アザラシとクジラ


アザラシとクジラ

ここ数日、自然史博物館の比較解剖学研究室前の広い中庭では、不思議な光景が広がっていた。

西部の鉄道の重い運搬車輌は、大きな棺桶のような長い箱や、巨大な骨、巨大な動物の頭、奇妙な産業機械のような、複雑な農業機械のようなものを降ろしていた。その上には、まだ皮膚の切れ端、肉の切れ端が残っていた。そして、一番小さな箱を開けると、そこには墓地の強烈な匂い、腐敗が進行した死体の匂いがして、その箱の中には腐敗によって歪んだ死体が横たわっていた。

そして、何人かの男性が巨大な脊椎骨を並べ、まるで新しい忍耐ゲームをするかのように骨格の各部分を配置し、博物館の比較解剖学の教授であるジョルジュ・プーシェ氏が今年の夏、北海でコリニー号に乗って探しに行った巨大なクジラの死骸を再構築した。

若くて博識な教授の報告書が出版された後に読むことになるこの航海の記録は、彼がこのクジラの国から持ち帰った写真や品々がすでに私たちに期待させてくれるような、特異な感覚を与えてくれるだろう。

⁂ 海は山のような大きさの氷の結晶を運び、それを転がし、揺らし、衝突させている。

岸辺には大きな木造の建物が建っている。板壁と屋根だけの簡素なもので、水はその足元を叩くように流れてきて、入り口の前には貨物駅のようなウインチやクレーンが立っている。これが鯨肉を加工する大工場である。漁船が出たり戻ったりするのもここからだ。

昔のセミクジラはほぼ絶滅している。シロナガスクジラよりはるかに大きく、4〜5万フランの価値がある。シロナガスクジラは、姉よりも小さくて長いが、それでも非常に数が多く、約7,000フランの価値がある。瀕死の重傷を負った右クジラは浮いていたが、他のクジラは沈んでいた。そのため、軽汽船を使ってクジラを追い出し、水際まで吊り上げてから施設まで曳航し、産業界が死体を引き取る。

コリニー号が、この怪物たちが解剖される広大な小屋の前に停泊するようになると、毎日たくさんの人がやってきて、労働者が足りなくなった。そして、皮を剥がされた動物は海に押し戻され、船のように固定されて、順番が来たときにそれを戻し、その肉でグアノを作るのである。そして、分解の仕事がそれを浮かび上がらせた。やがて、2つ、4つ、6つ、8つと、波にかき混ぜられた巨大な体が並んで腐っていくように係留されていった。そこは長さ100ヤード、幅50ヤードの鯨の死骸の島で、その感染力は凄まじく、コリニー号の乗組員は毎朝起きるたびに嘔吐していた。

M.Pouchetが持ち帰ったものの中には、粗削りの木で作られた原始的な形をした石弓のようなものがあり、ヘラクレスでなければ調理できない。沿岸にある小さな浅い湖に嵐でクジラが投げ込まれると、誰もが家から出てきて、持ち主のイニシャルが書かれた鉄製の短い矢で獣をなぎ倒す。そして、巨大な魚が泳げない浅瀬の中で座礁して死んでしまったとき、致命的な打撃を受けたとされる槍が調べられ、槍に刻まれた文字が死体の持ち主を指定するのである。

⁂ 特筆すべきは、温暖な海、石油の海である地中海には、クジラやかなりの数のアザラシがいることだ。私自身、後者の動物を目の前にして愕然とし、逃げ出した。

ここには、その事情がある。

私が見たかったのは、コルシカ島とサルデーニャ島を隔てるボニファシオの荒々しく危険な海峡と、セミランテ号の沈没以来、特に恐れられているこの海峡にその名を冠した特異な都市だった。

私はアジャクシオからローヌ号に乗って出発した。ローヌ号は、波がありえないほど揺れる亀甲船で、9時間の航海の後、海峡に入った。左側には白くて高い崖が壁のように立ちはだかっている。突然、山頂に小さな都市が現れたが、それは食い尽くすような深淵の上に建てられていた。というのも、都市を支えていた岩が海に食い尽くされ、吊り下げられた都市の下には巨大な洞窟が形成され、波が日々掘り起こしているこの金庫の上で宙に浮いていたのである。

船は海岸に沿って進み、やがて石垣の狭い裂け目の反対側に出た。これは、船が入る曲がりくねった自然の回廊だった。この狭い通路は、蛇のようにうねっていて、深く青い水の美しい盆地につながっている。ボニファシオの港、高い建物のある下町に囲まれている。

私はまず、キャズムに張り出した旧市街に登った。家々は今も採掘された崖にどうにかしがみついているが、そこには、決して忘れられない災害があるだろう。近かろうが遠かろうが、石を掘り終え、山を揺らし終えた海が、住人のいる街の一角を丸ごと飲み込んでしまう日が来る。

そこからはサルデーニャ島が見え、海辺に頭を出して獲物を待つ邪悪な獣のように、岩がそびえ立つ恐ろしい海峡全体が見える。

その後、港に戻り、ボートをチャーターして、世界で最も美しいと言われている海食洞を訪れた。

一番気になるのはドラゴナーレ。

海が少し荒れていたので、低い扉の入り口を通るのに大変苦労した。波が激しく押し寄せ、船が壊れそうだった。最後に入ったのは、丘の厚さ全体を貫く自然のくぼみによって上から照らされた広大な部屋で、あたかも人間が切り取ったかのように、コルシカ島の形を正確に表している。眼下の深海では、外海への入り口を通って外から明るい光が差し込み、光線に匹敵する背景の光が、あるときは赤に、あるときは紺碧に、あるときは紫に、あるときは淡い珊瑚のようなピンクに輝いていた。

私たちが近づくと、何百羽もの鳩が岸壁の穴から飛び立ち、その影がこの部屋の後ろから見える小さな空に浮かび上がり、渦を巻いているのが見えた。

右側には、船から人の高さほどの高さに掘削された場所があり、船員たちはそこに登って底に身を置くことで洞窟全体を見るように言ったので、私はそれに従いました。しかし、私が岩に足を踏み入れるやいなや、投石機のように投げられた大きな石が私の頭をかすめ、目には見えない影の中で、私の目の前で大きな音、走るような音がした。私は何が起こっているのかわからないまま、小舟に飛び込んだ。私がどんな存在の避難所を邪魔したのか、どんな敵が私に石を投げたのかわからない。

すぐに二人は「退却だ!退却だ!」と叫んだ。獣が邪魔者に投げつける石を避けるために、すぐに洞窟の中に避難したという。

突然、巨大な急降下の音が洞窟の静寂な空気を揺らし、泡が天井まで上がってきて、黒くて細長い大きな体が水の下を通って出口に向かっていくのが見えた。それは、この場所の住人である封印そのものが、我々に道を譲ってくれたのだ。

⁂ アジャクシオに戻ると、この動物たちは海に面したブドウの木まで行ってブドウを食べることが多いと聞いた。しかし、少し疑問に思うのは、ややポチャなアザラシが海岸でカンカンを踊っている姿がなかなか思い浮かばないことだ。また、自分を驚かせた人には必ず石を投げていたと聞く。ピンチの時にはそれが可能である。その方法をご紹介する。この獣は逃げるとき、強力なヒレを使って泳ぐように歩き、必死に煽るこの膜に石がぶつかれば、間違いなく逃げている前の人に向かって、暴力的に投げ返されるだろう。

さらに、この説明は、私が一切の留保をつけて行ったものだが、博物館の比較解剖学の教授に提出する必要があるだろう。

MAUFRIGNEUSE.

この作品は1927年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。