰め手」が必要なのである。ラマルティーヌの「人間は天を記憶する堕ちた神である」というセリフは有名だが、ニーチェは「個体への分断にうめく自然」と語っている。この二つの言葉は、スタイルも思想も全く異なるが、ほとんどの個人主義的、あるいは汎神論的な宗教の根幹を反映している。しかし、彼らは最高度に反ギリシャ的である。ギリシャの神々を見てください。立派な人たちですが、人間ですから不完全です。彼らは集合し、社交的で、運動好きで、とても個性的で、あまり思索的でなく、本好きでもない。エジプト人、ユダヤ人、ペルシャ人、イスラム教徒の間で」とアルブは書いている。ティボーデ「宗教生活は経典から心得ることで成り立っているが、ギリシャの宗教は書物のない宗教である」。

- そしてここに、ペイガニズムと、その望ましい、とらえどころのない仲間であるオイリュトミーがあるのである。我々の物事を単純に分類する習慣は、偶像崇拝を異教と呼ぶことにつながっている。まるで、最も物質的な宗教でさえ、霊能者がいないかのように、最も神秘的な宗教でさえ、偶像崇拝者がいないかのように、永遠の金の子牛を崇拝するだけなら、かつてないほど強力で激しさを増している。しかし、人類が決して取り除くことのできない本当の異教があり、そこから--私はこの明らかな冒涜をあえて使うが--完全に解放されるのは間違っている。それは人間、人間の肉体、精神と肉、感性と意志、本能と良心に対する崇拝である。ある時は肉、感性、本能が、ある時は精神、意志、良心が優位に立ち、この二つの専制君主が我々の中で優位性を争い、その対立がしばしば我々を残酷に引き裂くからである。バランスをとることが必要です。達成しても、それを貫き通すことはできない。振り子は、その間にある2つの極端な部分の中間にある中間地点を通過するだけである。同様に、人類は、個人であれ社会であれ、その両極端の中間に長く留まることはできない。そして、個人でも集団でも、バランスを取り戻そうとするとき、その逆の過剰を目指す以外に方法がないことが多いのである。このレシピを無意識のうちに実践して、改善したり、単に変身したりしている人がどれだけいることか!?

バランスの追求を体系化し、社会的な偉大さのレシピとしたのは、ヘレニズムの不滅の栄光であった。オイリュトミーは芸術の問題だけでなく、人生のオイリュトミーもあるのである。

つまり、我々はオリンピアの遺跡の中で瞑想しているのである。先ほどの儀式が示唆するように、まだ生きている遺跡なのである。この横糸は、歴史家が軽視しているもので、それを認識するためには、それを覆う出来事の下を探さなければならず、この場合、我々は歴史家というよりも考古学者であることを示すことになる。

もしよければ、私が弱い言葉で無限の魅力を呼び起こそうとした風景に、日の光が夜明けの愛撫に代わる間、我々は瞑想を続けよう。アルカディアの羊飼いのように鐘をつけた群れが道を歩いている。

オリンピアの歴史は、紀元前776年から始まり、392年にテオシス帝の勅令で競技が禁止されたため、公式には1168年である(このような観客を前にして、オリンピアとは暦の上の間隔、4年の間、そのオープニングを競技によって祝うことだと説明する必要もないだろう)。この原則は完全に復活しました。1927年にオリンピアに建てられた記念碑は、近代における最初のオリンピアードが1896年にアテネで開催されたことを示すものである。1928年のアムステルダム大会は9世紀のオリンピアードであり、1932年のロサンゼルス大会は10世紀のオリンピアードです。したがって、オリンピアードという言葉をオリンピックに相当させるのは歴史的にも文法的にも間違っており、一部の人々が下品に言うように、「アムステルダム・オリンピアード」と言えば、耳をかきむしる二重の野蛮を口にすることになる。この観察は、すでになされているものの、あなたの上を通りすぎて、考える時間を与えない軽率であわただしい人たちに届くよう意図されているものなのである。

こうしてオリンピアは約12世紀にわたって生き続けたが、不平等や混乱がなかったわけではない。大会の祭典の壮大な継続性に感嘆せざるを得ない。最も重大な出来事があっても、それを中断することはなかった。ペルシャの脅威があった頃も、ヘレニズムの人々はアルフェウス川のほとりに集まり、4年に一度の祭りを楽しんでいた。しかし、深刻な事態も発生した。第8回オリンピックは、主催者間の争いに悩まされた。それから3世紀後の第104回オリンピックでは、神聖な休戦協定が破られることにさえなった。大会の輝きは、やはり指導者の手腕と予算、そして競技者の質、人数、熱意、準備に左右される。華やかな祝典、目もくらむような成功、忘れがたい光景があるかと思えば、下品で混乱した儀式、バラバラな行列がある。

我々は往々にして、古代のことを単純に想像してしまうことがあります。このような崇高な遺跡は、もし完全な若さで観賞できたなら、我々を失望させるだろう。一方、冠や装飾が我々を正しく怒らせ、その基礎や残骸を掘り起こしに来た子孫に示唆する現代の遺跡が、どれほど多いことか。我々の美しい古代のヴィジョンを曖昧にすることを望まなければ、埃、不協和音、合わないハーモニー、布地の摩耗、特定の集会の悪趣味、これらすべてが新しいものではないと考えることは許されるでしょう。そう考えると、現代の芸術家というのは、(必ずしも利害関係のない)第一の批評家によってしばしば常識の範囲を超えて高く評価された後、第二の批評家によってむしろ不当に扱われることがある人々に対して、ある種の寛容さを備えているのである。

オリンピアは最後まで、異教徒の宗教的中心地である聖地としての性格を保ち続けたのである。その祭壇の炎を最後に消したのが、キリスト教である。弾圧と破壊は明確に区別され、テオドシウス2世の冒涜的な勅令は、30年前のテオドシウス1世の勅令とは何の関係もないのだ。そうこうしているうちに、アラリックの大軍が通り過ぎた。宝物はすべて略奪され、富は散逸したが、建物は残っており、おそらく以前よりも美しく、こうして時とともに磨かれて、半ば廃墟のように、孤独に、静かに存在していたのだ。テオドシウス2世は、これらの破壊を命じた。これは部分的にしか行われず、おそらく悪意があったのだろうが、放棄はより顕著になった。保存堤防の整備が途絶えた。クラデイオの鉄砲水が効いた。そして6世紀、2つの大地震が発生した。ポルティコやコロネードが崩れ落ちた。忘却の彼方にある廃墟を覆い尽くしていた。- そして、不可解さが支配していた。

今、私が発した言葉は、それだけで一冊の解説書、講演書が必要なほどです。オリンピアは地表から消えただけでなく、知性の懐からも消えた。無欲主義が支配した。これは、ヨーロッパに突然禁欲主義者が現れたという意味ではなく、そう理解すべきなのである。しかし、意識的であろうとなかろうと、正確であろうとなかろうと、浸透した信念は、どんな場合でも認識され、自分の行動をそれに合わせなかった人々によって尊重された。それは、肉体は精神の敵であり、両者の間の闘いは致命的で正常な体制であり、両者が一緒になって個人を支配することを認める合意を求めてはならない、というものである。

この禁欲的な帰還(この言葉は悪いと思うが、それでも提示されたものの中で最も悪いものだ)は、一般的な善にとって望ましいものだったのだろうか?私は、「もし仮に霊魂が存在し、それによって100年後に自分が存在することになるとしたら、自分が努力して築いた現在の存在を破壊しているように見えるかもしれない」と言って、スポーツ観戦者を怒らせたことを覚えている。パラドックスでありながら、誠実なパラドックス。肉体と精神の兄弟愛の教義であるオリンピズムと、両者の敵対関係の教義である無欲主義は、お互いを理解することができず、したがってお互いを尊重することができなかった。そして、本当の悪に発展しそうな悪の種を両方含んでいるので、単純で絶対的で暴力的な政党のように衝突して力を継承する運命にあるのだ。ただ、ここでは、世俗的な進化と交替の問題である。この継承は、何か良い方法がないかと考えた時に有効です。中庸と黄金律は、すべての物事におけるユートピアである。振り子の法則は何にでも当てはまります。古代世界はオリンピズムに染まりすぎていて、新しい収穫を得ることができなかった。それと同じように、昨日の世界は禁欲主義に染まりすぎていて、このくびきから解放されないと実りを得ることができなかった。

中世は、多くの人の目には禁欲的な傾向が支配的な時代と映っている。これは、封建時代そのものというよりも、封建以前の時代について言えることである。いずれにせよ、封建社会の中から、オリンピック的な復古主義である騎士道が生まれたのである。私は、この関係を宣言することを長い間ためらっていました。確かに、一見するとそうは見えません。ましてや、騎士たち自身には、まったくわからなかった。オリンピアは彼らのために存在するのではありません。しかし、彼らの動きを観察し、その動機を探ろうとすると、そこにはスポーツに対する情熱が見え隠れし、やがてその情熱が全開になるのがわかる。そこに教会が現れ、ひょんなことから破壊したものを元に戻す手助けをすることになる。別の意味で、あなたはこう言うかもしれません。しかし、騎士の腕を祝福し、その即位に敬虔な前置きを与え、その功績を寛大な目的(彼女は正義と法のために彼を武装させ、「弱者の保護、寡婦と孤児の弁護」を彼に託すため)で彩ることによって、かつて異教が行ったように、彼の訓練と筋肉の暴力を神聖化し、それらを神に喜ばせるものとして彼に贈るのである。

キリスト教化された陸上競技は、教会が設定しようとした限界にとどまることはなかった。スポーツへの情熱は、若者たちの心をつかみ、高め、フランスを中心に、ドイツ、スペイン、イタリア、イギリスと西ヨーロッパ全域に広がっていった。そして、すぐに退化した。

我々が、過ぎ去った時代のパノラマを眺めるために腰を下ろした場所でのキャンプの物語を、私と一緒に続けたいですか?ヘロデ・アティカスの墓の跡地でピクニックをしたとき、我々のタバコの煙が、青空に透明な幻想を描きながら走る雲に加わるかのように、上空に舞い上がったと想像してみるのである。日が経つにつれ、少し物憂げな雰囲気になり、夕方になると、まだ遠いが、自然の疲れを感じる。大地と空の穏やかな煽動に身を任せて居眠りしていた我々は、一瞬、体育館でエフェベたちの歓声が聞こえ、聖堂の階段を上って、不死身のフィディアスの作品であるジュピター像の足元に置かれた三脚に香を送り込む大臣の姿を目にしたような気がしました。あそこでメモをとっている旅人は、後にプラクシテレスの「ニレの木」が記載された場所で、その存在を確認し、復元することを可能にしたジョアンヌのガイドブックのボランティア編集者、パウサニアスなのだろうか......。

これらの幻想は、目覚めた時の夢のようにゆっくりと消え去り、現実に戻って第3のオリンピアの誕生を見届けましょう。遠い、遠い。しかし、なんと不思議なことでしょう。ここでも宗教が介在する。教会、今回は英国国教会が、この再生を司るのだ。関与した二人の聖職者、キングスジェイとトーマス・アーノルドは文筆家である。彼らは古典的な過去を何も知らない。しかし、もし彼らがそれに言及するならば、それは通り一遍のものであり、その経験であると主張することはない。しかし、ある意味では、彼らはそれを超えて、アーノルドは筋肉をより学び、より徹底し、より一貫した人格形成のサーヴァントとする。彼のキャリアは短く、彼が指導するラグビーカレッジを変えるのにわずか14年、スポーツ教育学の基本的なルールが確立されるのは - 非常に早いです。ラグビーから、大声で言ったり、軽率な干渉をすることなく、模範を示すことによって、他の大学を変えていきました。しかし、私は、アーノルド時代の生き残りの中で最も偉大な人物の一人であるグラッドストンが、この見解を支持していることに満足しています。私が勘違いしているのではないかと心配して質問を投げかけると、彼は反省する時間をくれと言い、よく考えてから、「その通りだ、そういうことだ」と言ったのである。

イングランドに関しても、我々は単純なところがあります。風景であれ、人であれ、周囲の光景を常に永久的なものと見なす人間の傾向に屈して、我々はイギリス人を、前世紀の最後の3分の1から戦争まで、我々の前にいたバランスのとれた、平静なタイプの人間と同一視しているのだ。しかし、このバランスは、時には実際よりも見かけ上、意志を持って学習してきたものであり、それをもたらしたのは、比較的最近の現象である筋肉の鍛錬なのである。

アーノルドの教育イニシアチブとオリンピックの再興の間には明白な関係はありません。最近、一般的なスポーツ復興、特にオリンピック復興の起源について、非常に空想的な説明が発表されているので、私がこの機会にはっきりと説明することは、きっと許されることだと思うのである。

一時期、復元されたオリンピアにオリンピズムを蘇らせる可能性を垣間見ていたのは事実です。あらゆる面で無理があったのだ。そして、1894年6月16日、ソルボンヌの大円形劇場で開かれたこのプロジェクトを支援するために招集された国際大学スポーツ会議では、このプロジェクトはすでに、細部に至るまで、現在のような姿になっていました。さらに、前年の段階で、私の仕事を手伝ってくれるニューヨークの大西洋を越えた友人たちに伝えていた。パリでの投票では、14カ国の代表が参加したが、多くの人が納得しないまま投票した。

19世紀末、ヨーロッパ大陸、特にフランスは、深く進化しながらも幻想的な成果に満ちた世紀であり、教育学的な再ブロンズ化を緊急に必要としていた。男の若者には、健康も勇気もなく、意欲と情熱がない。フランスでは、彼らは灰色に塗られた状態で生活していたのである。- 彼らに欠けていたのは、組織化されたスポーツが構成する意志の育成のための庭であった。学校でも、学校を出てからも、持っていなかったそうです。ここでまた、別の講演をしたいようなテーマに触れ、それができないために、私のテーマに関連する多くのテーマを宙に浮かせているような気がします。まるでクックツアーの主宰者のように、一瞥して指摘しがたい多くの事柄に触れる私に、憤慨する資格はないのだろうか。少なくとも私は、あなたが私の中心的な思想の糸を見失わないように努めています。オリンピアは、歴史の中で何度も何度も生き続け、バランスに惹かれる人間の性質によって高揚と反感を交互に与え、しかしそのバランスは、人間が達成できるかもしれないが維持することはできないものを表しているという本質的な事実を受け止めれば、幸せなことです。

この無能力は、現代ではかつてないほど強くなっていた。コスモポリタニズムがあらゆる方面で台頭し、スピードの爽快感が作用し始め、人々はすでに「時は金なり」という見事で愚かな公式を繰り返し、それが今、我々を押しつぶしているのである。フランスの高校にスポーツを持ち込むには、ドアを壊すか、いっそのこと子供たちに内側から壊してもらうかしか方法がなさそうである。私の忠実な友人であるフランツ=ライチェルもその一人であり、何度もそれを語っている。そして、「時代遅れの制度による多くのしがらみに苛まれる人々が、あなたの訴えをどれほど熱心に聞いたことでしょう」と書いている。この呼びかけがパリの高校に通うすべての若者にもたらした驚きと狂おしいほどの喜びを、私は何と表現したらよいだろうか。

40年前のことである。前年、医学アカデミーは、注目され始めた過労の問題を研究し、レクリエーション時間の延長と週休二日制を改善策として示していた。我々の抗議に驚いているようでした。100万年ありえない」と我々は言いました。休憩時間や休日はひどく使い古され、スポーツのアトニーは一つもない。まずは使い方を整理し、その上で使用期間を延ばす。ジュール・シモンは、我々の論文を支持することを宣言し、それが勝利した。

体育会系があったということでしょうか。確かに、しかし、その数と能力は、現在のものよりもはるかに劣っており、当時の労働者階級の非常に小さな、そして非常に局所的な割合にしか到達していなかったのである。教育機関も門戸を閉ざしていた。その解決策として、イギリスと同じように大陸でも、自治権を持った自由な学校スポーツ協会を設立したのである。これが、究極の改質細胞だった。 ジュール・シモンの雄弁と若者たちの献身的な努力の結果、ファッションは我々に好意を寄せてくれたのである。でも、私は人を好きになったことがありません。過剰で気まぐれ、自らの未来を破壊する。私が建設したばかりのか弱い建物を支えるために、今度は完全に国際化されたオリンピックの再興が、私にとって唯一の好都合な解決策に思えたのである。古代の絶大な威信を、ある日のアングロマニアに重ね合わせ、古典主義の弟子たちの反発を、この白熱の中でいくらか和らげ、あらゆる国境を越えた名声を宇宙に押し上げること、この増大するコスモポリタニズムを危険とし、逆に防壁とすることが、まだ始まったばかりのスポーツ・ルネサンスを比較的長く保つ唯一の方法であった。

この世俗化した世紀には、宗教が自由に使えるのである。勝利したアスリートに報いるために勝利のマストに掲げる近代愛国主義の象徴である国旗が、再燃した炉辺の近くで崇拝を続けるのである。

まだクロニオン山の麓にいるが、やがて夜が来る。クーラントの燃えるような色彩が薄れていく。暗くなった青の中に、最初の星が輝くと同時に、右手には美術館のある丘の裏側にある小さな村の明かりが見える。クラデオス川を渡って、帰りに新しいモニュメントの前を通ろう。大理石の香りを放つ淡い月光が、この記念碑に刻まれたギリシャ語とフランス語の碑文の最後の行を打つ。「その結果」この碑文は、競技会の再興に触れた後、「その結果、近代における最初のオリンピックが、1896年にヘレニズムの王ジョージ1世の治世下、全宇宙人民の手でアテネの復興競技場で華やかに祝祭されました」と述べている。

復元されたアテネ・スタジアム! 1894年11月の状態(私はその写真を持っている数少ない一人であるに違いない。1年半で景色が一変したのだ。この復活を非難し、形のない堤防を悔やむ人もいた。ローマでヴィクトール・エマニュエルの記念碑を非難し、自分たちと同じように考えない人々を野蛮人と呼び、倒れた柱を再び立たせるとすぐに抗議することで、自分たちに還元不可能な芸術性の特許を与えていると思い込んでいる人々と同じである。

この復元された囲いの中で、1896年の歴史的な光景が繰り広げられ、それを目撃した人は誰も忘れることができず、ギリシャ全土を震撼させたのである。ジョージ国王は、この場所で初めて「近代オリンピック第1回大会の開会を宣言する」という聖なる言葉を発し、以来4年ごとに他の君主や国家元首がこれを行うようになったのである。そのアーチの下には、かつて退廃に追いやられ、教会に呪われた最後の競技者のシルエットが消えていたのである。そして何よりも、その場で、最初のマラソンランナーである羊飼いのスピリディオン・ルイスの到着が、彼を待っていた7万人の観客の目に映った。 イコンの前で断食と祈りをして準備した彼は、科学的訓練を受けた西洋や大西洋を越えた競争相手にわずかに勝ち、異常に疲れることもなく、巨大な試練の果てに、フランスの著名な研究所員、ミシェル・ブレアル氏が差し出すカップを制覇することができたのだ。というのも、大会の復活に熱心なミシェル・ブレアル氏が、投票日の夜、私にこう言ったからだ。「私はマラソンに優勝杯を捧げます」。42キロ以上!そんな距離を受け入れることに少しためらいがありましたが、歴史がそれを課し、運命がその大胆さを正当化したのである。ルイが競技場の入り口に現れると、過去と現在の両方に敬意を表して、雷鳴のような歓声が上がった。

改修されたオリンピックは、古代の精神が息づく近代的な環境に徐々に落ち着いていった。スピードを出し過ぎないように気をつけました。まず、国際オリンピック委員会の本質的な権利を確立し、すべての国々に受け入れてもらう必要がありました。これは、当時の思想に真っ向から対立する憲法であったため、容易なことではなかった。それは、議会制民主主義にとって非常に重要である委任の原則を否定するものであった。この原則は、大きな役割を果たした後、日々その有効性を失っているように思われる。I.O.C.のメンバーは、決して委員会内の代議員ではありません。彼らは、自分たちの自由を束縛する可能性のある命令事項を、同胞から受け入れることさえ禁じられているのだ。彼らは、自国におけるオリンピック理念の大使であると考えなければならない。彼らの使命は無限です。20年、25年、30年と続けている人もいる。ジュネーブのある幹部は、「国際連盟に同じような組織がなかったのは残念だ」と悔やんだ。

数え切れないほどの技術的な問題を、交渉やお互いの譲歩、時には押しつけの法律で解決していかなければならなかった。戦争は何も破壊しなかった。委員会は年次会議を中断し、平和時に再開した。第六回オリンピアード(1916年)は祝われなかった。7回目は、1920年にアントワープで盛大に開催された。1906年、アーツ・アンド・レターズが召集されたのだ。バルテ女史とモネ・シュリー女史が学長を務めるコメディ・フランセーズのホワイエで、ジュール・クラレティ女史の監督により会議が開かれ、絵画、彫刻、建築、音楽、文学の5つのコンクールの設立が承認された。これまで芸術家や作家が敬遠していたコンクールが関心を持ち始め、スポーツという概念から直接インスピレーションを得て制作した新しい作品は、コンクールにかけられることとなったのだった。

大会の開幕と閉幕は、最初の祝典のときから厳粛な雰囲気に包まれていたが、選手宣誓が簡潔かつ印象的な式で行われ、集まった出場国の旗の上で行われるようになって初めて、その儀式は完結した。私が後継者に新生オリンピズムの実質的な指揮を委ねたのは、新生オリンピズムの作業が細部にわたって完全に終了していること、それが現在のニーズに合致しながらも過去の教訓に則っていること、そしてその継続が万人の支持を得ていることを確認したときである。

最初の頃の敵対行為は、非常に多く、しばしば激しかったのであるが、何も、あるいはほとんど何も残っていません。1/カソリック教会も最初は疑心暗鬼になっていた。1905年のある日、私は不安を払拭するためにバチカンへ行った。魂の救済に忙しい敬虔な教皇ピオ10世は聞いてくれないと言われた。しかし、かつてのヴェネチアの家長は、ゴンドラ乗りの腕前を愛し、励ましていたのだから、その慈悲深さは疑いようがない。素晴らしかったです。異教徒のようなリバイバルを祝福した教皇は、近々具体的な同情の証を示すと言われた。そして、その翌年には、フランス、ベルギー、イタリアなどのカトリックの守護霊がバチカンに集まり、サン・ダマスオの中庭で、この日のために建てられた豪華な台で、最高教皇が練習を司会したのである。

それでも、古代オリンピアがよく知っていた、いつどこででも起こるような諍いが続いていた。体育とスポーツの違いです。人は、もう一方の援助なしに、一方の利益を得る理由があると想像するのは魅惑的です。実際、「100人が体育をやるには、50人がスポーツをやらなければならない」という基本法則が残っている。50人がスポーツをするためには、20人が専門性を持たなければならない。20人が特化するためには、5人がすごい技をできるようにならなければならない」。逃げ場がないのである。すべてがつながり、つながっている。このような人間の本性が押しつけるルールに対して、衛生学の名の下に医師が、規則正しい訓練の名の下に軍人が、さらには計量が人間にとって自然であるとする技術者が、昔も今も立ち上がり続けているのである。

嘆かわしい虐待があったし、今もあるのでは?何が不思議なのか。誰も否定はしない。問題は、これらの乱用が避けられるかどうか、そして、スポーツ的に実践された場合、つまり過剰になりがちな身体運動の効果が、乱用なしに達成・維持されるかどうかである。

宗教は、その信者の中に、模範となり群衆を支配する過剰で情熱的な人々がいなければ、生きていけないのだろうか?

ここで、私がこれまで何度か申し上げてきた、この短い講演の締めくくりとして皆さんの心に残しておきたい中心的な考え方に戻ります。古代の陸上競技のように、現代の陸上競技は宗教であり、カルトであり、「遊びからヒロイズム」への情熱的な波動である。この本質的な原則を考えてみれば、今あなたが批判し非難しているスポーツマンや女性たちは、単なる体育に頼って未来を確保しようと主張する人たちよりもはるかに理想的な(したがって公共の利益に必要な)エネルギートレーナーのエリートだと考えるようになるでしょう。この勢いのない信仰、つまり勢いなき信仰は、放っておけば信仰なき明日、祭壇なきあさってとなるのである。

こうしてオリンピアは生き続ける。ヘレニズムの聖域はすべて消滅した。エピダウロスでの治療も、エレウシスでのイニシエーションも、もうないのだ。シケリアノス夫人はデルフィに芸術的な生活を与えたが、神学院はもはやそこで政治を指揮することはないだろう。ピシアはドドナの神託のように沈黙してしまったが、オリンピアは生き続けている。オリンピズムが世界中に広まっているからだ。 そこには、ヘレニズムの永続性の象徴を見ることができる。というのも、大臣、あなたの国は、国家は必ず個人のように青年期、中年期、老年期を経験するという当たり前のことを否定し、歴史の法則をずらしたのである。人類は、前世紀のギリシャを通じて、そうではないこと、民族は3世紀も墓の中にいれば、生きているばかりか、若返って出てくることを知った。だから、「死ぬことを望む民族だけが殺される」この真実が、今や最高の歴史法則になっているのだ。そして、人間の運命観が変わりました。

墓場から、それまでのギリシャと切り離された新しいギリシャが生まれたと思われたのだ。いわゆるビザンチン時代と呼ばれる古代と、明らかにされつつある予想外の近代との間に、関連性を見出そうという気はさらさらなかったのだ。しかし今日、最も情報に通じている者もそうでない者も、ヘレニズムの団結の力と、今日のヘレニズムの樹液がいかに過去のそれと似ているかを理解し始めているのである。ヨーロッパ、そして世界にはこの樹液が必要なのである。盛り上げ、肥やし、酔わせる!?ギリシャよ永遠に!

この著作物は、1937年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、アメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。