『心』予告

 今度は短篇をいくつか書いて見たいと思ひます、その一つ一つには違つた名をつけて行く〔つもり〕ですが予告の必要上全体の題が御入用かとも存じます故それを「こゝろ」と致して置きます。

この作品は1926年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。